タグ:真昼なのに昏い部屋 ( 1 ) タグの人気記事

2010年21冊目に読み終わった本。


『真昼なのに昏い部屋』江國香織

週末貧血でふらふらする中、久しぶりに江國ワールドに浸りました。


まず、文体の新しさ、または懐かしさ?にちょっと驚きました。
登場人物にさんづけのですます説明文体。

―ジョーンズさんは思いました。
―美弥子さんは言いました。

これは恋愛小説で、恋愛の最初から最後までが全部細かく細かく書いてあって、恋愛の、悲しいところは書いてないけどなんとなくもの悲しくなった。


たまには恋愛小説も。
by amica-aroma | 2010-03-30 06:34 | 読書記録 | Comments(0)