タグ:新潟市東地区公民館 ( 52 ) タグの人気記事

公民館サイエンスカフェ第4回(2020年)『ふしぎの国:南極~地球科学で探る南極大陸~』_c0190960_22112260.jpg

昨日「公民館サイエンスカフェ」に参加しました。
今年度第4回目。あっという間に最終回でした。

昨日は打ち上げの話を書きました。

ゲストは佐藤高晴さん(元 広島大学大学院総合科学研究科)

参加申込者数は今年度の4回で最高だったとのこと。
多くの方にお集まりいただきありがとうございました!

南極といえば、タロとジロとペンギンしか思い浮かばない低レベルなわたくし。
配布されたレジュメには資料も画像も盛りだくさん!

お話は、地磁気の逆転のことから始まりました。
うっっ・・・なんだそれ。
磁場?スピン?さっぱりわからない・・・

しかし前の席のお兄さんはうんうんとうなづきながら聴いている。
その隣のおじさんも小さく「ほほう」とおっしゃっている。
知らないのはわたしだけなのね?

お話が南極観測隊での活動のお話になるとがぜん興味津々。
アザラシやペンギンが出てきて楽しくなってきた。
最後には地球温暖化問題も出てきて、今後も引き続き学んでいきたい話題満載でした。

90分のお話が終わってその後の交流会では、ゲストの佐藤さんと同じく南極観測隊に参加されたことがあるという新潟地方気象台の方も加わってくださり、気象の専門家の観点からもお話をお聴きすることができました。

「公民館サイエンスカフェ」では、講師のお話90分のあと、交流会としてさらに30分、ゲストとのフリートークの時間が設けられています。
フリートークといっても質問コーナーのような感じで、無理やり発言が求められたりすることはないですし、本編ではお聴きできなかった興味深いお話がどんどん出てくるので、ぜひ最後まで参加してほしいな、と毎回思っています。

今回のお話は、わたしにとっては難しいところも多かったのですが、交流会では高レベルな質問も。
今日に限らず、参加したみなさんにとってどうだったのか気になるところです。


講師の佐藤さん、新潟地方気象台のNさん、東地区公民館のみなさま、「サイエンスカフェにいがた」の本間さん、企画委員でご一緒したみなさま、そして参加者のみなさま、今年度も本当にありがとうございました!

昨年から企画会議にあまり参加できなくなっちゃったけれど、来年度も企画委員の末席に控えさせていただければうれしく思います。
既に提案したい企画候補の資料を取っておいたりしている。
あまり参加できないから辞めようかとか考えていたくせにねぇ。

実際参加できるかどうかはまだわかりませんが、サイエンスカフェの意義をあらためて考えていきたい。
一部のインテリだけが学ぶ場ではなく、市民みんなに開かれていてほしい。
なんのために学ぶかと考えると、究極は充実した人生を送るため、豊かな(経済的にという意味ではまったくない)生活を送るためだと思うから。
サイエンスと関係ない人は一人たりともいないのだから。

これまでの「公民館サイエンスカフェ」の感想等はこちらから→タグ:公民館サイエンスカフェ


「公民館サイエンスカフェ」は今年度分終了しましたが、ジュンク堂での「サイエンスカフェにいがた」があります。
次回は4月18日(土)第115回サイエンスカフェにいがた。
テーマは『原子を見てみよう ~走査トンネル顕微鏡で直視する量子力学の世界~』
ゲストは山崎詩郎さん(東京工業大学 理学院 物理学系)です。

詳細は「サイエンスカフェにいがた」のサイトから



じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ) 



by amica-aroma | 2020-02-23 22:16 | 日記・雑記 | Comments(0)
本日「公民館サイエンスカフェ」に参加しました。
4回連続の最終回。

今日のお話の感想は、明日書きたいと思います。
なぜなら今日は打ち上げに参加して酔っぱらっているからであります。

打ち上げは、東地区公民館の現スタッフ、前任者の方々、「サイエンスカフェにいがた」の本間さん、そしてわたしたち市民有志の企画委員ひとりも欠けずに総勢10名。
充実した濃厚な時間でした。
サイエンスカフェ関連の飲み会は、とにかく話題が充実しており学びも多く刺激的で超楽しい。

みなさんと出会ってよかったです。
ありがとうございました!
またしばらくお会いできないと思うとさみしい・・・
定期的に情報交換会とかあればいいのに。


今日は、「公民館サイエンスカフェ」が終わってから打ち上げまでの間に少し時間があったので、久しぶりにひとりカラオケへ。
思いっきり声を出して歌いあげて、そのテンションで飲み会に行きましたとさ。

今朝、ずっと前に録画した竹内まりやさんの番組をみていて、どうしても歌いたくなったので、まりや特集。

年々声が出にくくなってきているので、たまにきちんと発声しないと歌が歌えなくなるだよ、と思ったこともあり。
家で歌う鼻歌が下手くそになってきたのでこれはまずいと。
鼻歌が上手である必要があるかどうかは置いておいて。

ということで本日、仕事→公民館サイエンスカフェ→カラオケ→打ち上げと充実した一日でした。
みなさんありがとうございました!


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ) 



by amica-aroma | 2020-02-22 21:18 | 日記・雑記 | Comments(0)
思い出したので―「公民館サイエンスカフェ」感想続き_c0190960_21381299.jpg

昨日「公民館サイエンスカフェ」の感想ブログを書いて、なんかもうひとつ書きたいことあったよな、と思いつつ思い出せないでいたことを、今日思い出したので書きます。

「公民館サイエンスカフェ」は毎回違うテーマで4回開催されますが、4回通して参加することも、ご希望の回だけ選んで参加することもどちらも可能です。
東地区公民館の方にお聞きしたところ、第1回の『スーパーコンピュータとビッグデータと人工知能ニューラルネットワーク』だけに参加お申込みされていた方で、その1回がよかったからと2回目3回目も行きたい、というご連絡をくださった方が5~6名もいらしたとのこと。

そのお話を聞いてとてもうれしく思いました。
最初は人工知能の話を聴きたいということだけだったのに、その他のテーマにも興味を持っていただけたということ、サイエンスカフェという企画自体に興味を持っていただけたこと、なんと素敵なことでしょう。

さらに今後、ジュンク堂の「サイエンスカフェにいがた」のほうにもつながればうれしいし、サイエンスカフェ以外にも科学や様々な学びに興味を持つ人が増えたら素晴らしいと思う。

受付をしていて、どうも1回目以外は参加予定じゃない人がどんどん来るなぁと思っていました。
公民館の方が、間違えて横線を引いてしまったのか?と疑っていたわ、すみません・・・
そういうことだったのですね。

今年度の「公民館サイエンスカフェ」はあと1回です。
ゲストは佐藤高晴さん(元 広島大学大学院総合科学研究科)

詳細は下記よりご確認ください。
◆サイエンスカフェにいがたページ→新潟の科学 - 公民館サイエンスカフェ
◆新潟市東地区公民館ページ→公民館サイエンスカフェ 科学を身近に 知るを楽しむ

これまでの「公民館サイエンスカフェ」の感想等はこちらから→タグ:公民館サイエンスカフェ


学びたい人はたくさんいる。
わたしもそういう方々に学びを届けられるよう精進したいとあらためて思います。



じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ) 



by amica-aroma | 2020-02-16 21:40 | 日記・雑記 | Comments(0)
公民館サイエンスカフェ第3回(2020年)『肺炎球菌の8割は薬が効かない! ~新しい治療研究はどうなっているの?~』_c0190960_21270859.jpg

本日「公民館サイエンスカフェ」に参加しました。
今年度第3回目。先週1週あいたので2週間ぶり。

ゲストは土門久哲さん(新潟大学大学院医歯学総合研究科

個人的にいちばん楽しみにしていた回。
ある日ぼんやりテレビのニュースを見ていたら土門さんの研究が紹介されており、「これだ!」と思って提案したものです。
土門さんのところには、昨年9月に東地区公民館の方と一緒に訪問し、さまざまなお話を聞かせていただき、研究室も見せていただきました。実現して本当にうれしい。

今日のお話の流れは
・肺炎はどんな病気?(肺炎球菌について、誤嚥性肺炎のしくみ)
・肺炎の予防法
・肺炎の治療法
・薬剤耐性肺炎球菌の増加
・既存の抗菌薬に代わる新たな治療法の開発の必要性
・植物成分であるヒノキチオールの抗菌作用(対虫歯菌、対歯周病菌、対肺炎球菌)

上記のお話の他に、今話題の新型コロナウィルスのこともとり上げていただきました。
今回のテーマは肺炎球菌で、ウィルスが引き起こす肺炎とは違うものですが、肺炎のことを知っておくことは役に立ちますね。
また、歯科医師の立場から口腔ケアの重要性や効果的な歯みがきの方法など、わたしたちの生活に今日から役立つ内容も盛りだくさん。

肺炎のことは、土門さんが紹介してくださったサイトを。

土門さんのお話は、みごとに過不足なくわかりやすい。
専門家でもないわたしごときが「過不足なく」などと言うのはおかしいかもしれませんが、そう感じたのです。
その場にいる全員が理解できる言葉と内容で、全員が知りたいことを解決してくださった、という気がしました。
(全員かどうかはわたしの決めつけだけれども)
さらに、ご自身の研究成果という新しいことも教えていただいて、全体的にとても満足しました。

嚥下のしくみは動画で見せていただき興味深かった。
最近飲み物などでむせやすいので将来不安・・・と思い、誤嚥を防ぐにはどうしたらよいか、終わってからお聞きしてみました。
鍛える方法とかはないのだそう。
嚥下体操のようなものはあるものの、舌などに効果はあっても、それ以上なんとかするのは難しいようです。

とにかく歯磨きはきちんとしよう。
シンプルすぎる結論だけどいいのかな、これだけで。

わたしとしては、ヒノキチオール(青森ヒバなどに多く含まれる成分。名前にヒノキとつきますが日本のヒノキにはほとんど含まれない)に興味津々だったわけですが、今後ヒトの治療に応用できるようになるまでにはまだまだ年月が必要。
ヒバ精油を使ったからといってすぐにどうこうできるわけでもない。
でももっと知りたい、いろいろな植物成分のこともそれ以外の科学のことも世界のことも。

だからサイエンスカフェはくせになるのです。

講師の土門さん、東地区公民館のみなさま、「サイエンスカフェにいがた」の本間さん、企画委員でご一緒したみなさま、そして参加者のみなさま、今回もありがとうございました!
次回は今年度最終回2月22日(土)の開催です。

ゲストは佐藤高晴さん(元 広島大学大学院総合科学研究科)

毎回多彩なテーマ、楽しみですね!
来週は、仕事が休めなかったので受付のお手伝いができず、開始ぎりぎりに到着予定。
そんなこと言うとすごく仕事が忙しい人みたいですけどただのパートで、まったく忙しくもなく、1ヶ月の出勤日数が厳しく決められているため休めなかっただけです・・・
それでも午後は休んで公民館サイエンスカフェに参加する。


詳細は下記よりご確認ください。
◆サイエンスカフェにいがたページ→新潟の科学 - 公民館サイエンスカフェ
◆新潟市東地区公民館ページ→公民館サイエンスカフェ 科学を身近に 知るを楽しむ

これまでの「公民館サイエンスカフェ」の感想等はこちらから→タグ:公民館サイエンスカフェ


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ) 



by amica-aroma | 2020-02-15 22:17 | 日記・雑記 | Comments(0)
明日、2週間ぶりに「公民館サイエンスカフェ」あります!
先週1週あいて今年度3回目。
個人的には待ちに待った肺炎球菌とヒノキチオールのお話。



今回も、申込みが定員を超えているそうです。
来年からは定員の見直しも必要ですね。
毎回書いていますが、定員を超えても椅子が入る限りは受け付けています。
明日ご都合のつく方はぜひほんぽーとへ直接どうぞ。

詳細は下記よりご確認ください。
◆サイエンスカフェにいがたページ→新潟の科学 - 公民館サイエンスカフェ
◆新潟市東地区公民館ページ→公民館サイエンスカフェ 科学を身近に 知るを楽しむ


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ) 



by amica-aroma | 2020-02-14 22:12 | 日記・雑記 | Comments(0)
公民館サイエンスカフェ第2回(2020年)『人類700万年の道のり』_c0190960_20475947.jpg

昨日(2月1日)「公民館サイエンスカフェ」に参加しました。
前週の第1回に引き続き定員大幅オーバー、70名ほどご参加いただきました。
以前に比べるとぐっと参加者が増えて、企画委員としてもサイエンスカフェファンとしてもうれしい限りです。


奈良さんのことは、昨年企画会議をしている時期にテレビでお見かけして、この先生のお話を聴いてみたいと思っていたので、実現してうれしいです。

『人類700万年の道のり』の内容は、通常90分×15回で学ぶ内容とのこと。
なんてったって700万年ですから話は尽きないはず。
それを1回90分で旅するのですから、ぎゅぎゅっと凝縮されているわけですね。

学んだことをここで文章にして再現するのは難しいのですが、考えてみれば、自分だって人類なのに、どのように進化してきて今の我々が存在するかという重要な問題を考えたことがなかった。
それはいかがなものか、といろいろなお話を聴きながら思いました。

奈良さんのお話は、「うさぎとかめ」の亀は構造上速く走ることができないということから始まりました。
体を知ることで弱点を知ることもできる。
動物の体はそれぞれ必要に応じて適応するように進化してきたのですね。

人類の進化(たとえば二足歩行になって得たものもあるし、難産になったり負の面もある)を知ることで、より快適に過ごすにはどうしたらよいか考えるヒントになると最後におっしゃったのが印象的でした。

今回も最初から最後までエキサイティングだったなぁ。
でもこれまでまったく学んだことのない分野だったので、もう少し詳しくじっくり学びたいと思いました。


公民館サイエンスカフェ第2回(2020年)『人類700万年の道のり』_c0190960_21075582.jpg

たくさんの骨格見本をお持ちいただきました。上の画像は開始前の準備途中のもの。
ヒトのものはすべてレプリカ、動物のものは本物もあるそう。

すべて触れてもOKとのことで、休憩時間にはまわりに集まってお話を聴いたり触ったり。

公民館サイエンスカフェ第2回(2020年)『人類700万年の道のり』_c0190960_21102716.jpg

今回は小学生も何人か参加していて、質問したりされたり活躍していたのもうれしかった。

奈良さんが紹介してくださった書籍をここにも載せておきます。
最初の2冊は奈良さん著、3冊目は翻訳。
人類の進化を学びたい方はぜひ。
わたしは難産の本に興味があります。

『ネアンデルタール人類のなぞ (岩波ジュニア新書451) 』

『ヒトはなぜ難産なのか―お産からみる人類進化 (岩波科学ライブラリー)』

『ルーシーの膝―人類進化のシナリオ』イヴ コパン著 馬場悠男・ 奈良貴史訳

夏休みには、奈良さんの大学で誰でも参加可能な骨学セミナーもあるそうですよ。
また、2月に放送予定のNHK BSプレミアム『偉人たちの健康診断』でコメントもされているそうです。
奈良さんがおっしゃった日の放送予定がサイトで見つけられなかったのですが、そのうちあるかな?
番組サイトはこちら→https://www4.nhk.or.jp/ijin-kenko/
うちはBSが映らないので・・・(いまどき・・・)


講師の奈良さん、東地区公民館のみなさま、「サイエンスカフェにいがた」の本間さん、企画委員でご一緒したみなさま、そして参加者のみなさま、今回もありがとうございました!
次回は1週あいて2月15日(土)の開催です。

ゲストは土門久哲さん(新潟大学大学院医歯学総合研究科

植物成分であるヒノキチオール(青森ヒバなどに多く含まれる。名前にヒノキとつきますが日本のヒノキにはほとんど含まれない)の研究のお話がお聴きできると思います。

今話題の肺炎ということで、さらに注目が集まることが予想されますね。
テーマは肺炎ですが、先生は歯学部の方なので、歯の健康のお話も入るのでは?と予想しています。
またまた盛りだくさん。
定員をオーバーしても受付をしていますが、会場に椅子が入るまでが上限なので、興味のある方はお早めにお申込みを。

詳細は下記よりご確認ください。
◆サイエンスカフェにいがたページ→新潟の科学 - 公民館サイエンスカフェ
◆新潟市東地区公民館ページ→公民館サイエンスカフェ 科学を身近に 知るを楽しむ

さきほど奈良先生をテレビで拝見したと書きましたが、土門先生もたまたまつけたニュース番組で見てピピピときました。
すごーくたのしみ☆

これまでの「公民館サイエンスカフェ」の感想等はこちらから→タグ:公民館サイエンスカフェ


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ) 



by amica-aroma | 2020-02-02 22:14 | 日記・雑記 | Comments(0)
公民館サイエンスカフェ第1回(2020年)『スーパーコンピュータとビッグデータと人工知能ニューラルネットワーク』_c0190960_21311943.jpg

本日から、今年度の「公民館サイエンスカフェ」がスタートしました。
1年間楽しみに待っていたこの季節。

「公民館サイエンスカフェ」は10年目だそうです。
個人的には2015年から参加で、本日23回目。

ゲストは内田希さん(長岡技術科学大学 分子機能シミュレーション研究室

恥ずかしながら正直に言いますと、「ニューラルネットワーク」という言葉を知らなくて、難しいものなのでは?と思っていました。
自分が知らないからってみんながそうだと限らないのに、タイトルが難しそうで集まらなかったらどうしよう、と予想していたことを深く反省いたします。

そんな勝手な予想に反して、定員を大幅に超え60名以上が集まってくださいました。
年々認知度も高まって、参加者も増えて、わたしたち企画委員としてもうれしい限りです。
受付のチームワークもアップしてきました!


さて本日の内容『スーパーコンピュータとビッグデータと人工知能ニューラルネットワーク』
タイトルの通り3つのお話ですが、配布された資料のタイトルは「計算機に出来ること」とありました。
資料をざっと見ただけでもおもしろそう!

まずは1つめのスーパーコンピューターのお話は計算機の歴史から。
そろばん、計算尺、手回し計算機、初期の電卓、パソコン、ポケコン、スパコン、何かと話題になった「京(けい)」etc

中でも興味をひかれたのは、ENIACというもの。
画像でみると、計算機というより家とか倉庫とか建物では?
弾道計算や水爆開発に使われたそうです。
それにはケーブルを抜き差しするENIAC Girlsという係の女性がいたのだそう。
今それがあったらENIAC Girlsに入りたいー。

2つめはビッグデータのお話。
内田さんは専門外とのことですが、わかりやすく紹介してくださいました。

そして3つめの人工知能ニューラルネットワークのお話。
コンピュータで人間の脳をまねる。学習の結果人間と同じように判断すること。

これは実際に予測する過程を見せていただき非常に興味深かったです。
貴重な学習の機会が得られました。

わたしにとっては一部難しいところもありましたが、全体としてすっごくおもしろかった。
先生の、ズバズバッと切りこんでいくお話のしかたも好きな感じ。

最後の最後に、命題として「人工知能により人間は職を失うのか。そして人類は汎用人工知能により支配されるのか」というお話。

「怖がるなら勉強したうえで正しく怖がってください」とおっしゃったのが印象的でした。
考えるには、まず勉強が必要なのですよね。
いろいろな知識や情報を、今後も学んでいきたい。
そういう意味でも、サイエンスカフェと出会ってよかったな、と心から思います。

ちなみに、「人工知能により人間は職を失うのか」についての答えは「奪われない(失わない)」。
たとえ単純作業が奪われたとしても、人間のやることはある。
クリエイティブで、人間にしかできないことが必ずあり、変わるだけである、ということ。
(変化→進化)


講師の内田さん、東地区公民館のみなさま、「サイエンスカフェにいがた」の本間さん、企画委員でご一緒したみなさま、そして参加者のみなさま、ありがとうございました!
あと3回、どうぞよろしくお願いします。


終了後、長岡から参加してくれた友人とお茶。
サイエンスカフェの感想を言いあったほか、有意義な話をたくさんすることができました。

彼女は人工知能やプログラムについて学んでいて、賢くて分析力にも長けているので、話しているだけで楽しい。
ありがとうございました!
またお話しましょう~♪


来週(2月1日(土))第2回目があります。


これもとても楽しみです。
ご都合のつく方はぜひ☆

詳細は下記よりご確認ください。
◆サイエンスカフェにいがたページ→新潟の科学 - 公民館サイエンスカフェ
◆新潟市東地区公民館ページ→公民館サイエンスカフェ 科学を身近に 知るを楽しむ


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ) 

by amica-aroma | 2020-01-25 22:39 | 日記・雑記 | Comments(0)
2020年が始まってもう18日。
気づけば1週間後から「公民館サイエンスカフェ」が始まります。

昨年から職場を変わって、参加できるか心配していましたが、なんとか4回とも参加できそうで楽しみです。
内容は下記の通り。
興味のある回を選んで参加でもOK。もちろん4回通して参加でも。

200円のドリンク代だけで専門家のお話を聴くことができる貴重な機会です。
ご希望であれば直接質問もできます。
少しでも興味をひかれるものがありましたら、足を運んでみていただければと思います。

【2020年1月25日(土)】

【2月22日(土)】
 佐藤高晴さん(元 広島大学大学院総合科学研究科)

時間:午後1時30分~3時00分  
※終了後引き続き希望者で30分間ゲストとの交流会(質問&トーク)もあります。
会場:新潟市立中央図書館(ほんぽーと)
参加費:各回200円(飲み物代)
定員:先着45名

詳細は下記よりご確認ください。
◆サイエンスカフェにいがたページ→新潟の科学 - 公民館サイエンスカフェ
◆新潟市東地区公民館ページ→公民館サイエンスカフェ 科学を身近に 知るを楽しむ

今年も、多くの方とサイエンスの学びの楽しみを味わいたいと思っています。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ) 



by amica-aroma | 2020-01-18 22:23 | 日記・雑記 | Comments(0)
今年度(2019年度=2020年)実施の「公民館サイエンスカフェ」についてご案内いたします。
既にお申込受付が始まっております。

企画委員として参加させていただき5年になります。
今年は新しい職場に移ったのでこれまでより休みがとれず、企画会議に参加できない会もありましたが、少しでも参加することができ、こうして実現するという運びになりとてもうれしく思います。

今年度のテーマやゲストは下記の通りです。
昨年度同様4週連続ではなく2回目と3回目の間が1週あきます。

【2020年1月25日(土)】

【2月22日(土)】
 佐藤高晴さん(元 広島大学大学院総合科学研究科)

時間:午後1時30分~3時00分  
※終了後引き続き希望者で30分間ゲストとの交流会(質問&トーク)もあります。
会場:新潟市立中央図書館(ほんぽーと)
参加費:各回200円(飲み物代)
参加申し込み:2019年12月18日(水)より受付中
定員:先着45名

4回全部の参加でなくても、興味のあるテーマだけの参加でOKです。
まだ少し日にちが先ですが、土曜の午後、一緒に学びませんか?
お申込先は東地区公民館(電話orメール)ですが、わたし宛でもいいですよー。

今回は、東地区公民館の方と他の企画委員の方とご一緒して、3回目の土門先生のところへお願いに上がりました。
いろいろなお話をたっぷり聞かせていただき、実験室まで見せていただいた時のお話はこちら→「公民館サイエンスカフェ」企画進行中→さらにその後

ある植物成分(ヒノキチオール)が肺炎球菌に有効という研究結果が発表されたというニュースをみて、今年の公民館サイエンスカフェは絶対これだ!と思って提案したもの。

実現してとてもうれしいです。
アロマ関係者ならみなさんご興味あるはず!
もちろんアロマ関係者でなくても。

他のテーマも興味深いものばかり。
詳細は下記よりご確認ください。
◆サイエンスカフェにいがたページ→新潟の科学 - 公民館サイエンスカフェ
◆新潟市東地区公民館ページ→公民館サイエンスカフェ 科学を身近に 知るを楽しむ


「公民館サイエンスカフェ」は来年ですが、明日はジュンク堂の「サイエンスカフェにいがた」があります!
お席がほぼ埋まったようですので、当日参加ご希望の方は、ジュンク堂書店新潟店の1階レジか電話(025-374-4411)で残席をご確認くださいますようお願いします。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ) 


by amica-aroma | 2019-12-20 22:36 | その他 | Comments(0)
本日新潟市東地区公民館のキッズサイエンス講座を担当させていただきました。
あったか入浴剤作りということで、発泡入浴剤を作りました。

今日スマートフォンを忘れて出かけてしまい、写真がないのです。
後日公民館の方から送っていただけて、参加者の顔が写っていないようなものがありましたら載せたいと思います。

お申込みの小学生15名、欠席なく全員集合。
3~5年生が14名、おひとりだけ1年生も。

みんな礼儀正しくしっかり勉強する子たち。

重曹やクエン酸の計量(大さじ)も上手にできて、もっとわちゃわちゃになるかと思っていましたがスムーズに進みました。
香りも自分でブレンドの割合を考えてくれたり、90分全員が集中してとり組んでくれました。
クリスマス柄のラッピング用品をいろいろと準備していたのを使って、思い思いにラッピングしてくれていたり。
あぁぁ本当にカメラを忘れて残念。

小学生の講座は自宅レッスンでは何度か経験していますが、こういったものは初めて。
教育実習で幼稚園と中学校と高校には行きましたが、小学校だけ行ってないし、どんな感じかな?とちょっと緊張していました。
事前に、理科では何年生で何を習うか、とか、どの漢字を習うか、など調べるのもおもしろかったです。

アロマ講座というよりサイエンス講座ということで、最初に泡を作る実験をしたり、サイエンスに興味を持ってもらえるような内容にしたつもりです。
ひとりひとりにどんなことが残ったかな・・・

終了後のアンケートでは、ほとんどの子が「シュワシュワになる実験がおもしろかった」と書いてくれていましたが、ひとりだけ「かおりによって効果がちがうことがわかった」というようなことを書いてくれた子がいました。
またどこかで香りに出会ってくれたらいいな。

このたびこうした貴重な機会を与えてくださった東地区公民館のみなさま、協力員のみなさま、直接ではなくてもこの道につながった「サイエンスカフェにいがた」「公民館サイエンスカフェ」の関係者のみなさま、そして参加者のみなさま、ありがとうございました。

今回は公民館の方が招いてくださいましたが、今後こういう企画も考えたいと思いました。


最初に今日はスマートフォンを忘れて出かけた、と書きましたが、じつは帰宅してからバッグの中に入っていたことに気づきました。
なんだかなぁ。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ) 



by amica-aroma | 2019-12-14 21:42 | 日記・雑記 | Comments(0)

ぐだぐだな日記毎日更新中。


by amica(あみーか)