漆の実で休憩したあとは、香林坊へ戻って東急スクエアのうつのみや(書店)などでだらだら。
ここはなかなかいい本屋。
普通の品揃えに見えて地域密着感もあり(かといってありすぎない)、さりげないメッセージもあり、幅広く受け入れてくれるお店。

昨年に引き続き、金沢手帖買っちゃいました。
前回はAmazonで購入し、一度も何も書きこんでないんだけど。
うつのみやさんには1種類しかなかったのでそれを買ったけれど、もうひとつのカバー柄をあとで発見。
そっちのほうがよかった・・・泣


さて、その後夕食。
昨年のように友人との待ち合わせもないのでおひとりさまで、特にグルメ欲もなく低予算旅なので、これまでも適当に済ませることも多かったのですが、今回5年目にしてやっと有名なハントンライスにチャレンジ。

名物としてどのガイドブックにも出ているが、これまで行こう行こうと思いつつ機会がなかった。
なにしろ金沢ではいつも別のことで満足してしまうせいか、それほどおなかが空かないのだもの。
要はそんなに好みの食べものじゃないってことなんだろうし、混んでいるしゃれたお店にひとりで行くのもちょっとな、と思っていました。

今年こそ、と意気込んでグリルオーツカさんへ。
片町(飲み屋などがたくさんある繁華街)から小路を入って少し歩くとあります。

c0190960_07494548.jpg

予想と違っていかにも洒落たお店というわけでもなく、庶民的で入りやすい感じの昔ながらの洋食屋さん。
インテリアも店員さん(ザ・オバチャン!)の雰囲気も懐かしくてあたたかい感じ。
アブラもヤニもありそうな、気どらず過ごせるお店でした。

カウンターに案内されましたが、店内はそれほど観光客でいっぱいというわけでもなく、お隣さんは常連さんなのか、ハントンライスではなく普通のオムライスを注文していたし、そのまたお隣さんは「いつものタンバルライス」と注文していました。
(タンバルライスってなんだろう・・・←後日検索したところドリアのようなもののようです。)

わたしのすぐわきのテレビでちょうどラグビーワールドカップの決勝戦をやっていて、みんなで見ながらまるで昭和の食卓でジャイアンツ戦を見ているかのような雰囲気で(カウンターだけど)夕食。


c0190960_07443048.jpg

わたしは観光客なので迷わずハントンライス。
さてハントンライスとは。
ハン=ハンガリー、トン=マグロのことなんだとか。

いただいたのはハントンライスの小さいサイズ。
普通のは確か980円で、小さめは930円。
店員さんにお聞きしたら、上に乗っているものの量は同じとのこと。

オムライスの上にマグロのフライ2個と小エビフライ2個がのって、そこにたっぷりのソースがかかっているもの。
少なめサイズとはいえ、中のケチャップライスはけっこうな量で、大食いのわたしも食べきれないくらい。

オムライスがなぜ苦手かというと、ずっと同じ味を食べ続けることがきつい。
ケチャップライスがそんなに好きじゃないのだ。
でもハントンライスはとてもおいしかったです。
なんとか完食。もう少し少なめでちょうどよかった。

グリルオーツカさんはぜひまた来年も行きたいです。
ひとりでも入りやすくて、だいたい1000円以内でお腹いっぱい食べられる。
次回はタンバルライスにしようかな。

やっと初日のお話は終わり。
このあとホテルに帰ってすぐ寝ました。

このあと2日め以降のお話はまた今度~。

これまでの旅記録など、金沢のお話はこちらから→タグ:金沢


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ)

 

by amica-aroma | 2019-11-18 21:33 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_07020290.jpg

金沢旅の記録。
初日の2019年11月2日(土)の続きです。

これまでのお話はこちら

どうも好きになれない兼六園を出てから、なんとなく歩いていたら石川県立伝統産業工芸館というものがあったので入ってみる。
外国の方がたくさんいらっしゃり、熱心に観覧していました。

どうしても自分の住んでいるところと比べてしまうが、新潟にもよいものがたくさんあるので、こうしてまとめて紹介したり、アピールできる場があればよいのに。
(ありますっけ?)
辺鄙なところにあってもダメ、入りたくなる洒落た建物でなくてはダメ、気軽に入れる入場料出なくてはダメ。
ちなみに石川県立伝統産業工芸館は1階は無料で観覧可能、2階は260円。

c0190960_07025681.jpg

その後成巽閣(せいそんかく)へ。
一昨年に続いて2回目。

加賀前田家の奥方御殿ということで、いろいろと見どころ満載でおもしろいのでもう一度行きたかったのでした。
でも、今回成巽閣にいる間あまり集中力がなかったようで、ちょっと記憶が薄い。
謁見の間は変わらず迫力がありましたけれど。

そして、いつもの通り金沢21世紀美術館はショップのみ。
ここはいつも若者しかいない。受付はすごい行列。

昨年に引き続き近くのBooks under Hotchkissを見てから漆の実で休憩。
確か昨年は寄れなかったので久しぶり。

c0190960_07024490.jpg

ここのくずきりが好きなのですが、ドリンクとセットでオーダーすると、わたしの夕食予算を超える・・・
それで生菓子とお抹茶のセット。

このあとの夕食のお話はまた明日以降~。

これまでの旅記録など、金沢のお話はこちらから→タグ:金沢


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ) 


by amica-aroma | 2019-11-12 19:37 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_07043331.jpg

金沢旅の記録。
初日の2019年11月2日(土)の続きです。

これまでのお話はこちら

金沢に行ってきた、と言うと「あぁ兼六園」とけっこうな割合で言われる。

金沢イコール兼六園?
金沢で行くべきよいところは兼六園だけではない、というか兼六園以外によいところがありすぎるのに。
ちなみに昨日は第7ギョーザの店は行った?と聞かれた。(それはマイリストになかったな・・・)

兼六園は3年前に行って、もう行かなくていいな、と思っていました。
普通にいいところなんですけど、それほど心を動かさないし、1回行けば(2回行ったけど)じゅうぶん。

なのに今回もう一度(もう二度)行ったのは、紅葉がすごいんじゃないか、と何の情報もなく勝手に思いついたからである。

入場料320円を支払って入場した途端後悔。
やっぱりそれほど好きな場所じゃないし紅葉なんてまったくだ。
もみじも真緑である。

紅葉を特に見たいわけでもないのに、見ておくべきなんじゃないかといい加減に考えて行動してしまった自分にも腹が立つ。
せめて見頃とか検索しろ自分よ。

c0190960_21273057.jpg

ちなみに、金沢駅が信じられないくらいの混雑だったにもかかわらず、兼六園内はそれほど。

確かなんか(失礼;;)の像があったよなと思い歩き進むと、大学生ふうの男子3人組が「スサノオノミコトの像に行こう」と言いつつふざけあっている。
「スサノオノミコトだっけ?オオクニヌシノミコトでは?」と思いつつたどり着いてみれば「ヤマトタケルノミコト(日本武尊)」でありました。
(いちばん最初の画像)

兼六園にはもう絶対来ないと思って出てきたのに、なのになのに。
翌日の夜、実は再度行ってみます。

c0190960_21501399.jpg

ちょうどわたしが到着した2日から、夜のライトアップ入園無料ということだったので、これも、見たほうがよいかもと思ったのです。

これもですね、すごく見たいわけでもないのにせっかくだし無料だから行ってみるべき、と思った再び愚かなわたし。

c0190960_21430446.jpg

しかし、とにかく坂道は真っ暗。
人もそれほどいない。

ずっと暗いままでいやになってしまって、ポスターのようなライトアップの場所までたどり着かないうちに引き返してしまった本当に愚かなわたし。

兼六園・・・仲良くなれなかった感しかない。

続きはまた明日以降。

これまでの旅記録など、金沢のお話はこちらから→タグ:金沢



じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ) 



by amica-aroma | 2019-11-09 21:54 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_06193042.jpg

先日の3連休の金沢旅の記録。
初日の2019年11月2日(土)の続きです。

その1で書いた通り、どこに行くかまったく決めていませんでした。

とりあえず歩き始めて、石川四高記念文化交流館方面へ。
お隣には石川県政記念 しいのき迎賓館としいのき緑地。

このあたりは、よくイベントがおこなわれていたり、多くの人が芝に座って思い思いにくつろいでいたり、いつ行っても楽園のような場所。
ファミリーやカップルも多いけどおひとりさまもいやすい雰囲気。

西村京太郎トラベルミステリー(テレビドラマ)では、確かこのあたりで殺人事件が起きていましたが、本当に平和な感じで、世の中は自分も含めてしあわせな人ばかりという錯覚におちいるくらい。
そんなことあるわけないのに。
でもその錯覚があると、人生はけっこういいかもしれない。

しいのき緑地では、『雲と、雨と、石垣と。』というイベントが開催されており、上の画像のようなかわいいテントでいっぱい。

c0190960_06484350.jpg

それぞれのテントで素敵なものやおいしそうなものがいっぱいで、いろいろ体験してみたかったけれど、とりあえずおなかはいっぱいだし、こまごま見てまわる。
アロマやハーブのテントも。

本のテントではまたもリトルプレスなどを買ってしまいそうになるがぐっとこらえる。
(買ってもよかった。いや買ってくればよかった。)

c0190960_07094975.jpg

冊子もおしゃれ。
こういうの、捨てられないから困るわ。


すぐお隣は金沢城公園なので石垣もお堀も見える場所。
ぼーっとしているだけでしあわせ。
固まっていた心は少しずつほぐれていきました。

c0190960_06500475.jpg

金沢城は近くまで寄らず、このあと兼六園へ行ったお話はまた次回に。

c0190960_21071782.jpg

これまでの旅記録など、金沢のお話はこちらから→タグ:金沢


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ) 



by amica-aroma | 2019-11-08 21:13 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_21035596.jpg

先日の3連休の金沢旅の記録。

もう金沢へのひとり旅は5年連続5回目で、同じところにばかり行っているので毎回ほぼ同じ感想です。
写真もたぶん毎年ほぼ同じです。
次に行った時に「昨年どうだったっけ?」と自分が思い出すための記録であり、みなさまのお役に立つことはほとんどないので、いつも読んでくださる数名のみなさまにはすみません・・・
読みとばしいただければ幸いでございます。

さて初日の2019年11月2日(土)。

これまでは、土日が入るにしても電車移動の日は平日だったりで、日程すべてが世の中の休日に行くのは初めて(たぶん)。
上越妙高から北陸新幹線に乗った時は座れませんでした。
混雑の影響でダイヤは5分遅れ。

金沢に到着して改札を出たあたりで「あぁぁぁ3連休はこんなにも混むんだ。こんなに人だらけだったらどこにいっても大変なのではないか!?やっぱり(やっぱりというからには予想していたのか?)今回来たのは失敗だったのか!?あぁぁぁぁ」

しかし、人がすごかったのは金沢駅と21世紀美術館(通りがかりに大行列を見た)とひがし茶屋街(現地新聞ににぎわいの記事があった)だけで、わたしの行ったところほぼすべて、例年のごとく貸し切り状態でありました。

その日朝食を食べそこねたので、金沢駅に到着したときにはまだ11時過ぎにも関わらず空腹のピーク。
まず腹ごしらえと思い駅の2階の回転寿司へ。
富山湾?と思うけど、お腹が空きすぎていたのだ。

わー白えびとか食べてみたいけど一皿700円はちょっと手が出ず・・・
こそこそと何皿かいただいてから徒歩で香林坊方面へ。

ホテル(香林坊あたり)まで歩いて30分弱。
以前はバスに乗っていたが、最近はキャリーケースをガラガラと引きずりながらてくてく歩きます。

ホテルに行く前に尾山神社へ。

c0190960_21043242.jpg

青空のもと、七五三も結婚式も。

また今年も金沢に来させていただいたことへの感謝をひそかに伝える。

その後ホテルに荷物を預けてから歩き始めますが、今回5回目の金沢旅の予定をひとつも決めていない。
さてまずどこへ行こう。
とにかく初日はまったく頭が働いていなかった。

必ず行くと決めているのは鈴木大拙館中村記念美術館で、あとはもうずっとスタバにいてもいいくらいだ。
家事や現実から逃げたかっただけなんだから。
ずっとスタバでいいなら、新潟のスターバックスではダメだったのか?

せっかく金沢まで来たからには、少しはまわらなきゃ。
ってことで、このあと、ふらふらたらたら平和な広場を歩いたお話は次回に続きます。

これまでの旅記録など、金沢のお話はこちらから→タグ:金沢



じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ) 



by amica-aroma | 2019-11-06 21:25 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_22223923.jpg

昨日までの3連休金沢旅に行っておりまして、また少しずつ記録を書いていきますが、とにかく紙だらけ。

行く先々でこうした紙類をもらってきちゃいます。
実際にはこの画像の5倍くらいの紙をもらった。
紙集め病です。

現地で要不要をみきわめてある程度処分したものの、厚みにして5cm以上の紙を持ち帰ってくるのは毎年のこと。

とにかく紙が好きです。
フライヤーや小冊子やパンフレットなど。

ミニマリスト志望なのに紙が多すぎるが、これからまた読み直して整理するのも楽しみ。


さすがに3日間の旅の疲れが出ておりますが、パワーチャージしてきたので基本元気です。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ) 



by amica-aroma | 2019-11-05 22:31 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_22341101.jpg

2泊3日の金沢ひとり旅から戻りました。

帰りの電車で読んだ銀色夏生さんの『内側に耳を澄ます つれづれノート36』で、「帰宅という旅がいちばん好き」と書いてあった。
そうだよね、帰る家があるから旅は楽しいってわかっていますが、やっぱり帰りたくなかった。

毎度のことながら新潟駅に着くと、帰ってきた喜びよりここが金沢ではないという残念さのほうが勝ってしまうのだ。

ホテルだけは予約してありましたが(この3連休だけではなく、いくつか押さえておいた)、いつものごとく行くと決めたのは前日の夜。

初日は金沢に到着した喜びも感じず、ぜんぜん動けず、ぼんやり固まったまま過ぎた。
2日目からどんどん動けるようになりました。

旅の記録は明日以降少しずつ書きます。
もう5年目ですからねぇ・・・同じところばかり行ってるからもういいよって感じだろうけど、一応記録するつもり。


画像は本日の犀川。
犀川大橋より。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ) 



by amica-aroma | 2019-11-04 22:35 | 日記・雑記 | Comments(0)

5年目の金沢

c0190960_20302275.jpg

さて3連休。
金沢に来ております。

金沢ひとり旅、無理矢理5年連続でございます。
毎年同じところにしか行かないということであきれられますが、気にせず来てしまった!

5年連続来たので、今年で一区切りでもよいかな、と思ったりもしたが、明日帰ると思うと泣きそうで、やっぱりまた来年も来たいな、と。
兼六園はもう二度といかなくてもよいけど。

じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ) 



by amica-aroma | 2019-11-03 20:28 | 日記・雑記 | Comments(0)
いろいろな意味で何の見込みも立っていませんが、今年の金沢旅のホテルを予約してしまいました。
日にちが確定しないので3パターンをとりあえずとりました。

くり返しますが、見込みは立っていません。
でも、ホテルを予約したのでもう行くしかないという感じ。

こうなったら、なんとか行きたいと思っています。

今年行けたら連続5年め。
本当は他にも行きたいところがないわけではないが、やっぱり金沢に行きたいのでした。


見込みが立っていなくても、先に決めるってのがいいのかもね。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ)
 
by amica-aroma | 2019-08-25 21:20 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_833011.jpg


夫が夏ごろ仕事関係の予定で金沢に行くので、昨日その話をしていました。

仕事なので自由時間はないのですが、うらやましくなっちゃって、わたしの今年の金沢ひとり旅計画を本格化させることにします。
今年は定収入なしの状況から始まったので、いろいろな面で見込みが立っていませんでしたが、やっぱりなんとかして行きたい。

今の職場で有給休暇が取得できるのが11月だからその頃?
それとも無理やり休みをもらっていつも通り8~9月?

11月だと、かの香箱ガニに会える!
いろいろと期待が膨らむのでございます。

今年金沢ひとり旅に行くとすると、連続5年目ということになります。
今日から金沢貯金します。


画像は昨年のもの。
浅野川。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ)
 
by amica-aroma | 2019-06-04 08:06 | 日記・雑記 | Comments(4)

ぐだぐだな日記毎日更新中。


by amica(あみーか)