タグ:稲垣えみ子 ( 3 ) タグの人気記事

2018年読み終わった本15冊目。


『もうレシピ本はいらない 人生を救う最強の食卓』稲垣えみ子

昨年講演も聴きに行った稲垣えみ子さんの食についての本。
基本はメシ、汁、漬物で一食200円の食事が提案されています。

あとがきにこうあります。

『料理は、自由への扉だ。
だから自分で自分の人生を歩きたければ、誰もが料理をすべきなのである。
男も、女も、子供も。自分で料理をする力を失ってはならない。それは自らの自由を投げ捨てる行為である。』

だーかーらーこういうことを言う人がいるからプレッシャーなのだよ。

著者はプレッシャーから解き放つためにシンプルな食事を提案しているのだろうけれど、結局料理が大好きな人の酔狂で、わたしのように心から料理嫌いの人にはレシピ本と変わりないのだ。

料理が好きで得意な人が書いているから、参考にならず。
結局は料理する人が偉いという結論に変わりなし。

『聡明な女は料理がうまい』と食材や調味料の種類が違うだけで同じ結論では?
(そっちは読んでないけど)

シンプルだからってハードルが低いわけではないのだ。
ぬか漬けとか干し野菜とか、時間がたっぷりある人しかできないと思う。
写真で紹介されている料理はそこそこおしゃれっぽく見えるし。

だいたい、べランダに野菜を干したって、帰宅するのが夜7時半とかのわたしには無理だし、ひとり暮らしフリーランス限定では?


ここ数年食生活の改善を試みていますが、ぜんぜんうまくいかず、夫のことも考えると揚げ物なども完全にはやめられないし、朝弁当も作れないし、検査の数値は下がらないし、内容はなんでもいいけど大量に食べたいし、食事のことは本当にストレス。

そのストレスでさらに数値は悪くなっているかもしれないし、悪い病気に罹患していそうだし、いったいどうしたらよいのだー。

ということで、この本は時間のあるひとり暮らしの方にはよいのでは?
参考になるところがゼロではなかったですけどね・・・

今後も食生活改善はさらに続く・・・
(こうやって書いてみるとものすごいストレス状態ですね)

--------------------------------------------------
『もうレシピ本はいらない 人生を救う最強の食卓』稲垣えみ子
お気に入り度★★☆☆☆
by amica-aroma | 2018-05-28 06:52 | 読書記録 | Comments(0)
2017年読み終わった本48冊目。


『寂しい生活』稲垣えみ子

先日稲垣えみ子さんの講演会に行ったばかりのタイミングで、図書館の予約待ちだったこの本がまわってきました。

稲垣えみ子さんの講演会に行ってきました(2017.11.20の日記)

ご自身の本が図書館で借りて読まれていること(お金が発生しないこと)について衝撃を受けた、というようなことがネットの記事に書かれていたような気がするのですが、すみません、図書館でお借りして読ませていただきました。
このことで、Amazonのレビューでもけっこう叩かれているようす。


前半は、講演内容とまったく同じ。

後半は、家電や家事、そして人間の欲望に対する提言。
便利なものは人を家事から解放しないのでは?


いろいろと参考になることや考えさせられることは多かったけれど、やっぱりわたしは家電は手放せない。

冷蔵庫だけは、次に買うときは今の半分の大きさのものにしようと思っているけれど。
(買わない、使わないという選択はない)


最初に書いた図書館問題ですが、わたしだって本当はすべての本を買って読みたい。
返却期限に左右されるのもプレッシャーだし、買った本のほうが集中して読める。
著者や出版社にお金が入らないのはどうかとも思っている。

だからどうしても応援したい著者や出版社のものはできる限りお金を出して買うようにしていますが、自分の予算で買える本の冊数より読みたい本の冊数が大幅に多いわけで、明らかに無理なわけです。

こういうふうに書くと、稲垣さんのことはどうしても応援したいわけじゃないみたいな書き方になってしまって、そうではないしうまく書けませんが・・・
図書館が世の中にもたらす意義や恩恵も大きいでしょうし、いろいろと難しい。


自分の大切なものをみきわめて生きていくことだけは追求していきたいと思います。

--------------------------------------------------
『寂しい生活』稲垣えみ子
お気に入り度★★★☆☆
by amica-aroma | 2017-11-28 07:38 | 読書記録 | Comments(0)
c0190960_21161375.jpg


昨日は、万代市民会館でおこなわれた、稲垣えみ子さんの講演会に行ってきました。

最初落選の葉書が届いて、「しょうがないかー残念」と思っていたら、後日新潟市(確か。たぶん)の方からお電話をいただき、落選は手違いだったとのこと。

あらそうなの。
ってことで参加してきました。
(いったいどうしちゃったんでしょうね)


稲垣さんは元朝日新聞記者でアフロヘアがトレードマーク。
電気代月に150~170円、ガス契約なし、水道は2㎥ほどを使用して生活をしているそう。

最初少しお話してから会場のわたしたちへの質問。

「こういう生活をしてみたいと思いますか?」

そのとき手を挙げたのは20名弱くらい。

その後今の生活がどんなに豊かであるかをお話してくださって、最後にまた同じ質問を投げかけると、会場の多くの方が手を挙げたのです。

本当に驚きました。

わたしは、電気をほとんど使わない生活はいや、そういう生活は実践したくはない、と思っていたので、2回とも手を挙げませんでした。

いやーみんなそんなに?

まぁそういう生活に興味があるから稲垣さんの講演会に申し込んだ方も多いのでしょうからまぁね、でもね。

実際には実践する人はその中でひとりいるかどうかなのでは?と思ってしまうのですが、わたしの心がよごれているのかしらー。


稲垣さんのお話の中でいちばん印象的だったのは、未来の不安がまったくないと言いきっているところでした。

未来の不安でいっぱいで、それに押しつぶされそうな自分を振り返ってみた。

考えたってしょうがないよなぁ。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2017-11-20 22:24 | 日記・雑記 | Comments(0)