タグ:東野圭吾 ( 4 ) タグの人気記事

2012年10冊目に読み終わった本。


『歪笑小説』東野圭吾

編集者や作家など出版業界の人々を描いたちょっと笑える小説の数々。
どんな仕事も大変ですよね。

ギャグ小説といわれているようですが、笑える部分もあるけどリアル感もありあり。
うまいんだな、やっぱり。

東野氏の小説の感想にいつも「うまい」としか書けない自分の貧しい表現力が腹立たしい。


不眠気味の時に真夜中に読んだのでした。
勉強中の本が進まない。
こういう軽いの(軽いだけではないんですけど)読んじゃうとすぐ読み終わっちゃうんですけどね。

--------------------------------------------------
『歪笑小説』東野圭吾
お気に入り度★★☆☆☆
by amica-aroma | 2012-03-10 21:32 | 読書記録 | Comments(0)
2012年5冊目に読み終わった本。


『さまよう刃』東野圭吾

今さらだけど、東野圭吾を続けて読むシリーズ。

売れてる作家のいいところは、程度良好の安値の中古本も出回っていますからね。
これはAmazonで1円で購入しました。
(別途送料250円かかります)


この、「さまよう刃」
小説として面白かったんですけど、犯罪描写の残酷さには本当に気分が悪くなりました。
思い出すのもいやです。

書評でもここまでの描写が必要だったのだろうか、という声も多かったけど、やっぱり必要だったのだろうな、と思います。

それがなければ、その復讐に感情移入することも、何が正義かと考えることも、できなかったんだろうな、と。
未成年の犯罪をどう裁くかということも考えさせられた。

読み終わったときには全身脱力する感じで、最後の数ページは3回くらい読み返してみました。
自分の中で無意識に望んでいた結末と違ったからだと思う。

何が正しいのか、正しいものなんてあるのか。


そういういろいろな問題提起とは別に、小説としての面白さでいえば、文庫500ページをほとんど一気に読み終わったくらい。
やめられなかった。

最近朝起きられないので読書量が減っていますが、またどんどん読みたいです。

--------------------------------------------------
『さまよう刃』東野圭吾
お気に入り度★★★☆☆
by amica-aroma | 2012-02-26 17:50 | 読書記録 | Comments(0)
2011年67冊目に読み終わった本。


『使命と魂のリミット』東野圭吾

母に小説を貸すと喜ばれるので、最近たまに買うようにしているのです。
母は読書が好きですが、本は高い、と言って昔からわたしの本棚から読む本を探しているのでした。

ここ数年、ほとんど小説を読まなくなり母に貸せる本がめったになくなってあまりやりとりしていなかったのですが、たまに持っていくとすごく喜ぶので。


小説家って、ここでは東野圭吾氏って、というべきでしょうが、ほんとすごいですよね。
よくこんなにいろいろ浮かんで、たくさんの登場人物がそれぞれ描かれ、ただただすごいなーと思います。

この小説は、先月だったかNHKでドラマ化されましたね。
ドラマは見なかったのですが、タイトルはどんな意味なんだろう?と思い読んでみたのでした。

ひとことでいうと医療ミステリーなのかもしれませんが、医療の仕事、警察の仕事、恋愛、親子関係、いろいろまじりあって物語が進んでいくのでした。

ミステリーとしてのぞくぞくする面白さには欠けるような気がしましたが、それぞれの人間ドラマを追っているうちに、あっという間に読み終わったのでした。


読み終わった本はまだあと10冊近くあるなー。
今年はあと3日で終わっちゃうなー。

お正月も、読書三昧で終わりそう・・・
あとは『相棒』元日スペシャル!

--------------------------------------------------
『使命と魂のリミット』東野圭吾
お気に入り度★★☆☆☆
by amica-aroma | 2011-12-29 07:45 | 読書記録 | Comments(0)
2011年43冊目に読み終わった本。


『夜明けの街で』東野圭吾

最近めったに読まない小説を気が向いて手に取ったのですが。

いつもあまりにもバッグが重いので
持ち歩く本は1冊くらい文庫にしよう、と久しぶりに買ったのでした。


東野さんってミステリー作家じゃないのでしたっけ?

ミステリー要素はないわけではないけど
全体を通して中年男の不倫体験記だった。

いまどきベタな不倫話は読まなくてよかったのにー。

バブルを経験していないと実感できない部分も多く
若い東野ファンにはぴんと来ないのでは?

Amazonの書評でも賛否両論。
わたしと同じ意見の人も多いみたい。


以前は小説ばかり2日に1冊ペースで読んでいた頃もありましたが
いつの頃か小説を読まなくなった。

2~3時間で読み終わってしまうし
おこづかいも厳しいし・・・ね。
(おこづかい・・・小学生みたいだけどまさに!笑)


--------------------------------------------------
『夜明けの街で』東野圭吾
お気に入り度★☆☆☆☆
by amica-aroma | 2011-07-23 07:01 | 読書記録 | Comments(0)