タグ:リトルプレス ( 9 ) タグの人気記事

『金沢民景』

c0190960_17272378.jpg


『金沢民景』の新刊3号(11~13号)を取り寄せました。

リトルプレス類を取り寄せしすぎて、ぜんぜん読みきれなくてたまってしまったので、ここ数カ月取り寄せ封印していましたが、これは1冊5分ほどで読み終わる本当にリトルなものなので買いました。

その名の通り、石川県金沢市の住民が作り出した風景を収集した小冊子。

8月に金沢に行った時に、1~10号までをセット買いしていました。

10冊セット買いといっても1冊100円なので買えたのでした。

正直金沢ならではの内容かはわかりませんが、目のつけどころがおもしろいので注目。

本当は、また金沢に行った時に買いたかったが、しばらく行かれないので。

金沢民景のサイトはこちら→https://kanazawaminkei.tumblr.com/


まだまだたまったリトルプレスをゆっくり読みたい。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2018-12-07 18:11 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_18385014.jpg


雑誌(広告満載の大衆紙じゃないもの)やリトルプレスが好きというのはもう何十回も書いています。

life-magの最新号(第10号)が出ていたので一昨日購入しました。

新潟のリトルプレス代表といったらこれかな。

正直なところ、今回のテーマ「西蒲原の農家」にはそれほど大きく興味があるわけではないけれど、雑誌自体とおひとりで作っているという小林さん(知り合いでもないのに知っているかのような書き方ですが(・・;))を応援したくて迷わず購入。

最近とみに緊縮財政の書籍予算のなかで、購入に踏み切るのは、とても読みたいと思うのは当然のことで、プラス書いた人やその本を応援したいと思うものにお金を出したい。

1冊買ってどのくらいの応援か?とも思いますが、まずは買わなくちゃだし、よいと思えばこうして書いたりして、ささやかな応援団を続けたいと思います。


まだパラパラとしか読んでいませんが、登場する人物の写真がみんなものすごくいい。

撮る人も撮られる人も相手のことを信頼していて愛にあふれているような写真。
新潟の人らしく少しはにかんだような、でも芯のしっかりしたよいお顔のみなさま。


さっき「西蒲原の農家」にはそれほど大きく興味があるわけではないと書いたけれど、実は夫の実家(本家)は西蒲原の農家。

これから一文一文じっくり読み進めたいと思います。


作る人の熱量は見た目や結果に表れる。
それを心に刻みつつ自分も進みたい。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2018-01-19 07:11 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_7122344.jpg


2017年もあと1日になりました。
金沢に行ったのは9月の終わりで、3ヶ月以上経ってしまいました。
もうちょっと交通費が安かったら毎月でも行きたいのにな・・・

さて、旅の記録もとうとうこれで最終回。
長くなりすぎました(・・;)
3ヶ月も引きずるつもりはなかったんですけど。

9月の金沢旅3日目その5。
(2017年9月25日 月曜日)

最後に行ったのは近江町市場の近くの昔ながらの商店街にあるcollabonというお店。

このお店のことはぜんぜん知らなかったのですが、お昼を食べたニワトコさんで、置いてあったリトルプレスを買おうと思ったら、ニワトコさんには見本誌しかなくて、collabonさんに行ってみてください、とのこと。

正直そこまでしてほしいものでもなかったけれど、せっかくのご縁だし、どちらにしろ近江町あたりを通って、歩いて金沢駅まで行くつもりだったので行ってみることに。

ここが素敵なお店で、早く来ればよかったー。
たまたま知ることができて良かったです。

c0190960_21301310.jpg


ちなみに買ったリトルプレスはスソアキコさんの『ひとり古墳部』石川編5冊。

ニワトコさんで見た号は店頭で見つからず、他の4冊をレジに持っていくと、店主らしき方に「ニワトコさんから電話いただいたので1冊しかない最新刊は別にしておきました」ということで5冊買うことに。

「『ひとり古墳部』のファンなのですか?」
「いえ特には」
「ではほぼ日ファン?」
「いえほぼ日でも読んでなくて」
「ではなぜ5冊も?」
「リトルプレスやジンのファンなので」
「そうきたか!!」
「そうなんですー。集めたものがいっぱいになってしまっているんですけどねー」
「ではこれもあげますね。人気の縄文ZINE」

ですが、まだ読めていません・・・

今年は特にリトルプレス類をゆっくり味わう時間がなかった。
金沢では他にも買ったし、さらに恵文社一乗寺店から送られてきたまま開けてない封筒もある。

『そらあるき』は1年に1回発行ということで今年も買ったが、どうも昨年と同じものを買ってしまった。
むぅーー。
今年のは10月に発売になったらしい。


collabonさんのあとは、帰りたくなくて泣きそうになりながら金沢駅へ。

そのときから3ヶ月以上過ぎ、今年が終わるというのに年末感ゼロ。
年賀状も1枚しか書いてない・・・


とにかくあと1時間ほどで大晦日。

もちろん大掃除ゼロ。


これまでの旅記録も含め、金沢のお話はこちらから→タグ:金沢


じゃ、たぶんまた明日。
年末も、ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2017-12-30 23:06 | 日記・雑記 | Comments(0)

リトルプレス病

今日はアロマ関連の予定がキャンセルになり(感染症に罹られたとのこと。快復をお祈りしています!!)、わたしも昨日から体調がいまひとつなのでゆっくり起きてゆっくりしています。

なんとなくAmazonのサイトをみていたら欲しい本だらけで悲鳴。
絶対に読み切れないのに読みたいなんてどうしたらよいのでしょう。

積読本だって書籍だけなく雑誌、リトルプレスなど大量にあってもう本棚も机のまわりもとんでもないことになっています。

いや、書籍よりリトルプレス類が多いかも。
書籍は図書館でも借りているけれど、リトルプレスは買うしかないので。

※リトルプレス→少部数で発行する自主制作の出版物のこと。
 ZINE(ジン)といわれたりも。


これは一種病気ではないかと思う。
今日も(たった今)某リトルプレスのバックナンバーを大量購入してしまいました。

完全に病気でしょうよ。
そして、二度と手に入らないものも多いのでほとんど捨てない。
置き場所に困る。

わたしの片づけ能力は、こういうものを保存するためにあるのでは・・・
生活用品を最低限しかもっていないのは紙類の保管のためらしい。

リトルプレス図書館とか展示室とか作りたいわー。

今日は休養日にしますが、少しは読み進めたい。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2017-02-23 10:23 | 日記・雑記 | Comments(0)
2016年読み終わった本46冊目。


『ご当地発のリトルプレス』

リトルプレス好きなので、関連した本も買ってしまう。

この本はご当地発のリトルプレスということで、47都道府県のリトルプレスを集めて紹介しています。
それぞれの地域ごとにパワー全開で、元気が出てきちゃいます。

新潟からは、わたしもファンである「LIFE-mag.(ライフマグ)」が登場。
「LIFE-mag.(ライフマグ)」は、かなり読みごたえのある雑誌です。

発行部数でリトルプレスになるのでしょうかね。
新潟発のリトルプレスは少ない(またはない)のかもしれませんね。

http://www.life-mag.com/

郷土愛って年々高まってくるので、地域のリトルプレスは必要。
新潟の月刊誌などは宣伝くさくて好きじゃないけど、丁寧に作られたこういうものが生き残ってほしいと思う。

昨年金沢で見つけて数冊買ってきた「そらあるき」も載っていました。
これもお気に入りで今年も最新号を買って帰ってきたのでした。

他の地域のも簡単に手に入ればいいけどそうでもないので、どうしてものものだけ送料をかけて取り寄せている。


いちばん困っていることは・・・捨てられないこと。

もう二度と手に入らないと思っちゃうわけですよー。

片づけ教をとなえつつ、ミニマリストの道は遠い。
ほとんどは雑誌とリトルプレスのせいです・・・
(いやわたしのせいです。)


いつかは作るほうにまわりたい。

--------------------------------------------------
『ご当地発のリトルプレス』
お気に入り度★★★★☆
by amica-aroma | 2016-10-05 21:45 | 読書記録 | Comments(0)

オタクはしあわせ

c0190960_21201228.jpg


リトルプレスやZINE(ジン)がやたらと好きなので、定期的に取り寄せます。

先週から何冊か買ったけど、読む時間がとれていないという・・・


上の写真は恵文社一乗寺店から取り寄せた2冊とリトルプレスについての本(こちらはジュンク堂で)。

『amirisu』は編み物雑誌、『IN/SECTS』は大阪発ローカルカルチャーマガジンです。
どちらも初購入。

編みものも大阪も距離があるようで、情熱をもって作られたことが見るからにわかるようなものはどうしても手にしてみたくて。

c0190960_21202265.jpg


こちらの『月極本2』未来住まい方会議というサイトから購入。

年々どんどんオタク化してくるのは自覚していますが、オタクほど幸せなものはないよね~。


リトルプレスは少数発行だからお値段も高くてそうそうたくさんは買えないし、店頭でパラパラ見られるわけでもないので時にははずれもありますが、だからこそやめられないのかも。


わたしもはやく自分の雑誌(または本)を作りたい。

そう言い続けて、はや何年?
もはや詐欺ですね・・・


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→amica(アミーカ)アロマテラピー教室
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2016-06-06 21:40 | 日記・雑記 | Comments(0)

「てくり20号」を読んで

c0190960_20532425.jpg


先日「続けること」について考えて、そのことを少しだけ日記に書きました。

最低30年という希望

その翌日、毎日必ず寄るジュンク堂書店の棚で「てくり20号」に出会いました。
特集は「続けるひと。」

リトルプレスが大好きなので、いつもチェックしているもの。
リトルプレス?ミニコミ誌?呼び方はともかく。

20号、10周年なのだそうです。


「てくり」は岩手県盛岡市の情報が載っているものです。

盛岡に知り合いもいないし、一回しか行ったことないし、盛岡の情報を知っても・・・と思いそうなところですが、そこがただの情報誌じゃないところで、盛岡の人や物がきちんと紹介されていて、行く予定がなくても充実した内容を楽しめるのです。

ワクワク感と安心感とどちらも味わえる。

地方のものだからといって、その地方の人しか楽しめないというわけではないのですね。
単なるタウン情報ではそうはいかないだろうから、「てくり」だけにしかないなにかがあるのでしょうね。


さて、内容の「続けるひと」

50年続けるデザイナー、常に1番を目指すアスリート、伝統と進化を両立する料亭の若女将、そしてていねいに作り続けられる「てくり」。

さまざまな「続ける」を読んで、しずかながらもふつふつとやる気のようなものがわき出てきました。

てくり



盛岡に一度行ったことがあると書いたのですが、20代の頃、岩手県の安比高原スキー場に数回行ったことがあり、そのうちの一回、わんこそばを食べるためだけに寄ったのです。

確か、盛岡駅の近くのわんこそば屋さんだったと記憶しています。

でもスキーで頭がいっぱいだったわたしたち一行(会社のスキー仲間)は、そのお店以外どこにも寄らず、安比にゴー!

盛岡の街をじっくり訪れてみたいです。


ちなみにわんこそば、一緒に行った4人の中で(男1女3)わたしだけ賞状をもらったような記憶がありますが、いったい何杯食べたんだろう?

今ネットで調べたら、賞状はみんながもらえるっぽい・・・



じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→amica Aromatherapy
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2015-05-25 21:43 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_2125663.jpg


雑誌も大好きだけれど、さらにリトルプレスが大好きで、気になるものがあると手に入れてじっくりみるのが至福のひとときです。

リトルプレスというのは、グラフィック社『リトルプレスをつくる』によると

『自分ひとりで、もしくは仲間と一緒につくる、小冊子のこと。
大手の流通を通さずに売っていく、インディーズスタイルの出版物です。』


これまでにもいろいろと集めてきました。

先日手に入れたのが上の画像の4冊。

n100(カシミアなどが有名なアパレルブランド)が発行する『talking about』というものです。

編集・ライターは岡戸絹枝さん、アートディレクションは有山達也さんという夢のリトルプレス!

「私とおしゃれ」と表紙にありますがファッションのことだけではなく、生き方暮らし方、人にとことん興味を持って話を聞いた結果が表現されていました。

岡戸さんはこのたび新しい雑誌を創刊されるそうで、それもすっごくたのしみ!


本も好きだけど、雑誌やリトルプレスもやめられないわー。

インターネットでジャケ買いして全然自分に合わないものもありましたけど。

増えるので置き場所に困る困る。


 ◆ホームページ→amica Aromatherapy
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2014-10-24 21:23 | 日記・雑記 | Comments(0)
2012年68冊目に読み終わった本。


『自由に遊ぶDIYの本づくり リトルプレス! Zine! フリーペーパー!』石川理恵

『リトルプレスをつくる』に続く本づくりの本。

今回はリトルプレスやジンの紹介とともに物理的な作り方も紹介されていました。

本づくりの参考になる情報満載。
見ているだけでもたのしい。


さて、わたしが本を作るぞ、と宣言してから約1年半。

当初の予定では昨年秋にあたり第一弾を作り終わっているはずでした。

振り返ると言い訳がましくなるから書かないけれど、結果としてできあがらなかった。

今度は大きく宣言するのはやめておきますが、最近少し進んでいると言えるかも。
現在別な課題取り組んでいるので2ヵ月くらい少しお休みしますが、その後進めていきたいです。

わたしも、わたしの本が楽しみです。

--------------------------------------------------
『自由に遊ぶDIYの本づくり リトルプレス! Zine! フリーペーパー!』石川理恵
お気に入り度★★★★☆
by amica-aroma | 2013-01-08 07:21 | 読書記録 | Comments(0)