タグ:高山なおみ ( 12 ) タグの人気記事

2017年読み終わった本37冊目。


『帰ってきた 日々ごはん〈3〉』高山なおみ

大好きな日々ごはんシリーズですが、最近は1回さらっと読んで終わり。
以前は読み終わるとすぐにまた最初のページに戻って何度も読んでいたものです。

本のなかみが変わったのかわたし自身が変わったのかはよくわからない。

今回の帰ってきた3巻目では、高山さんの心の中のいろいろが大きく変わる時期で、書けないこともいっぱいあったのかな、という印象でした。
前よりページ数も少ない気がするし。

でもやっぱり、次も読みたい。

--------------------------------------------------
『帰ってきた 日々ごはん〈3〉』高山なおみ
お気に入り度★★★☆☆
by amica-aroma | 2017-09-10 09:52 | 読書記録 | Comments(0)
2017年読み終わった本12冊目。


『ココアどこ わたしはゴマだれ』高山なおみ・スイセイ

高山なおみさんと夫スイセイさんが作った本。

この妙なタイトルのことには触れられていなかったなぁ。
このタイトルでなかったら買って読んでいたかも。
(図書館で借りました。)

夫婦で語り合った言葉の数々には、生きるということの本質のような深い言葉がたくさんあって、ドキドキした。
世間の常識にとらわれず自分を深く深く掘って表現していく言葉。

今は離れて暮らすご夫妻が、今ならどんな言葉を語るのかまた読んでみたいと思う。


中に掲載されている、スイセイさんの作った「生キルの手帖」はわたしの眼では、どの眼鏡をかけてもよく文字が見えなくて残念だった。
ところどころ見えるところだけ読んだ。
白地に印刷された文字でじっくり読みたい。

そろそろ拡大鏡を買わなくてはね。

--------------------------------------------------
『ココアどこ わたしはゴマだれ』高山なおみ・スイセイ
お気に入り度★★★★☆
by amica-aroma | 2017-04-26 07:45 | 読書記録 | Comments(0)
2017年読み終わった本9~10冊目。


『ロシア日記: シベリア鉄道に乗って』


『ウズベキスタン日記: 空想料理の故郷へ』

高山なおみさんの日記のファンなので、昨年これが発売されたと同時にはりきって2冊買いました。

ロシアのほうは去年読んだのですが、なかなか進まず、お金を出して買ったことを後悔。
ウズベキスタンのほうは最近読みましたが、ロシアよりはおもしろかった。

写真がないから何がどういうものかさっぱりわからず、「説明じゃわかんないから見せてよー」と、しまいにはイライラしてくる。
川原真由美さんの絵がついているのですが、薄いタッチなので、小さく印刷されたものでは何が描かれているかほとんど見えない。

でも考えてみれば、そもそも旅行記というのは写真や絵なんてまったくなくても、文章を読むだけで自分も旅に行っているような気分になるのがいいものなのだよな、と思ったり。
旅気分にもならなかったし、行ってみたいとも思わなかったのでした。

早く今の高山さんの神戸の生活の日記が読みたいなぁ。
(webでは読めるけど)

--------------------------------------------------
お気に入り度★★☆☆☆
by amica-aroma | 2017-04-16 09:16 | 読書記録 | Comments(0)
2016年読み終わった本59冊目。


『帰ってきた 日々ごはん〈2〉』高山なおみ

大好きな日々ごはんの新刊ですが、この本に収められている日記は2012年10月~2013年12月。

年月がたちすぎている気がする。
そのときに読みたかったな。

今高山さんは夫スイセイさんと離れ神戸に暮らしているので、早くそのあたりに追いついてほしい。
せめて昨年くらいのを読みたいです。


少し前に読んだ『ロシア日記』で写真が見たいんだよーと思っていたものがこの本に載っていて少し満足しました。
(ロシア日記は読書記録未)

と、ここまで感想を書いて、もう少し書こうと思って本を探すが見つからない。

本を積み上げすぎてわけがわからないのだ。
むむぅー。

まぁいいやここまで書いたからアップするさ。
あとで本体がみつかったら、付箋を付けたところから何か書き足すかも。

しかしどうしてないんだろう・・・

先週病院に行ったとき待ち時間が長くてずっと読んでいて、病院にいる間に読み終わった。
そしてそのあと記憶にないから、まさか病院に置いてきた?
そんな気がするよ;;;;


読んだ本記録 『帰ってきた 日々ごはん〈1〉』

--------------------------------------------------
『帰ってきた 日々ごはん〈2〉』高山なおみ
お気に入り度★★★☆☆
by amica-aroma | 2016-11-08 21:57 | 読書記録 | Comments(0)
2016年読み終わった本4冊目。


『帰ってきた 日々ごはん〈1〉』高山なおみ

よかったー帰ってきた!!
ほんとうにうれしくて、また何度も読んでしまうだろう。

『日々ごはん』が大好きで、何度も何度も読んでいたのに、ある時やめるってことになり、しかも高山さんご本人が「もういいかな」と思った風だったので、かなしい気もちでいました。

そのあたりのことは、あとがきでも書かれているし、そのあとスイセイさん(高山さんの夫)も書いてくださっているので気もちの変化や経過を知ることができる。


高山さんが武田百合子さんの『富士日記』について書いているところ。
『それにしても私は、百合子さんの大大ファンだし、『富士日記』を何度も何度も読んで体に染み込ませている身だ』

まさにそれ。
わたしにとっては高山さんの『日々ごはん』がそうなのだ。

今回帰ってきてくれたことでこれまでの12冊も再度読みたくなったし、ついでに『富士日記』も読み返したくなった。
わたしは『富士日記』は家にあるが実は半分くらいしか読んでいない。

あと、『日々ごはん』と『帰ってきた日々ごはん』の間の新潮社の2冊の日記も読み返したい。
読書時間が減っているのに困るなぁ。


日常の積み重ねしかその人を作らない。
変化のないような日常でも、人は移り変わっていく。

--------------------------------------------------
『帰ってきた 日々ごはん〈1〉』高山なおみ
お気に入り度★★★★★
by amica-aroma | 2016-02-07 20:22 | 読書記録 | Comments(0)
2014年読み終わった本99冊目。


『高山なおみのはなべろ読書記』高山なおみ

はなべろは鼻と舌。
嗅覚と味覚をたよりに文章を紡ぎ出しているということ。

高山さんの文章を読むのはわたしにとって喜びであると同時にちょっと苦しみもある。

あまりにもぐさりと刺さるので、胸が苦しくなってしまうのだ。

普段できるだけ感性を鈍くして暮らすようにしているのに、その努力が無駄になってしまう。
鋭くする努力ではない、鈍くする努力。

五感全開にしてしまうと、一般的な社会や人ととさらにかみ合わなくて困るから、できるだけ閉じておく。

でも、数行でも高山さんの文章を読むともう駄目だ。

閉じていた扉が開いて、感情なのか何なのかがわーっと出てきてしまって胸が苦しい。

同時に、なにかが解放されてすっきりもする。


この本は「読書記」でありながら料理のレシピ本でもあり日常を織り込んだエッセイでもありました。

けっこうな厚みのある本だと思いましたが、レシピのせいか写真のせいか、あっという間に読み終わってしまいました。

え?うそもう終わり?放り出されたような気も。
もっとずっと読んでいたかった。


24の読書記のうちわたしが読んだ本はなく(読みかけのものが2冊)読んでみたいものが3冊。

料理にはいつもそれほど興味がないが、今回のレシピの中にはいくつか作ってみたいものがありました。
バター入りの玉子焼とか。
わりと身近な料理が多い。


わたしの読みかけの『セラピスト』について書いてある章で

『・・・こうして文章を書いているのも、私にとっては療法だ。自分の中にあるぼわっとした何かのかたまりを、実感だけを頼りに、いちばん近い言葉にたとえて配列する。』

というところがあった。


わたしもぼわっとしたかたまりをたくさん持っている。

けれどいつも努力して閉じているせいか、それともただ単にスキルが足りないか(たぶんこっち)、言葉として配列することができないでいる。

だから、自分の「ぼわっ」と似たものを配列してくれる人の文章にひきつけられるのだ。

--------------------------------------------------
『高山なおみのはなべろ読書記』高山なおみ
お気に入り度★★★☆☆
by amica-aroma | 2014-11-14 21:08 | 読書記録 | Comments(0)
2013年78冊目に読み終わった本。


『明日もいち日、ぶじ日記』高山なおみ

昨年の『今日もいち日、ぶじ日記』に続く第2弾。

 →読んだ本記録 『今日もいち日、ぶじ日記』

ひとまずこれでおしまいだそうで残念。
『日々ごはん』のようにずっと続いてほしいのにな、高山さんの日記がものすごく好きなので。

これまでの日記の中では一番平和だったかも。

スイセイさん(高山さんの夫)とけんかも、ひどく体調を崩すことも、ひどく感情を動かされることも、あまり書かれていないように思いました。
いつもはそういうことがわりと濃く深く書いてあるので。

毎日の献立も、ごくシンプルなように感じました。

それはそれで、「ぶじ日記」のタイトル通り、安定して素敵なことですね。


日記を読んでいると、ものすごく大量の文章のお仕事をされているよう。
それだけ文章が評価されているのだろうな。


表紙は表側に高山さん、裏側にスイセイさんの肖像画。
佐々木美穂さんの作だそう。

人生が表れているような力強さ。

うちも夫婦ふたり暮らしなので、違うところも認めながらお互いを理解し合って暮らすご夫婦の様子を見習いつつ同じように仲良く暮らしたいです。

--------------------------------------------------
『明日もいち日、ぶじ日記』高山なおみ
お気に入り度★★★☆☆
by amica-aroma | 2013-10-12 10:16 | 読書記録 | Comments(0)
2012年70冊目に読み終わった本。


『今日もいち日、ぶじ日記』高山なおみ

昨年の読書記録がまだまだあるのでどんどん書いていきたいと思います。
今年に入ってからもすでに6冊ほど読みました。

読書だけして生きていかれたらな~。
(小さい頃からの夢。読書が職業ってないですよねぇ。)


さて、料理家高山さんの新刊。
2回続けて読みました。

『日々ごはん』のシリーズが12冊で終わってものすごーーーく残念に思っていたので、高山さんの日記が復活して本当にうれしい!!
高山さんご夫婦が山の家を購入されたのでそのお話が加わって、『日々ごはん』とは別の彩りも追加されているのです。

そして、高山さんも変化している。
山の家のことだけじゃなく。

料理家だけど文章を書く仕事が増えて、もう完全文筆家だ。

日記だからといって簡単に書けるものではないことは痛感している。
自分を掘って掘って、周りを冷静に観察して、文章とじっくり向き合って、やっと書けるものだと思います。


ひとつショックだったのは、高山さんは『日々ごはん』の最終巻が発売されたことに何の感慨も湧かなかったそうだ。

そうなの!?
わたしなんて残念で残念で、その時が来ないことを祈っていたのに。
そんなものなんでしょうかね。



季節を感じながらあたりまえの日常を過ごし、今日もいち日ぶじでいること以外にのぞむことはないなー本当に。

まだ続きも発売予定だそうなので、次回も楽しみにしています。

--------------------------------------------------
『今日もいち日、ぶじ日記』高山なおみ
お気に入り度★★★★☆
by amica-aroma | 2013-01-11 07:52 | 読書記録 | Comments(0)
2011年61冊目に読み終わった本。


『高山ふとんシネマ』高山なおみ

この人の文章はどうしてこんなに深くぐっと刺さるんだろう。

ぼんやりして何にでも浅いわたしには怖いくらいだ。
心まで切り込んでこられるような。

この本の文章は、映画につけられたものも多いが、いわゆる映画評とか感想とかではないのでほとんどの映画を見ていなくても関係なく読める。
ただただ深いところへ。

イラストも本と合っていてよかったです。
高橋かおりさん。
女優さんと同姓同名?

--------------------------------------------------
『高山ふとんシネマ』高山なおみ
お気に入り度★★★★☆
by amica-aroma | 2011-11-08 07:53 | 読書記録 | Comments(0)
2010年50冊目に読み終わった本。


『日々ごはん〈12〉』高山なおみ

大好きな『日々ごはん」も最終巻(涙)

ずっと同じであるようで同じでない。


しかし高山さんはよく泣いているなー。
テレビとか本とかで。

わたしはこんなに泣かないので
へぇーと思いながら読む。

日記が12巻も出て、多くの人が読んでいるなんてすごいと思います。

高山さんは料理家。
どんな風に書かれても、わたしが料理を好きになることはなかった。

それは書く人にとってはどうだろうか。

同じくどういう風に伝えてもアロマに興味を持たない人はいる、
ということを頭に入れておくといいのかな。

どんなものに触れても最後は自分のアロマに結びつけて考える。



高山さんの感性で綴られた日々の文章、すごく好きなので
これからも読み返すと思います。




今年読み終わった本50冊。

といっても読み終わってまだここに書いていない本も数冊。

1~2ヶ月遅れで書いている感じ。ま、いっかー。
by amica-aroma | 2010-09-15 07:22 | 読書記録 | Comments(0)

新潟市 香りの教室amica(アミーカ)の川上裕子です。日記毎日更新中。出張アロマ講座やサイエンスカフェのお知らせや報告も書いています。


by amica(あみーか)