タグ:原田ひ香 ( 5 ) タグの人気記事

2019年読み終わった本10冊目。


『三千円の使いかた』原田ひ香

この著者の本はこれまでに何冊か読んでいて、面白いんだけど毎回「もっと深くぐっとえぐって掘り下げて!!」と思うのです。

この『三千円の使いかた』 もそうだった。

お金がテーマですが、節約も投資も借金も年金も、とにかくどのお話も少しもの足りないのだ。
せっかく面白いテーマなのにもったいない。

その代わりに、それほどいやな奴も出てこないし、なんとなくまるく収まってよいのかな、とも思う。


図書館で予約してから半年以上待ってやっと番がまわってきました。
最近特に予約本がぜんぜんまわってこない。

--------------------------------------------------
『三千円の使いかた』原田ひ香
お気に入り度★★☆☆☆
by amica-aroma | 2019-04-06 21:29 | 読書記録 | Comments(0)
2014年読み終わった本78冊目。


『母親ウエスタン』原田ひ香

今年になって連続して読んでいる原田ひ香作品。
これで4冊目。

最初に読んだ2冊はちょっともの足りなさもあったのですが、これは面白かった!

この著者の作品はとにかく目の付けどころが変わっている。


父と子どもだけで暮らしている家庭を渡り歩く広美のお話。

数ヶ月とか数年の間そういう家庭で母親役をする。
そしてある日去ってはまたどこかの父子家庭に入り込む。

母親とは何か、母性とは何かを母以外の人の立場から考えているようでもありました。

広美がしあわせなのかどうなのか描かれないままだったのですが、たぶんしあわせなのだろうな、とわたしは思いました。


物語の世界をたのしみたい人におすすめ。
よくできたエンターテインメントだと思います。

--------------------------------------------------
『母親ウエスタン』原田ひ香
お気に入り度★★★★☆
by amica-aroma | 2014-08-23 20:55 | 日記・雑記 | Comments(0)
2014年読み終わった本67冊目。


『彼女の家計簿』原田ひ香

この方の小説を読むのは3冊目。

 →読んだ本記録 『人生オークション』
  読んだ本記録 『東京ロンダリング』

これまでの2冊はもっと深くーと思い若干もの足りなかったのですが、この『彼女の家計簿』は物語がよくできていて、ひきこまれました。

戦前から戦後にかけて書かれた家計簿がある日送られてくる。
それは男と駆け落ちして心中したとされる、主人公の祖母のものでした。

不倫の末シングルマザーになった女性、女性を助けるNPO法人の代表、家計簿に毎日日記を書いた祖母とその娘、それぞれ傷を持った人たちの心の再生が描かれる物語。

駆け落ちや心中の謎も物語のなかで明らかにされます。


この方の作品に共通するのは「再生」

どんな人生も苦しく傷が多いものですが、日常を必死に生きるなかで必ず再生できる。
恋愛や仕事や家族関係でうまくいかないことがあっても、それで終わりではないのだ、と強く思える。

女性の心に寄り添ってくれるような物語です。


何かに傷ついたときに出会うとよいと思います。

--------------------------------------------------
『彼女の家計簿』原田ひ香
お気に入り度★★★★☆
by amica-aroma | 2014-07-30 20:50 | 読書記録 | Comments(0)
2014年読み終わった本58冊目。


『東京ロンダリング』原田ひ香

この著者の小説は以前にも、時間が空いたのに本を持っていなかったために急いで購入したのでしたが、今回も同じパターン。
表紙のかわいさがポイント?

 →読んだ本記録 『人生オークション』

主人公のりさ子は、変死などの起こった、いわゆる事故物件に1ヶ月住むという仕事をしている女性。

不動産屋としては貸すときに事故を伝える義務があるが、その後誰かが住んでいれば伝えなくてもよくなるため。
タイトルのロンダリングはそのことを指しています。

主人公が過去にいろいろありながら新しい人生を歩み出すところにもかけて使われているのでしょう。


りさ子の心が再生されていく様子は、ほんわかしてすがすがしさもあったけど、前読んだ「人生オークション」と同じで、ちょっと薄いんですよね。

もっとえぐって掘り下げてくれるといいのに。
物語の深みにはまりたいのですがそうはさせずに進んでいくよって感じ。

それがこの著者の作品の特徴なのかな。


疲れずあっという間に読めるので、長距離の移動のときなどにぴったりの本かもしれません。

--------------------------------------------------
『東京ロンダリング』原田ひ香
お気に入り度★★★☆☆
by amica-aroma | 2014-07-08 07:46 | 読書記録 | Comments(0)
2014年読み終わった本37冊目。


『人生オークション』原田ひ香

この小説のことも著者のこともまったく知らなかったのですが、ある日外出先で時間があるのに本を1冊も持ってこなかったときがあって、急いで紀伊国屋で買った一冊。

外出先に本を持っていかなくて、または持って行った本を読み終わってしまって購入するということがよくあるのです。

これは、表紙イラストがかわいくてつい買ってしまったかも。

表題の「人生オークション」ともうひとつのお話2編が収められています。

どちらも着眼点がおもしろかったのですが、少し浅めに通り過ぎたような気もして、もっと深く(えぐく?)描かれていたらもっと面白かったかも。

「人生オークション」は、いろいろあった叔母さん(といっても39歳)と就活に失敗してアルバイトしている私のふたりで、叔母さんの持ちものを次々ヤフオクに出品するお話。

ものを売りながら心を再生させていく物語でした。


他の作品も読んでみようかな、と思いましたが、小説はたいてい1日で読み終わってしまうのが難点。

本当は読みたい作品がたくさんあるのですが、なるべく文芸からは遠ざかる日々です。

買い続けるのにはお金がかかるし、図書館では何十人(時にそれ以上)待ちだからです。
少しずつ読んでいこうとは思っているのですけどね。

--------------------------------------------------
『人生オークション』原田ひ香
お気に入り度★★☆☆☆
by amica-aroma | 2014-05-14 07:07 | 読書記録 | Comments(0)

ぐだぐだな日記毎日更新中。


by amica(あみーか)