タグ:ニワトコ ( 2 ) タグの人気記事

c0190960_956239.jpg


10月になりました。
金沢旅から1ヶ月が過ぎてしまいましたが、まだ書き終わってなかったのだよ。
9月の後半は行事が多かったのでした。

今年の金沢旅3日目。
2018年8月31日(金)のお話。

c0190960_9562415.jpg


大雨警報が出ており覚悟して外に出ましたが降ってない。

まずは、3年連続の東出珈琲店へ。
昨年気に入ったプリンも注文。

手作りデザートはもうひとつスフレチーズというのもあって、それも食べてみたいのですが、年に一度しか来られないと思うとやっぱりプリン。
本当においしいのです。
昨年よりなめらかになったように感じましたが、誤差の範囲かも。

c0190960_9571396.jpg


その後浅野川大橋を渡ってひがし茶屋街の近くを歩いていたら、石川テレビのキャラクターグッズ店石川さんやがあり、石川さんという友人に2日後に会う予定があったのでお土産を買う。

c0190960_9573542.jpg


「石」っていう字なのね・・・

そして金沢市立安江金箔工芸館へ。

c0190960_9575711.jpg


この近辺の文化施設でクイズラリーをやっていて、その日が最終日というのでせっかくだから参加してみることに。
どこへ行ってもまたも貸し切り状態だったので、たぶんクイズ達成の景品をもらったのはわたしが最後なのでは?

クイズは当たってもはずれてもスタンプがもらえ、4つの施設でチャレンジすると景品がもらえるのですが、はずれるのはいやだ、と何度もまわって答えを確認するあたり。

金沢の金箔シェアは99%。
最初はやはり前田利家のひと声で始まった金沢の金箔作り、その工程を見学しました。

c0190960_1022773.jpg


浅野川沿いに戻って主計町(かずえまち)茶屋街を少しだけ歩く。
茶屋を利用したカフェに入ってみたいけど、ちょっと勇気がなくて今年も入れなかった。

三大茶屋街の中で、いちばん妄想ふくらむ茶屋街です。


次の金沢文芸館でもクイズ。

ここは3年めだし、得意分野なのでクイズはすぐにOK。

いつもボランティアの方が情熱的に話しかけてくるのが金沢文芸館

今年は初めて男性の方でした。
いろいろ質問されるのでそれに答えますが、わたしの話を聞かずどんどん話すおじさん。

でも帰りに「3回目でしたね。またぜひ」とおっしゃっていたので、実は聞いていたのだね。

金沢に住んでいたら、老後のボランティアはここに決まりです。
あの中で1日過ごせるなんて素敵過ぎる。

c0190960_1064396.jpg


昨年休館だった泉鏡花記念館には2回目。
クイズに答えるため真剣に見学。

金沢蓄音器館には、今年こそ行く気なかったが(毎年ほんとすみません)、クイズのため行ってみる。
3年連続ここでお手洗いお借りしました;;;

蓄音機の聴き比べ体験は昨年の訪問で。
金沢ひとり旅(2017)3日目 その3 『金沢蓄音機館~ニワトコ』

昔はレコード針に竹やサボテン、バラのとげなどが使われていたそう。

c0190960_1071073.jpg


これで4つ回ったので、景品のタオルをいただきました。
正直イラスト入りのタオルは普段は使わないけど、まぁ、ね(^^ゞ


ランチは3年連続の食事と喫茶ニワトコさんへ。

開店時間に行ってみたら閉まっていたので臨時休業?と思ったけど、あきらめられずに時間をおいてもう一度行ったらOPENしていました。

お昼ごはんは週替わりメニューおまかせで1種類。

店内撮影不可なので画像はないのですが、メインは「さんまの旨煮」

さんまはあまり得意でなく、ぴっかぴか銀色のさんまがたっぷり出てきたときにはどうしよう無理かも、と思いましたが、ふっくらした身を食べてみたらとてもおいしかった。
骨をとるのに手こずりましたが、食べ慣れないわりにきれいに食べきることができました。
魚を煮付けるのは不得意ですが、こんなに上手にできたら(お店を開いているのだから上手なのはあたりまえだけど)いいですね。

前日食べた金糸瓜(きんしうり)はここでも。
お味噌汁にはごま豆腐が入っていて斬新。
からだと心にやさしい食事です。

店主さんのこだわりがお店のそこそこ(メニューやwebサイトも含め)に感じられますが、とても話しやすい素敵な女性です。

食べ終わったあたりから外はどんどんひどい雨になってきて、トラックが通りを通過するときにお店のウィンドウにバッシャーンと水がはねてかかるくらい。
他にお客様はいなくて、本を読みながら少しゆっくりさせてもらうことに。

食後のドリンクはニワトコジュースと加賀棒茶のどちらかを選ぶシステムで、ニワトコジュースを選びましたが、長居したので、さらにたっぷりの加賀棒茶も出していただきました。
ニワトコは店名でもありますが、エルダーフラワーというハーブ。
大好きな味です。

でも棒茶も負けずにおいしかった。
棒茶がこんなにおいしいとは!

いつも帰り際に「ようこそー」と言ってくださる。
金沢では「ようこそ」は最後に言う言葉らしいのは、初めて行った4年前に知りました。
ニワトコさん、ありがとうございました。
また来年も行きますね☆

3日目の続きのお話は明日以降に続く。

これまでの旅記録など、金沢のお話はこちらから→タグ:金沢


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2018-10-01 10:30 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_8163871.jpg


先々月の金沢旅3日目その3。
(2017年9月25日 月曜日)

3日目のこれまで
金沢ひとり旅(2017)3日目 その1 『尾山神社~東出珈琲店』
 金沢ひとり旅(2017)3日目 その2 『金沢文芸館~寺島蔵人邸』

寺島蔵人邸から少し戻り、金沢蓄音機館へ。

ここは昨年行って、それほど興味が持てなかったのに、お手洗いをお借りしたかったのと、スタンプ集めのため(パスポートで無料で入れる施設をまわりスタンプを集めるとプレゼントがもらえる)に入館した次第です。
すみません・・・

なので、中をゆっくり見る気はなかったですが(ほんとすみません)、ちょうど蓄音機聴き比べが始まったところで、どうぞどうぞ、と椅子を出していただき、他のみなさまに混じって説明を受けることに。

いろいろな蓄音機を鳴らしていただき聴き比べをしたのですが、これが予想外に感動の音!
デジタルよりアナログがよいということで、レコードが見直されている理由もこういうことなのか?

ものすごく古い機械で音を鳴らしているのに、ステージにかぶりつきで演奏を聴いているような臨場感。
本当に生演奏を聴いているよう。

いろいろな機械で何曲か聴かせていただいたのですが、中でも美空ひばりはものすごくびっくりした。
生きていて、すぐそこで歌っている。
美空ひばりは亡くなってなどいなかった!と本当に思ったくらい。

音楽がデータじゃなかった頃。

説明してくださった館長さん(たぶん)が本当に音楽と音と蓄音機を愛している様子もよかったです。

蓄音機館、興味がないと言って本当にすみませんでした。

蓄音機の聴き比べは毎日3回(11時・14時・16時)にあるそうなので、行くならそれに合わせて行くのをおすすめします。


蓄音機館を出て、道を渡ってすぐのニワトコへ。

昨年も行きましたが、もう一回ランチしたくて。

ガイドブックにも出ているしおいしいので満員だったらどうしよう、と開店すぐくらいに行きましたが貸し切り状態。

c0190960_8405781.jpg


店内は撮影不可なので表のメニューのみ。

秋野菜の天ぷらが、見た目からしてまさに秋色で、本当に美しかった。

初めてみる食材があったので、お店の方に聞いたところ加賀野菜のひとつ「金時草(きんじそう)」とのこと。
加賀野菜といっても、熊本や沖縄にもあるのだそう。
(それぞれの地区で別な名前で呼ばれているようです。)

緑の葉の裏側がきれいな紫色で、本当に美しい。

今回天ぷらでいただきましたが、お店の方はおひたしにしたりして日常的によく食べるとおっしゃっていました。

あったら買って帰ろうと思い、帰りに駅ビルのスーパーに寄ってみましたが、見つからなかった。
近江町(市場)とか行けばあったのかな。

ニワトコさんのランチは、しみじみおいしくて、毎日のごはんがこんなだったらどんなにいいだろう、と思う。
食後のニワトコジュースも毎日飲みたい。

1日目に食べたひらみぱんのランチとニワトコのランチをくり返し食べたいわー。

ニワトコさんがあるのは尾張町。
住むならこの近辺がいいな、と思いながら歩きました。

マンションやアパート、いろいろな家を見ながら「ここがわたしの住まいだったら」と何度も何度も想像しました。


金沢旅の記録、あと1~2回で終わると思う。
遅くなりすぎましたからね・・・

これまでの旅記録も含め、金沢のお話はこちらから→タグ:金沢


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2017-11-05 09:13 | 日記・雑記 | Comments(0)

ぐだぐだな日記毎日更新中。


by amica(あみーか)