タグ:新潟市美術館 ( 13 ) タグの人気記事

c0190960_7273314.jpg


一昨日、新潟市美術館の「阿部展也―あくなき越境者」展を観に行ってきました。

鑑賞前に講演会「なぜ阿部展也は日本近代美術史上かくも重要な存在なのか」を聴講。
講師は大谷省吾さん(東京国立近代美術館美術課長)。

そうですか、すみません、そんなに重要な存在だということは知りませんでした。
阿部展也、名前を知ったのも昨年。
新潟(五泉市)出身のそんなに重要人物がいらしたとは知らなかったのでした。

美術にも美術史にも詳しくないので、難しいところもありましたが、充実したお話で、90分があっという間でした。


展示は瀧口修造との共作詩画集『妖精の距離』から始まって、『フォトタイムス」などの雑誌も展示。
『みづゑ』とか。
とにかく雑誌好きな私はそれをみるだけでも興奮。

それから進んでいくと、大量の作品。
こんなにたくさんみられるとは思ってなくて、体力勝負。

中にはわけのわからない絵もたくさんあるわけですが、考えてみればすべてのものはわけがわからないのだし、何が正しいかとか美しいかとか観ているうちに基準がおかしくなってきます。
『LOVE』という絵があって、どこの何がLOVEなのかわたしにはわからなくても、それがそうだと言われれば、そうなのだ、というしかない。
ただただ絵の世界に圧倒されます。

最後のほうには、「エンコースティック」という技法を用いた作品があり、たぶん初めてみると思うのだけれど、とてもおもしろかった。
蜜蝋を使うのだそう。
板とか合成樹脂とか別素材とのコラージュもあったり、興味深かった。

質感がおもしろい。
さわってみたい感じ。(もちろんさわれないしさわらない。)

「エンコースティック」については、来月「エンコースティックと阿部展也」と題した美術講座があるのでそれに参加したいな、と思っております。
(8月18日(土))


たくさんの「まる」の絵もよかったし、とにかくすごかった。
交友が広く、関係者の作品の展示もあり、阿部氏が指導したという宮脇愛子氏の作品などもとてもよかったけど、あー体力使ったわー。

そのくらい人を圧倒させるものでした。

講演会の大谷先生もおっしゃっていましたが、58年という生涯で生み出したものの密度の濃さ。
重要な局面のキーパーソンであり、あらためて注目すべき重要人物ということはじゅうぶん理解できました。

「阿部展也―あくなき越境者」は8月26日(日)まで。


画像は西大畑公園。
この日は34℃以上のクソ暑い(失礼)日で、人っ子一人いなかった。

と思ったら西堀通りでパレードやっていて、帰りにものすごい人ごみに遭遇しました。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2018-07-17 07:35 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_6362812.jpg


昨日、新潟市美術館で開催中の『滋賀県立近代美術館所蔵 小倉遊亀 絵筆にこめた愛』を観に行ってきました。
またも会期終了ぎりぎり!

小倉遊亀(おぐらゆき。女性)・・・名前しか知らなくて、性別も時代もどんな絵をお描きなのかも存知上げなかったのですが、とてもよかった。
観に行くのどうしようか、と思っていたけれど行ってよかったです。

前期後期で展示替えがあったようで、前期も行けばよかったー。
記念講演も行けばよかったー。

どの絵も、しずかに力強く上品で美しく、愛情に満ちていて重すぎず、他にないような存在感で、何度も往復して見入ってしまいました。

1895年に生まれ2000年没。

展示の中には亡くなる年の105歳で描かれた作品もあり、驚くばかり。


c0190960_78016.jpg


美術館も西大畑公園も、泣きそうになるくらい緑がきれい。
今生きていることに感謝がわくくらい。

めずらしく(?)たくさんの人がいました。

c0190960_792221.jpg


こかげカフェ L'ombrageでいつものお気に入りサラダプレートを食べようと朝からはりきっていたのですが、残念ながらフードメニューはほとんど売り切れ。

ベーグルサンドとパングラタンのみOKということでしたのでパングラタンを。
以前いただいたときよりおいしくなってた!
いや以前もおいしかったのですが、サラダプレートには負けるな、と思ったのでした。


昨日の日記にも書きましたが、1日ゆっくりできて心が元気になった。

今日このあと出勤したら全部奪われそうですけどね・・・


小倉遊亀展は明後日6月10日(日)まで。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2018-06-08 07:17 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_8311373.jpg


昨日は、新潟市美術館で開催中の『東京国立近代美術館工芸館名品展 人為と天然』を鑑賞してきました。

昨日は美術講座があり、それに参加した後に観てきました。
新潟市美術館美術講座『異界の美術史』

さまざま工芸品の数々は、ひゃあっと言って息を止めてみるくらい素晴らしかったのですが、普段の暮らしとはほど遠いものばかり。
いろいろなことを考えさせられました。

大きな(文字通り物理的に)作品が多く、とても見ごたえがあります。


テーマが「人為と天然」というところが興味深い。

人間の手で作ったものを観るのが好きです。
完全な自然より人の手が作った作品を観たいと思ってしまう。

自分の手はなにものも作りださないのにどうしてだろう。
自分がなにものも作りださないからこそみていたいのかな。

c0190960_926655.jpg


西大畑公園もすっかり秋だった。

c0190960_9292782.jpg


1日しとしと雨の降る中歩いて美術館に行きました。

雪ももうすぐ。
冬は大好きだ!
(洗濯ものの乾きが遅いこと以外)


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2017-11-19 09:30 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_21151565.jpg


今日は新潟市美術館の美術講座『異界の美術史』を聴講してきました。

現在展示されているコレクション展「異界への旅Ⅱ」に関連して、怪物などが描かれた異界(現実ではない世界)をテーマにした作品を学びました。

本日の講師は学芸員の松本美樹さん。

主に、ヒエロニムス・ボスやフランシスコ・デ・ゴヤなどの作品を観ながら歴史の中の異界を旅することができました。

わたしには難しいお話も多かったのですが、いろいろな絵を観ることができたのは興味深かったです。

コレクション展は既に観覧していましたが、あまり好みの感じではなく、さーっと歩いたのみ。

今回聴講後に再度入場してみましたが、やっぱりさーっと歩いたのみで終わりました。


美術講座を受けるたびに思うのですが、何かを学ぶのに歴史の知識は必須ですよね。

美術だけでなく音楽でもアロマでも農業でも法律でもたぶんなんでも。
もう少し教養としての歴史を身につけたいと思っています。


今日は、お天気のせいか参加人数は少なめでしたが、無料で受講できるのでおすすめです。

次回は12月16日(土)。
『阿部展也 線描の魅力』というテーマ。

新潟県五泉市出身の画家なのだそうです。
その方のことは存じ上げませんでしたが、今のところは参加しようかな、と思っています。

c0190960_2130463.jpg


美術講座のあとは浅川園の喫茶室でお抹茶をいただくのが定番になってきた。

お茶の心得はありませんが、飲むのは大好きです。



じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2017-11-18 21:33 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_8423655.jpg


昨日は新潟市美術館の美術講座2017『3.11以降の写真』を聴講してきました。

今年は、参加するごとにスタンプを押してくれるそうで、7回全部参加すると景品プレゼントとのこと。

「公民館サイエンスカフェ」と重なりそうな日があるので既にそれをもらうのは無理と思っていますが、なんとなく昨日も押していただきました。
景品には興味がないですが、受付の方がすごく喜んでくださったのでまぁいっかー。

7回全部参加できる人はいるのだろうか・・・


さて昨日の講座。
講師は新潟市美術館学芸員の荒井直美さん。

紹介された数々の写真は、東日本大震災をテーマにした写真でありながら報道写真でないもの。

それぞれの写真家たちの考え方生き方につながるそのときその後の行動。
カメラというツールを使うからこその、記録と表現の違いは何か、ということも深く考えさせられる。

学芸員の方の言葉はひとつひとつ重みをもって響きました。
ここに文章としてほんの少しでも再現できない自分の限界をうらみます。


様々な講座を聴く機会を増やしていますが、共通して感じることはいつも同じです。

専門知識は前提条件。
あとはその人の想いの強さ、熱量の大きさでさらなる大きな学びを得ることができる。

自分も講座をやる者として、想いと熱量を保ち続けたいと思います。


今日の講座では多くの写真がスクリーンに映し出されたのですが、いちばん後ろに座ったせいもありよく見えないものもありました。

終了後、写真集等自由に見ていいということだったのですが、エアロビに遅れそうだったので断念。
わたしの生活は今スポーツクラブの予定に侵されている・・・


美術講座の内容等はこちら


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2017-09-17 09:13 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_6455189.jpg


昨日は、新潟市美術館で開催中の『石川直樹 この星の光の地図を写す』展に行ってきました。

c0190960_6461258.jpg


新潟市美術館のタイルはすごく大好き。
毎回行くたびに、タイルいいな、と思っています。
(特に階段が好き)

先日設計者前川國男氏について学んだばかりでしたから、あらためてじっくり見てきました。
あ、亀倉氏がデザインした部分もあるって聞いたんだった・・・見るの忘れたー。

美術講座2017『前川國男と亀倉雄策ー戦前編ー』

c0190960_6462212.jpg


さて石川直樹展。
(一部を除き撮影OKでした)

アウトドアとかそんなに興味がないので、まったく期待していかなかったのですが、すごくおもしろかった!

わたしの人生では決して行くことのないであろう世界のいろいろな場所。
じーっとみていると、なぜかひきこまれる。

K2や世界各地の写真とともに「潟と里山」と題された作品群は、新潟で撮られたもの。
ほとんどが西区、西蒲区で撮影されたとのこと。

c0190960_6463391.jpg


「石川直樹の部屋」というコーナー。

登山グッズや本、旅先で入手したものなどを展示したコーナーがいちばん好きだった。

山の本の中にときどき文学作品(山田詠美「ぼくは勉強ができない」だったり)があって、人の本棚はおもしろい。

ご本人のものと思われる自筆の解説付き。


いろいろなものを観るたび思うけど、人にはそれぞれ役割があって、わたしはたまたま北極やK2に行く役ではない。
自分の役割を果たしつつ生きていくしかない。


石川直樹展は9月24日(日)までです。



じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2017-08-24 07:29 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_947497.jpg


昨日は新潟市美術館の美術講座2017『前川國男と亀倉雄策ー戦前編ー』を聴講してきました。

講師は新潟市美術館学芸員の星野立子さん。
新潟出身の建築家とグラフィックデザイナーの戦前の活動を詳しくお聴きしました。

亀倉雄策氏は何度か展覧会も観ているし、以前働いていた会社のポスターやロゴの監修をされていて社長とも親しかったのでよく話に出ていてなじみがありましたが、前川國男氏は新潟市美術館の設計者ってことくらいしか知らず、どんなふうに重なり合うのか知るのを楽しみにしていきました。

おふたりとも、写真がかっこいい。
今回は戦前編ということでしたが、それぞれひとりずつ、作品の解説含めさらにお話を聴いてみたいな、と思いました。


新潟市美術館の美術講座は、昨年くらいから毎回参加させていただいていますが、毎回充実した内容を無料でお聴きすることができてとてもよいです。
都合がつく限り今後も参加するつもりです。

美術講座の内容等はこちら


昨日は、講座のあとエアロビに行きたかったので、開催中の石川直樹展は観ずに走って帰りましたが、近いうちにそちらも鑑賞に行きたいと思っております。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2017-08-20 09:48 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_919371.jpg


昨日は、新潟市美術館で開催中の『北大路魯山人 ―美・食の巨人―』展に行ってきました。

鑑賞前に、講演会「北大路魯山人─人と作品」をお聴きしました。
講師は世田谷美術館学芸員の清水真砂氏。

先生が全身素敵でみとれちゃいました。

実は北大路魯山人のことはほとんど知らなくて、お金持ちそうな雰囲気の写真を見たことあるくらい、グルメな芸術家のおじさん、くらいしか思っていなかった教養のなさ。

なので、鑑賞する前に講演を聴いて人や背景を知ることができてとてもよかったです。


書や絵もありましたが、多くは陶芸作品。

個人的には織部がとてもよくて、総織部の長皿は全部観終わってから再び戻って観ました。

織部の灰皿もすごくよくて、煙草は吸わないし家で吸ってほしくもないけれど(夫は喫煙者ですけどね)、この灰皿が家にあったら・・・と想像しながら見入ってしまった。

キッチンまわりは超ミニマリストなので、使う器しか所有していないし、いつも同じ器を使っていますが、料理と器の関係についても考えさせられる展示でした。

『北大路魯山人 ―美・食の巨人―』は7月23日(日)まで。

豊かな心になりたい方はぜひ。


帰りは古町通をぶらぶら歩き。

c0190960_9191599.jpg


大竹座はこんなんなちゃったのねぇ。
カラオケ店など営業はしているようでしたが。

週3日は夜このビルの中にいたと思うわ・・・
そんな時代から30年近く。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2017-06-18 10:09 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_764519.jpg


昨日は新潟市美術館へ、『原安三郎コレクション 広重ビビッド』後期展を鑑賞に行ってきました。

前期行ったときの日記→『広重ビビッド』@新潟市美術館

早朝から夫が山に行ってしまったので家でゆっくり過ごしたかったのですが、どう考えても他に行く日がない、と重い腰を上げて向かいました。
結果、お散歩もできてリフレッシュできたのでよかったです。

ほとんどの作品が展示替えになったということで、前回とは違った絵をたくさん観ることができました。

GW中ということで混んでいて、特に「六十余州名所図会」はじっくり近くで観ることができなかったのですが、「名所江戸百景」のほうはそれほど人がいなくて堪能することができました。
北斎の「千絵の海」のところも人が少なかった。

座って1枚1枚じっくり味わいたいので図録がほしいと思いましたが、実際展覧会の図録って買うと満足してしまって家ではそんなに見ないのでぐっと我慢。
(さらにもの減らし中だしね。)
でもやっぱりほしいな・・・


新津美術館の藤城清治展の前売りも買ってあるのに予定があいてる日がないような気がする・・・
美術館、週に1度でもいいから夜まで開館している日があればいいのに。
仕事帰りに寄れるといいのに、と思います。


さてわたしの3連休は終わり。

また日常を淡々とがんばりたい。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2017-05-06 07:37 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_6551846.jpg


昨日は新潟市美術館に行ってきました。

昨日から『原安三郎コレクション 広重ビビッド』が開催されています。

まずは講堂でおこなわれた美術講座「北斎と広重 名所絵の黄金時代」を受講。

大きく浮世絵の流れを学ぶことができました。
江戸の名プロデューサー蔦谷重三郎氏のことも知り、とてもおもしろかったです。

わたしは20代の頃から浮世絵が好きでいろいろ観てきましたが、これまではどちらかというと美人画のほうに興味がありました。
今回は風景画、名所絵ということでそれはそれで楽しみにしていました。


本当は、時間的にも体力的にも厳しいかと思い、昨日は講座だけ受けて、展示の鑑賞は後日にするつもりでしたが、講座のあとこかげカフェL'ombrageでベーグルを食べたら元気が出ちゃって、結局鑑賞してきました。


今回の目玉は歌川広重「名所江戸百景」120枚揃と「六十余州名所図会」70枚揃。
これらの連作全点の「初摺」が観られるということで大興奮。
初公開だそうです。

ひと目みたら展覧会タイトルに『ビビッド』とついている理由がわかります。
保存状態がよく色彩がとても鮮やかできれい。

それぞれの作品の脇に現在の風景写真もあるので、くらべながら観るのもたのしい。
きめ細かい説明も全部読んでいると、全作品の鑑賞にはかなりの時間がかかります。

SNSどころかテレビも写真もなかった時代に、これらの絵がどんなに人の心をとらえ旅心を誘ったであろう。
旅をすることなんてほとんどの人にできなかったであろう時代に。

広重の他に葛飾北斎、歌川国芳の作品も展示されています。

展示は前期後期でほぼ総入れ替えだそう。
前期は 3月18日(土)~4月16日(日)、後期は 4月18日(火)~5月21日(日)

「六十余州名所図会」の中の新潟に関連する2枚(佐渡金山と親不知)だけは、特別に前期後期通して展示されるそうです。


絵のなかに雲母がほどこされているものがあるのですが、普通にみただけではわからない。

夕方で人が少なかったからか、絵の近くでしゃがんで見上げると「キラキラ」がみえるというのをスタッフの方が教えてくださって、おもいっきりしゃがんで見上げてみると確かにかすかにキラキラ。
金山と親不知の絵のキラキラをしっかりみてきました。


後期ももちろん行きますが、前期ももう一度観たいな。


そもそも浮世絵好きになったきっかけは、千葉に赴任していた20代の頃、寮で一緒に住んでいた先輩(それこそ浮世絵の中の女性のような人)に半ば無理やり誘われて一緒に観に行ったことでした。

千葉そごうの新春展かなにかだったような記憶が。
そのとき初めて観て、すっかりひきこまれてしまったのでした。

なんでも実際に体験してみないとわかりませんよね。

ぜひ。おすすめです。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2017-03-19 08:06 | 日記・雑記 | Comments(0)

日記毎日更新中~。


by amica(あみーか)