タグ:雑誌 ( 6 ) タグの人気記事

「におい」のお話―雑誌いいね36号

c0190960_6241816.jpg


今月発売の「いいね」が「におい」の特集でした。

クレヨンハウスの生活雑誌 「いいね」

これまでもアロマやハーブ、ナチュラルケアの特集や興味のあるテーマのときに購入していました。
今回値上がりしたらしい・・・
ちょっと高いけど、読みたいと応援したいの2条件揃うものにはお金を出します。

まぁこういう小さな雑誌や情報誌で本棚が埋まりすぎているのは問題ですけどね。


表紙がゾウさんなのは、動物の中でも鼻がよいからとのこと。
嗅覚受容体が人間の5倍の約2000個あるのだそうです。

ちなみに犬は人の2倍の嗅覚受容体を持つとのこと。
犬の嗅覚は人の10倍とか1万倍とか1億倍とかいろいろな説がありますが、何を基準にするかで違ってくるのでしょう。

年々問題になっている「香害」やさまざまなにおいの話が詰まった1冊でした。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ

by amica-aroma | 2018-03-12 07:07 | 日記・雑記 | Comments(0)

『ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台 vol.2 革命前々夜号』

雑誌が好きすぎて、本も好きだけれど雑誌(最近は読む雑誌メイン)はもっと好きで、読むのが追いつかない。
雑誌を「積ん読」しておくなんて、そんなにいないだろうと思いつつも、けっこうな積み量です。

そんな中、ミシマ社の雑誌『ちゃぶ台』の第2号が出ました。


『ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台 vol.2 革命前々夜号』

「最初から最後まで読み通したくなる雑誌を目指します」とのことですが、本当に1ページ目から最終ページまで、一文字も飛ばすことなくすべてを読み通しました。

それは1号目もまったく同じだったのでした。

ミシマ社の雑誌『ちゃぶ台』を読んで(2015.10.17)

特集は下記の通りですが、合間のエッセイなども絶妙。
植本一子さんの恋の話(一子さんを知らなければ衝撃)なども自然に入ってきて不思議な感じです。

特集0 「食×会社」を考える
特集1 会社の終わり、companyの始まり
特集2 百姓のすすめ

あとは、雑誌としてはもう少し価格が安ければ最高かな。
(1,620円)

ミシマ社からは、毎月webマガジンの紙版も送っていただいていますが、それも同じく一文字も残らず読みつくしている、かなりの充実内容。


積んである他の雑誌やリトルプレスもどんどん読もう。
気が向いたら感想書きます。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ

by amica-aroma | 2016-11-04 22:01 | 読書記録 | Comments(0)

紙萌え

c0190960_21595771.jpg


最近いちばん読んでいるのがこれ。
「みんなのミシマガジン」です。

ミシマ社のwebマガジンの紙版で、サポーターになると送っていただけるものです。

みんなのミシマガジン

webで読めば無料なんだから紙は不要では?と思う向きもあるかもしれませんが、webより紙がよいのだな。

ここ数年わかったことは、わたしは本も好きだが、紙を綴じてあるものが異様に好きであるのだ。
だからノートでもよい。

いえ、綴じていなくても紙が好きである。
紙であれば何でも好きらしい。

折り込みチラシで箱(一時生ごみ受けにしている)を折るのも至福のときであります。


ってことで紙フェチだった。


今日は疲れました。

Excel(関数)のない世界に行きたいのだーーーーーー。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ

by amica-aroma | 2016-10-08 22:50 | 日記・雑記 | Comments(0)

引き続き、ささやか過ぎる日常~雑誌の日(クウネルリニューアルについて)

雪が積もったので、日曜日恒例図書館に行くのもあきらめて一日家で過ごしました。

午後はほとんど(4時間くらい)ぐっすりお昼寝をして、このあとまた普通に寝る予定。


わたしのいちばんのたのしみである雑誌をゆっくりみる時間もとれてよかった。
何冊か読んでいないものがたまっていたので。


今月愛読誌「クウネル」が大幅リニューアルされ、まったく違うワールドになってしまい複雑な気分です。
Amazonなどでも酷評を浴びまくっている様子。



リニューアルではなくこれは名前だけ同じにした新しいものでは?
またはこの内容なら同じマガジンハウスの「GINZA」や「&プレミアム」でよいのでは?
あ、ターゲットからいうと「クロワッサン」?

今回の雑誌の内容がひどく悪いというわけでもないけれど、これならわざわざ買わないかな。

かつてのオリーブ少女をなめている、というレビューもあり納得。

新編集長の淀川美代子さんはずっと注目のあこがれの存在でしたが、ここまで読者のことをわかっていなかったのか?
これまでのファンをばっさり全部切り捨てても売上を確保しなければならないのかな。

リニューアルが必要だったということは販売部数が厳しかったのでしょうから、しょうがないのでしょうかね・・・
確かに、創刊からの読者であるわたしにもそれはわかっていました。
パワーを失っていることを。

それでもここまでのことはちょっとね。

これまでのクウネル70冊以上全部あるので、今後は少しずつそれを読み返すことにいたしましょう。

「ありがとばいばい」だ。


ずっと同じものはないのだ。
またそれを思わされる。

変化が苦手なので、イレギュラーなことが起こると負荷と感じてしまう。
日常生活でも何でも。

そういうところをなおしたいな・・・


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→amica(アミーカ)アロマテラピー教室
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ

by amica-aroma | 2016-01-24 21:28 | 日記・雑記 | Comments(0)

ミシマ社の雑誌『ちゃぶ台』を読んで

先週、ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台 「移住×仕事」号が届いたことを書きました。

ミシマ社 『ちゃぶ台』 届きました。

届いた翌日1時間ほどで読み終わりました。

いちばん最初のページに「最初から最後まで読み通したくなる雑誌を目指しました。―編集部」というメッセージがあり、本当にその通りに、雑誌なのに飛ばしたり前後したりすることなく、最初から最後まで一気に読めました。

熱い思いが伝わってくる内容で、テーマは移住と仕事ということでしたが、もっと掘り下げてほしかったな、という気もします。
もっともっと読んでいたかったから。

「移住」は自分自身する気がないのですが、移住した人には興味を持っていて、今別の雑誌(『自遊人2015年 11 月号』)でも移住の特集を読んでいるところです。

「移住」に限らず、自分にとって核になるものは何かを見極めて、どこでどのように暮らすのかをそれぞれが考え選ぶ時代になったのだと思います。

自分にとって大切なものが脅かされるようなら、生活を見直さなくてはならない、と強く思う毎日です。


今年は5月から残業続きで読書時間がなかなかとれないのですが、雑誌もいろいろ読んでいるので、書けるものは感想を書いていきたいです。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→amica(アミーカ)アロマテラピー教室
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ

by amica-aroma | 2015-10-17 21:14 | 読書記録 | Comments(0)

ミシマ社 『ちゃぶ台』 届きました。

c0190960_21283665.jpg


昨日発売のミシマ社の雑誌『ちゃぶ台』が今日Amazonから届きました。

ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台 「移住×仕事」号

ミシマ社初の雑誌とのこと。

うれしい。
たのしみ。

雑誌といっても、小さめの本の大きさでした。

ミシマ社に注目していることはここでも何度も書いていて、それは今も続いています。
まぁ「ファン」ですかね。


雑誌が好きすぎる。

最近は本は図書館で借りて、雑誌を買うことの方が多いのですが、買いすぎて読むのが間に合わなくなってきている・・・

ゆっくり休める日を楽しみにしておこうっと。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→amica(アミーカ)アロマテラピー教室
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ

by amica-aroma | 2015-10-08 21:47 | 日記・雑記 | Comments(0)