タグ:新潟市東地区公民館 ( 35 ) タグの人気記事

c0190960_973581.jpg


昨日、今年度の「公民館サイエンスカフェ」第1回の企画会議がおこなわれました。

主催の東地区公民館のみなさま、以前の担当の方、公民館サイエンスカフェに協力している「サイエンスカフェにいがた」の本間さん、わたしたち市民の企画委員メンバー、企画委員に興味を持ってくださっている方、とにかくフルメンバー大集合。

これまででいちばん参加人数の多い企画会議となりました。

今年度は「公民館サイエンスカフェ」開始から10年目だそうです。
わたしは、聴講6年め、企画委員としては5年目となります。(たぶん)


昨年度の振り返りから始まっていろいろ議論。
会場のことや、そもそもドリンクは必要なのか?参加費の是非等、内容だけでなくさまざまな意見交換がなされます。

いろいろな意見があるので、100%全員が納得というわけにはいかなくても、こうしてディスカッションすることに大きな意義があると思います。
これまでやってきたからずっとそれ、ということではなく、毎回修正しながらいいほうに持っていけたらいいですよね。
議論の結果それまで通りが良ければそれはそれでいいわけで。
参加者のみなさまからいただいたアンケートももちろんよく読ませていただいております。


その後今年度のテーマ案を、まずはフリーでどんどん出していく作業。

わたしたち企画委員は(少なくともわたしは)、企画する側に関わっているとはいえいちばんの公民館サイエンスカフェファンなので、聴きたい知りたい話題が出てくる出てくる!

昨日はまずざっくりテーマ案を20個以上出したので、次回さらに詰めていく作業をすることになると思います。
それぞれ自宅でも検索や調査をします。


「公民館サイエンスカフェ」開催は来年(2020年)1月~2月頃開催予定です。
お楽しみに!!


これまでの「公民館サイエンスカフェ」のお話はこちら→タグ:公民館サイエンスカフェ


実を言うと、先月入社した会社では休日が極端に少なく、その休日にアロマ講座の予定を入れていたり、エアロビクスにも行きたくてたまらないという毎日で、これまでよりスケジュール的に参加が厳しくなりました。
でもやりたいことは全部やりたい性質なのです。

なんとかやるぞっと思っております。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ)
 
by amica-aroma | 2019-06-23 09:16 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_21131246.jpg


昨日は、先週に引き続き東地区公民館の企画(地域活性化支援事業「今宵は、沼垂で~会いたい人 会いたい味~」)に参加しました。

第1回目の感想→「沼垂の酒造文化」今代司酒造見学

2回目の昨日のタイトルは「発酵の町で地ビールを」
講師は発酵の町 沼垂ビール株式会社代表取締役の高野善松さん。

会場は、なじらね沼垂しんこ屋
広くてとてもいい感じの場所です。

c0190960_21132436.jpg


元は、県内一大きな化粧品店だったという店舗で、化粧品の棚はそのまま。
高野さんの父方のご実家なのだそうです。

先週遅刻してご迷惑をかけたので、今回は開始30分以上前に到着。
まだ人の少ない会場で写真を撮りました。

c0190960_2113338.jpg


「湊にいがた 雛人形 町めぐり」のスポットにもなっており、江戸時代のおひなさまが展示されていました。


お話は、高野さんのプロフィールやご実家のことから始まり、ビール醸造を思いついてから事業を始めるまで、そして始めてからの物語をじっくり。
ビールの種類や設備のことなど次々とお話いただきました。
映画になりそうなストーリーです。
もちろん、沼垂愛もたっぷり!

c0190960_21134281.jpg


そして待ちに待った試飲の時間。

試飲させていただいたビールは、先月発売したばかりという「ル レクチエビール」

これがですね、夢のようにおいしい♪♪♪
びっくりするほどおいしくて、いくらでも飲めちゃいそうですが、アルコール度数は高めなので調子に乗ると危ないタイプ。

本当にすばらしいお味で、近いうちに買いに行きます。
20年くらい家でビールを飲んだことはないのですが、その記録を止めてしまうわ。

おつまみもたっぷり、おいしかったです。
同じテーブルに座った3人の方と楽しくおしゃべりもできました。
どこのどなたかわからなくても、同じ目的で集まってコミュニケーションできるのは楽しいものです。

先週の今代司さんといい、2回ともとてもよくて、公民館の企画あなどれない!と思います。
2回ともしっかり学べて、試飲もできたので大満足。

「公民館サイエンスカフェ」もそうですが、公民館の催し物には今後も注目しましょう。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげん毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ)
 
by amica-aroma | 2019-03-09 22:08 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_2294825.jpg


一昨日のことですが、東地区公民館の企画(地域活性化支援事業「今宵は、沼垂で~会いたい人 会いたい味~」)に参加しました。
「公民館サイエンスカフェ」の際、同じく東地区公民館の主催ということでチラシをいただき、近所だし行ってみることにしたのでした。

c0190960_2210538.jpg


3月1日(金)と8日(金)の2回あり、1回目は「沼垂の酒造文化」ということで今代司酒造株式会社におじゃまして、同社おもてなし課「厨」店長の木津怜さんからお話をお聴きしました。
酒蔵を見学するのは初めて。

酒蔵に足を踏み入れた途端、すっごくいい香りがするのです!
日本酒が好きでも嫌いでも、漂っている香りがイヤという方はいないのでは?
日本酒アロマテラピー!

大きな木桶は、昨年金沢市大野の醤油味噌を作る会社におじゃましたときにもみた!と思っていましたが、画像を比べてみると、桶を縛る箍(たが)のかけ方が違うのですね。

金沢ひとり旅(2018-5) 2日目 その1 『バスで大野へ~ヤマト醤油味噌』

金沢でも木桶の職人不足を嘆いていましたが、今回も、職人さんがお一人しかおらず、来年引退することが決まっているというお話がありました。

日本酒を木桶仕込みしているのは、県内の酒蔵でも今代司さんだけなのだそう。
他にも、金属のタンクや、いろいろな道具・施設を見せていただいたり、いろいろな説明をお聴きできて、貴重な体験となりました。

酒蔵の見学は、1名から年末年始を除いて毎日やっているそうなので、おすすめ。
少人数なら予約も不要とのこと。
今度は日本酒好きの夫と行ってみたいと思いました。
(けど、どこにも行かないわたしたち夫婦)

c0190960_22101541.jpg


酒蔵見学の後は、隣接するお屋敷に移動し、酒粕のお話。

そして酒粕を使った料理やおつまみをいただきながら、5種類のお酒をテイスティング。

日本酒、味は大好きですが、とにかくおちょこ一杯でぐるぐるに酔っぱらい人さまにご迷惑をかけてしまうので、普段は基本いただかないことにしています。
日本酒で酔うと、とにかく明るく積極的なキャラになってしまう・・・(よい言葉で言うとね。)

しかし、テイスティングはおいしく全部飲みました。

あたりまえだけど、みんな味が全然違う。
純米大吟醸の木桶の生酒がいちばんおいしかった。

あといちばんの甘口というお酒も印象的。
お酒じゃないみたいな、はちみつみたいなスィーツみたいな甘さでうっとり。

酒粕お料理もとてもおいしかったです。
子どもの頃よく祖父母と両親が粕汁を飲んでいて、においだけで憎んでいたけれど、今なら楽しめるかもしれません。



実は、この日、遅刻してしまいました。
19:00開始のところ、18:35頃には沼垂白山に到着していたのに(今代司さんは沼垂白山の隣あたり)、いつも栗の木バイパスを通っていて今代司さんがどこにあるのか知っていたのに、なのになのに、30分以上うろうろしてしまった・・・

言い訳の嵐をすると、栗の木バイパスが工事中で大回りしなければならなかったことや、チラシの地図がバイパスより奥まっていたことや、会場が「屋敷」となっていたのでバイパスから見える所とは違うのでは?と思いこんでしまったことや、とにかく歩いても歩いても到着せず・・・
真っ暗で何の明かりもない。

東地区公民館に電話したら、「そこは沼垂白山ではないのでは?」と言われ、えぇぇぇっっ、わたし30年くらいここが沼垂白山だと思っていた、と泣きべそをかきながらタクシーに乗ったら、30秒で到着・・・沼垂白山に間違いはなかった。

毎日こんなのばっかり。
スマートにできないなぁ。


この企画はもう一回あって、次は沼垂ビール株式会社の社長のお話をお聴きします。
楽しみ。
次は遅刻しないように行きます。
すみませんでした!!!!


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ)
 
by amica-aroma | 2019-03-03 22:49 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_18585177.jpg


昨日は「公民館サイエンスカフェ」今年度第4回でした。

昨日のテーマは、『佐渡の森林のドラマ』
講師は本間航介さん(新潟大学農学部附属フィールド科学教育研究センター 准教授)

いろいろあって、定刻より少し遅れてスタート。
今回は進行役をやらせていただきましたので、心中あたふたしつつも佐渡の森のドラマにあっという間にひきこまれます。

佐渡の森のお話がこんなにおもしろいとはまったくの予想外。(失礼;;;)

佐渡には、20回近く行ったことがあります。
観光で行ったのは、子どもの頃の家族旅行と会社のスキューバダイビング合宿の2回で、あとは化粧品会社勤務時代に仕事で。
当時佐渡では、化粧品もアパレルも高級品がバンバン売れて、佐渡以外の県内の地域とはぜんぜん違う文化を感じていました。

でも佐渡というと海のイメージで、山や森のイメージはあまりなかったのです。
最後に行ってから25年以上経ち、同じ新潟県内に住んでいるのに意識することはほとんどなく過ごしてきたのでした。

まずは佐渡島の気象と地形のお話から始まり、そのすべてが興味深い。
まさにワンダーランド!

本州からの距離は50~60kmで生物の隔離には微妙な距離だということ、サルやシカやクマなど大型哺乳類がまったくいないということ、それで植物の宝庫になったということ、佐渡で独自に進化した動物がいること。

そして、今回のお話の主役でもあった新潟大学の演習林。
国内でも貴重な原生林だということです。

あぁぁ昨日は本当にたくさんの新しいこと(わたしにとって)を教えていただき、それをここで少しでも再現できないことがもどかしい。

お話を聴いたほとんどの方が佐渡に行きたい!と思ったのではないでしょうか?
またお話をお聴きする機会があればいいな、と思いました。

金山だけでなく、貴重な原生林や植物などすべて含めて、この佐渡ワンダーランドを総合的に考えて世界遺産になればいいのに、と強く思いました。


これで今年度分が終了しました。
講師のみなさま、東地区公民館のみなさま、「サイエンスカフェにいがた」の本間さん、企画委員でご一緒したみなさま、そして参加者のみなさま、本当にありがとうございました!

来年度の開催は未定だそうですが、今回動員数もかなり伸ばしたことですし、また開催されることを願っております。


「公民館サイエンスカフェ」はいったん終了ですが、「サイエンスカフェにいがた」は次回3月6日(水)の開催です。

『知られざるトルコ ~その農と食』
ゲストはムハンメット・ラシット・アシルオグルさん(新潟大学農学部助教) 

「サイエンスカフェにいがた」の最新情報はこちらから→http://www.ecosci.jp/n-cafe/


これからも、サイエンスカフェにまつわる活動を続けていけたらと思っております。
またこのブログでも告知していくつもりです。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆お休み中ですが・・・ホームページ→香りの教室amica(アミーカ)
 
by amica-aroma | 2019-02-24 18:59 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_1837659.jpg


昨日は「公民館サイエンスカフェ」今年度第3回でした。

今回も定員をかなりオーバーする盛況ぶり。
ご参加いただいたみなさまありがとうございました!

第3回のテーマは『人の免疫について ~アレルギー反応とは~』
講師は小屋俊之さん(新潟大学大学院 医歯学総合研究科 准教授)

個人的には、今回のシリーズの中でいちばん楽しみにしていた免疫のお話。

小屋さんのところには、講師交渉の際おじゃまさせていただき、ダンディなお姿にお会いするのは2回目でしたが、おしゃれなファッションにも目を奪われつつスタート。

まずは免疫のしくみから。

免疫については、昔勉強したときなかなか理解できなくてかなり苦戦したので、辛かった勉強のことがよみがえって苦いものが胸に広がるような感じがしました。
(アロマ講師になるにはけっこう学びます。)

先生はとてもわかりやすく説明してくださいましたが、初めて聞いた方は難しいと感じたかもしれませんね。
なにしろからだの中の免疫ストーリーには登場人物(細胞)も多く、それぞれの個性と働きが多様なので、なかなか1回聴いて「そうなのか!」とはなりにくい気がします。

でも、ある程度理解するとそのしくみの素晴らしさに感動することも確か。
自分では感じないけれど、今年もインフルエンザにかからずに済んだのは(まだわからないけれど)、からだの中の兵隊さんたちの働きのおかげですね。

最近特に興味のある免疫療法のお話も。

免疫のしくみをしっかり教えていただいた後は、近年増加しているというアレルギーのお話。
アレルギーの種類やアナフィラキシー、食物アレルギーについて、そしてぜんそくのお話。

中でも、アスリートに気管支ぜんそくと診断された人の割合が平均よりだいぶ多いというお話には驚きました。
名前を挙げていただきましたが、あの人もあの人も!
各スポーツのトップの方々。


希望者だけ残っての交流タイム(質問会)も、次々と質問があがりました。
関係ないという人はひとりもいない免疫のお話。

小屋さんから、免疫入門書として『はたらく細胞』というコミックスをご紹介いただきました。
「細胞擬人化漫画」だそうです。



kindle版は無料のようですが、紙好きなので帰宅後早速注文してみました。

これまでにも、「絵でわかる~」とか「わかりやすい~」などとタイトルについた入門書や、ちょっと難しいものまでたくさん読んできましたが、なかなか完全にはマスターできなかった免疫のお話。
ご紹介いただいたコミックスを読んで、久しぶりに復習してみようと思います。


今回も、講師の小屋さん、東地区公民館のみなさま、「サイエンスカフェにいがた」の本間さん、企画委員でご一緒したみなさま、そして参加者のみなさま、本当にありがとうございました!
今回も充実した内容で、本当によかったです!


来週今年度の最終回があります。
「森林のドラマ」というタイトルにもひかれますね~。
ご都合のつく方はぜひご参加ください。

【2月23日(土)】
『佐渡の森林のドラマ』
本間航介さん(新潟大学農学部附属フィールド科学教育研究センター 准教授)

詳細は下記です。
◆サイエンスカフェにいがたページ→新潟の科学 - 公民館サイエンスカフェ(2018年度)
◆新潟市東地区公民館ページ→公民館サイエンスカフェ 科学を身近に 知るを楽しむ



じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆お休み中ですが・・・ホームページ→香りの教室amica(アミーカ)
 
by amica-aroma | 2019-02-17 19:00 | 日記・雑記 | Comments(0)
先週1週お休みだったので忘れそうになりますが、あと2回「公民館サイエンスカフェ」があります!
今週と来週の土曜日2週連続です。

今週は、個人的にいちばん興味のある免疫のお話。

前回に引き続き、満員になったらうれしいなー。
ご都合つく方はぜひいらしてください!

【2月16日(土)】
『人の免疫について ~アレルギー反応とは~』
小屋俊之さん(新潟大学大学院 医歯学総合研究科 准教授)

【2月23日(土)】
『佐渡の森林のドラマ』
本間航介さん(新潟大学農学部附属フィールド科学教育研究センター 准教授)

詳細は下記です。
◆サイエンスカフェにいがたページ→新潟の科学 - 公民館サイエンスカフェ(2018年度)
◆新潟市東地区公民館ページ→公民館サイエンスカフェ 科学を身近に 知るを楽しむ


先週は、1回お休みだったのですが、何度も確認したわ・・・
自分だけ忘れていて参加できなかったらどうしようと思ってさ。

最近間抜け度が急上昇中なので、緊張感を持って(ある程度の)いろいろなことに臨みたいと思っております。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆お休み中ですが・・・ホームページ→香りの教室amica(アミーカ)
 
by amica-aroma | 2019-02-14 21:14 | その他 | Comments(0)
c0190960_1694076.jpg


昨日は「公民館サイエンスカフェ」今年度第2回でした。

椅子が足りなくなりそうなくらい多くの方に集まっていただきました。
後ろの通路がないくらいぎっしりで、過去最大と思われるとのこと。

4回のうち今回だけの参加希望の方も多く、人気ぶりがわかります。
お集まりいただいたみなさまありがとうございました!

第2回のテーマは『宇宙の成り立ちの謎について』
講師は淺賀岳彦さん(新潟大学理学部 准教授)

お話より先に、講師の淺賀さんのパワーにひきこまれます。
熱い男!って感じ。
70名以上集まっている会場でマイクなしで通る素晴らしいお声で楽しそうにお話してくださいます。

熱いお話はまず「素粒子とは?」というところから始まりました。

素粒子については、昨年11月「サイエンスカフェにいがた」でも学びました。
九州大学 先端素粒子物理研究センターの吉岡瑞樹さんによる『素粒子で探る宇宙の謎』

「第108回サイエンスカフェにいがた」に参加しました(その1)
 「第108回サイエンスカフェにいがた」に参加しました(その2)


そこで一度学んでいたからこそ、苦手分野であるにもかかわらず昨日のお話も入りやすかった!
加速器やILCのことを知っていたので。
当然のことながらくり返し、そしていろいろな方からいろいろな角度でお話を聴くのは大切ですね。

しかしやっぱり難しく感じるところも多し。
素粒子の標準模型の数式を、たかだかこれだけの1本の式で説明できる!とすっきりおっしゃっていましたが、先生にとってはたかだかこれだけかもしれないが、わたしにとっては#$%&@(さっぱり意味不明)・・・

淺賀さんの研究分野であるニュートリノについてのお話も。

あぁわたしのレベルでは名前しか聞いたことのないものですよ、ニュートリノ。
これも、難しいところ多かったです。(スピンとか左巻きとかニュートリノ振動とか・・・)

ニュートリノに質量があることを発見したのはノーベル物理学賞を受賞した梶田隆章博士ですが、淺賀さんは、そのニュートリノ質量の起源を説明する新しい素粒子模型に基づいて宇宙物理の謎を解決することをめざしているのだそうです。
おぉ未来のノーベル賞受賞者にお会いしてしまった興奮!

ノーベル物理学賞のメダル裏面に刻まれた絵は、科学の神が自然の女神のベールをとり素顔を見ようとしているものだそう。
これこそが科学の本質!

最後の最後に、淺賀さんから重要なメッセージをいただきました。

「科学は文化だ」
日本の科学予算はどんどん減らされて厳しい状況になってきているが、科学は人類のしあわせに寄与するものである。
それは、短期的にみていてもわからないかもしれないが、後世のために必ず役に立つもの。
インターネットやGPSなどが一例。
だから長い目で見ることが必要。
明日の研究者を育てる教育も重要。
というお話、たいへん印象に残りました。

わたしは研究者でもなんでもないけれど、その端っこの端っこのほんの0.00001%でも、寄与できるような活動に携われればいいなと思いました。

もし日本にILCができれば、今後100年は科学の最先端基地にいられるそうです。

c0190960_169578.jpg


今回もサポーター募集のシールが配布されました。
(参加者が予想以上だったので全員には行き渡らなかったようです。上の画像は、昨年「サイエンスカフェにいがた」でいただいたもの)
今後も引き続き注目しましょう!

ILCについてはこちら→ILC Supporters – Create The Universe! さあ、宇宙をつくろう!

淺賀さんのお話は、またお聴きしたい!
できれば交流会(飲み会!)でもご一緒してさらにお話をお聴きしてみたい!
と強く思いました。
そういう機会がありますように☆


講師の淺賀さん、東地区公民館のみなさま、「公民館サイエンスカフェ」のスタッフのみなさま、参加者のみなさま、今回もありがとうございました!

毎回自分なりの感想を書いていますが、わたしの学力や理解力の不足により、なかみに誤りや不足がありましたら誠に申し訳ありません。
そう思うと、誰でも読めるところに書くのは勇気が必要ですが、専門家だけでなくどんな人でも科学を身近に学ぶことが目的なのだから、わたしのようなものがどう感じたかを書くことも一定の意義があるのであろうと考えています。


「公民館サイエンスカフェ」はあと2回あります。
来週は1週お休みで、2週間後の土曜日から。

【2月16日(土)】
『人の免疫について ~アレルギー反応とは~』
小屋俊之さん(新潟大学大学院 医歯学総合研究科 准教授)

【2月23日(土)】
『佐渡の森林のドラマ』
本間航介さん(新潟大学農学部附属フィールド科学教育研究センター 准教授)

ご都合のつく日がありましたらぜひご参加ください。

詳細は下記です。
◆サイエンスカフェにいがたページ→新潟の科学 - 公民館サイエンスカフェ(2018年度)
◆新潟市東地区公民館ページ→公民館サイエンスカフェ 科学を身近に 知るを楽しむ


先週に引き続き、終了後のお手洗いで参加者の方に声をかけていただきました。(先週とは別の方)

テーマの選定が時代性に合っている(そのときに旬の話題が聴ける)というお言葉をいただきました。
企画会議でもそのあたりはこだわっているので、そうおっしゃっていただけるのはうれしかったです。
その方は、お子様が小学生のときに一緒にスーパーカミオカンデを見学に行ったのだそう。
そういったコミュニケーションができるのもとてもうれしいことです。


今日のブログは長くなっちゃったけど、少し昨日の内容に戻ると、宇宙の95%は暗黒物質と暗黒エネルギーだというのも、わたしにとってはなんだかほっとするお話です。

ほとんどのことはわからない。
知りたい学びたいと思う心は大切だけれど、全部を知ることなんて無理だ。

それを認識しているだけでも人生はぐっと楽になるような気もするのです。
謙虚になれるし。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→香りの教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2019-02-03 16:12 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_9205562.jpg


昨日は「公民館サイエンスカフェ」今年度第1回でした。

東地区公民館主催で9年目の開催です。
わたしが企画委員として参加させていただいてからは4年目。

雪道の中たくさん集まっていただき、1回目がスタートしました。

第1回のテーマは『科学とどう向き合うか ~元研究者が研究から離れて考えたこと~』
講師は国立科学博物館認定サイエンスコミュニケーターの山田健太郎さんです。

「科学」って何だろう?というところから始まって、科学技術大国といわれる日本の現状、科学を担うのは誰か、「科学」の社会化、これからの科学との向き合い方という流れで、現状や問題点を知ると同時に、わたしたちがこれからどのように関わりを持っていくかを自分で考えさせられるという内容だったと思います。

日本では明治以来技術重視の科学が推進されてきたこと、基礎科学力の低下や大学を支える基盤の低下などによって日本の科学が衰退気味であること。
その中で、専門家と非専門家(わたしたち市民)が一緒に問題解決していくことが重要ということがあらためてよくわかりました。

それには、わたしたちが「科学リテラシー」を身につける必要があります。

「科学リテラシー」といっても、わたしが思うには、そんなに難しいものでなくても、暮らしの中で情報を選択する際に必要な知識や知恵も重要なのだと思っています。
みんながみんな大学や大学院で学ぶわけでもないので、自分なりの科学との関わりかたを身につけていくことが必要なのではないかと。

それには、サイエンスカフェのようなイベントや各種講座、書籍やインターネットも含め、関わっていくことが重要だと思います。

講師の山田さんからは、科学にコミットする方法として他に、「科学的行為に出資する(クラウドファンディングなど)」という提案もあり、興味深くお聞きしました。


終了後、希望者が残ってフリートークの交流会では、みなさまの意識の高さが感じられる質問が飛び交いました。
現状に対する憂慮と未来に対する期待。


終了後お手洗いで、毎年参加しているという方が話しかけてくださいました。

「だんだん参加人数が増えてきましたねぇ。わたしは科学と縁もなくなーんにも知らなかったけど、毎回いろいろなテーマをわかりやすくお話してくださるので楽しみです。」とのこと。

そうですね!うれしかったです。
参加者のみなさま(わたしも含め)も、人数が増えて企画が盛り上がるのはうれしい様子。
参加者が育てていくという面もあるでしょうね。


「公民館サイエンスカフェ」はあと3回あります。

【2月2日(土)】
『宇宙の成り立ちの謎について』
淺賀岳彦さん(新潟大学理学部 准教授)

【2月16日(土)】
『人の免疫について ~アレルギー反応とは~』
小屋俊之さん(新潟大学大学院 医歯学総合研究科 准教授)

【2月23日(土)】
『佐渡の森林のドラマ』
本間航介さん(新潟大学農学部附属フィールド科学教育研究センター 准教授)

ご都合のつく日がありましたらぜひご参加ください。

詳細は下記です。
◆サイエンスカフェにいがたページ→新潟の科学 - 公民館サイエンスカフェ(2018年度)
◆新潟市東地区公民館ページ→公民館サイエンスカフェ 科学を身近に 知るを楽しむ

うーん…
今回も感想書くの難しかった。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→香りの教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2019-01-27 09:28 | 日記・雑記 | Comments(0)
今年度の「公民館サイエンスカフェ」が本日よりスタートします。

今日から2月までの土曜日4回(まん中に1週お休みあり)、科学についての話題を専門家の方にお話していただきます。

コーヒーやジュースをいただきながらリラックスしてお話をお聴きすることができ、90分のお話のあと、希望者は残って交流会(質問など)もできるのがサイエンスカフェです。
科学についての話題といっても、学術的で難解というわけではなく、毎回市民のわたしたちにとって身近なお話がたくさんあります。

本日のゲスト山田さんは、以前「サイエンスカフェにいがた」でもお話を聴かせていただきましたが、濃い内容とわかりやすいお話が印象的でした。
そのとき(2017.6.3)の感想→「第99回サイエンスカフェにいがた」に参加しました

当日ですが、ご都合のつく方はぜひご参加ください。

*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*

【2019年1月26日(土)】
『科学とどう向き合うか ~元研究者が研究から離れて考えたこと~』
山田健太郎さん(国立科学博物館認定サイエンスコミュニケーター)

【2月2日(土)】
『宇宙の成り立ちの謎について』
淺賀岳彦さん(新潟大学理学部 准教授)

【2月16日(土)】
『人の免疫について ~アレルギー反応とは~』
小屋俊之さん(新潟大学大学院 医歯学総合研究科 准教授)

【2月23日(土)】
『佐渡の森林のドラマ』
本間航介さん(新潟大学農学部附属フィールド科学教育研究センター 准教授)

時間:午後1時30分~3時00分  
※終了後引き続き希望者で30分間ゲストとの交流会(フリートーク)もあります。
会場:新潟市立中央図書館(ほんぽーと)
参加費:各回200円(飲み物代)
定員:先着45名

*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*

お申込先は東地区公民館(電話orメール)ですが、わたしにお声かけいただいても確認および代行します。
本日ご参加ご希望の方は、直接ほんぽーとへお越しください!

詳細は下記です。
◆サイエンスカフェにいがたページ→新潟の科学 - 公民館サイエンスカフェ(2018年度)
◆新潟市東地区公民館ページ→公民館サイエンスカフェ 科学を身近に 知るを楽しむ

「公民館サイエンスカフェ」については、企画委員として関わらせていただいていますが、テーマ選定の際「旬な話題」というところにはこだわっています。

今わたしたちに必要なお話がお聴きできると思いますよ!


これまでの「公民館サイエンスカフェ」の感想はこちら→タグ:公民館サイエンスカフェ


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→香りの教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2019-01-26 07:54 | その他 | Comments(0)
c0190960_8492115.jpg


3が日が終わり、今日から仕事始めという方も多いかもしれませんね。
わたしも例年はそうでしたが、今年は違うパターンです。
気もちだけは仕事始めの気もちで引き締めよう。


さて、今月末から4回の「公民館サイエンスカフェ」が始まります。

昨日入ってきた新潟日報折込チラシ「TAKE A WALK」に「公民館サイエンスカフェ」の案内が掲載されていました。

先月から申込受付がスタートして、既に多くのお申込みをいただいているとのことです。
定員は45名ですが、会場のキャパシティはもう少しありますので、オーバーしてもある程度は入っていただけると思います。

興味をひかれるテーマばかりですので、土曜午後ご都合のつく方はぜひご参加ください。
4回通してでも、ご希望の回だけでもご参加いただけます。

*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*

【2019年1月26日(土)】
『科学とどう向き合うか ~元研究者が研究から離れて考えたこと~』
山田健太郎さん(国立科学博物館認定サイエンスコミュニケーター)

【2月2日(土)】
『宇宙の成り立ちの謎について』
淺賀岳彦さん(新潟大学理学部 准教授)

【2月16日(土)】
『人の免疫について ~アレルギー反応とは~』
小屋俊之さん(新潟大学大学院 医歯学総合研究科 准教授)

【2月23日(土)】
『佐渡の森林のドラマ』
本間航介さん(新潟大学農学部附属フィールド科学教育研究センター 准教授)

時間:午後1時30分~3時00分  
※終了後引き続き希望者で30分間ゲストとの交流会(フリートーク)もあります。
会場:新潟市立中央図書館(ほんぽーと)
参加費:各回200円(飲み物代)
定員:先着45名

*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*

お申込先は東地区公民館(電話orメール)ですが、わたしにお声かけいただいても確認および代行します。

詳細は下記です。
◆サイエンスカフェにいがたページ→新潟の科学 - 公民館サイエンスカフェ(2018年度)
◆新潟市東地区公民館ページ→公民館サイエンスカフェ 科学を身近に 知るを楽しむ

「科学を身近に 知るを楽しむ」というのがいいですね!

「サイエンス」や「科学」という言葉が敷居を高くしていると思わないわけではないですが、それをとり払うのが引き続き活動のテーマです。
アロマも含めて。

同じテーマの講座でも「雑学」や「知識」などの言葉を使ったほうが一般受けするかもしれない。
でもそれでは違うものになるのでやはり「科学を身近に 知るを楽しむ」。

一緒に知るを楽しみましょう。ぜひ☆



じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2019-01-04 09:52 | その他 | Comments(0)