タグ:メディカルアロマ ( 2 ) タグの人気記事

c0190960_9521114.jpg


8月11日(土)に「メディカルアロマ塾中級2018新潟夏の陣」という講座に参加したことを昨日の日記に書きました。
昨日のお話はこちら→「メディカルアロマ塾中級2018新潟夏の陣」に参加しました(その1→前置き)

今日は講座の内容についての感想を書きます。

講師はフランス在住のアロマトローグ栗栖智美氏。
栗栖氏のブログ→Île des fleurs Paris

事前に「弾丸トーク」とお聞きしていたのでちょっとかまえていましたが、ぜんぜん違っていました。
たぶん、情熱のこもったお話を聴いた方がそういうふうに表現されていたのだと思いますが、人を圧倒するようなマシンガントークではまったくなく、やさしくわかりやすい語り口。
まず朝一番でほっとしました。

まず、フランス産のペパーミント精油がお土産として配られました。
Milly-la-Foretというところで2017年に蒸留されたものとのこと。

Milly-la-Foretはペパーミントの産地で、かつては150くらいの業者があったそうですが、今では一家族のみのなったとのこと。
そこは主にリキュールやシロップ、ハーブを生産しているそうですが、そこで作られたペパーミント精油ということでした。

今うちにあるペパーミント精油よりやさしい香りがします。


内容は3部に分かれていて、1コマずつの受講も可能でしたが、3つすべて受講しました。

1)ケモタイプ
2)精油の品質
3)精油の体への影響

10:00から17:30、お昼休憩を除いて6時間半、先生は1度も座らず、1度もゆるまず、ご自身お持ちの知識や情報を惜しむことなくお話ししてくださいます。

先生のお話の核はバランス感覚。
フランスだから、とか誰が、どこの協会が、とか偏ることなく、必要なお話をお聴きすることができたと思っています。

午前中は「ケモタイプ」について。

ローズマリーとタイムのケモタイプ、ラベンダー(交雑種含む)とユーカリの仲間の多くの精油を嗅ぎ比べました。
普段使わないので数年ぶりに嗅いだ香りもありました。
タイム・ティモールとか。

ちょうど、手書き通信にケモタイプについて書き始めたところで、自分でも復習や確認をしているところだったので、タイムリーでした。


昼食後、2つ目のテーマは「精油の品質」。

成分分析表についてや無添加って何?オーガニックって?
セールストークやビジネス戦略上の事情などに惑わされず、自分の頭と鼻で選ぶことの大切さをあらためて確認させていただきました。

成分分析表がコレクターズアイテムになっていない?というところは耳が痛い。
ただただ捨てずに引き出しいっぱいにとってある。
「精油にこんなにお金をかけたんだ・・・」という確認にしかなっていないことは事実。

アロマの勉強を始めてから15年以上ずっと疑問に思ってきた「実際フランスではどうなのよ!!」という疑問もかなり解決しました、現状。


3つめのテーマは「精油の体への影響」。

内服や高濃度塗布をするかしないかを選択する前に、精油が体の中でどのようにとり入れられ代謝されるかを知っておくのは重要。

そのうえで「しかるべきときにしかるべき量を」

日本では「安全」という名のもとに「事故が起こらない」ことを第一に提唱されているいろいろ。
誰でもご家庭で楽しめるという観点からはよいですが、これから我々専門家の働きかけも重要になってきますね。

この講義の中でいちばん印象に残ったのはディフューザーによる芳香浴について。
ディフューザー使用の危険性について、これまで軽く考えていた部分(特に稼働時間)もありましたが、今回のお話で考え直す部分もありました。
これについては、さらに文献をあたったりしたいと思います。

すべての内容につきお盆休みの間に再度復習しておくつもりです。

c0190960_8324781.jpg


終了後懇親会にも参加させていただきました。
魚沼釜蔵 新潟店

先生のご家族も一緒で、HAPPYなことに席が先生のお嬢さんのお向かい♪
夢のようにかわいい女の子で、ずっと見ていたかった。

初対面にもかかわらず懇親会に入れていただき、いろいろお話をお聞きすることができ有意義な時間でした。
みなさま、本当にありがとうございました!


あともうひとつうれしかったことは、12~13年前、まだ雇われでNARD認定講座の講師をしていた時の生徒さんに久しぶりにお会いできたこと。

その後うちに来てくださったこともありますし、メール等はしていたこともありましたが、お顔をみるのはたぶん8~9年ぶり(?)。
元気いっぱいにご活躍されています。

ランチもご一緒できてよかったです。
ありがとうございました。


これからもさらに、学ぶ機会伝える機会を増やしていきたいと思います。

今回思ったけど、NARD育ちってけっこう出るなぁ。



じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2018-08-13 09:02 | アロマ | Comments(0)
c0190960_855566.jpg


昨日は、「メディカルアロマ塾中級2018新潟夏の陣」という講座に参加してきました。
講師はフランス在住のアロマトローグ栗栖智美氏。
栗栖氏のブログ→Île des fleurs Paris
会場はホテルメッツ新潟。

この講座、2ヶ月ほど前に主催者の方からご案内メールをいただいておりましたが、失礼ながら先生のことを存知上げず(本当に本当にすみません;;;)、予算もめどがつかないし、参加する気はありませんでした。

数日前急に、「参加したほうがいいのかも」という直感のようなものがおりてきて、確認したところその日が申込締切日!
その時点でも予算のめどはついていませんでしたが、勢いで申込んでしまったのでした。

受講料どうしたかというと、今月計画している金沢旅のお金を、引き出しの中に大切に保管していた封筒から出した・・・
金沢旅のお金はまたなんとかするのです・・・(がんばれ自分!!)


ご案内をいただいた方は、少し前にTwitterでフォローいただいていたアロマ講師の方で、科学的な観点からアロマを教えていらっしゃるところが共通していて、最終的にはその方のwebトークにやられました。
この方に会ってみたい、というのが大きな動機になったのでした。
アロマテラピースクール まいか

講師の先生のブログもろくに確認せず、とにかく直感と勢いで申込んでしまい、例のごとく行くまでの数日間不安でいっぱい。
業界の方々とご挨拶や名刺交換などまともにできない、震えちゃう、知り合いがいても緊張するし、いなくても緊張するし、じゃあもう行くなよ!!!!!といういつものようなぐるぐる状態。
それでも学ばなきゃ!という想いで、マンダリンを嗅ぎつつなんとか会場にたどり着く。

対人不安の他に、内容が高度でついていけないのではないか、という不安もありましたが、それは大丈夫だったのでよかったです。
あとでよく見たら「中級」だった。
(最初に見ろ!)

最近外から学ぶ機会がぐっと減っていたので、よい機会となりました。

普段、いろいろな協会や団体から距離を置いてひとりでひっそり活動していますから、新たなご縁をいただいたことも、必要なことだったのだろうと感じています。

昨日お世話になった多くのみなさま、本当にありがとうございました。


前置きがすごーーーく長くなりました。
肝心の内容についての感想は明日更新します!

「メディカルアロマ塾中級2018新潟夏の陣」に参加しました(その2)

なぜならこれからエアロビクス2本出るからです。
東京から帰省した甥っ子ちゃんたちとのテニス大会とどっちに行くか天秤にかけ、結果エアロに行くのだ。
それは力が入るってものです。

腱鞘炎がなければテニスだったんですけどね。



じゃ、たぶんまた明日。
お盆期間もごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2018-08-12 09:41 | アロマ | Comments(0)

ぐだぐだな日記毎日更新中。


by amica(あみーか)