学びで心を豊かに

c0190960_21125238.jpg

昨日、日本メディカルハーブ協会の会報誌が届きました。
中にメディカルハーブ検定の案内も入っていました。
わたしが受けたのは(2016年)金沢会場でしたが、今は金沢では実施されていないのですね。

金沢に行きたいがために申込んだようなものでしたが(不純な動機・・・)、受けておいてよかったのだ。
今だったらいちばん近いのは東京ですかね。

金沢会場で受けている人数はすごく少なくて、これならば新潟で実施したほうがずっと集まるだろうな、と思った記憶。
新潟で実施されるようであれば、暮らしに役立つのでおすすめしたいと思います。

日本アロマ環境協会のアロマテラピー検定も、わたしは東京まで受けに行きましたが、今は新潟でも実施されているので、資格取得などとかたく考えず、暮らしの中で安全に活用できる知識を得る目的で受けてみるのもよいと思いますよ。

日本メディカルハーブ協会のメディカルハーブ検定、ハーブ&ライフ検定、日本アロマ環境協会のアロマテラピー検定、どれも独学でも受験可能です。
もちろん機会があれば講座に通うのもよしですが、まずはテキストを手にしてみてはいかがでしょうか。
読むだけでも役立ちますが、検定という目標があると生活に張りが出ますね。

学ぶ楽しみをぜひ。


わたしが次受けるとすれば、最近の第一候補は「金沢検定」です。
暮らしや仕事に何の役にも立たない・・・趣味?自己満足?


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ) 



by amica-aroma | 2019-12-10 22:30 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_2174838.jpg


6月8日(土)に参加したAEAJ(公益社団法人日本アロマ環境協会)のイベント「アロマ大学」の感想その3です。

これまでのお話はこちら
「アロマ大学in新潟」に参加しましたーその1(香育学科)
 「アロマ大学in新潟」に参加しましたーその2(クリエイション学科)

3つめの学科はメンタルヘルス学科
テーマは『自律神経から考える、メンタルヘルスとアロマテラピー』
講師は精神科医の竹内リエさん

竹内先生は、アロマインストラクターやセラピストの資格もお持ちです。
お父様が産婦人科医で、幼い頃から漢方薬が身近にあったとのこと。
アンチエイジング研究や数年の断食体験などをされていらして、アロマの他にもお話をお聴きしたいと思いました。

メンタルクリニックの患者さんのお話や、薬以外の治療のお話などをお聞きした後、ストレス測定器でストレスチェック。
人差し指を機械にはさんで1分間。(いちばん上の画像)

c0190960_2184692.jpg


赤と青と緑の3色が、円グラフのようになってストレス度がわかるというものですが、わたしには青も緑もなく真っ赤だった!
超ストレス状態。
Relax Scoreもゼロである・・・

c0190960_2110821.jpg


そんなわけはないと思いもう一回チャレンジ。
Relax Scoreは少し上がったものの、真っ赤。
だめじゃん。

c0190960_2111341.jpg


結果を受けてロールオンアロマを作ったのですが、交感神経を優位にするローズマリーとグレープフルーツ、副交感神経を優位にするラベンダーとヒノキとユズの計5種から選ばなければならず、真っ赤っかだったわたしは後者3種から選ばなければ。
昼間つけたいからユズは却下。

ということでヒノキとラベンダーのブレンドで作りました。
ちなみに昼間つけたければグレープフルーツも使えないのですが、その説明はなくて、みなさん大丈夫だったかな・・・
(グレープフルーツやユズなど柑橘系の精油の多くに光毒性があり、皮膚に塗布した後最低でも4~5時間(もっと多い時間を書いてある場合もあり)日光にあたることはできません)


メンタルクリニックでのアロマ導入について受講者から質問も出ましたが、保険診療と自費診療は同日にやることができず、実際は薬物の処方がメインとのこと。
これからどうなっていくか、自分としてどうしていくか、課題はいろいろありますね。


c0190960_2120555.jpg


これは友人とそのまたご友人に撮らせてもらった画像です。

わたしは参加しませんでしたが、AromaBarという企画でAEAJ認定アロマブレンドデザイナーがその人に合わせて調香してくれるというもの。
撮らせてくださってありがとうございました☆


アロマ大学は、新潟開催が全国でいちばん最初で、これからいろいろな都市で開催されますので、チャンスがあればぜひ。

来年以降は、各県持ち回り?案もあるらしく、新潟での開催がないかも?みたいなことがアンケート用紙に書いてありました。

地方は圧倒的に学ぶ機会が少ないですね。
東京にどんどん行ける状況でもないので残念ですが、どうにかして学んでいきたいと思います。

AEAJアロマ大学の詳細は→★こちらから★

メンタルヘルス学科は予定より30分近く早く終わり、これならエアロビクスに行けたなぁと思ったエアロバカ女であります。



じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ)
 
by amica-aroma | 2019-06-11 21:37 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_20561168.jpg


一昨日参加したAEAJ(公益社団法人日本アロマ環境協会)のイベント「アロマ大学」の感想その2です。

その1はこちら→「アロマ大学in新潟」に参加しましたーその1(香育学科)

2つ目の学科はクリエイション学科
テーマは『五感で楽しむ、ボタニカルキャンドル作り』
講師はキャンドル作家藤井彩子さん

シャーレにドライフラワーをあしらったところにジェルワックスを流し込んで作るキャンドルを作りました。

そうです、そうですよ。
昨年こういうクラフトには懲りたはずですよ。
なのに、申込んでしまった。相当頭が悪いに違いありません。

昨年のお話はこちら→「アロマ大学in金沢」に参加しましたーその1(アロマディフューザー学科)


講師の藤井さんはとても素敵な方でしたし、自分だけのオリジナルクラフトが作れるということで、手作り好きな方にはよいと思います。
ジェルワックスはスタッフの方が流し入れてくださったのですが、これをやってみたかったです。
(ドライフラワーを飾るセンスはないのだ、とにかく。)

最後にドライフラワーのところにたらす精油はジャスミンをメインにしました。
ジャスミンは日ごろから好きな香りというわけではないのですが、定期的にすごく大好きになる。


今回は昨年のようにみなさんの作品を撮影することはなかったのですが、お隣に座っていらした方(ファッションもヘアスタイルも雰囲気も全体的に素敵でした。)のキャンドルが洗練されていて超オシャレでした。
またお会いできる機会があったらそのことをお伝えしたいです。
新潟の方かしら?
印象的だったので、また会えたらわかると思う!


これで受講した3つの学科のうち2つの感想を書きました。

3つめのメンタルヘルス学科については明日以降。


AEAJアロマ大学の詳細は→★こちらから★



じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ)
 
by amica-aroma | 2019-06-10 21:29 | アロマ講座 | Comments(0)
c0190960_9243582.jpg


昨日はAEAJ(公益社団法人日本アロマ環境協会)のイベント「アロマ大学」に参加してきました。

昨年は金沢でも参加したなぁと思いながら会場の新潟県民会館へ。
これまでずっと朱鷺メッセだったので初の県民会館です。

わたしは3つの学科に申込んでおり、午前中は香育学科を受講。
同じ時間にサイエンス学科もあり、そちらもどうしても受けたい!と思ったのですが、サイエンス学科は誰でも受講可能で、香育学科はアロマインストラクター対象ということだったので、散々迷ったあげく香育学科を申込んだのでした。

どうしてこの2つを同時刻に?
それはどういう作戦なの?
どちらも受けたいにきまってるじゃん?
今月末金沢でも開催があるので昨年のように2会場で受けることも考えましたが、今年はその日に金沢に行くのは難しかった。

ということで、香育学科、面白くなかったら許さないぞ!という気もちで気合いを入れて参加しました。(笑)

講師は、東京学芸大学附属世田谷小学校教諭、沼田晶弘さん

存知上げなかったのですが、テレビや新聞、著書などで話題の先生なのだそう。
テーマは『現役小学校教諭が教える、子どもの自主性を引き出す授業のヒント』

「子どもの自主性を引き出す授業のヒント」ということですが、授業の相手が大人でも同じということで、わたしたち講師が使えるスキルをたくさん教えていただきました。
お話もアロマに置き換えてたくさんの例を出してくださったり、お話の内容だけでなく、沼田さんのすべてが、授業をするためのヒント満載で、とても参考になりました。

わたしは普段、自らアロマを学びたいと思って時間とお金を費やしてくださる方々を相手にしていますが、学校ではそうでありません。
教師が学んでほしいと思っていることを子どもが必ずしも学びたいと思っているとは限らない。
みんなが勉強好きなわけではない。
そんな中でひきつけて、学んでもらわなくてはならないわけで、先生の力量が問われるのですね。

今後の講座にも活かしたいですし、まったくの仮予定ですが、もしかしたら小学生向けのアロマ講座をやるかも、というお話もあるので、いろいろと取り入れたいと思っております。

沼田先生は、このアロマ大学で全国11か所まわられるそうです。
アロマインストラクターのみなさまはぜひ受講されることをおすすめします。

新潟では受講者7名ということで、もったいないお時間でした。


香育学科のあとはランチタイム。

c0190960_9315747.jpg


今回はランチボックスが注文できるということで申込んでありました。

ヘルシーメニューのお弁当。
ただいま減量中なのでよかったですが、少し前のわたしなら「足りないー!!!!」と悲しみ(怒り?)がわいたことでしょう。

ランチをとりながらAEAJの方のお話をお聴きしたり情報交換をするという『これからのAEAJ~現在と未来~』というのに申込んでありましたが、これが次の学科と時間が重なっており、理事長のお話をお聴きしながらとにかく食べてささっと席を立たなければならないというスケジュール。

急いでランチをかきこんでいるときに美しい熊谷理事長に話しかけていただいたのですが、理事長と認識できず大変失礼をしてしまいました、
熊谷先生のご著書はほぼ持っているのに、あぁぁ、時間内に昼食を食べることで頭がいっぱいだったでした・・・本当に申し訳ない・・・というか恥ずかしい。
本当に失礼いたしました。お詫び申し上げます。

それでも食べ続けるしかなく食べた気はせず、おかずはたぶんおいしかったのですが、木のスプーンフォークは恐ろしく食べづらく、五穀米はカピカピで頑固に容器にくっついて全部食べられず、コーディアルや酵素ドリンクなどいろいろ試せるドリンクバーがあったのに一杯しか飲めず、とにかく何もかもがトホホな感じのランチタイムでした。

そして、熊谷理事長にあらためてご挨拶していたら午後のクリエイション学科には遅刻するという。
さらに、お手洗いに寄れなかったのでがまんしながらキャンドル作りをするなど、もう全体的にダメすぎたよ、わたし。

このあたりのスケジューリングは、AEAJのみなさまにも再検討していただけたらと思いました。
文句ではないです、みなさまに昨日1日大変お世話になり感謝しております。
ありがとうございました!


そして急いで食べた後のクリエイション学科。
苦手な工作系ですよ。
そうです、昨年とまったく同じ轍を踏んだわたくし。
バカなのか!

そのお話は明日以降に続きます。


AEAJアロマ大学の詳細は→★こちらから★

上記サイトには、どなたでもオンラインで学べる学科もあります。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ)
 
by amica-aroma | 2019-06-09 14:21 | アロマ講座 | Comments(0)
c0190960_1836416.jpg


6月にAEAJ(公益社団法人日本アロマ環境協会)主催のアロマ大学が今年も新潟で開催されますのでご案内します。

大学?と思うと少しためらってしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、要はアロマに関連した講座やサービスが受けられるってことなのでお気軽に。
オンライン学科もあります。

AEAJ(公益社団法人日本アロマ環境協会)の認定資格を持っていない一般の方も受けられるものありますので、ぜひ一度下記サイトをご覧の上ご検討ください!

アロマ大学特設サイトはこちら
https://www.aromakankyo.or.jp/aromacollege/index.html

新潟会場分は、昨日から申込受付がスタートしました。(5月8日(水)まで)
6月8日(土)、会場は新潟県民会館です。
全国12か所で開催されるうち、また新潟がいちばん最初です。

わたしも受講しますが、インストラクター向けの学科とサイエンス学科が重なっており、どちらかしか受講できないしくみ。
これは、主催者の作戦ですか!!!!????
どちらも受けたいわたしにはいじわるに感じるよ!!!!????

サイエンスのほうに興味がありますが、ここはインストラクター向けを受けるべきかと思いそちらに申込みました。
昨年は、重なったところは金沢と新潟で受講する作戦をとりましたが、むむぅーーー。
それに合わせて金沢旅を企画しろっていう思いやりですかね?(誰の?)
金沢開催が秋だったらそうするんですけど、新潟と同じ6月なんです・・・

どなたか、サイエンス学科を受講される方がいらしたら、あとで教えてくださーい。

アロマ大学特設サイトはこちら
https://www.aromakankyo.or.jp/aromacollege/index.html



じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ)
 
by amica-aroma | 2019-04-18 21:17 | アロマ講座 | Comments(0)
c0190960_7314473.jpg


一昨日、AEAJ(公益社団法人日本アロマ環境協会)のイベント「アロマ大学in新潟」のアロマ講師学科に参加しました。

金沢で他の3講座に参加したお話はこちら
「アロマ大学in金沢」に参加しましたーその1(アロマディフューザー学科)
 「アロマ大学in金沢」に参加しましたーその2(アロマイマジネーション学科)
 「アロマ大学in金沢」に参加しましたーその3(アロマサイエンス学科)


会場は朱鷺メッセ

アロマ講師学科の参加者は17人ほど。
別室のアロマディフューザー学科はどのくらいいたんだろう、チェックする余裕がなかった。

テーマは『誰もが教え上手になれる「ストーリーの法則」マスター講座』。
講師は、橋本歌麻呂氏。
一般企業へのコンサルティングや研修講師として活躍中とのことです。


最初にいつもの通りいちばん後ろの席に座ったら、2人1組でロープレをするのでおひとりの方の隣に座るようスタッフに促されて前のほうへ。

ううーロープレ(´・ω・`)

アイスブレイク(場をほぐすための導入)の「あと出しじゃんけん」から始まり、ITEM法、PARLの法則などを、ロープレを交えながら学びました。

「講師とは人前で話すだけでも知識を伝えるだけでもない。新たな知識を聴き手の頭の中に定着させ、結果として聞き手の行動が変わること。」というお話がありました。

じゅうぶんわかっているつもりでしたが、あらためて初心に帰るきっかけとなったと思います。

わたしは、新卒で入った会社で人前で研修する仕事に就きましたが、最初から苦手意識がありませんでした。
その分ブラッシュアップする努力が不足していたかもしれません。

「わかりやすく伝える」ということに重点を置いてきましたが、「おもしろく伝える(ストーリー感を持って話す)」という視点は不足していたようにも思いますので、今後磨いていきたいと思います。


2人組ワークでお世話になったお隣の席の方はさわやか好青年。
東京から来た大学3年生で、今年の春アロマインストラクター資格を取得、将来も関連した仕事に就きたいと考えているとのこと。
東京の講座は日程の都合がつかず、アルバイトしたお金で夜行バスで来たそう。


前の席の方と組むこともありましたが、その方も東京からいらしたって。

みなさまお世話になりありがとうございました!

アロマ大学は、まだまだ各地で開催されます。
AEAJアロマ大学の詳細は→★こちらから★


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2018-09-24 07:38 | アロマ講座 | Comments(0)
先日(2018年9月1日土曜日)参加した、AEAJ(公益社団法人日本アロマ環境協会)のイベント「アロマ大学in金沢」のお話3回目です。

これまでのお話はこちら
「アロマ大学in金沢」に参加しましたーその1(アロマディフューザー学科)
 「アロマ大学in金沢」に参加しましたーその2(アロマイマジネーション学科)


もやもやしつつ参加した2つの学科を終え、いよいよわたしにとって本題の「アロマサイエンス学科」
「においを知覚する"不思議"を知り、体験してみよう」

講師は筑波大学人間系心理学域教授の綾部早穂さん。

大学卒業後、高砂香料(株)勤務を経て筑波大学大学院進学ということでずっと嗅覚の研究をされている先生。
「感覚知覚心理学」というのが専門なのだそうです。

まず、2004年にノーベル賞を受賞したアクセル博士とバック博士の受容体の研究のお話から始まって、においの受容について。

そして、実際先生がされた研究データをもとににおいの知覚についてのお話。
・経験や学習によってそのにおいの印象が変わったり、においを感じる強さが変わったりする。
 →知らないにおいは弱く感じる、好きでも嫌いでもない
  知っているにおいは強く感じる、好きなにおい
・危険の意識によってにおいへの注意維持が変わる。
 →危険と教示すると順応が生起しないが、健康によいと教示すると順応(強度低下)

また、自伝的記憶の研究も興味深かったです。
自伝的記憶とは自分だけの重要な思い出のこと。
「レミニッセンス・バンプ」という言葉を初めて学びました。

65~80歳を対象に調査した結果、言葉や視覚刺激(写真等)を手がかりにすると10代の記憶が最も多く、においを手がかりにすると10歳以前の記憶が最も多いというもの。

うまく説明できないけど感覚的に納得。

その後、「においを伝えることの難しさ」をグループで実習するという流れでしたが、泣く泣くここで退席。

最後(16:00)まで受講すると、新潟に帰れないわけではないのですがちょうどよい乗り継ぎがなく大変になってしまうので、16:09の新幹線に乗ることにしたのです。

当初の予定では、最後まで受講して夜中の帰宅でも、と思っていましたが、急速に疲労を感じパワーダウンしてしまったため、急遽途中退席することにしてしまいました。

実習とても興味深かったので残念ですし、受講中に急に決めたので先生や協会のみなさまにも大変失礼いたしました。
申し訳なかったです。

参加することができなかった実習は、においを言葉だけで伝えたときに相手に伝わるかどうかを実験するというもの。

この、「アロマサイエンス学科」は9月22日の新潟開催でも同じものがあります。
もし受講される方がいらしたら、実習の内容や感想など、教えていただけたらうれしいです。

このような内容は、今後もっと詳しく聴きたいと思います。
サイエンスカフェの内容にも入れられたらいいな。


アロマ大学の会場では、世界の希少な精油やアロマ関連商品の展示コーナーもありました。

c0190960_10443866.jpg


希少な精油は、これまでに嗅いだことのないものをいくつか嗅いでみました。
ひとついい香りと思ったものがあったけど、どうしても思い出せない。
(役立たず)
希少なだけあってか、わりとみんな個性的な香り。


3日間にわたり「アロマ大学」の感想を書きました。

このイベントは、昨年までは地区イベントとしておこなわれていたものがリニューアルされたもの。

地区イベントは新潟の初回からすべて参加し、これまでの感想でも書いていますが、一般の方も専門家も受講できるものは、ターゲットが広いので難しい。
今回は別会場で資格保持者しか参加できない学科もありますが。

以前は、東京でのセミナーに年に数回参加していましたが、ここ数年は諸事情で行くことができません。
地方でおこなわれる機会を最大限活用して、今後も、内容を学ぶとともに、伝え方や着目点を学びたいと思います。
上をみたらきりがないので、今ある環境の中で最大限学んで、小さくてもまじめにやっていきたいです。


AEAJアロマ大学の詳細は→★こちらから★

上記サイトには、どなたでもオンラインで学べる学科もあります。


1週間前には金沢にいたんだなぁ。
また行きたいなぁ。



じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2018-09-07 11:02 | アロマ講座 | Comments(0)
c0190960_9513972.jpg


先日(2018年9月1日土曜日)参加した、AEAJ(公益社団法人日本アロマ環境協会)のイベント「アロマ大学in金沢」のお話2回目です。

その1はこちら→「アロマ大学in金沢」に参加しましたーその1(アロマディフューザー学科)


昼食後、まずは「アロマイマジネーション学科」
講師はアロマスタイリストのスールネ千春さん。

午前中の工作に続き、これも苦手分野だった。
最初にシダーウッドの香りを嗅いでそれぞれのイメージを発表しあうところから。
そうだよね、「イマジネーション」ってそうだよね、苦手だよね;;;

と思っていたら、実際おこなったのは、指示された決まりに従って精油をブレンドしていく作業。
日本語の50音それぞれに香りをあてはめて、それをもとに自分の名前の香りをブレンドするという試みです。

わたしの名前は「ゆうこ(Yuko)」なので、「や行」にあてはめられたサンダルウッド、「う」は母音なので2つあってゼラニウムとラベンダー、「か行」のジュニパーベリー、「こ」の母音である「お」にあてはめられたベチバーとシダーウッドをブレンド。

香りや効能を知り尽くしていると、ブレンドするときに固定概念にとらわれてしまって新たなブレンドができないことがあるので、そういうときの遊びとしてはひとつの考え方かな、と思います。

でも50音にあてはめる香りはスールネ先生の考えたもので、その人の感性。
そうなると、音(おん)や言葉から想像する香りは全員違うので、基準とするには難しい。

なのでやりながらずっともやもや。
どうしてサンダルウッドなの?とか。

なんでも根拠を求めるわたしと、感性にしたがったアプローチと相容れないのはしょうがないのかもしれません。

好みの問題なので、どちらがいいとか悪いとかではないとは思います。

しかし、こういうアプローチでいくと、社会的にアロマテラピーの価値は認められにくくなるのでは?と思うのも本音。
いまだに「アロマって占い?」とか「ファッション的なもの?」と言われちゃうことも多いので、そういったものを払拭して、科学にもとづいてきちんと普及させていきたいと思うと、AEAJのような大きな協会がとる姿勢は重要だと思います。

最初に接したアプローチがどれかでその人のアロマ観も決まると思うと、講師がどんな勉強をしてどんな伝え方をするかは本当に重要ですね。

私見なので、協会や今回の講座、先生を否定するものではないことを念のため書き加えます。


さて、そんなわたしにやっと納得できる時間が。

3コマ目の「アロマサイエンス学科」
そうそう、これが目的だっただ!

「アロマサイエンス学科」の感想は、また次回に続きますー。

「アロマ大学in金沢」に参加しましたーその3(アロマサイエンス学科)

あ、ちなみに「ゆうこ」の香りは雑多なブレンドですがなかなかよい香りにできあがりました。

サンダルウッドの香りがしないので入れ忘れたと思われますが、心の乱れがそうさせたのか?


AEAJアロマ大学の詳細は→★こちらから★

上記サイトには、どなたでもオンラインで学べる学科もあります。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2018-09-06 09:56 | アロマ講座 | Comments(0)
c0190960_1015145.jpg


少し日にちがたってしまいましたが、先日金沢旅の最終日(2018年9月1日土曜日)に、AEAJ(公益社団法人日本アロマ環境協会)のイベント「アロマ大学in金沢」に参加してきました。

今月新潟でも開催されますので、わざわざ金沢にそれを受けに行ったわけではないのですが、下記3つの理由により金沢参加してみました。

1)ちょうど金沢旅を計画していた日程だった。
2)新潟開催の日が「サイエンスカフェにいがた」と重なってしまい、サイエンスカフェに出たいと思った。
3)知り合いがいないほうが気が楽。(講師として致命傷;;)

新潟開催も、午前中は参加予定なので結局は行くんですけどね。

c0190960_1043284.jpg


会場は金沢勤労者プラザ
金沢駅西口(有名な鼓門のないほうが西口)から徒歩10分弱くらい。

c0190960_1044712.jpg


西口には、なぜか蓮池がある。


アロマ大学は、ROOM1とROOM2で別プログラムが並行しておこなわれており、午前中はアロマ講師学科とアロマディフューザー学科の2つのうち、アロマ講師学科は新潟で受講することにして、アロマディフューザー学科のほうに参加しました。

会場は体育室みたいなところでちょっと不思議な感じ。

講師は白シャツとスキニージーンズにすっごく素敵なヘビ柄ハイヒールで現れた、クリエイティブ・ディレクター神山理恵子さん。
このスタイルで人前に出るのは本当におしゃれな人しかできませんよね!

しかしですね、わたくし申込み前によく確認しなかったですよ、例のごとく。
「中上級者向け講座」って書いてあったのを見ただけで。

テーマは「和紙の花々が香る自分だけのアロマディフューザー作り」ということで工作の時間だった・・・

c0190960_1061827.jpg


むむー工作は苦手。
失敗。来なければよかった・・・
アロマの中上級者向けなの?
(神山先生やAEAJのみなさますみません、わたしの問題です、工作が苦手なんです)

和紙に型紙から花びらの形を写し取ってはさみで切るところまではなんとか。

しかし、その後タコ糸をかけてぎゅぎゅっと引っぱってお花の形にすることろは何度やってもうまくいかない。
そんなにお花っぽくないけどもうこれでいいやーと思っていたら、まわってきたスタッフの男性から「もっと根元からギャザーを寄せて引っぱってください。」とダメ出し。

とうとう同じテーブルの方が手伝ってくださった(・・;)
引っぱりが足りなかったみたい。

ちなみに、新潟のこの時間は「デザインにこだわった世界にひとつのアロマストーンを作ろう」なので、金沢で講師学科を受けて新潟ではアロマストーンを作るほうがよかったのでは、と激しく後悔。

まぁどちらにしても工作系ってことで、わたしには難しかったのね。

心の中で自分を呪いつつできあがったのがこちら。

c0190960_1073498.jpg


「余白の美」とかあったもんじゃないなー。
先生も「引き算を意識して」とおっしゃっていたのに、詰め込んだ感満載。

和紙のお花と緑のモスをボンドで貼った後さらに細かいフラワーなどをつけていくのですが、他のみなさんは何度も置いてみてバランスを確認しながら慎重に貼っていくのに、わたしはぶっつけで最初からどんどんボンドをつけて貼っていくのでバランスも何もあったもんじゃない。
もちろんいちばん最初に完成。

でもまぁ自分で作ったと思うとそれなりにかわいい。

和紙のところに精油をたらして使うディフューザーです。
用意されていた5種の精油の中からフランキンセンスとベルガモットをたらして、大好きな香りになりました。

これだけの材料を揃えるのはわたしには容易ではないですが、和紙のお花作りなら教えることができそう。
せっかく受講したのでそのうちにご提案したいものですが、和紙は金沢の和紙など繊細なものではうまくいかなくて、強く引っぱっても切れない丈夫なものでないとこのお花は作れないとのこと。
今回使ったのは京都のアワガミという和紙だそうで、それじゃないと難しいようです。


同じテーブルの方々とできあがり作品を並べて撮ったのがこちら。
(あらかじめ用意されていた見本も含む。)

c0190960_1081040.jpg


みんなそれぞれ。
みんな違ってみんないいねってことで。


このような講座に参加するのは講師として役立てたいからですが、向き不向きってありますよね、どうしても。


昼食は施設内にある喫茶店でナポリタン。

c0190960_1083467.jpg


アブラとケチャップを体が欲していたらしくおいしかった。

食べ終わって喫茶店を出てみると、ほとんどの方はロビーのソファーに座っておにぎりなどを食べていらした。ずらーっとびっしり。
なんだ、飲食OKだったんだ。

このあと午後にも2講座受講して、全部で3講座受けましたが、続きはまた次回。

「アロマ大学in金沢」に参加しましたーその2(アロマイマジネーション学科)


AEAJアロマ大学の詳細は→★こちらから★

上記サイトには、どなたでもオンラインで学べる学科もあります。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2018-09-05 10:35 | アロマ講座 | Comments(0)
公益社団法人 日本アロマ環境協会(AEAJ)のwebサイトで、「AEAJアロマスペシャリストサーチ」の登録が5月30日からスタートということで、初日の昨日早速登録してみました。

と言いたいところですが、プロフィール画像の登録が必要で、画像以外の必要情報を入力して保存したところでいったん止まっています。

うーそうだよね、画像どうしよう。
そろそろ履歴書の写真も用意しなくちゃいけないし、ちょっと考えよう。
(履歴書と同じわけにもいかないでしょうけれど。いやどうだろう。)

「AEAJアロマスペシャリストサーチ」というのは、講師やアロマセラピストを探す企業や団体・学校と、AEAJ資格者をマッチングするサービスとのこと。

これはぜひ近日中に画像をアップして、登録を完了させようと思います。
審査があるようですけどね。

「AEAJアロマスペシャリストサーチ」


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2018-05-31 07:11 | その他 | Comments(0)

ぐだぐだな日記毎日更新中。


by amica(あみーか)