タグ:公民館サイエンスカフェ ( 49 ) タグの人気記事

サイエンスカフェのこととかいろいろ(雑なタイトルになったが)

c0190960_7435950.jpg


昨日は、午前中関屋地区公民館の「関屋モーニングサロン」に参加し、夕方は「公民館サイエンスカフェ」の講師候補の方に交渉に行く公民館職員の方と同席させていただきました。
公民館行事に縁があった1日。

行事がもりだくさんなので、「関屋モーニングサロン」の感想は後日書くことにしまして、今日は「公民館サイエンスカフェ」のことを書きたいと思います。

とはいっても、まだテーマなど詳細は発表できないのですが、昨日伺ったのは、新潟大学医歯学総合病院の研究棟。

新大にも「赤門」があるって初めて知りました。

そもそも新潟大学病院で産まれましたし、患者としてやお見舞いで病院に来たことはあっても、研究棟のほうは足を踏み入れたことはありませんでした。

写真には門のところしか写っていませんが、脇に赤煉瓦の塀もあって歴史を感じさせます。

お会いした先生からは、「公民館サイエンスカフェ」のゲストをお引き受けいただくことを快諾いただき、脇に座っていただけだけどほっとしました。

これまでは会社に行っていたのでこういった交渉の機会は他の企画委員の方にすべてお任せしていましたが、今回初めて参加させていただきました。
公民館の行事に、市民として関われることをとてもうれしく思います。

午前中に参加した「関屋モーニングサロン」には、「市民がつくる市民の講座」という副題がついています。

市民スタッフの方が、とても生き生きと運営されていました。


時々、「ボランティアなんでしょ?何かいいことあるの?」などと聞かれることがあります。

なにをばかなことを聞くのでしょう?
答えたくもないくらいびっくりします。

お金が発生するかしないかなんて関係ないではないか。
「サイエンスカフェ」に関しては「ボランティア」だと思ったこともただの一度もありません。

やりたいかやりたくないかしかない。
やりたければやればいい。

どうしてもの仕事や義務の時間以外の時間、自分がやりたいことを選択するだけだ。

それがパチンコの人もいればゴミ拾いの人もマラソンの人もゲームの人も、そしてサイエンスカフェの人も。
どれがいいとか悪いとかではないけれど、できるだけやりたいことをやる人生を送りたい。


昨日交渉した「公民館サイエンスカフェ」の開催は来年ですが、本日はジュンク堂での「サイエンスカフェにいがた」があります!

15:30~テーマは『進む地球温暖化とこれからの新潟の気象』です。
詳細は「サイエンスカフェにいがた」のページから→サイエンスカフェにいがた

今日家でゆっくりしようと思っていた方、ご都合のつく方、午後はお天気も回復するようですし、足を運んでみませんか?
お待ちしています!!


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ

by amica-aroma | 2018-09-22 08:27 | 日記・雑記 | Comments(0)

公民館サイエンスカフェ第3回企画会議(2018年度)

昨日は「公民館サイエンスカフェ」今年度第3回の企画会議に参加しました。

公民館サイエンスカフェ第1回企画会議(2018年度)
 公民館サイエンスカフェ第2回企画会議(2018年度)

前回テーマの絞り込みをおこなったので、今回は講師候補の絞り込み。
2時間半にわたり、あれこれ内容の濃いディスカッションができました。

2時間半、無駄話なくサイエンスカフェの内容についてだけ議論できるってすごいと思う。
男女区別や差別するわけではないし、どちらがいいとか悪いとかではないですが、女性同士の集まりだとそうはいかないかもね。
世間話も重要だから。

とにかく企画委員のみなさんの熱意と学ぶ意欲、そして参加者のみなさまに満足してほしいという想いが詰まっているのでした。


これから講師候補に交渉する作業がはじまります。
これにはわたしは毎年参加していないのですが、何かお役にたてることがあれば(今年は時間もあることですし)お手伝いできれば、と思います。
いや、それほど時間ある感はまだ感じていないな、だがしかしぜひ。

企画会議は毎年3回で終了、あとはいつもメーリングリストでやりとりをしています。

「公民館サイエンスカフェ」は来年1月~2月頃、土曜に4回開催予定。
内容と講師が最終決定しましたら、こちらでもお知らせします。
公開はいつも12月くらいかと。

楽しみです!!
来年のことですが、みなさまもぜひお楽しみに♪


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ

by amica-aroma | 2018-08-10 08:03 | 日記・雑記 | Comments(0)

公民館サイエンスカフェ第2回企画会議(2018年度)

c0190960_974543.jpg


昨日は、「公民館サイエンスカフェ」今年度第2回の企画会議に参加しました。

公民館サイエンスカフェ第1回企画会議(2018年度)

前回テーマの案を、ランダムにたくさん出した中から、昨日の2回目で絞り込み。
次回は講師候補を決めるところまでいく予定。

今日も議論は盛り上がって、いい方向に行ったと思います。

今後役に立つサイトの紹介をしていただいたり、学生に企画委員に参加してもらうにはどうしたらよいか?などということも話題に出たりして、充実した内容でした。


「公民館サイエンスカフェ」の開催は来年1月~2月頃です。

その頃の自分がどうなっているか想像できない。
と考えると、本当に仕事って人生の大きな部分を占めていますね。

間違いなくいえるのは、「公民館サイエンスカフェ」、今年度もおもしろくなりそうなので楽しみ。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ

by amica-aroma | 2018-07-15 08:51 | 日記・雑記 | Comments(0)

公民館サイエンスカフェ第1回企画会議(2018年度)

c0190960_20595580.jpg


今日は、「公民館サイエンスカフェ」今年度第一回の企画会議に参加してきました。
場所は東地区公民館のボランティア室。

東地区公民館の主催事業で、市民企画委員として参加させていただき4年目となります。
わたしを入れて5名の企画委員(この4年ずっとご一緒させていただいています。)と、公民館の職員の方2名でおこないました。

今年も始動すると思うとワクワクします!
市の職員の方も異動にならず同じ担当者の方とご一緒できてうれしい。


まずは、昨年度の感想や意見をひとりずつ話してから、参加者のみなさまのアンケートも参照しつつ、次回のテーマ案をどんどん出していきました。

自分から手を挙げて企画委員に参加しているわたしたちは、いちばんの「公民館サイエンスカフェ」ファンでもありますから、案もたくさん。


今日は、公民館の定義や現状などもお話しいただきました。

活動的なシニア層が増えているから公民館利用者も増えているのかと思っていましたが、徐々に減っているのだそう。
わたしのような講師などは基本自分からの利用はできないから、使いたくても使えない人も多いかもしれませんね。

新潟市の公民館はマークができたそうですよ。
缶バッジも!

c0190960_21504912.jpg


次回の企画会議で、今日たくさん出たテーマ案をさらに詰める予定です。

来年1月~2月頃、「公民館サイエンスカフェ」おこなわれますのでお楽しみに。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ

by amica-aroma | 2018-06-23 22:37 | 日記・雑記 | Comments(0)

公民館サイエンスカフェ第4回(2018年)『情報技術の歴史とこれから-「のろし」からIoTへ-』

c0190960_21274483.jpg


昨日は「公民館サイエンスカフェ」今年度第4回に参加しました。
4週連続おこなわれ、今回が今年の最終回。

3回目までの感想
公民館サイエンスカフェ第1回(2018年)『3Dプリンタ製分子模型で生命誕生を考える』
 公民館サイエンスカフェ第2回(2018年)『科学的根拠に基づく「サプリメントの基礎知識」』
 公民館サイエンスカフェ第3回(2018年)『「水素と金属」の科学~水素エネルギー社会に向けて~』


昨日のテーマは『情報技術の歴史とこれから-「のろし」からIoTへ-』
講師は今村孝さん(新潟大学工学部)

IoT=Internet of Things(モノのインターネット)。
興味がないわけではないけれど、あまり進みすぎてもついていけないような気もしてどうなのか、恐る恐るという感じでお話を聴き始めました。

今村さんのお話は「新潟大学が変わりました」というところから始まりました。

配布資料の中には新潟大学工学部工学科の知能情報システムプログラムや文理融合領域プログラムのパンフレットもあり、大学も改革が進んでいるらしいことがわかります。
さまざまな改変の中で自分の出身学科も昨年なくなってしまったようなので、さみしい気もしなくはないのですが、変わることは必須だし、文理融合は大歓迎。

その後、「情報技術とは?」「Society5.0と情報技術の歴史」と話は進みます。

Society5.0というのは政府の科学技術政策だそうですが、わたしが無知なのか広報が足りないのか、昨日初めて聞いたのでした。

情報伝達の手段がのろしだった頃からの歴史を考えると、すごい発展のしかた。
今後はもっと速いスピードで進んでいくのでしょうかね。

その後コミュニケーションや感覚・知覚、アナログとデジタル、メディアの速度と遅延などのお話が続き、このあたりはいちばんおもしろくお聴きしました。
これまでなんとなくの知識しかなかったものを、全部わかりやすく説明していただけて、頭の中がすっきり!

そしてIoT。

スマートスピーカーやメガホンヤクなど話題の商品や、今村さんが研究されているという、感覚情報(握手や触角)をやりとりするもののお話をお聴きしながら、今後の社会がどうなっていくのかと想像をめぐらしました。

全体として、技術の進歩や機能の充実を強調したアプローチでなく、IoTと人間のバランスが語られていてとてもよかったです。


テーマとは離れますが今村さんのお話でもうひとつ印象に残ったのは「今の学生はスマホに慣れすぎていて、キーボードが打てない人が多くなっている」というもの。

そうなのかー。
会社にずらりと並んでいるPCが全部タブレットになっちゃう日も来るのかな?

どちらにしても、いろいろな未来を楽しみに、あと30年くらい(わからないけど)学んでいこうと思います。


昨日も、主催の東地区公民館のみなさま、「サイエンスカフェにいがた」の本間さん、企画委員の方々、参加者のみなさまにお世話になりありがとうございました!

c0190960_9395330.jpg


「公民館サイエンスカフェ」8年、わたしたちが企画委員になってからは3年。
昨夜初めての打ち上げというか交流会。

2時間の食べ放題飲み放題コースだった(しかも時間きっかりから何度も帰りを促された)ので、話し足りなかった!
サイエンスカフェに関してのみんなの熱意はすごい。

来年もご一緒できたらうれしいです。
みなさま本当にありがとうございました☆


「公民館サイエンスカフェ」の次はジュンク堂での「サイエンスカフェにいがた」

次回は3月3日(土)です!
第103回サイエンスカフェにいがた『日本海固有水の低温環境と深海生物 ─その採集と展示のノウハウ』

詳細はこちらから→http://www.ecosci.jp/n-cafe/


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ

by amica-aroma | 2018-02-18 09:41 | 日記・雑記 | Comments(0)

本日「公民館サイエンスカフェ」です!

今日は午後から「公民館サイエンスカフェ」があります。
今年度分4回目で最終回となります。

正直4週連続はきつい面もありますが、終わると思うとさみしい。
来年を楽しみにすることにします。


今日のテーマは『情報技術の歴史とこれから-「のろし」からIoTへ-』

IoTについては、わたしたち企画委員の間で一昨年からテーマ候補として挙がっていたものなので楽しみ。
当日参加も可能ですので、都合のつく方は今から準備してGo!

詳細はこちらから→公民館サイエンスカフェ(2017年度)

今日の内容についての感想は、明日アップします。
(最近更新が朝だったり夜だったりするー)


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ

by amica-aroma | 2018-02-17 09:54 | 日記・雑記 | Comments(0)

公民館サイエンスカフェ第3回(2018年)『「水素と金属」の科学~水素エネルギー社会に向けて~』

c0190960_20254684.jpg


今日は「公民館サイエンスカフェ」今年度第3回に参加しました。

1回目・2回目の感想
公民館サイエンスカフェ第1回(2018年)『3Dプリンタ製分子模型で生命誕生を考える』
 公民館サイエンスカフェ第2回(2018年)『科学的根拠に基づく「サプリメントの基礎知識」』

 
今日のテーマは『「水素と金属」の科学~水素エネルギー社会に向けて~』
講師は原田修治さん(新潟大学名誉教授)です。

正直言って、今日の内容はこれまで参加したサイエンスカフェの中で、わたしにとってはいちばん難しかったです。
途中で物理の計算式みたいのが出てきたときには、じんましんが出そうな気がした。

なのに先生は「積分するだけですね」などとさらりとおっしゃる。
せきぶん・・・たぶんそうおっしゃったと思いますが違ったらすみません。
頭の中はじんましん。

しかし不思議なもので、1時間半の講義&30分の交流会の間、一度も嫌になったり退屈したりはしなかったのです。
講師の方の熱意が伝わってくるからかも。

これまでの研究の過程や成果を興味深くお聞きすることができました。

c0190960_2116495.jpg


交流会では、実際に水素ボンベを使って実験を見せてくださったり、多くの質問にお答えいただいたりしました。

確かに難しいところも多くありました。
でも学ぶことはたくさんあって、学んだことによって自分でエネルギーのことや今の社会のことを考えるきっかけになる。

結局、わたしは水素エネルギーの専門家になるわけではないのだから、知ったことを使って自分の頭で考えられるようになればいいのだ。

水素を金属の中に入れ込んで燃料電池として使う。
自動車などに応用すれば、CO2など環境に悪いものが排出されない。

なんて素敵。
宇宙の70%以上は水素なのだそうだから利用しない手はなくて、ガソリンがなくても原発がなくても水素があればエネルギーはOKなの?

そのあたりも含め、今後の研究にも大注目ですね。
それとともに、もう少し学ばなくては。


今日は、小学生くらい(?)の少年がお父さんと一緒に参加していました。

受付のときにお聞きしたら、科学が好きで自分から参加したいとお父さんに頼んで連れてきてもらったそうです。

彼が今日のカフェでどんな感想を持ったか聞いてみたかったな。

シニア世代の参加が多くて、それは素晴らしいことですが、お子様や若者がもっと参加してもらえるようになるといいな、といつも思っています。

わたし自身も、学ぶ楽しさを伝えていける活動をもっとしたい。


さて早いもので今年度分「公民館サイエンスカフェ」は来週最終回。

4回目のテーマは『情報技術の歴史とこれから-「のろし」からIoTへ-』
のろし・・・タイトルがもうおもしろい!

詳細はこちらから→公民館サイエンスカフェ(2017年度)


今日も、主催の東地区公民館のみなさま、「サイエンスカフェにいがた」の本間さん、企画委員の方々、参加者のみなさまにお世話になりありがとうございました!

来週の今年度最終回もよろしくお願いします。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ

by amica-aroma | 2018-02-10 21:35 | 日記・雑記 | Comments(0)

公民館サイエンスカフェ第2回(2018年)『科学的根拠に基づく「サプリメントの基礎知識」』

c0190960_2111394.jpg


今日は「公民館サイエンスカフェ」今年度第2回に参加しました。

先週の1回目の感想→公民館サイエンスカフェ第1回(2018年)『3Dプリンタ製分子模型で生命誕生を考える』

2回目のテーマは『科学的根拠に基づく「サプリメントの基礎知識」』
講師は新潟薬科大学の齊藤幹央さんです。

多くの人が興味のあるサプリメントのお話を、ズバリ明快に教えていただくことができました。

「サプリメント」という言葉は、普段普通に使っていますが、なんとなく「健康食品だよね」くらいのレベルで、考えてみればちゃんとした知識は持っていませんでした。

「トクホ(特定保健用食品)」と「機能性表示食品」の違いも今日詳しく教えていただいてあらためて理解。
どちらも国が認めていてよさそう、というイメージでしたが、前者は責任者が国(個別承認制)ですが、後者は事業者に責任があり(届出制)、評価方法やその確認、責任の所在がまったく違うということがわかりました。

その後、サプリメントの有効性の判定基準としてアメリカの「ナチュラル・スタンダード」、日本の「ナチュラル・メディシン・データベース」のデータをもとに、代表的なものの有効性を検証。

ウコン、グルコサミン、コンドロイチン、経口ヒアルロン酸、サメ軟骨、魚油(DHA、EPA)、ローヤルゼリー、プロポリス、イチョウ葉、朝鮮人参、マカ、アガリクス茸、ノコギリヤシ、ラクトフェリン、エキナセアについて紹介してくださいました。

ひとつひとつの答えはこちらには書ききれませんが、ものすごくためになりました。

その他にも安全性(副作用)の問題、健康被害の実例、厚生労働省や日本医師会の警告や啓発についても。

本来病気の予防や健康管理に用いられるべきものが、病気の緩和や改善に効果が期待されるようになり、次元が変わってきたそう。
論文数も激増しているのだそうです。


わたしは若い頃化粧品会社に勤務していましたが、その会社では健康食品を販売する子会社を持っていて、いろいろなサプリメントを販売していました。

わたしも商品説明をしたり自分も大量に購入したりしていましたが、きちんとした科学的根拠を示されることはなかったように思います。
(あくまでも※自社調べ)
アガリクスとか2~3万円くらいするのにものすごく売れていた記憶があります。

今の時代は、宣伝文句を鵜呑みにするのではなく、自分で積極的に知識や情報を得ることが必要なのだろうと思います。

最終的には、科学的根拠が明確でないサプリメントが大半とのこと。
安易に飛びつかないようにしたいものです。

結局は効果が不明瞭なものには頼らず、自然な食品の摂取、体づくり、身のまわりの環境整備、そして明るい心構えが大切という結論で締めくくられました。

c0190960_21122927.jpg


今日の貴重な資料は、終了後に配布していただくことができました。

これは、いつでも取り出せるところに置いておきたい貴重な資料です。


いや~こんなに役に立つお話を聴くことができるなんて、サイエンスカフェは本当にいいですね~。
飲み物代として200円払っていますが、あくまでも飲み物代なので、実質無料でこの充実さ!

今日は、アロマ講座の生徒さん2名も参加してくださって、喜んでくださったのでよかったです。


充実した「公民館サイエンスカフェ」はあと2回。

来週のテーマは『「水素と金属」の科学~水素エネルギー社会に向けて~』
講師は原田修治さん(新潟大学名誉教授)

事前申し込みも受け付けていますが、当日参加も可能です。
ご都合つく方はぜひ☆

詳細はこちらから→公民館サイエンスカフェ(2017年度)


今日も、主催の東地区公民館のみなさま、「サイエンスカフェにいがた」の本間さん、企画委員の方々、参加者のみなさまにお世話になりました。
ありがとうございました!
あと2回もよろしくお願いします。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ

by amica-aroma | 2018-02-03 22:35 | 日記・雑記 | Comments(0)

公民館サイエンスカフェ第1回(2018年)『3Dプリンタ製分子模型で生命誕生を考える』

c0190960_20432756.jpg


本日「公民館サイエンスカフェ」今年度第1回でした。

東地区公民館主催で8年目だそうです。

わたしが企画委員として参加させていただいてからは3年目。
この日がくるのをとても楽しみにしていました。

第1回のテーマは『3Dプリンタ製分子模型で生命誕生を考える』

講師はサイエンスカフェにいがたの本間善夫さんです。

最初にスーパーコンピューターでの分子動力学シミュレーションを見せていただきました。
ぐちゃぐちゃのたんぱく質や分子が集まってわたしたちの体ができていることを考えると本当に感動しかない。
これ以上のアートはないのでは?
すごいぞ体。

c0190960_20481841.jpg


たくさんの3Dプリンタ製分子模型を直接見て触らせていただくことができました。

実はわたしはこれがよだれが出そうに好きです。

大して知識もないくせに、ずっと見ていたい。
いつか香りに関係する分子ひとつでも手に入れてみたい。

「川上モデル」というのは、開発した先生のお名前でわたしとは関係ありませんが、同じ姓ということで勝手に親近感もわきますし・・・

こういった模型のお話の他に、本間さんのお話を貫いていたテーマは「科学を伝える大切さ」「社会へ向けての情報発信」「基礎科学の重要性」そして、「生命とは」ということなのかな、と感じながらお聴きしていました。

「科学を学ぶことは生命を学ぶこと」のその根本、基本のお話を聴くことができたと思っています。

自分の命でさえ粗末にしてきたわたしが、香りを学ぶことを通してサイエンスと出会ったことは人生でいちばん意味のあったことだとあらためて確認させていただいたような気がいたします。

命とまでいわなくても単純に、分子のお話はおもしろかったです。

化学のテストの点数がいつも一桁だったわたしが言うのですから、これまで苦手だった方も、ちょっとした出会いでおもしろくなる可能性は十分ありますよー。


今日本間さんが紹介してくださった書籍『星屑から生まれた世界 進化と元素をめぐる生命38億年史』に興味をもったので、帰りにジュンク堂に寄って実物を確認。

よさそうだし、わたしでも読破できそう・・・でもうーん税込で3000円を超える・・・
今月分の書籍予算では買えないので、2月を待つことにします。

今日は、「生物の科学 遺伝」2018年1月発刊号の本間さん原稿『新潟から日本海を見つめてサイエンスする』の別刷りをいただくこともできました。

さらに新潟の科学、「サイエンスカフェにいがた」の活動、「公民館サイエンスカフェ」等注目していきたいと思います。

本日の貴重な資料は本間さんのサイト(ecosci.jp)のリンクからどなたでも閲覧可能です。

◆第34回[平成29年度 第1回]公民館サイエンスカフェ(2018/01/27)◆


来週は第2回。

テーマは『科学的根拠に基づく「サプリメントの基礎知識」』
講師は新潟薬科大学の齊藤幹央さんです。

楽しみです!!
まだまだお申込み可能ですので、ご都合つく方はぜひ。

詳細はこちらから→公民館サイエンスカフェ(2017年度)


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ

by amica-aroma | 2018-01-27 21:45 | 日記・雑記 | Comments(0)

来週から「公民館サイエンスカフェ」はじまります!!

来週から「公民館サイエンスカフェ」が始まります。

新潟市東地区公民館のイベントですが、企画委員として参加させていただいており、準備は6月からスタートしました。

7ヶ月経って、いよいよ本番。
とてもわくわくしています。

1月27日(土)から4週連続で開催されます。

====================

1月27日(土)
『3Dプリンタ製分子模型で生命誕生を考える』

 本間善夫さん(サイエンスカフェにいがた)

2月3日(土)
『科学的根拠に基づく「サプリメントの基礎知識」』

 齊藤幹央さん(新潟薬科大学)

2月10日(土)
『「水素と金属」の科学~水素エネルギー社会に向けて~』

 原田修治さん(新潟大学名誉教授)

2月17日(土)
『情報技術の歴史とこれから-「のろし」からIoTへ-』

 今村 孝さん(新潟大学工学部)
====================



興味ある話題の数々を専門家から近くでお話をお聴きできるまたとないチャンス。

テーマ選びには、みなさんから寄せられたアンケートのご意見、わたしたちが聴きたい話題、いろいろと話し合いますが、旬の話題、時流に合ったものという視点も大きくあります。

今を暮らすわたしたちにとって、必要なお話が聴けると思っています。

「サイエンス」とか「科学」というと遠く感じる方も多いと思いますが、わたしたちの成り立ちを考える上で科学の知識は欠かせないもの。

4回全部でなくても、興味のある話題だけでも、ぜひ参加してみてください。

わたしは4回連続会場にいる予定です。
土曜日のエアロビクスをお休みするのだけが残念であります。

詳細は→★こちらから★



じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ

by amica-aroma | 2018-01-20 10:19 | その他 | Comments(0)