タグ:深澤真紀 ( 3 ) タグの人気記事

今日は深澤真紀さんの講演会に行ってきました。
アルザフォーラムの基調講演ということで万代市民会館でおこなわれたものです。

タイトルは『自分をすり減らさない「ほどほど」の生き方』

「草食男子」の名付け親ということで、そのあたりの話から、「ほどほど」の生き方をするための具体的なコツまで、2時間近く、たっぷりお話を聴くことができました。

掃除をしていたら家を出るのがぎりぎりになってしまい、会場到着は開始時間の4~5分前。
いちばん前の列に座ってしまったので、客層がわからない。

どんな人たちが聴きにきているのだろう・・・と思いつつスタートし、深澤さんが話し始めるそばから会場は笑い声が絶えない。
笑い声から言ってわたしよりけっこう年上層?と思っていましたが、終了後見渡してみると同世代が多い?
うーん、自分ももうそっちの笑い声の層でしたか・・・
(そろそろあきらめて認識してください自分よ!)

お話が上手なのでずっと笑いっぱなし、でも内容は客観的なデータが元になっていたりして納得できます。

「自分探しをするのではなく、自分の取扱説明書を作ろう」というところに深くうなづきました。
自分探しはパンフレット(夢の自分)、トリセツは機能の説明だからつまらないかもしれないけれど本当の自分。
自分を知って自分にだまされないことが重要というようなお話でした。

深澤さんとわたしは1歳違いですから、世代としては同じ。
生きてきた時代が同じだから話はよくわかります。
それからしても、同世代の方が多かったのでしょうかね・・・
(声だけでなく見た目でもあきらめがつかない。)

ご著書を何冊か読んでいて、聡明でひとりよがりでなく読みやすい文章のファンなので、今日最前列でお話を聴くことができてよかったです。


テレビ出演の際もいつもアクセサリーに注目していますが、今日のアクセサリーもとても素敵。

終了後お聞きしたら、群馬のレース編みでとても軽いものだそう。
わたしも欲しくなりました。


日曜日ってあっという間に終わるなぁ・・・
相変わらずタスクオーバーの毎日で、体調を崩しては「自爆」といって夫にあきれられるくり返し。

しかし今週も走り続けるよー。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2016-11-13 22:20 | 日記・雑記 | Comments(0)
2014年読み終わった本7冊目。


『結婚問題』深澤真紀

文字通り結婚にまつわるさまざまな問題。

挙式、親との関係、夫婦別姓、不妊治療まで、結婚の周辺すべてについて考察する。

こういう客観的でわかりやすく本質に切り込む文章を書ける知性にあこがれるわ~。


わたし自身この本の情報が必要だったわけでもないのですけどね。
深澤さんの本が読んでみたくなったので。

この本のターゲットは・・・
これから結婚したいという女性が読んでも大変そうだし、いろいろと微妙ですけどね。


結婚って、伝統もあるし法律で決まっていることなのに、ひとつとして同じ例がないであろうとても面白いものですね、ほんとうに。

--------------------------------------------------
『結婚問題』深澤真紀
お気に入り度★★★☆☆
by amica-aroma | 2014-03-16 07:03 | 読書記録 | Comments(0)
2013年83冊目に読み終わった本。


『ダメをみがく: “女子”の呪いを解く方法』深澤真紀・津村記久子

あぁもう素晴らしすぎるっ!

生きる気力がモリモリとわいてくる。
(モリモリって!?どうよ)

本当におふたりの存在に感謝したい。


なんてったって「ダメをみがく」ですよ。

ダメでもいいそのままのあなたが素敵、とかナンバー1よりオンリー1とかそういうメッセージでないところがよい。

そんなこといわれなくたってわかってるけど社会で苦労しているのよどうすりゃいいのさ、と思っている人のもやもやは全部解決してくれる。
それもダメな方法で。

もちろんおふたりとも活躍されている方で、本当はダメなんかじゃあまったくないのだけれど。


図書館からお借りした本だというのに大量の付箋をつけてしまった。

うんうんわかるー、あーそうだよなーそうだったんだーの連続。


付箋を付けた中のほんの一部。

『私も大事なのは工夫だと思ってるんですよ。「努力」でも「がんばる」とかでもなく「工夫」だなと。』(深澤さん)

『・・・がんばりとか努力は、受け取る相手次第だから、必ずしもうまくいかない。でも工夫は自分だけのためのものだから、私を裏切らないんです(笑)。』(深澤さん)

『・・・私も会社の仕事がある程度あるときのほうが精神的に安定するんです。仕事なくなって、やることがない時間はどうでもいいことばっかり考えてしまう。ちょっと忙しいくらいで、自分と関係ない、自分の心とあんまり癒着してないものごとをずっとこなし続けるのはすごい大事です。』(津村さん)

『・・・家族とか友達とはむしろなるべく中身のある話をしないようにしたほうがいい。』(深澤さん)

『だいたい朝起きて1日が終わるのを繰り返すだけでも大変ですよ。まず1日をごまかし、1週間をごまかし、1か月をごまかして生きていくだけで十分。』(深澤さん)

『ポンコツやったらもう自分はポンコツと認めて、ポンコツをどう操作していくかを工夫することにして、自分に対しても他人に対してもポンコツでないふりをすることにエネルギーを費やすのはやめたほうがいいように思います。』(津村さん)


あーなんだか楽になったな。
図書館に返すのがもったいないが、泣く泣く付箋を外し、今週返却することにしよう。


あ、深澤さん、ヨガやアロマテラピーに対し「ステキ路線」発言がありましたが、そういうトクベツなものじゃないですよー。

わたしみたいなポンコツ中のポンコツが教えてます。
人間としてはポンコツでも、アロマに関しては違うと思いたいですけどね~~。

--------------------------------------------------
『ダメをみがく: “女子”の呪いを解く方法』深澤真紀・津村記久子
お気に入り度★★★★★
by amica-aroma | 2013-10-22 07:15 | 読書記録 | Comments(0)