タグ:新潟第九合唱団 ( 14 ) タグの人気記事

c0190960_8284350.jpg


昨日、第19回新潟第九コンサートがおこなわれ、合唱団の一員として初参加しました。

300名以上の合唱団のうち初心者は約60名ということで、毎年出られている方の多いこと。
先日のオケ合わせでばったり会った友人は4年目だそうだし、昨日本番直前に声をかけてくださったアロマの生徒さん(昨日まで一度も彼女が出られていることも知らなかった!パートが違うと練習でも会わないことが多い)はもう長くずっと出ていらっしゃるそう。

人前に出ることに緊張はしないので、懸案事項は歌詞を間違えないかどうかの1点。

前日も当日もゲネプロでは歌詞を間違えたので(2日とも違う部分)、不安はありましたが、本番ではなんとか間違えず。
1ヶ所ブレスの位置を間違えちょっとごまかしたりしたが、なんとか歌いきったと思う。たぶん。

昨日はすっかり力が抜けて疲れがどっと出て、夕食はお弁当を買って帰り8時過ぎには寝てしまいました。

自分のことはともかく。
合唱も含め、今回の演奏がお客様の心に善きものをもたらしていたらいいな、と思います。

当日券も売り切れで、500円の立見チケットも出たとのこと。
客席スカスカだと緊張するのでほぼ埋まってよかった。

クラシックなど聴いたことのない母が聴きに来てくれました。
「歓喜の歌」は一度生で聞いてみたかったとのことで、チケットを購入して贈りました。

クラシック慣れしていないので3楽章とか眠くなるのでは?と心配しておりましたが、たいへんに感動しており、最初から最後まで一度も退屈しなかったしオケも合唱もすべて素晴らしかった、本当に楽しかった、ということだったのでほっとしました。


若い頃に音楽の道をあきらめ別の世界にきてから約30年、もう一度あちら側に立ってみたかった。
あちら側というのはステージの上。
現在の自分があちら側に立つには合唱団の一員になるこの方法しかなかったので、実現してよかったです。
厳密に言うと今回立ったのはステージではないですが、あちら側ではあった。

今回初めて参加したことで、貴重な体験や学びがたくさんありました。
それを今すぐにここに全部書き表すことは難しいので、これからの自分に反映させていきたいと思います。

これまでの「第九」への道日記はこちらから→タグ:「第九」への道日記

申込み後から本番までの経緯を書いたつもりで、これからやってみようかという人の参考になればうれしいですが、自分の感情を包み隠さず書いているものであまり参考にはならないかも・・・


さてみなさん帰り際に「また来年~」と言って去っていきました。

わたしは、最初から一度きりの記念参加と思っていました。
一生に一度は歌ってみたかったから。
本番前日までは、この中で来年も歌うのは難しいと思っていました。

しかし、しかしですね、一度始めたことはやめない性質のわたしです。
きっと来年も申込んでしまうんじゃないかな、という気がちょっとだけしてしまっています。

曲の魅力と魔力、10代からずっとベートーヴェンを追ってきた結果としてこういう形でここに行きついたこと。
来年の申込まであと半年、考えたいと思います。


末筆ながら(手紙か?)、多くのみなさまに感謝いたします。

まず、今年の参加に声をかけてくれたSさん、誘ってくださっただけでなく練習のたびにダメなわたしをフォローしてくれました。
もちろん本番の昨日も。
彼女の力なくして今回のすべてがありえませんでした。
本当にありがとう!!!!!

また、一度しかお会いしたことのなかった声楽家のTさん、Facebookのコメントで数々貴重なアドバイスをいただきました。
最後までそのアドバイスを心に持って臨みました。
昨日会場でお会いしたのですがろくな挨拶もできず申し訳ありません、本当に感謝しています。

指導してくださった先生のみなさま、ありがとうございました。
おひとりおひとりとお話ができたわけではないですが、さまざまな学びをいただきました。

指揮の伊藤翔先生、指揮はもちろん、指導のすべてが素晴らしかったです。
発言のすべてが絶対に必要で過不足なく、すべてのお言葉に深く納得させられました。
優れた音楽家のもとで歌えてしあわせです。

合唱団のすべての方々、言葉を交わしたのは数名ですがありがとうございました。
スタッフやお世話役のみなさまもありがとうございました。

そして、友人やアロマの生徒さん、応援のお言葉をくださったみなさんにも大きな感謝を。

第九と大工の区別もつかないであろう夫も毎週作り置きの夕食に一度も何も言いませんでしたので、一応感謝を。

ブログを読んでくださるみなさまにも。
毎回ネガティブな日記を読んでくださりありがとうございました。


昨日のコンサートの模様は、12月22日(土)16:00~BSNテレビで放映されます。
アホ顔が映らないことを強く望むわ・・・

その時間は「サイエンスカフェにいがた」の真っ最中です~。
みなさん、テレビは録画予約して、サイエンスカフェにいらしてくださいー♪


c0190960_829641.jpg


昨日の朝白山神社で釣り竿でとったおみくじ。
日曜の朝ひとり必死に鯛を釣るおばさんはわたしです。

年末の毎日もすこやかにお過ごしくださいませー。



じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2018-12-10 08:25 | 日記・雑記 | Comments(0)
今週ほとんど第九のことしか書いていないこの日記。
いよいよ本日12月9日本番です。

一昨日は最後の合唱だけの練習、昨日はソリストも加わり全員でのゲネプロ。
(ゲネプロというのは通しでの最終リハーサル)
この3日間はまさに染まりきっています。

つくづく、働きながら参加しているみなさんのパワーに圧倒されます。

今どこにも雇われていないわたしでも週に1度練習に参加し、家でも練習し、今週は4日間参加するのは、かなり厳しかったのです。
シニア層も多いとは思いますが、仕事を終えてから参加される方もたくさんいらっしゃる。
心から敬服します。
指導してくださる先生方も。

みんなのその「歌いたい」というパワーが結集するのを楽しみにしたいと思います。
しかもその「歌いたい」というパワーは、この曲だからなのですよね。
いろいろなことを乗り越えて200年演奏されてきたベートーヴェンの交響曲第9番は、単なる名曲というのを超えて、クラシックとかそういうジャンルも超えて、わたしたちの心に何かを訴えるからなのでしょう。

参加申し込みをしてからのこの半年、何百回と聴きましたが、まったく飽きることはありませんでした。
普通ひとつの曲をこれだけ聴いたら、新潟便で言うところの「よっぱらになる」と思うのですが、よっぱらになるどころか、もっともっと聴きたくなって、毎回聴くたびに新しい発見もあり、今日の本番が終わってもまだまだ聴き続けると思います。
(注:よっぱらになる→もう充分って感じ・飽き飽きする感じ)

昨日会場で歌って、客席から聴いたらどんな感じになるんだろうな、と思いました。
正直、自分のまわりだけを聴いているといいふうには聴こえないので不安になることもあるのですが、せっかく足を運んでくださるみなさまの心にいいものがおりたらいいと思う。
テクニックだけではない、言葉にできないパワーが出ることって絶対あると思うから。
オーケストラと合唱をあわせた400分の1名としてそう思います。


新潟第九コンサートは本日14:00~当日券も少々あるそうです。

では、そろそろお風呂に入り準備を始めますー。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2018-12-09 07:20 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_2114253.jpg


連続して第九関連の日記です。
アロマ活動はやっているのか?といわれそうですが、ぼちぼちとやっております。

さて、昨日白いブラウスを買わなくちゃというお話を書きました。
昨日のお話→「第九」への道日記(第11回)―衣装問題

今日、朝から何軒ものお店をまわり白いブラウスを探しましてですね、結局購入したのは夕方5時前。
万代は先週のうちに全部確認済なので、今日はまずイオンモール→アピタ→しまむら→AOKI→洋服の青山。
イオンの中は、Right-onとか絶対ないだろうっていうお店も全部見ました。

だって、みんな真っ白じゃなくてオフホワイトなの!
たまに白いかな、と思うと七分袖なの!
それか、スケスケで下着を考えなくちゃならなかったりするの!
もうこうなったら、夫のワイシャツを着て出るしかないのでは?というくらいに。

先週下手に係の人に確認しちゃったから「真っ白で、七分じゃなく長袖で、透けないもの」と強調されちゃったんですよね・・・

たくさんの白っぽいブラウスをみているうちに、もうだんだん色の区別はつかなくなってきて、最初の予算は3,000円程度だったが、2時間後には6,000円、最後には10,000円以内ならいい気がしてきて、やっと買いました。
(結果価格は真ん中くらい)

上の画像の、下に置いたのが先日ネットで買ったアイボリーに近いもの。
上に重ねたほうが今日買った白いもの。(オフホワイトに見えますね;;;;)

この画像でみると、そんなに違いないよねー。
実際はけっこう違うんですけどね。

もう、今日1日何だったんだ、という気もします。
相当疲れました。

好きなデザインのものは小さいサイズしかなくて、地味(?)なものを選んだので、新年からの就職活動にも活用することにします。


本番200名以上の女性が出ますが、真っ白じゃない人けっこういるんだろうなー、と思っちゃう。

白の呪縛にとりつかれた1日でした。



じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2018-12-05 21:23 | 日記・雑記 | Comments(0)
昨日に引き続き第九日記。
昨日は、疲れきっていて悪く書きすぎたと反省しております。
希望を持って本番を楽しみにしよう。

さて、本番の衣装は白ブラウスに黒ロングスカートと決められております。

3日前くらいにやっと重い腰を上げ、ネットで購入したのですが、届いてみるとブラウスが真っ白じゃなかった。
どちらかというとアイボリーに近いオフホワイトだったのです。

係の方に確認してみたら、真っ白でないと不可だそうだ。
持ってきて見せて、とおっしゃっていただきましたが、3000円以内で買ったペラペラのブラウスを見せる勇気はなく。

しゅん。
開封後は返品不可の商品であった。

それで買い直すことにしているので、まだ衣装が準備できていない本番5日前・・・

オフホワイトのフリルのブラウスは、アロマ講座で着るわー。
それが合う服を持っているか微妙ですけどね。

ちなみに黒のロングスカートもネットで購入し、長さを迷ったあげく短かったらしゃれにならないと思いいちばん長いものにしたら長すぎた。
身長169cmなのと太っているのとで大丈夫かと思ったが、ウエスト部分を2つくらい折ってちょうどくらい。


誰もわたしの衣裳なんて見ていないので本当に自己満足。

今年は洋服を第九衣装とスポーツウェア以外いっさい買わないと決めてがんばっているのに、もたもたしているから出費がかさむ結果に。

さて、明日は真っ白のブラウスを買いに行かなくては。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2018-12-04 21:33 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_2224536.jpg


今日は、金曜日ではありませんが本番直前なので合唱練習。
オーケストラと合わせる回でした。

初めて本番会場であるりゅーとぴあのコンサートホールで、本番の並び順で歌いました。
画像はりゅーとぴあのクリスマスツリー。

その筋(?)には叱られてしまうかもしれないが、わたしの率直な感想は、「本番大丈夫かな?」です。
少なくともソプラノは、正しく音がとれている人の声が聞こえなかったのであるが、大丈夫なの?


今日で15回ほど練習に参加していますが、初めて知り合いに会いました。
同じソプラノなのに今まで気づかなかったの。
彼女は4回目の参加だそうです。

わたしが「最初で最後」と言うと、「すっごく楽しいから終わったら来年も出ようって思うよ」と言われましたが、音の合っていない声を聴き続けるのはつらいので今後は難しい気もする。
参加することに意義があって楽しければいいとは思えなくて、ある程度の演奏をしないとって思っちゃう。

第九のことを考えると、最初の頃プロの方に「1回でマスターできるような曲ではない」と聞いていて、それを実感しているので、曲自体とはもう少し関わりたい気もするのです。
まぁ。今考えることではないですね。

まだあと6日あるし、それまでみんなの力がぐーんと高まって、本番では歓喜が爆発すると信じております。

今週の日記は、第九ばかりになるかと思います。
あきれずおつきあいいただければ。


ちょうど22時頃車で帰宅すると、近所で火災報知機のような音。
ドン・キホーテで火災?
昼間行ったわ、ドンキ。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2018-12-03 22:44 | 日記・雑記 | Comments(0)
金曜日なので第九合唱団の練習に行ってきました。
今日で、13回参加しました。

夕方軽く食べてから行きますが、2時間以上歌って帰ってくるとおなかが空くのでまたちょっと食べてしまうのがよくない。

本番まで2週間。
あと合唱練習は2回、オケ合わせ1回、ゲネプロ1回。
(ゲネプロというのは、通しでやる最終リハーサル)

前にも書きましたが、暗譜があとちょっとのところであやしい。

似た言葉aufとausとauchとか、ごっちゃになっちゃったりする。
意味を理解していないままなんとなく歌いながら覚えようとするからこうなるのだと思うので、意味もおさらいして、この2週間は完璧に覚えることに集中しようと思います。

もともと、もの覚えは悪いほうではなかったと思いますが、ここ数年は自分が自分じゃないくらいに新しいことが覚えられない。
まだその始まりだから「どうなっているんだ!」とか思っちゃうけれど、だんだんそれがあたりまえになっていくのだろう。
まずはそれを認識するところから。


朝ではなく、夜にブログを書く日は調子が悪い日だ。
朝起きて何も浮かばないから先延ばしにして夜になっちゃう。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2018-11-23 23:03 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_21493789.jpg


第九合唱団の練習で新潟県民会館に行ったらクリスマスモードになっていました。

毎週金曜日、2時間15分の練習は、毎回へとへとになります。
あと数回の練習で本番。

そろそろ衣装を準備しなければならないが腰が上がらず。

ブラウスをスカートにインしなければならないということで、短めのオーバーブラウスを着るつもりでいたのでしょんぼり。

300人も合唱隊がいる中で、誰も「あの人おなかぽっこりだわー」なんて思うわけないのに、気にしてしまうものなのですね。
「白髪もひどいし、シミもすごいわー」とも誰ひとり思わないのに(たぶんね)、気にしてしまうのは自意識過剰?

いや、そういうものですよね。
自分が気になるっていう。


おおかた歌詞を覚えたつもりでしたが、一部何度歌っても出てこない箇所があって苦戦中。
この3日間で何度歌ったかしれないのにそこだけ出てこない。
覚えが悪すぎる・・・(・・;)



じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2018-11-16 22:09 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_7522098.jpg


昨日から第九の合唱、経験者のみなさんも含めての練習が始まりました。

先週までは新潟市音楽文化会館の練習室が会場でしたが、昨日から新潟県民会館

先週書いたように一度やめようと思ったが持ち直したし、ここまできたらやめないぞ。
大勢の中に混じったらわたしの音痴の細い声なんて誰にも聞こえないのさ。

という意気込みはこのあとすぐにくじけそうになります。

先週のお話はこちら→「第九」への道日記(第5回)―初心者練習を終えて(やめようと思ったがなんとか持ち直したお話)


さて初めての全体練習。

第九みんなで歌ったらどんな感じなのか楽しみにしておりましたが、まずは急にアンコール曲を渡されそれをぶっつけで歌うところから。

いや、第九の暗譜も無理そうなのにもう1曲譜読みして暗譜するとか無理だから、一度持ち直したけどやっぱりやめるべきでは・・・と思いましたが、やったことある曲だった!
くじけそうなぎりぎりのラインを通っているので、何かあればすぐやめるモードなわけですよ。
よかった、本当に。

そのアンコール用の曲、ずっとピアノ伴奏だったので正確にはほとんど歌っていないのですが、歌詞もソプラノのメロディーもほぼ覚えていた。
若い頃に覚えたことは、30年40年経っても覚えているのですね~。


先週までの練習では、自分の音痴ぶりに落ちこむばかりでしたが、大勢で歌ってみれば自分の声はよく聞こえず、なんとかまぎれることができたのではないか?
すぐ後ろの席の方は、わたしの5倍くらい声量がある。
斜め前の席の方はずっと楽譜をまったく見ないで歌っている。

あぁ大勢いるって素晴らしい。
あとは、みんなと違う口の動かしかたをしたときにテレビに映らないことを願うだけである。
(ちゃんと暗譜してください自分よ)


県民会館は、20代の頃には月に何度も通っていました。
ただ単にコンサートに行くのが趣味だっただけでありますが。

来週からもなんとかがんばります。たぶん。

これまでの「第九への道日記」はこちら→タグ:「第九への道日記」


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2018-10-13 08:40 | 日記・雑記 | Comments(0)
1ヵ月ぶりに「第九への道日記」です。

今年の新潟第九合唱団に参加して、8月から毎週金曜日夜の練習が始まって、初心者向け7回の練習が一昨日で終わりました。
わたしは金沢旅で第2回目を欠席したので6回参加したことになります。

来週からは初心者の何倍も人数が多い経験者のみなさまと合流。


実は前々回(9月最終週)の練習で、もう無理!やめる!と思いました。

まったく声が出ず、たまに出たと思えば音が外れるし、歌えないからまったく楽しくないし、楽しくないどころか苦痛でしかない。
発声とかきちんと習うとかしないと難しいと思ったのです。

その日、ドリンクの自販機前でちょうどピアノ担当の先生と一緒になったので、「声がまったく出ないんですけどどうしたらいいでしょう」とお聞きしてみたのです。

いろいろお話してくださった中で、ひとつそれかも、と思ったことは「わたしもソプラノで、大きな声は出ないんですけど・・・」とおっしゃったところ。

「大きな声」

あぁわたし大きな声を無理に出そうとしていたかも。

大昔、受験のために声楽を習っていた頃、とにかくボリュームを上げろとしつこく言われていました。

今とは別人のやせっぽちのわたしは、何もかもか細い。
声も小さな(細い)声しか出ませんでした。

当時、声楽の先生からもピアノの先生からも、「声が出るようになるようにもっと太りなさい」としつこく言われていました。
「オペラ歌手は大きい人が多いでしょ」って。

先生、お元気でしょうか?
あの頃骨と皮しかなかったわたしは充分すぎるほどに太りました。

声の細さは体型だけではなかったのでは?
もちろん体型も関係あるだろうけれど。

30年以上経ってわかる・・・先生方は、声楽の才能がまったくないわたしを慰めてくださったのですね。
35年後にこんなに立派に太っているとも想像せずに。


そうして、一度は「やめる」と思った合唱ですが、今週はボリューム関係なく自分のいいところで発声練習を繰り返してみました。

その成果が出たのか、今回の練習では高い音を伸ばすところ以外はなんとか自分の範囲でたのしく歌うことができました。
ソロで歌うわけではないのだから、わたしのような細い声やいろいろな声があってこその合唱なのですね。

自分が苦しいときには聞こえなかった他の人の歌声も聞こえるようになってきました。

そうすると、わたし以上に、なぜ合唱に参加しようと思ったの!?というようなけっこう×××な人も何人もいる。
単に音がずれているとかうまく声が出ないというレベルでなく、ぜんぜん違うメロディーを自信満々に歌っているような人も!

そうだったのか、これまで余裕がなくて気づかなかったわ。

そういう声も含め合唱。

譜読みが大幅に間違っているのはどうかとも思うけれど、まぁ希望すれば誰でも参加できる企画だから、全体として曲がお届けできればよいのかもしれません。


来週からいよいよ経験者の方々と一緒に練習、今月末には指揮者との練習もあるそうです。
さて第二ステージどうなりますかね。


これまでの「第九への道日記」はこちら→タグ:「第九への道日記」


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2018-10-07 07:40 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_11134146.jpg


昨日、第九合唱団第3回目の初心者向け練習に参加しました。

これまでの「第九への道日記」はこちら→タグ:「第九への道日記」

練習は第3回目でしたが、先週金沢旅のため欠席したので、わたしの参加は2回目。

先週のところと今週のところを予習していきましたが、歯がたたない。
まったく歌えないとまでは言いませんが、みなさんが初譜読みのところも何の迷いもなく歌う中、自分だけが音痴。
テンポっていうか拍子もうまくつかめないところがある。
CDは何十回も聴いているけれど、聴くのと歌うのは違う。

指導者からみれば、まだぜんぜんできあがっていないのでしょうけれど、おずおずとついていこうとするわたしからみればみなさんのびのび歌っていて上手。

第1回練習の感想にも書きましたが、とにかく素人はいない。
第九初心者って言っているけど実際は多くが経験者なのでは?
それか現役で音楽に携わっているんですね、みなさんきっと。
30年ぶりに声を出すわたしとはレベルが段違いですね。

わたしがちゃんと読んでいなかっただけで、一般人には難しいよ、とか募集要項に書いてあったのか?

どんどん歌ってどんどん進む感じについていけず、途中でくじけそうになった。

高い音は少し出るようにはなったけど伸ばすのはまだ無理なのと、パート練習のあと最後の全体練習のときには体力を使い果たしていてもう歌えない。
なのでせっかくの合わせる機会に口パク作戦。

こんなにスポーツクラブに通っているのに歌を歌う体力さえ身についていないのだ。
または、間違った発声の仕方をしているから必要以上に体力を使っているのでしょう。(こっちか・・・)


昨日で、いったん最後までの譜読みが終わりました。

楽譜をみてキーボードで練習するから練習用CDは不要かと思って購入していないのですが、買ったほうがいいのかな。


でも考えてみれば、何をやっても人より習得が遅いのは昔からです。
習得が遅いからといってできないわけではないこともある。
練習量が多く必要なだけである。

だったら練習量を多くすればいいだけでは。


もしも、いつか第九合唱団に参加してみたいという方がいらしたら、一から(発声も譜読みもドイツ語も)手とり足とり教えてもらえることはないので、それでもがんばれるなら、とお伝えしたいです。

あと、練習1回でも休むときついです。
全部参加する心意気が必要、ということも伝えたい。

特に譜読みの段階だったからそうだったのかな。
ドイツ語の発音が思っているのと違うところがあって、何か理由があってその部分だけその読み方なの?(同じ語でも他のところと違う)とか、欠席したときのことは確認できない。

一緒に参加している友人がいることだけが大きな救いです。
ひとりだったら既に脱落しているでしょう。


そんなわたしの劣等感をよそに、10月1日からチケット発売ということで広報は始まっております。

第19回新潟第九コンサート2018

さて、今後わたしの第九はどうなるか?
続きはまた。

これまでの「第九への道日記」はこちら→タグ:「第九への道日記」


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2018-09-08 11:23 | 日記・雑記 | Comments(0)

新潟市 香りの教室amica(アミーカ)の川上裕子です。日記毎日更新中。出張アロマ講座やサイエンスカフェのお知らせや報告も書いています。


by amica(あみーか)