c0190960_7314473.jpg


一昨日、AEAJ(公益社団法人日本アロマ環境協会)のイベント「アロマ大学in新潟」のアロマ講師学科に参加しました。

金沢で他の3講座に参加したお話はこちら
「アロマ大学in金沢」に参加しましたーその1(アロマディフューザー学科)
 「アロマ大学in金沢」に参加しましたーその2(アロマイマジネーション学科)
 「アロマ大学in金沢」に参加しましたーその3(アロマサイエンス学科)


会場は朱鷺メッセ

アロマ講師学科の参加者は17人ほど。
別室のアロマディフューザー学科はどのくらいいたんだろう、チェックする余裕がなかった。

テーマは『誰もが教え上手になれる「ストーリーの法則」マスター講座』。
講師は、橋本歌麻呂氏。
一般企業へのコンサルティングや研修講師として活躍中とのことです。


最初にいつもの通りいちばん後ろの席に座ったら、2人1組でロープレをするのでおひとりの方の隣に座るようスタッフに促されて前のほうへ。

ううーロープレ(´・ω・`)

アイスブレイク(場をほぐすための導入)の「あと出しじゃんけん」から始まり、ITEM法、PARLの法則などを、ロープレを交えながら学びました。

「講師とは人前で話すだけでも知識を伝えるだけでもない。新たな知識を聴き手の頭の中に定着させ、結果として聞き手の行動が変わること。」というお話がありました。

じゅうぶんわかっているつもりでしたが、あらためて初心に帰るきっかけとなったと思います。

わたしは、新卒で入った会社で人前で研修する仕事に就きましたが、最初から苦手意識がありませんでした。
その分ブラッシュアップする努力が不足していたかもしれません。

「わかりやすく伝える」ということに重点を置いてきましたが、「おもしろく伝える(ストーリー感を持って話す)」という視点は不足していたようにも思いますので、今後磨いていきたいと思います。


2人組ワークでお世話になったお隣の席の方はさわやか好青年。
東京から来た大学3年生で、今年の春アロマインストラクター資格を取得、将来も関連した仕事に就きたいと考えているとのこと。
東京の講座は日程の都合がつかず、アルバイトしたお金で夜行バスで来たそう。


前の席の方と組むこともありましたが、その方も東京からいらしたって。

みなさまお世話になりありがとうございました!

アロマ大学は、まだまだ各地で開催されます。
AEAJアロマ大学の詳細は→★こちらから★


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2018-09-24 07:38 | アロマ講座 | Comments(0)
先日(2018年9月1日土曜日)参加した、AEAJ(公益社団法人日本アロマ環境協会)のイベント「アロマ大学in金沢」のお話3回目です。

これまでのお話はこちら
「アロマ大学in金沢」に参加しましたーその1(アロマディフューザー学科)
 「アロマ大学in金沢」に参加しましたーその2(アロマイマジネーション学科)


もやもやしつつ参加した2つの学科を終え、いよいよわたしにとって本題の「アロマサイエンス学科」
「においを知覚する"不思議"を知り、体験してみよう」

講師は筑波大学人間系心理学域教授の綾部早穂さん。

大学卒業後、高砂香料(株)勤務を経て筑波大学大学院進学ということでずっと嗅覚の研究をされている先生。
「感覚知覚心理学」というのが専門なのだそうです。

まず、2004年にノーベル賞を受賞したアクセル博士とバック博士の受容体の研究のお話から始まって、においの受容について。

そして、実際先生がされた研究データをもとににおいの知覚についてのお話。
・経験や学習によってそのにおいの印象が変わったり、においを感じる強さが変わったりする。
 →知らないにおいは弱く感じる、好きでも嫌いでもない
  知っているにおいは強く感じる、好きなにおい
・危険の意識によってにおいへの注意維持が変わる。
 →危険と教示すると順応が生起しないが、健康によいと教示すると順応(強度低下)

また、自伝的記憶の研究も興味深かったです。
自伝的記憶とは自分だけの重要な思い出のこと。
「レミニッセンス・バンプ」という言葉を初めて学びました。

65~80歳を対象に調査した結果、言葉や視覚刺激(写真等)を手がかりにすると10代の記憶が最も多く、においを手がかりにすると10歳以前の記憶が最も多いというもの。

うまく説明できないけど感覚的に納得。

その後、「においを伝えることの難しさ」をグループで実習するという流れでしたが、泣く泣くここで退席。

最後(16:00)まで受講すると、新潟に帰れないわけではないのですがちょうどよい乗り継ぎがなく大変になってしまうので、16:09の新幹線に乗ることにしたのです。

当初の予定では、最後まで受講して夜中の帰宅でも、と思っていましたが、急速に疲労を感じパワーダウンしてしまったため、急遽途中退席することにしてしまいました。

実習とても興味深かったので残念ですし、受講中に急に決めたので先生や協会のみなさまにも大変失礼いたしました。
申し訳なかったです。

参加することができなかった実習は、においを言葉だけで伝えたときに相手に伝わるかどうかを実験するというもの。

この、「アロマサイエンス学科」は9月22日の新潟開催でも同じものがあります。
もし受講される方がいらしたら、実習の内容や感想など、教えていただけたらうれしいです。

このような内容は、今後もっと詳しく聴きたいと思います。
サイエンスカフェの内容にも入れられたらいいな。


アロマ大学の会場では、世界の希少な精油やアロマ関連商品の展示コーナーもありました。

c0190960_10443866.jpg


希少な精油は、これまでに嗅いだことのないものをいくつか嗅いでみました。
ひとついい香りと思ったものがあったけど、どうしても思い出せない。
(役立たず)
希少なだけあってか、わりとみんな個性的な香り。


3日間にわたり「アロマ大学」の感想を書きました。

このイベントは、昨年までは地区イベントとしておこなわれていたものがリニューアルされたもの。

地区イベントは新潟の初回からすべて参加し、これまでの感想でも書いていますが、一般の方も専門家も受講できるものは、ターゲットが広いので難しい。
今回は別会場で資格保持者しか参加できない学科もありますが。

以前は、東京でのセミナーに年に数回参加していましたが、ここ数年は諸事情で行くことができません。
地方でおこなわれる機会を最大限活用して、今後も、内容を学ぶとともに、伝え方や着目点を学びたいと思います。
上をみたらきりがないので、今ある環境の中で最大限学んで、小さくてもまじめにやっていきたいです。


AEAJアロマ大学の詳細は→★こちらから★

上記サイトには、どなたでもオンラインで学べる学科もあります。


1週間前には金沢にいたんだなぁ。
また行きたいなぁ。



じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2018-09-07 11:02 | アロマ講座 | Comments(0)
c0190960_9513972.jpg


先日(2018年9月1日土曜日)参加した、AEAJ(公益社団法人日本アロマ環境協会)のイベント「アロマ大学in金沢」のお話2回目です。

その1はこちら→「アロマ大学in金沢」に参加しましたーその1(アロマディフューザー学科)


昼食後、まずは「アロマイマジネーション学科」
講師はアロマスタイリストのスールネ千春さん。

午前中の工作に続き、これも苦手分野だった。
最初にシダーウッドの香りを嗅いでそれぞれのイメージを発表しあうところから。
そうだよね、「イマジネーション」ってそうだよね、苦手だよね;;;

と思っていたら、実際おこなったのは、指示された決まりに従って精油をブレンドしていく作業。
日本語の50音それぞれに香りをあてはめて、それをもとに自分の名前の香りをブレンドするという試みです。

わたしの名前は「ゆうこ(Yuko)」なので、「や行」にあてはめられたサンダルウッド、「う」は母音なので2つあってゼラニウムとラベンダー、「か行」のジュニパーベリー、「こ」の母音である「お」にあてはめられたベチバーとシダーウッドをブレンド。

香りや効能を知り尽くしていると、ブレンドするときに固定概念にとらわれてしまって新たなブレンドができないことがあるので、そういうときの遊びとしてはひとつの考え方かな、と思います。

でも50音にあてはめる香りはスールネ先生の考えたもので、その人の感性。
そうなると、音(おん)や言葉から想像する香りは全員違うので、基準とするには難しい。

なのでやりながらずっともやもや。
どうしてサンダルウッドなの?とか。

なんでも根拠を求めるわたしと、感性にしたがったアプローチと相容れないのはしょうがないのかもしれません。

好みの問題なので、どちらがいいとか悪いとかではないとは思います。

しかし、こういうアプローチでいくと、社会的にアロマテラピーの価値は認められにくくなるのでは?と思うのも本音。
いまだに「アロマって占い?」とか「ファッション的なもの?」と言われちゃうことも多いので、そういったものを払拭して、科学にもとづいてきちんと普及させていきたいと思うと、AEAJのような大きな協会がとる姿勢は重要だと思います。

最初に接したアプローチがどれかでその人のアロマ観も決まると思うと、講師がどんな勉強をしてどんな伝え方をするかは本当に重要ですね。

私見なので、協会や今回の講座、先生を否定するものではないことを念のため書き加えます。


さて、そんなわたしにやっと納得できる時間が。

3コマ目の「アロマサイエンス学科」
そうそう、これが目的だっただ!

「アロマサイエンス学科」の感想は、また次回に続きますー。

「アロマ大学in金沢」に参加しましたーその3(アロマサイエンス学科)

あ、ちなみに「ゆうこ」の香りは雑多なブレンドですがなかなかよい香りにできあがりました。

サンダルウッドの香りがしないので入れ忘れたと思われますが、心の乱れがそうさせたのか?


AEAJアロマ大学の詳細は→★こちらから★

上記サイトには、どなたでもオンラインで学べる学科もあります。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2018-09-06 09:56 | アロマ講座 | Comments(0)
c0190960_1015145.jpg


少し日にちがたってしまいましたが、先日金沢旅の最終日(2018年9月1日土曜日)に、AEAJ(公益社団法人日本アロマ環境協会)のイベント「アロマ大学in金沢」に参加してきました。

今月新潟でも開催されますので、わざわざ金沢にそれを受けに行ったわけではないのですが、下記3つの理由により金沢参加してみました。

1)ちょうど金沢旅を計画していた日程だった。
2)新潟開催の日が「サイエンスカフェにいがた」と重なってしまい、サイエンスカフェに出たいと思った。
3)知り合いがいないほうが気が楽。(講師として致命傷;;)

新潟開催も、午前中は参加予定なので結局は行くんですけどね。

c0190960_1043284.jpg


会場は金沢勤労者プラザ
金沢駅西口(有名な鼓門のないほうが西口)から徒歩10分弱くらい。

c0190960_1044712.jpg


西口には、なぜか蓮池がある。


アロマ大学は、ROOM1とROOM2で別プログラムが並行しておこなわれており、午前中はアロマ講師学科とアロマディフューザー学科の2つのうち、アロマ講師学科は新潟で受講することにして、アロマディフューザー学科のほうに参加しました。

会場は体育室みたいなところでちょっと不思議な感じ。

講師は白シャツとスキニージーンズにすっごく素敵なヘビ柄ハイヒールで現れた、クリエイティブ・ディレクター神山理恵子さん。
このスタイルで人前に出るのは本当におしゃれな人しかできませんよね!

しかしですね、わたくし申込み前によく確認しなかったですよ、例のごとく。
「中上級者向け講座」って書いてあったのを見ただけで。

テーマは「和紙の花々が香る自分だけのアロマディフューザー作り」ということで工作の時間だった・・・

c0190960_1061827.jpg


むむー工作は苦手。
失敗。来なければよかった・・・
アロマの中上級者向けなの?
(神山先生やAEAJのみなさますみません、わたしの問題です、工作が苦手なんです)

和紙に型紙から花びらの形を写し取ってはさみで切るところまではなんとか。

しかし、その後タコ糸をかけてぎゅぎゅっと引っぱってお花の形にすることろは何度やってもうまくいかない。
そんなにお花っぽくないけどもうこれでいいやーと思っていたら、まわってきたスタッフの男性から「もっと根元からギャザーを寄せて引っぱってください。」とダメ出し。

とうとう同じテーブルの方が手伝ってくださった(・・;)
引っぱりが足りなかったみたい。

ちなみに、新潟のこの時間は「デザインにこだわった世界にひとつのアロマストーンを作ろう」なので、金沢で講師学科を受けて新潟ではアロマストーンを作るほうがよかったのでは、と激しく後悔。

まぁどちらにしても工作系ってことで、わたしには難しかったのね。

心の中で自分を呪いつつできあがったのがこちら。

c0190960_1073498.jpg


「余白の美」とかあったもんじゃないなー。
先生も「引き算を意識して」とおっしゃっていたのに、詰め込んだ感満載。

和紙のお花と緑のモスをボンドで貼った後さらに細かいフラワーなどをつけていくのですが、他のみなさんは何度も置いてみてバランスを確認しながら慎重に貼っていくのに、わたしはぶっつけで最初からどんどんボンドをつけて貼っていくのでバランスも何もあったもんじゃない。
もちろんいちばん最初に完成。

でもまぁ自分で作ったと思うとそれなりにかわいい。

和紙のところに精油をたらして使うディフューザーです。
用意されていた5種の精油の中からフランキンセンスとベルガモットをたらして、大好きな香りになりました。

これだけの材料を揃えるのはわたしには容易ではないですが、和紙のお花作りなら教えることができそう。
せっかく受講したのでそのうちにご提案したいものですが、和紙は金沢の和紙など繊細なものではうまくいかなくて、強く引っぱっても切れない丈夫なものでないとこのお花は作れないとのこと。
今回使ったのは京都のアワガミという和紙だそうで、それじゃないと難しいようです。


同じテーブルの方々とできあがり作品を並べて撮ったのがこちら。
(あらかじめ用意されていた見本も含む。)

c0190960_1081040.jpg


みんなそれぞれ。
みんな違ってみんないいねってことで。


このような講座に参加するのは講師として役立てたいからですが、向き不向きってありますよね、どうしても。


昼食は施設内にある喫茶店でナポリタン。

c0190960_1083467.jpg


アブラとケチャップを体が欲していたらしくおいしかった。

食べ終わって喫茶店を出てみると、ほとんどの方はロビーのソファーに座っておにぎりなどを食べていらした。ずらーっとびっしり。
なんだ、飲食OKだったんだ。

このあと午後にも2講座受講して、全部で3講座受けましたが、続きはまた次回。

「アロマ大学in金沢」に参加しましたーその2(アロマイマジネーション学科)


AEAJアロマ大学の詳細は→★こちらから★

上記サイトには、どなたでもオンラインで学べる学科もあります。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2018-09-05 10:35 | アロマ講座 | Comments(0)
公益社団法人 日本アロマ環境協会(AEAJ)のwebサイトで、「AEAJアロマスペシャリストサーチ」の登録が5月30日からスタートということで、初日の昨日早速登録してみました。

と言いたいところですが、プロフィール画像の登録が必要で、画像以外の必要情報を入力して保存したところでいったん止まっています。

うーそうだよね、画像どうしよう。
そろそろ履歴書の写真も用意しなくちゃいけないし、ちょっと考えよう。
(履歴書と同じわけにもいかないでしょうけれど。いやどうだろう。)

「AEAJアロマスペシャリストサーチ」というのは、講師やアロマセラピストを探す企業や団体・学校と、AEAJ資格者をマッチングするサービスとのこと。

これはぜひ近日中に画像をアップして、登録を完了させようと思います。
審査があるようですけどね。

「AEAJアロマスペシャリストサーチ」


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2018-05-31 07:11 | その他 | Comments(0)
c0190960_104452100.jpg


昨日は、朱鷺メッセで開催されたAEAJ(公益社団法人日本アロマ環境協会)主催の地区イベントアロマセミナーに参加してきました。

今年で6年目らしい。
毎回参加しながら次はどうしようか迷うのですが、日程もあいているので今年も行ってきました。

13時から15時40分まで2つのセミナーがおこなわれました。

セミナー1 『芳香蒸留水 ~水が香ることの不思議~』
講師:長島司氏

セミナー2 『四季と月のサイクルにあわせて美しくなるトリートメント』
講師:栗山貴美子氏

セミナー1の方向蒸留水の講座は、化学や成分の知識がないと難しい内容で、インストラクター以上が想定されているようでしたが、みなさんどうだったのだろう。
個人的には、ちょうどよかったです。

セミナー2の栗山先生のお話は、話し方がものすごく参考になりました。
ぜんぜん言い淀みや言い直しがなく、「えー」や「えっと」なども入らず、完璧。すごい。

全身の美しさとともに、講師として見習いたいと思いました。
(美しさは難しいかもしれないけれど、できる範囲で。)

c0190960_10445983.jpg


ホテル日航、まっすぐじゃないように見えるのですがどう???


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2017-05-28 11:34 | 日記・雑記 | Comments(0)

AEAJ機関紙が届きました

c0190960_74649.jpg


昨日公益社団法人日本アロマ環境協会(AEAJ)の機関紙が届きました。

第1特集は『季節の変わり目のアロマテラピー』
第2特集は『アロマ市場のトレンド[後編]』

今日の昼休みに読みたいと思います。


機関誌や業界誌などを読んでいると、やりたいこともあふれてくるし、反省や自己嫌悪もあふれてくるけれど、心をざわつかせずに自分の道を進んでいきたい。

こういうふうに書くということは、多少なりともざわついているからなんだけれど。
情報はうまく使わないとね。


地区イベントセミナーの詳細も発表されました。

今年も新潟でも開催されます。
長島司氏の芳香蒸留水のセミナーがあるそうでとてもたのしみ。

地区イベント アロマセミナー2017


昨日もマジョラムを嗅いで寝たら一度も目を覚まさなかった。
そして寝坊した。

先週から同じことが3回目なので、寝坊したくないときにはマジョラムはやめてみることにしよう。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2017-03-28 07:37 | 日記・雑記 | Comments(0)

みちすじ

c0190960_731197.jpg


ここ1~2年くらい、自分のアロマ教室の方向が定まらない、と思いつつ日々過ごしていました。

わたしの学ぶアロマテラピーと世間からみられるアロマテラピーのイメージが違う、と悩んだり、実際の講座でも違う方向性を求めてこられる方もいらしたり、学べば学ぶほど自分の知識が不足しているようで自信をなくしたり、もうすっぱりやめたほうがよいのかも、と思ったり。

しかしよく考えれば方向を定める必要なんてないのかも。

毎日まじめにやっていけば、自然に道ができて、どこかしらに向かっていけるのかもしれません。

こうでなくてはならない、なんてことはなくて、日々学び、感じることを伝えることができて、それですこしでも誰かの役に立つなら意義はあるのだろう。


上の画像はAEAJから先週発売された公式テキストです。

3冊発売になったうち、2冊を取り寄せてみました。
(表紙が地味ですね・・・)

わたしが資格を取ったときはこういったテキストがなく、参考図書を参照しつつ勉強したのでこれがあったらどんなによかったでしょう。
協会とは別に出版されている問題集など数冊買いましたが、明らかな間違いやあいまいな記載がとても多く、苦戦しました。

昨日届いたばかりなのでまだざっとしか目を通していませんが、これから学ぶ方の指針になりそうです。
化学の基礎知識や構造式などもちゃんと出てきます。

今週中にまずは一読しておこうと思います。


以前東京にアロマインストラクター試験を受けに行ったときに、近くに座った若いグループの方たちの会話が耳に入ってきました。

「アロマに成分とか化学とか関係ないよねー。ケトン類とかわけわかんないしー」

えっ、あななたたちインストラクター試験を受けに来たんですよね?

わたしはAEAJの資格を取ったのはずっと後ですが、最初にナードアロマテラピー協会で学んだので、化学や成分はかなり叩きこまれたのです。
だからその会話を聞いて本当に驚きました。

今はそんな考えではやっていけないでしょう。

きちんと学んだ講師が増えますように。
そして、わたしも学び続けてそういう方を増やすことにかかわれますように。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2017-02-02 07:54 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_21193257.jpg


毎年同じことを書いていますが、文化の日はアロマの日。

AEAJ(公益社団法人 日本アロマ環境協会によると

『ヨーロッパで生まれ育った香りの文化「アロマテラピー」。
AEAJは日本でもアロマテラピーが文化として定着することを願い、11月3日を「アロマの日」と制定しました。』

とのことです。


しかし今日のわたしはアロマ活動も何の活動もせず、起きていた時間は2~3時間程度。

夜の7時頃までこんこんと眠りつづけました。

この年になってもこんなに眠れるパワーがあったんだな。

もうすぐ9時半ですが、さらに寝ます。

では~おやすみなさい~zzz


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2016-11-03 21:27 | 日記・雑記 | Comments(0)

アロマテラピー検定

c0190960_20155580.jpg


少し前に届いていましたが、紹介するのを忘れていました。

AEAJ(公益社団法人 日本アロマ環境協会)から来年のアロマテラピー検定のポスター、チラシ、受験要綱などが届きました。

次の検定は11月6日(日)ですが今回送っていただいたのはその次のもの。

この検定はどなたでも受けることができ、検定だけなら独学でも可能です。
日常生活のなかでアロマテラピーを活かしていく基本知識を学ぶことができます。

「アロマテラピー」というと、なんだか特別なものやちょっとおしゃれなものと思われることが多いのですが、わたしとしては特におしゃれとも思っていませんし、料理と同じくらい生活に密着したものだと思っています。

心身の健康管理に欠かせないものなので、もっとみなさんの生活に入りこんでいくとよいのにな。
男性女性関わらず。

そのためには、もっと普及活動がんばらないとね。

特にわたしは、「なんとなく」や「スピリチュアル」とは離れたアロマを紹介したいです。
科学にもとづいたものを。

それにはまだまだ勉強が足りない。
さらに計画的にやっていこうと思います。


今年初めて暖房を使いました。
秋も深まりましたね。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2016-10-29 21:57 | 日記・雑記 | Comments(0)

新潟市 香りの教室amica(アミーカ)の川上裕子です。日記毎日更新中。出張アロマ講座やサイエンスカフェのお知らせや報告も書いています。


by amica(あみーか)