c0190960_9243582.jpg


昨日はAEAJ(公益社団法人日本アロマ環境協会)のイベント「アロマ大学」に参加してきました。

昨年は金沢でも参加したなぁと思いながら会場の新潟県民会館へ。
これまでずっと朱鷺メッセだったので初の県民会館です。

わたしは3つの学科に申込んでおり、午前中は香育学科を受講。
同じ時間にサイエンス学科もあり、そちらもどうしても受けたい!と思ったのですが、サイエンス学科は誰でも受講可能で、香育学科はアロマインストラクター対象ということだったので、散々迷ったあげく香育学科を申込んだのでした。

どうしてこの2つを同時刻に?
それはどういう作戦なの?
どちらも受けたいにきまってるじゃん?
今月末金沢でも開催があるので昨年のように2会場で受けることも考えましたが、今年はその日に金沢に行くのは難しかった。

ということで、香育学科、面白くなかったら許さないぞ!という気もちで気合いを入れて参加しました。(笑)

講師は、東京学芸大学附属世田谷小学校教諭、沼田晶弘さん

存知上げなかったのですが、テレビや新聞、著書などで話題の先生なのだそう。
テーマは『現役小学校教諭が教える、子どもの自主性を引き出す授業のヒント』

「子どもの自主性を引き出す授業のヒント」ということですが、授業の相手が大人でも同じということで、わたしたち講師が使えるスキルをたくさん教えていただきました。
お話もアロマに置き換えてたくさんの例を出してくださったり、お話の内容だけでなく、沼田さんのすべてが、授業をするためのヒント満載で、とても参考になりました。

わたしは普段、自らアロマを学びたいと思って時間とお金を費やしてくださる方々を相手にしていますが、学校ではそうでありません。
教師が学んでほしいと思っていることを子どもが必ずしも学びたいと思っているとは限らない。
みんなが勉強好きなわけではない。
そんな中でひきつけて、学んでもらわなくてはならないわけで、先生の力量が問われるのですね。

今後の講座にも活かしたいですし、まったくの仮予定ですが、もしかしたら小学生向けのアロマ講座をやるかも、というお話もあるので、いろいろと取り入れたいと思っております。

沼田先生は、このアロマ大学で全国11か所まわられるそうです。
アロマインストラクターのみなさまはぜひ受講されることをおすすめします。

新潟では受講者7名ということで、もったいないお時間でした。


香育学科のあとはランチタイム。

c0190960_9315747.jpg


今回はランチボックスが注文できるということで申込んでありました。

ヘルシーメニューのお弁当。
ただいま減量中なのでよかったですが、少し前のわたしなら「足りないー!!!!」と悲しみ(怒り?)がわいたことでしょう。

ランチをとりながらAEAJの方のお話をお聴きしたり情報交換をするという『これからのAEAJ~現在と未来~』というのに申込んでありましたが、これが次の学科と時間が重なっており、理事長のお話をお聴きしながらとにかく食べてささっと席を立たなければならないというスケジュール。

急いでランチをかきこんでいるときに美しい熊谷理事長に話しかけていただいたのですが、理事長と認識できず大変失礼をしてしまいました、
熊谷先生のご著書はほぼ持っているのに、あぁぁ、時間内に昼食を食べることで頭がいっぱいだったでした・・・本当に申し訳ない・・・というか恥ずかしい。
本当に失礼いたしました。お詫び申し上げます。

それでも食べ続けるしかなく食べた気はせず、おかずはたぶんおいしかったのですが、木のスプーンフォークは恐ろしく食べづらく、五穀米はカピカピで頑固に容器にくっついて全部食べられず、コーディアルや酵素ドリンクなどいろいろ試せるドリンクバーがあったのに一杯しか飲めず、とにかく何もかもがトホホな感じのランチタイムでした。

そして、熊谷理事長にあらためてご挨拶していたら午後のクリエイション学科には遅刻するという。
さらに、お手洗いに寄れなかったのでがまんしながらキャンドル作りをするなど、もう全体的にダメすぎたよ、わたし。

このあたりのスケジューリングは、AEAJのみなさまにも再検討していただけたらと思いました。
文句ではないです、みなさまに昨日1日大変お世話になり感謝しております。
ありがとうございました!


そして急いで食べた後のクリエイション学科。
苦手な工作系ですよ。
そうです、昨年とまったく同じ轍を踏んだわたくし。
バカなのか!

そのお話は明日以降に続きます。


AEAJアロマ大学の詳細は→★こちらから★

上記サイトには、どなたでもオンラインで学べる学科もあります。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ)
 
by amica-aroma | 2019-06-09 14:21 | アロマ講座 | Comments(0)