タグ:北書店 ( 3 ) タグの人気記事

昨夜は、北書店でおこなわれた「若松英輔さんとの読書会」に参加してきました。

若松さんのイベントには、昨年も参加しました。
そのときはジュンク堂書店。

→『悲しみの秘義』刊行記念、若松英輔さんトークイベントに参加しました

その際、ものすごく心を動かされ、若松さんのおっしゃったことを実践したり、紹介されている本やご本人の本をどんどん読んでいたので、再度どうしても直接お話をお聴きしたい、と思ったのでした。

昨日は「読書会」という試みで、『悲しみの秘義』の中から4扁を読みながら考えていくというものでした。

読書はものすごく個人的なものだと思うので「読書会」なるものには参加したことがありませんでした。
わたしの奥深くに入ってくる言葉、またはもともと持っていて引き出されてきた言葉を、そういう場でどなたかと共有できるとは思っていなかったのです。

でもそういうことではないのだな。
読書会に参加したからってわたし固有の何かが壊れるわけでもなければ誰かの何かに侵されるわけでもない。

昨日は濃い面々が集まって、独特の熱気に包まれながら言葉の力にひたることができたと思います。


出版元であるナナロク社の村井さん(たいへん素敵な方。癒し系だと思う)と若松さんと、私たち参加者が一体になって同じテキストを読む。

持参した『悲しみの秘義』は、メモで真っ赤になりました。

最初は付箋にメモしていましたが、そのうちに、もう1冊買ってもいいしな、と思って直接どんどん書き込むことに。
アロマ本以外でこんなに書き込みした本は初めて。

感じたこと、気づいたことは、今まだまとまらないので、明日以降書けたら書いていきたいと思います。


あと若松さんの本も何冊も読んだのに、読書記録が1冊も書けていない・・・
すでに5回ほど読んで書き写しもしたのに『悲しみの秘義』でさえ書いていないという。

うううう追いついていない。
いやじっくりペースでいいかー。


日記ひとつ書くのにこんなにも言葉が出てこないのに、読むことと書くことはやめられないのだ。
苦しいことのほうが多いのに、読んで書かないと生きていけないのだ。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2017-01-31 07:40 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_223804.jpg


今日は新潟まつりの初日、民謡流しがあったのですよね。
わたしが通りかかったのは午後9時半頃で、画像の通りの静寂。

少し前まで大行列で踊っていたのは本当なの?

わたしは、民謡流しはまったく見ることなく、北書店でのトークイベント【砂鉄・一子の北書店(夏)~思ったままのことを書く】に行ってきました。

ライター武田砂鉄さんと写真家植本一子さんのトークです。

植本さんの『かなわない』を読んでいて(まだ読み終わっていない)、この方を見てみたい!と思ったので。

見てみたい、というのは失礼な言い方かもしれませんが、とにかく見たい、話が聞きたい、と思ったので。


おふたりのお話を聞いて考えたことはあまりに多いので、それは今後、書けるときがきたら。

武田砂鉄さんの著書は読みたい本リストに入っているもののまだ読んでなくて、またあらためて北書店に買いに行きたいと思います。
今日お話を聞いて、言葉の選び方がとてもよかったので。

今日買えばよかったのですが、大勢の人がいるとそこで買うのができなくて。
そうかといってAmazonやジュンク堂で買うのは申し訳ないので、そこは義理を立てる。(へんかな)

まぁ例によって他にも欲しい本があったので。
行かれなかったらすみません・・・


ちなみに、(会場にいた人しかわからない話ですが)、暮らし系と星野源は好きです・・・
作りこまれたものは好きということかな。


会場の方々を見まわすと、どうしたってわたしが一番年上だろうな、と。

別に気にしていないから、と思いつつも、自分が成熟していないサブカル好きのミーハーおばさんの気がして(まさに100%その通りだけど)、なんだかなぁという気もする。


c0190960_2238398.jpg


民謡流しが始まる前に万代橋を渡っておいた方がいいと思い、夕食は北書店の隣のカフェ・ド・プライム。

チキンカレーが名物というので食べてみました。

マイルドを選んだのにけっこう辛い。
でもとてもおいしくて、ごはんも余らなくて(たいていのお店でごはんとカレーのバランスがいまひとつなのだ)満足しました。


あぁ日々いろいろ読んで歩いて考えて、頭の中には言葉があふれ出ているのにどうして文章にならないのだろう。
本当にじりじりする。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2016-08-05 23:48 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_22323167.jpg


今日は北書店でおこなわれた『ガケ書房の頃』発売記念クロストークというイベントに参加してきました。

『ガケ書房の頃』の著者山下賢二さんがいらっしゃるというので、絶対にお話を聞きたいと思ったのです。
現在はホホホ座の店主でいらっしゃいます。

読んだ本記録 『ガケ書房の頃』

本の内容に沿って、これまでのお話を生でお聴きすることができました。

お話はおもしろいし、山下さんはかっこいいし、北書店の佐藤店長との書店トークも聴き逃せないものだったのですが、予想以上に長くて、途中から「この知らない方たちばかりの中でバタンと倒れてしまう可能性がある・・・どうしよう」ということばかり考えていました。

19時過ぎからスタートして21時半ごろ終了。

そのあとサイン会があるらしかったり、お知り合いの方が多かったりするらしく、みなさまがお店の中ほどにいらっしゃるなか、山下さんが入り口付近にいらしたのでごあいさつをしてまっさきに帰らせていただきました。

もっといたかったけど倒れたらまずいので。

そのとき山下さんに、「本はホホホ座さんから買ったので今日は買わなくてすみません」と言ったら「何か書きましょうか?」とおっしゃってくださり、「ここで買わないのに佐藤さんすみません」と遠くから言いつつサインしていただいたのが上の画像です。

ホホホ座で買ってついてきたおまけ原稿はもう品切れだそうで、貴重です。

お話しながら近くでお顔をみたら、かっこいいのはもちろんですが、ものすごく目がすきとおって美しくてひきこまれてしまい、気のきいたことも何も言えなかったばかりでなく、まさかの「ちょっと疲れちゃったので早く帰る」みたいなことも言っちゃって、しょんぼり。

どうしてせめてもっとマシなことが言えないのだわたしよ!

『ガケ書房の頃』は今年ナンバー1のお気に入り本で、こんなにおもしろくて文章もうまくて素直な素敵な本に出会えてよかった、そしてその著者にもお会いできてよかった。

本好き、本屋好きにはもちろんのこと、そうでなくてもおもしろく読めて考えさせられることもたくさんある本だと思うので、おすすめです。

あ、ちなみに今日山下さんもジュンク堂で検索して置いていなかったと言っていましたが、ジュンク堂やTSUTAYAではわたしも見つけられていません。
Amazonでも品切れ中の様子。

ということで北書店へGo!

と言いつつわたしは北書店へはたまにしか行かないようにしている。
欲しい本がありすぎて、お金がぜんぜん足りないからです。

今日もトークの前の15分ほど店内をみて、軽く20冊は欲しい本が見つかりました。
「おもしろそう」レベルではなく「買わなきゃ」レベルの本が・・・
毎日行くジュンク堂では見かけない本がほとんど。

わたしにとって危険スポットなのです・・・
しかし探していたリトルプレスがあったので近いうちに行かなくてはならぬ。


帰宅して、だいぶ体調よくなりました。
ありがとうございました!


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2016-06-11 23:10 | 日記・雑記 | Comments(0)

ぐだぐだな日記毎日更新中。


by amica(あみーか)