タグ:新潟室内合奏団 ( 13 ) タグの人気記事

昨夜は、新潟室内合奏団第80回演奏会に行ってきました。
会場はりゅーとぴあ(新潟市民芸術文化会館)コンサートホール。

団員である友人が今回もご案内をくださいまして、また足を運ぶことができました。
いと嬉し。ありがとうございます♪

プログラムは異色のとりあわせ?かと思いましたが、パリが共通のテーマになっているとのこと。
パリと南米のとりあわせということで、とてもおもしろくたっぷりたのしませていただきました。

1曲目のロッシーニ「「ウィリアム・テル」序曲」は、よく知っているファンファーレと♪テレレッ テレレッ テレレッテッテ♪という部分は冒頭ではないことを初めて知りました。
これまで聴いたことがなかったのね・・・小学校で習わなかったっけ?
チェロの独奏からぜんぜん違う感じで始まり、だいぶ経ってから♪テレレッ テレレッ テレレッテッテ♪が出てきたわ。

2曲目はモーツァルト交響曲第31番「パリ交響曲」ニ長調K.297。
最近モーツァルトは気分じゃなかったのですが、久しぶりに聴いたこの曲はなかなかよい。
モーツァルトの曲が軽いという気はさらさらないのだけれど、モーツァルトの中では軽めじゃないところが。
あぁ文章が変だ。まったくうまく表現できず。

その後休憩をはさんで後半の2曲は、作曲家名も曲名もまったく知らない新しい世界。

まずはヴィラ=ロボスの「ギター協奏曲」
ギターの音を聴いた1秒後にはもうとりこになりました。
休憩前のモーツァルト3楽章のあたりから眠気がきていて、休憩中も少し目を閉じたりしていたのですが、一瞬で覚醒。
前のめりになって聴き入っていました。
ギターって(クラシックとかエレキとか関係なく)心の奥の何かをむき出しにさせちゃう気がする。

ギター独奏は藤元高輝さん。
若者。イケメン。いやそれはどうでもいいですね。
世界中のコンクールで優勝を重ねているそうだ。
素晴らしかった。
アンコールでソロで弾いてくださった曲にも酔わされました。
いい出会いをくださってありがたかったです。今後も注目。

そしてラストはミヨーの「屋根の上の牛Op.58」
初めての世界。
タイトルからして奇妙。屋根の上に牛ってありえるかしら?

この曲で、不穏じゃない不協和音も初体験。
通常不協和音は不快感や不安感をもたらす(とわたしは思っています)が、ぜんぜんそれがない。
不協という概念はないのかも。

名前のわからないパーカッション(ギロですかね?)が効いていて、(わたしが毎回ファンと公言しているティンパニーの人が演奏。今回はティンパニーの人ではなかったんだけどわたしの中では「ティンパニーの人」)いつのまにかハマる音楽。
金管楽器が好きなので、その音もたくさん楽しめたしおもしろかったです。
また聴きたい!

アンコールは指揮者の本多優之氏の解説付きでモーツァルトの「パリ交響曲」の初稿版。

いつも通り客席の拍手もあたたかく、しあわせな演奏会。
そういうのって技術だけじゃないよね。

つらつらと、拙い感想しか書けませんが、充実した夜をありがとうございました!


昨日は、県民会館前から臨時バスが出ていたので、いつものように真っ暗な道をスマートフォンで照らしながら歩いて市役所前バス停まで歩かなくてよかった。
この文句は毎回書きますが、なんとかしてよ新潟市と新潟交通よ。
人が集まる場所にはバスを。

といってもその臨時バスにはわたしを含め8名しか乗らなかった。
みんな車よね・・・


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ) 


by amica-aroma | 2019-10-20 21:10 | 日記・雑記 | Comments(0)
今日は、新潟室内合奏団第80回演奏会に行ってきました。
意欲的なプログラムで超おもしろくてエキサイティングで素敵な演奏会でした!

ブログのタイトルの通り感想は明日書きます。


昨日腰のあたりにいくつか赤い湿疹ができていて、虫刺されかと思って放置していました。
蚊に刺された感じの、けっこう大きめの赤い湿疹なのですが、まったくかゆくないのです。

かゆくないので気づかず今日午後スポーツクラブに行ったら5人くらい集まってきて「すごい湿疹」と指摘される。
あぁぁ気もち悪いくらい大量に増えているではないか。
脚も腰もお腹も!
わたしはいつもひざ上20cmくらいの短パンをはいて脚を出しているのです。

というわけでこの湿疹に精神的にやられております。
なんだろうこれ。蕁麻疹?ストレス?アレルギー?

なので(というわけでもないけど)演奏会の感想はまた明日~。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ) 



by amica-aroma | 2019-10-19 22:08 | 日記・雑記 | Comments(0)
昨日は、新潟室内合奏団第79回演奏会に行ってきました。
会場は音楽文化会館

開演時間になりオーケストラのメンバーが着席し、このあと指揮者が出てきて演奏が始まるのが通例ですが、なぜか法被姿の人が出てきて話し始めます。

音楽文化会館は、1977年開館、昨日の新潟室内合奏団の演奏会がホール利用10,000回目だったということで、記念品の授与式なるものがあったのでした。

音文ができたというのはなんとなく記憶にありましたが、42年前なのですね。
当時は新潟市公会堂もありましたよね。


さて、演奏会。
1曲目はロッシーニ「セビリアの理髪師」序曲

いただいたプログラムノートにあった物語を読んでふむふむ。
最後はめでたく結婚したってことでよかった。


2曲目はブラームスのヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲イ短調Op.102

二重のコンチェルトはこれまで生では聴いたことがなかった気がする。
そうですよね、ソロがふたりなんて贅沢ですものね。
ソリストは奥村愛さん(ヴァイオリン)と奥村景さん(チェロ)の美しき姉弟。

ソロもオケも全体的に「弦楽器って素敵~♪」と思わせてくれる。
特に3楽章がとてもおもしろくて気に入りました。
くせになるリズムとメロディー。

おふたりだけでアンコールに聴かせてくださった曲も、技術と音色にうっとり。
あとはおふたりの美しさにもうっとり。
特に奥村愛さんの美貌とスタイルのよさと素敵なドレスから目が離せませんでした。


3曲目は、モーツァルトの交響曲第41番「ジュピター」ハ長調K.551

有名なこの曲、昔は大好きでかなり聴いていましたが、最近モーツァルトから離れていて久しぶりに聴いたらとても懐かしかった。

あらためて、この曲がいかによくできているかを感じました。
モーツァルトの集中力ではどの曲もそうなのかもしれないけれど、どこにもゆるみがないっていうか、本当にみごと。
人を惹きつけるパワーの大きいこと。

演奏も素晴らしくて、新潟室内合奏団の演奏を何度か聴かせていただいている中で、個人的にいちばんよかった気がします。


すぐ前の席に小学生男子が座っていて、全身貧乏ゆすりをしたりして落ちつきがなかったのですが、ご両親は熱心に聴き入っていたので、彼も音楽を楽しんでくれていたらいいな、と思いつつ見守っていました。
目覚めるのは今すぐじゃないかもしれませんものね。
急にプログラムを高く上げて目の前をさえぎられた時にはどうしよう・・・とちょっと思いましたけれど。


今週から新たな職場で働き始めたうえに、昨日は初めてエアロビクスに3本出る(いつもは2本)という無茶なチャレンジをして、さらに夜演奏会というのは、さすがに寝るだろう、と思っていましたが、長いまばたき2回くらいで済みました。(それは2回寝たということでは?)


今回もよき時間をいただきました。
ご案内してくださった友人に感謝です。ありがとうございました☆

あと、プログラムノートがいつにもましてドラマチックで読みごたえがありましたことを付け加えておきます。
さまざまなドラマがあるものです。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ)
 
by amica-aroma | 2019-05-19 09:02 | 日記・雑記 | Comments(0)
昨日は、新潟室内合奏団第78回演奏会に行ってきました。
会場はりゅーとぴあ(新潟市民芸術文化会館)コンサートホール。

曲目は、ドビュッシー・小組曲(ビュッセル版)、メンデルスゾーン・ヴァイオリン協奏曲ホ短調Op.64、グノー・交響曲第1番ニ短調。

昨日のプログラムすべてに共通して、「この世は素晴らしいところだ」と感じさせられる音楽。
この世には美しいことや楽しいことばかりなのかも、それ以外のいやなことはいっときの幻だったのかも、と聴きながら思ったのでした。
特にドビュッシーとグノーは、しあわせホルモンが出た感じがする。

前回の室内合奏団演奏会の感想で『どの部分も全部いいと思えるのはベートーヴェンだけな気がする。』と書いたのですが、今回『どの部分も全部いいと思えるのはベートーヴェンとメンデルスゾーンだけな気がする。』に訂正したいと思います。
メンデルスゾーンはすごく好き。

いつも頼もしく拝見していたコンサートマスターが、県外に行かれるということで昨日でお別れ。
アンコールでは繊細なソロの音色も聴かせてくださいました。

新潟室内合奏団の演奏会で好きなところは、観客の拍手に本当に心がこもっているところです。
他の演奏会では、みんなもっとクールな気がするの。
プロになればなるほど、クールなのでは?
愛されているんだな、と思います。

昨日は疲労がたまっており、絶対寝るだろうと思っていましたが、しあわせホルモンのおかげか寝なかった。
いい夜でした。
今回も、ありがとうございました!


12月は、わたしもステージの(またはそのまわりの)どこかに立って歌うのだ。
たとえ一部口パクでも、不安より期待が勝っています。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2018-10-28 09:47 | 日記・雑記 | Comments(0)
一昨日は、新潟室内合奏団第77回演奏会に行ってきました。
会場は音楽文化会館。

いつも通りぎりぎりの開演5分前に到着したので席は選べない。
ほぼ最後列のすきまに座ってすぐ「ポマード臭い」
すぐ前の席の髪なでつけジェントルマンですな。
鼻にティッシュを入れ(!)マスクを装着したあたりで演奏会が始まりました。

最初はモーツァルト交響曲第38番「プラハ」
最近モーツァルトは気分じゃないらしいわたくし。

2曲目はシューマンのピアノ協奏曲。
ピアノは小黒秀星さん。
地元出身の若手音楽家との共演が多いようですかね。

1楽章のテーマは「松本清張サスペンス」って感じで、誰もがなじみやすいものでは?
実際には松本清張ではなく、ウルトラセブンで使われたとのこと。

ピアノはおとなしめだったように感じました。

シューマンのよさって年々感じるようになった。
昔は嫌いすぎて、試験曲だったのに暗譜できなかったな。
歳を重ねるって素敵。

最後はベートーヴェンの4番。
ベートーヴェンの9つの交響曲の中でいちばん聴いてないかも。
2楽章とか、ほとんど記憶になかった。

やっぱりベートーヴェンがいちばん好きです。
どの部分も全部いいと思えるのはベートーヴェンだけな気がする。


アンコールもベートーヴェン。
ピアノソナタ『悲愴』の2楽章を弦楽バージョンで。

最初の一音を聴いて「あぁ悲愴だー」と思いました。
『悲愴』とついていますが、この2楽章は誰もが癒されるであろう美しい曲です。

ピアノをやっていた時代、いちばん多く弾いた曲かも。
練習がいやになると『いつもポケットにショパン』(マンガです)を開いて主人公麻子のお母さんの「ピアノで精神統一しなさい」というこわーい顔のところを読んで、さらに練習がいやになるとこれを弾いていました。
今でも弾けちゃうかもしれません。

ひとつの曲が、何十年も思い出さなかったことをするすると思い出させてくれるものですね。


指揮は喜古恵理香さん。
かわいい。
髪をひとつ結びにしていなければもっとかわいいと思う。
かわいさは指揮に関係ない?まぁそうかもしれませんけどね。


今回も、会社の同僚Sさんがご案内してくださり、聴かせていただくことができました。
いつも本当にありがとうございます!

毎回休憩室にご案内を出してくださるのですが、それを目にするのも今回が最後。
でも今後もできる限り足を運びたいと思います。

次回も楽しみにしています。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2018-06-11 07:31 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_714235.jpg


昨日は、新潟室内合奏団第76回演奏会に行ってきました。

いつも夜なので、昼間にあると気づいたのは少し前。
(チケットちゃんと見ろ・・・会場が音文なのを確認したのも市役所前でバスを降りてから(・・;))

画像は音楽文化会館の窓から撮った信濃川と昭和大橋。
昭和大橋ってこんなに地味な橋だった?

日曜のいつも通り、エアロビクス2本出てからバスで移動し、開演5分前に到着したときにはもう空席わずかでした。
人気ですね。

曲目はグノーの歌劇「ロミオとジュリエット」から4曲、そしてブラームスの4番。

独唱は小山瑠美子さん。
美しい女性を見ると元気が出るのは同性であるわたしも同じ。

ブラームス4番、いい曲ですね。
(こんな感想でよいのか・・・?もっとないのかわたしの語彙よ)

クラシック慣れしていない方も入りやすい曲だな、という印象。


客席で音楽をたのしみながら、どうして楽器をマスターしておかなかったのだろう、と何度思ったことか。
わたしもあっち側に立ちたい。
アンサンブルを楽しみたい。

しかしヴァイオリンも弾けないし、トランペットも吹けない。
ひとつも楽器ができないのです。

オーケストラに入ることは難しいでしょうが、老後は自分で演奏するようになりたい。
現実的に考えれば、ピアノか歌でしょうね、やっぱり。

いつもご案内をくださる会社の知的美女Sさん、今回もたのしい時間をありがとうございました♪♪♪

c0190960_7163859.jpg


帰りは白山神社へ。
おみくじは大吉だったー。

昨日は帰宅後寝こんでしまいましたが、今週もなんとか乗り切りたい。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2018-02-19 07:20 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_9204695.jpg


昨日新潟室内合奏団第74回演奏会に行ってきました。

昨日は仕事を15時上がりにしていて、開演までたっぷり時間があったというのに、カフェで読書に熱中しているうちにぎりぎりに到着。

あぁもう満席に近いくらいに埋まっている・・・
ピアノコンチェルトがあるからどうしても鍵盤が見える側に座りたい・・・

幸いよいところに座れました。

1曲目はゲーゼ。
(スコットランド序曲 「高地にて」 Op. 7 )

初めて聴いた曲でしたが、これがとってもよい曲で、心地よくて気に入りました。
自分から新しいお気に入り曲に出会う機会はなかなかないので、こうして偶然出会うのはうれしいことですね。


2曲目はメンデルスゾーンのピアノ協奏曲。(第1番)

ピアノは小黒亜紀さん。
若くて美しくて実力派。
赤いひらひらのプリンセスドレスがとてもお似合い。

わたしは存知上げなかったのですが、大活躍中の注目株なのだそうですね。
第3楽章になってからやっとじわじわとよさがわかってきました。


3曲目は同じくメンデルスゾーンの交響曲第4番「イタリア」

すごく好きな曲。
重苦しくないところが好き。
だからといって深みがないわけでもなくてバランスがよいと思います。

アンコールの2曲もメンデルスゾーンで、なんとしあわせなのでしょう。
メンデルスゾーンがすごく好きだー。


演奏の上手下手は正直ほとんどわかりません。
技術や練習量は足りていないのかもしれないし、他の楽団のほうがうまいのかもしれません。

でも、最近いちばん思うことは、聴いた自分が心地よく感じたかどうか、それだけなんだろうと思うのです。

プロのオーケストラの演奏を聴くにはまずチケットの価格が出せないし、素人はどうしてもかまえてしまう。

それならそれよりは、気軽に生の音を聴けるこういう機会は本当によいと思う。
アマチュアのよいところは、「音楽って楽しい・演奏できてしあわせ」という想いをわたしたちもいただけるところではないでしょうか。

今回も、会社の同僚である団員の知的美女にご案内いただきました。
毎回ありがとうございます!

出演者のなかにもうおひとり知り合いがいて、あ、どうしよう、その方も知的美女だな・・・あ、美声美女だ、今回もありがとうございました♪

知り合いが出ていて、気軽に行かれて、気分良く帰る。
いいですね~。

素敵な夜をありがとうございました。


次回は11月だそうです。
あぁとうとう(?)バルトークがあるー。

バルトークとわたしについてはいつか書くかも・・・

新潟室内合奏団演奏会のこれまでの感想はこちら→タグ:新潟室内合奏団


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2017-05-21 10:49 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_732697.jpg


一昨日、新潟室内合奏団第73回演奏会に行ってきました。

今回は三大Bということでバッハ・ベートーヴェン・ブラームスという豪華ラインナップ。

最初はブラームスのセレナードから。

考えてみると、わたしブラームスって関わったことない。
あ、関わったことないのあたりまえですね、ブラームスの曲をやったことがない、が正しい。
そしてCDも持っていないと思うし、まったく知らないらしい。

驚いたのはヴァイオリンなしの編成ということ。
何度も聴きこむとよさがわかる曲かも。

2番目にバッハのブランデンブルク協奏曲(3番)。

なんだか懐かしかった。
バッハの中でいちばん聴いていると思う。

以前は目覚まし代わりの音楽がずっとこれでした。
今考えると、ずいぶん優雅に目覚めていたものです・・・
(ちなみに今はヴァン・ヘイレンである)

そしてベートーヴェンは5番。

「運命」はジャジャジャジャーン♪というところがあまりにも有名ですが、そこもいいけどそれ以外のところがとてもいいのですよね。

特にわたしは2楽章と4楽章が大好き。
「運命」の第4楽章を聴いて生きる勇気がわかない人はいないと思う。

ベートーヴェンを聴くときには、彼の耳が不自由だったことを考えないことはないですが、『苦悩を突き抜けて歓喜に至れ』というメッセージは第9番だけでなく、すべての曲に表現されているのではないのかな、と思っています。

演奏もすごくよかったです。
わたしは素人なので技術のことはわかりませんが、演奏する方々のエネルギーがどれくらい伝わってくるかで感動も決まると思うと、とても大きなパワーを感じたのでよかったです。

あ、毎度おなじみティンパニよかったです!
運命のティンパニやりがいありそう。

今回も、チケットをくださった会社の同僚(知的美女)に大きな感謝をしたいと思います。
ありがとうございました♪

c0190960_733651.jpg


会場は江南区文化会館。
体育館には以前通っていましたが文化会館は初めてで、暗いからどれが体育館か文化会館かわからず迷ってぎりぎりに到着。

体育館の隣という情報しかなかったのでこれだ、と思って階段を上ったらそれはまったく反対側にある室内テニスコートだった。

おもしろい作りの会館でした。
お手洗いの壁とかも。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2017-02-20 07:40 | 日記・雑記 | Comments(0)
今日は新潟室内合奏団の演奏会に行ってきました。

ここ数年同じ会社の方から毎回チケットをいただいて、聴かせていただいています。
前回だけ、どうしても体調不良で起き上がれず断念したので約1年ぶりくらい。

シューマンのチェロ協奏曲は第1楽章~3楽章までつながって演奏されるせいもあるけどとても長く感じて、まだ終わらないのかな、と思ったということはあまり好きではなかったのかな。

ブラームスの交響曲は、ほどよく情緒的でほどよくかっこよくて、素人(ミーハー)のわたしとしてはたのしめました。
3楽章は「松本清張サスペンス」って感じでいいですね~。

毎回注目のティンパニーの男性今回は出番が少なかった気がするけどよかったですー。


聴くのもいいけど演奏するのはもっと楽しいだろうな。

わたしも、何か楽器ができたらよかったのに。

と、普通に言っていますが、すべての楽器にくじけたのはこのわたしです。
フルートにもギターにもドラムにも。
そしてピアノにもね。

まぁ聴くほうでたのしみます。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2016-11-12 22:36 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_2131556.jpg


今日は、新潟室内合奏団の第70回演奏会に行ってきました。

みんな自分のせいですが、先週今週と予定を入れ過ぎたこともありひどく疲れきっていたので、体調的には行かずに家で休んでいるべき状況でした。

でもせっかく会社の方がチケットをくださったし、根性で(根性必要?ここで)行ってきました。

なんでも新しもの好きですが、音楽はそうでもなくて、現代っぽい最初の2曲は疲れた体に眠気を誘う・・・

せっかく貴重なハープとファゴットの協奏曲でしたが、正直ちょこっと眠ってしまい・・・少しまぶたが重くなる程度だったかもしれないけれど。

最後のメンデルスゾーンでやっと心の安定を取り戻しました。
メンデルスゾーン、好きですわ。

今回の指揮者は平成生まれ。
(1989年生まれとしか書いていないから、昭和64年の数日間かもしれないけどさ)
平成になったのってわりと最近だと思っていましたが、そうでもないのね~。


何回か書いていると思いますが、りゅーとぴあに行くときの道が真っ暗で怖すぎるのです。
しかも超わかりにくい。

バスの便も悪いし、こういうところを整備しないと文化の発展はないと思うよ新潟市よ!


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→amica(アミーカ)アロマテラピー教室
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2015-11-14 22:09 | 日記・雑記 | Comments(0)

ぐだぐだな日記毎日更新中。


by amica(あみーか)