タグ:音楽文化会館 ( 5 ) タグの人気記事

昨日は、新潟室内合奏団第79回演奏会に行ってきました。
会場は音楽文化会館

開演時間になりオーケストラのメンバーが着席し、このあと指揮者が出てきて演奏が始まるのが通例ですが、なぜか法被姿の人が出てきて話し始めます。

音楽文化会館は、1977年開館、昨日の新潟室内合奏団の演奏会がホール利用10,000回目だったということで、記念品の授与式なるものがあったのでした。

音文ができたというのはなんとなく記憶にありましたが、42年前なのですね。
当時は新潟市公会堂もありましたよね。


さて、演奏会。
1曲目はロッシーニ「セビリアの理髪師」序曲

いただいたプログラムノートにあった物語を読んでふむふむ。
最後はめでたく結婚したってことでよかった。


2曲目はブラームスのヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲イ短調Op.102

二重のコンチェルトはこれまで生では聴いたことがなかった気がする。
そうですよね、ソロがふたりなんて贅沢ですものね。
ソリストは奥村愛さん(ヴァイオリン)と奥村景さん(チェロ)の美しき姉弟。

ソロもオケも全体的に「弦楽器って素敵~♪」と思わせてくれる。
特に3楽章がとてもおもしろくて気に入りました。
くせになるリズムとメロディー。

おふたりだけでアンコールに聴かせてくださった曲も、技術と音色にうっとり。
あとはおふたりの美しさにもうっとり。
特に奥村愛さんの美貌とスタイルのよさと素敵なドレスから目が離せませんでした。


3曲目は、モーツァルトの交響曲第41番「ジュピター」ハ長調K.551

有名なこの曲、昔は大好きでかなり聴いていましたが、最近モーツァルトから離れていて久しぶりに聴いたらとても懐かしかった。

あらためて、この曲がいかによくできているかを感じました。
モーツァルトの集中力ではどの曲もそうなのかもしれないけれど、どこにもゆるみがないっていうか、本当にみごと。
人を惹きつけるパワーの大きいこと。

演奏も素晴らしくて、新潟室内合奏団の演奏を何度か聴かせていただいている中で、個人的にいちばんよかった気がします。


すぐ前の席に小学生男子が座っていて、全身貧乏ゆすりをしたりして落ちつきがなかったのですが、ご両親は熱心に聴き入っていたので、彼も音楽を楽しんでくれていたらいいな、と思いつつ見守っていました。
目覚めるのは今すぐじゃないかもしれませんものね。
急にプログラムを高く上げて目の前をさえぎられた時にはどうしよう・・・とちょっと思いましたけれど。


今週から新たな職場で働き始めたうえに、昨日は初めてエアロビクスに3本出る(いつもは2本)という無茶なチャレンジをして、さらに夜演奏会というのは、さすがに寝るだろう、と思っていましたが、長いまばたき2回くらいで済みました。(それは2回寝たということでは?)


今回もよき時間をいただきました。
ご案内してくださった友人に感謝です。ありがとうございました☆

あと、プログラムノートがいつにもましてドラマチックで読みごたえがありましたことを付け加えておきます。
さまざまなドラマがあるものです。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ)
 
by amica-aroma | 2019-05-19 09:02 | 日記・雑記 | Comments(0)
一昨日は、新潟室内合奏団第77回演奏会に行ってきました。
会場は音楽文化会館。

いつも通りぎりぎりの開演5分前に到着したので席は選べない。
ほぼ最後列のすきまに座ってすぐ「ポマード臭い」
すぐ前の席の髪なでつけジェントルマンですな。
鼻にティッシュを入れ(!)マスクを装着したあたりで演奏会が始まりました。

最初はモーツァルト交響曲第38番「プラハ」
最近モーツァルトは気分じゃないらしいわたくし。

2曲目はシューマンのピアノ協奏曲。
ピアノは小黒秀星さん。
地元出身の若手音楽家との共演が多いようですかね。

1楽章のテーマは「松本清張サスペンス」って感じで、誰もがなじみやすいものでは?
実際には松本清張ではなく、ウルトラセブンで使われたとのこと。

ピアノはおとなしめだったように感じました。

シューマンのよさって年々感じるようになった。
昔は嫌いすぎて、試験曲だったのに暗譜できなかったな。
歳を重ねるって素敵。

最後はベートーヴェンの4番。
ベートーヴェンの9つの交響曲の中でいちばん聴いてないかも。
2楽章とか、ほとんど記憶になかった。

やっぱりベートーヴェンがいちばん好きです。
どの部分も全部いいと思えるのはベートーヴェンだけな気がする。


アンコールもベートーヴェン。
ピアノソナタ『悲愴』の2楽章を弦楽バージョンで。

最初の一音を聴いて「あぁ悲愴だー」と思いました。
『悲愴』とついていますが、この2楽章は誰もが癒されるであろう美しい曲です。

ピアノをやっていた時代、いちばん多く弾いた曲かも。
練習がいやになると『いつもポケットにショパン』(マンガです)を開いて主人公麻子のお母さんの「ピアノで精神統一しなさい」というこわーい顔のところを読んで、さらに練習がいやになるとこれを弾いていました。
今でも弾けちゃうかもしれません。

ひとつの曲が、何十年も思い出さなかったことをするすると思い出させてくれるものですね。


指揮は喜古恵理香さん。
かわいい。
髪をひとつ結びにしていなければもっとかわいいと思う。
かわいさは指揮に関係ない?まぁそうかもしれませんけどね。


今回も、会社の同僚Sさんがご案内してくださり、聴かせていただくことができました。
いつも本当にありがとうございます!

毎回休憩室にご案内を出してくださるのですが、それを目にするのも今回が最後。
でも今後もできる限り足を運びたいと思います。

次回も楽しみにしています。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2018-06-11 07:31 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_714235.jpg


昨日は、新潟室内合奏団第76回演奏会に行ってきました。

いつも夜なので、昼間にあると気づいたのは少し前。
(チケットちゃんと見ろ・・・会場が音文なのを確認したのも市役所前でバスを降りてから(・・;))

画像は音楽文化会館の窓から撮った信濃川と昭和大橋。
昭和大橋ってこんなに地味な橋だった?

日曜のいつも通り、エアロビクス2本出てからバスで移動し、開演5分前に到着したときにはもう空席わずかでした。
人気ですね。

曲目はグノーの歌劇「ロミオとジュリエット」から4曲、そしてブラームスの4番。

独唱は小山瑠美子さん。
美しい女性を見ると元気が出るのは同性であるわたしも同じ。

ブラームス4番、いい曲ですね。
(こんな感想でよいのか・・・?もっとないのかわたしの語彙よ)

クラシック慣れしていない方も入りやすい曲だな、という印象。


客席で音楽をたのしみながら、どうして楽器をマスターしておかなかったのだろう、と何度思ったことか。
わたしもあっち側に立ちたい。
アンサンブルを楽しみたい。

しかしヴァイオリンも弾けないし、トランペットも吹けない。
ひとつも楽器ができないのです。

オーケストラに入ることは難しいでしょうが、老後は自分で演奏するようになりたい。
現実的に考えれば、ピアノか歌でしょうね、やっぱり。

いつもご案内をくださる会社の知的美女Sさん、今回もたのしい時間をありがとうございました♪♪♪

c0190960_7163859.jpg


帰りは白山神社へ。
おみくじは大吉だったー。

昨日は帰宅後寝こんでしまいましたが、今週もなんとか乗り切りたい。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2018-02-19 07:20 | 日記・雑記 | Comments(0)
今日は新潟室内合奏団の第69回演奏会に行ってきました。

昨年から行き始めて3回目。

今回はベートーヴェンの交響曲を2曲。
なかなか勇気のあるプログラムかも、と思いますがどうなのでしょう。

わたしは、いちばん好きな作曲家がベートーヴェンなので、とても楽しみにしていました。

歴史上の人物で誰に合いたいかと問われれば(問われたことないけど)、間違いなくベートーヴェンです。


今日演奏されたのは交響曲の第2番と3番。

番号が続いているということは続けて作曲されたのでしょうが、成長ぶりがものすごいです。
わたしごとき音楽の素人がベートーヴェン様に対して「成長」などと申していいのやらわかりませんが、感じたままを書いておりますです。

この後、最後の9番に向かってどんどん進化・成長していく彼の交響曲は、どれを何度聴いても感嘆してしまいます。

3番(英雄)、5番(運命)、7番(のだめカンタービレで有名)、9番(第九)と奇数曲が有名ですが、偶数もなかなかよいのですよね。


今回も(毎回書いている)、ティンパニの男性のマレット(ばち)さばきがよかったのと、チケットを譲ってくださった同じ職場の方も活躍していて、よかったですー。
いつもありがとうございます。


ところで今日ふと思ったこと。

指揮者って全身と頭脳をものすごく使って大変な役ですが、ずっと観客に背中を向けているの大変だな~、と。

小学生の頃から教育実習に行くまで、音楽教師になろうと思っていたわたしも、もしなっていたら人に背中を向ける機会がけっこうあったんだろうな、と思う。

それ、けっこうきついよね?どうかな?


音楽はいいですね。
わたしもやりたくなってきちゃった。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→amica Aromatherapy
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2015-06-13 22:41 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_9291065.jpg


昨夜は新潟室内合奏団の演奏会に行ってきました。

こういう演奏会に行くなんて何十年ぶり?
音楽文化会館も何十年ぶり?

という状態。

メンバーのおひとりが同じ会社で働いていて、休憩室にお知らせがあったので行ってみようと思ったのでした。


会場に着いた時にはほとんどの席が埋まっていてびっくり。
わたしの予想が甘かったのですね~。

久しぶりに聴く生演奏はとてもよかったです。

なんだか懐かしかった。


グリーグのピアノコンチェルトは若さと迫力のピアノ演奏(ピアノは浅香みのりさん)でひきこまれましたし、ドヴォルザークのシンフォニーはあまり好みの曲でなかったのですが、ティンパニの方に注目。

とても素敵なばちさばきでしたわ。

たまにゆっくりと音楽に身を浸すのはいいことですね。

機会をくださった会社のSさんに感謝したいです。
ありがとうございました!



ところで音文(音楽文化会館)といえば、いまや誰も信じてくれないと思うけどMr.Childrenのライブをみに行ったことがあります。

検索したら1993年10月5日だそうです。

当時ミスチルを知らなかったのですが、音楽仲間でもあった弟がいいバンドが来るから行こうと誘ってくれたのでした。

その2ヶ月後くらいにはみんなが知っている人気バンドになったと思います。


なんでもかんでもなつかしいわぁ。(年です!)


たのしい日曜日を!



 ◆ホームページ→amica Aromatherapy
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2014-05-18 09:50 | 日記・雑記 | Comments(0)

ぐだぐだな日記毎日更新中。


by amica(あみーか)