タグ:フレグランスジャーナル社 ( 3 ) タグの人気記事

c0190960_210318.jpg


3月22日(金)に、『ロバート・ティスランドに学ぶ実践版「精油の安全性ガイド」セミナー』に参加しました。

昨年9月に発売された『精油の安全性ガイド 第2版』の著者であるロバート・ティスランド氏の来日セミナーです。

9月の福祉会館アロマ講座終了と『精油の安全性ガイド 第2版』について

ロバート・ティスランド氏といえば、日本で初翻訳されたアロマテラピー書籍『アロマテラピー〈芳香療法〉の理論と実際』の著者です。
それが1985年。
日本のアロマテラピーの入り口といえる。

失礼な言い方になるかもしれないけれど、その方がまだ生きていて、生のお声が聴けるならば行ってみたい、と思って、実は他の予定があり難しい日だとわかっていたものの昨年末に申込んでおいたものです。

c0190960_210419.jpg


受講料が予想の半額くらいだったし、募集人数もそれほど多くなかったので、申込受付初日にすぐ申込んでおきました。
その後、キャンセル待ちのお問い合わせが殺到したそうで、入金前にキャンセルすれば替わりにどなたか1名参加できる、どうしよう、と悩みに悩みましたが、結局参加させていただきました。

といっても、当初からの予定がどうしても動かせず、事前に主催者に許可をいただいたうえで午後から参加しました。
わがままを聞き入れてくださった主催のフレグランスジャーナル社に心から感謝申し上げます。
わがままを許してくださっただけでなく、お電話も当日もとても感じがよくて、到着したときも「間に合ってよかったですね!」などとおっしゃっていただき恐縮しました。

飯田橋の駅から、まったく違う方向に進んでしまい、神楽坂(本当は通らない道)を下って到着したときにはお昼休憩。
ちょうど午後の部から聴講することができました。

お話を聴きながらあらためて思ったことは、リスクを学ぶことが重要なのは効果(薬理作用)があるからだということ。

アロマテラピーをやっていますというと、いまだに胡散臭いものやファッション的なものと思われることが多いです。
そうでなければスピリチュアル系やおまじない的なものとしてとらえられることも。
科学の目で香りを考えたいという想いでずっとやっていますが、なかなか理解されないこの17年。
少しはよくなってきたような気もしますが、まだまだだな、と思う。

精油自体(または成分)の安全性と毒性、そして身体に使用する際の有害反応を、わたしたちがじゅうぶんに知っていないといけない。

ロバート・ティスランド氏のお話は論旨明快でスライドもわかりやすく、全体的に過不足なく満足と感じる内容。
午前中の内容がすっごーく気になります。

『精油の安全性ガイド 第2版』を、今後も手もとに置いて、学び続けようと思っております。

c0190960_21434015.jpg


同じ新潟県内から参加した佐野さんとの笑顔2ショット。

彼女には今回翌日も信じられないくらいさんざんお世話になりましたが、そのお話はまた明日以降。
元気さと細やかさと面白さ全部持つ方で、昨年からお世話になっており感謝。


c0190960_2152156.jpg


飯田橋でのセミナー終了後は、新宿に移動して、友人とチャイナムーン 香港式飲茶専門店で夕食。

新宿でも桜が咲いていました。

c0190960_21525198.jpg


連絡したのが数日前だったのに、予定もあけてくれてお店も予約してくれました。
点心も皿料理もおいしかったです。
油淋鶏はちょっと変わったお味でした。

c0190960_21534477.jpg


友人がくれたお菓子。
プレスバターサンドは今話題なのだそう。
東京にいる間に食べ終わっちゃった!
これまでに食べたことのない食感で、激ウマでした♪

この日宿泊したホテルは歌舞伎町で、これまた迷ってなかなかたどり着けず、いなかのおばさんは、ホストクラブだらけの道で行ったり来たりうろうろ・・・

道に迷ったって何度も書いているけどスマホの経路案内は?って思いますよね。
もちろん見てますよ。見てますけれどもさ。
方向がわからないのだもの。
あと何分っていう表示の数字が増えていくときの嫌な感じ・・・


東京2日目のお話は明日以降また。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ)
 
by amica-aroma | 2019-03-24 22:13 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_6275133.jpg


昨日福祉会館アロマ講座でした。

主催者、参加者のみなさま、会場の福祉会館のみなさまありがとうございました!

M&Pソープを使った石けん作りでは、最後にビーカーに残った石けんで手洗いを試していただきました。
「つるつる~」「白くなったみたい~」とみなさまの目が輝くのが見られて、本当にうれしい。
ご自宅で活用していただけますように。

次回の福祉会館アロマ講座は10月25日(木)
テーマは『ローズパワーでリップクリーム作り』

詳細は近日中にアップします~。


さて、話は変わりますが画像は『精油の安全性ガイド』

第2版が発売され、予約注文していたものが昨日届きました。

左側が1996年発売の初版、右側が今回届いた新版

初版は上下巻の分冊だったものが今回はずっしり重い1冊に。
電子書籍もついているそうです。

早期予約で10%割引で購入したとはいえ、書籍としては購入最高価格を更新しました。
(ケモタイプ精油辞典は例外ね。)
初版もなかなかだったけれど、さらに。

精油を学ぶ、伝え教えるうえでどうしても必要な本なので価格のことは言っていられませんね。

通常の本は、読みたい順に気ままに読んでいくことが多いですが、そうするとずるずるになりそうなので、これは10月いっぱいまでに読み終わるという目標にします。

1996年の初版から22年。
わたしがアロマの勉強を始めた2002年からでも情報はどんどん更新されています。
大幅に追加されたという精油情報(400種)、成分の情報(206種)をしっかり学びたいと思います。

そして、学んだことをアウトプットしていけるようにいたします。


フレグランスジャーナル社のFacebookページによると「来春2019年3月22日(金)、ロバート・ティスランド氏来日『精油の安全性ガイド 第2版』出版記念セミナー開催が決定しました!」とのこと。

ロバート・ティスランド!

フレグランスジャーナル社の紹介ページはこちら→『精油の安全性ガイド 第2版』


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2018-09-28 07:02 | アロマ講座 | Comments(0)
c0190960_1144852.jpg


フレグランスジャーナル社が、「精油の安全性ガイド 第2版」発売記念でフレグランスジャーナル社セレクトのアロマテラピー・香り関連の書籍を【50%OFF】にて販売!ということでしたので、3冊購入してみました。
他はほとんど既に持っている本だったので、この3冊をこの機会に。

 『香りで心と体を整える』千葉直樹
 『クリニカル・アロマテラピー: 第3版 介護 福祉 医療の現場に活かす』ジェーン・バックル
 『香りと五感: 香りで五感の機能と有用性を増進する』外池光雄


9月18日(15:00)まで、対象書籍15冊がwebから半額で購入できるそうです。

フレグランスジャーナル社の書籍は価格が高いものが多いので、今すぐ必要で絶対に読む、というものでないと保留にすることが多かったのです。

会社を退職したのになかなか読書時間が増えていませんが、涼しくなったことですし、しっかり読んでアウトプットしていきたいと思います。

「精油の安全性ガイド 第2版」も9月25日(火)発売で、先行予約割引(これも9月18日(15:00)まで)で注文済。

初版を購入するときも勇気のいる価格でしたが、今回も無職の身にきついことは確か。
でも、自分がどう活かすかにかかっていると思う。

フレグランスジャーナル社


退職したのになかなか読書時間が増えていない、と書きましたが、理由はひとつ。

朝まったく起きられないからです。

ずっと5時~5時半の間に起きる生活だったのに、最近は7~8時くらいまで起きられない。
寝る時間は変わっていないのにどうなっているのだ。
この時間の読書が重要なのに。

焦る気がないわけではありませんが、納得するまで体を休めてからでないと次の職場が決まっても壊れちゃうと思うので、今はもう少し休養期としたいと思います。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2018-09-13 12:06 | 日記・雑記 | Comments(0)