タグ:サイエンスカフェ ( 117 ) タグの人気記事

公民館サイエンスカフェの第2回に行ってきました。

第1回の日記はこちら→公民館サイエンスカフェ第1回

土曜日はいつも16時(時々14時)まで仕事ですが、5週連続のカフェに参加するため13時上がり(わたしが選べるなかでいちばん早く終わるシフト)に変更して、小走りで会場のほんぽーとへ。

到着したらもう司会の方のあいさつが始まっていました。


今日のテーマは、『なぜクマは大量出没するのか? ~野生動物と人間の共存について考える~』
講師は山本麻希さん(長岡技術科学大学 生物系)

興味深いお話満載で、講義とその後の交流会入れて2時間、息もつかせぬおもしろさ。

とても美しくかっこいい先生(猟師でもあるとのこと)のお話はテンポよくどんどん進みます。

日本は、江戸時代までの3万年もの間、大型野生動物の絶滅がなく、共存してきたのだそうです。
大陸では先進国が入ると必ず3~4割絶滅動物が出ていたのに、日本はその点すごかった。

それが明治に入り安価な銃の普及で100年ほどで激減。

その後ツキノワグマの生態や大量出没、シカについて、里山の利用、生物多様性の重要性、地球のエネルギー、未来・・・と豊富な話題が語られました。

中でも驚いたのは、一番の絶滅危惧種は猟友会!だということ。
獲る人がいない。

その深刻な問題に対し山本さん自ら猟師になったというからすごい。

交流会で先生がお話になった動物を殺して命をいただくことの意味も印象深かった。
今後スーパーでパックになった肉を買うときにちゃんと考えたい。


生物種の絶滅スピードにも驚きました。

現在1日に100種の動物が絶滅している。
100年前には1年に1種、恐竜時代は1年に0.001種だったのに。

WWFの会報で絶滅危惧種の動物の話題には接しているつもりでしたがそんなに多いのだなんて。

今すぐわたしに直接何かできるとは思っていないけれど、まず知ることから。
(まず知る・・・最近の口癖ですね)


今日も紹介のあった新潟の野生鳥獣の問題を解決し、野生動物と人間が共存できる社会を目指して活動をされているという団体
 →NPO法人新潟ワイルドライフリサーチ (Wiron)


今日学んだこと、感じたこと、書きたいことの100分の1(どころか1000分の1か、もっとかも)も書けなくてもどかしい。

自分の薄さ、浅さを毎日感じますがそれはもうしょうがないから、わたしなりにやっていきます。


公民館サイエンスカフェはあと3回。

来週第3回めのテーマは『神秘の海、富山湾の自然』
講師は水中カメラマンの大田希生さんです。

 →公民館サイエンスカフェ


今日は動物との共生がテーマだったけど、アロマを学び教えるわたしとしては、植物との共生にも想いが及びました。
精油の重みもしっかり考えなくてはなりません。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→amica Aromatherapy
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2015-02-07 21:52 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_20492612.jpg


公民館サイエンスカフェ第1回に行ってきました。

いつものジュンク堂のサイエンスカフェではなく、公民館サイエンスカフェ

第1回の今日から5週連続土曜日開催です。

今日のテーマは『認知症とアルツハイマー病って違うんですか?』

興味のある方は多いですよね。
定員を超えるくらい満員でした。

講師は春日健作さん(新潟大学 生命科学リソース研究センター 遺伝子機能解析学分野)。

内容も話し方もすごくわかりやすくて、認知症についての知識をしっかり得ることができました。

昨年秋、「認知症予防アロマ」の講座をするにあたって認知症についての本を何冊も読んだのですが、今日は実際臨床もされている先生のお話を直接聞けて、とてもよかったです。


内容は、「認知症とは?」「アルツハイマー病とは?」「アルツハイマー病の根本的治療」「アルツハイマー病の予防」「実際の症例」の5本立て。
さまざまなデータや実例満載で、今後の生活に活かせる内容ばかり。

アルツハイマー型認知症の原因物質アミロイドベータやこれまでの治療法、糖尿病や喫煙などの危険因子、そしてこれからの治療まで、充実した内容でした。


特に印象に残ったのは最後にお話された「記憶に残らなくても感情は残る」ということです。

どんな出来事だったかの記憶はなくても楽しかったという感情は覚えている。
内容は覚えていないのに悲しかったという記憶が残る。

いちばん最後のスライドで見せてくださった先生の94歳の祖母の笑顔が心に残っています。
アルツハイマー病で孫のことが誰だかわからない。

でも毎日息子がたのしい話をして笑わせてくれるしハッピーなのだって。

ハッピーな理由なんてなくていいのだな。
ただハッピーだからハッピーでよいのだ。

それを教えてくれる笑顔でした。


誰だってボケたくはないし家族がそうなるのもつらい。
でも悲観したり否定したりせず、たのしく笑っていられたらいいな。

そしてまず重要なのは「知ること」

知識や情報があれば予防や対策ができる。

これからも脳のこと含めいろいろと勉強していきたいと思います。

コーヒー代200円だけで、こんなに充実したお話が聴けるなんて、サイエンスカフェっていいですね~。
今日のコーヒーはかなりおいしかったです!


さて来週のテーマは全然違う分野で、『なぜクマは大量出没するのか? ~野生動物と人間の共存について考える~』
講師は山本麻希さん(長岡技術科学大学 生物系)

詳細は→公民館サイエンスカフェ


わたしは5週連続参加予定なので、5週連続(先週も入れると6週連続)サイエンスカフェの話題ですよー。

アロマと関係ないと思う?
No-----!!!!!

アロマテラピーを学ぶ(または教える)にはさまざまな周辺知識が必要。

確かに直接的にはクマとは関係ないかもしれないけれど、サイエンスを学ぶ心なくしてアロマは教えられないと信じるわけであります。

あ、でもサイエンスと言われてもちょっと・・・と思う方もアロマ講座は楽しんでいただけますのでぜひ☆
サイエンスはわたしの心の問題で、講座ではわかりやすくたのしくをモットーにごきげんアロマを提唱しております。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→amica Aromatherapy
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
 →2月、3月のスケジュールアップしました。
by amica-aroma | 2015-01-31 21:36 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_21252167.jpg


昨日「サイエンスカフェにいがた」に参加したことを書きました。

 →「第84回サイエンスカフェにいがた」に参加しました


さて、講座終了後の交流会にも参加させていただきました。

古町(正確には東掘通8番町)のささ泉さん。
昨日の講師佐藤健太郎さんの中学の同級生なのでそうです。

c0190960_2126412.jpg


おいしくて美しくて最初だけ写真を撮っていましたが。

c0190960_21261651.jpg


緊張のあまり最初のビールで酔っ払い状態。

日本酒もとてもおいしくて、もっと飲みたかったのですが、このままでは初対面の方たちの前でベロベロニなっちゃう・・・と我慢。

しかし我慢むなしくけっこう酔っていて、無茶なお願いをしたようで、今日になってから青ざめましたけどね。
やっぱり日本酒はひとくちでもダメですね。反省・・・

c0190960_21262641.jpg


佐藤さんは折り紙も得意で、箸袋がいつの間にからせん状のオブジェに。


普段まったく接することのない職種やタイプの方々のお話が聞けて、ものすごく刺激的でした。

緊張と反省ばかりではありますが、勇気を出して参加してみてよかったです。
みなさまありがとうございました。


今回初めてTwitterに書き込みしたので、まとめサイトに載せていただいたりRT(リツィート)していただいたりしました。
あまりお作法がわからないのでわたしも恐る恐るいろいろやってみたり。

つながり恐怖症なのでなんとか。
つながり・・・恐怖でもあり恋しいものでもある。

自分が一方的に発信することの多いブログはもう10年以上やっているのですが(このブログの前にもいくつも)、SNSには近づかないようにしていたこれまで。
(関連する会社で働いているのにね)

友人知人でもひとりもやっていないこともあって(今や珍しい?)やってこなかったけれど、これからはある程度必要なのでしょうかね。
とりあえず、Twitterはやっていたことでなんとかなったかな。


今気づいたのですが、先月のサイエンスカフェにいがたの感想記事に、そのときの講師林豊彦先生が今日コメントをくださいました。

 →「第83回サイエンスカフェにいがた」参加しました

林先生のコメント必見です。
感激です。ありがとうございます。

12月に続きのお話があるそうなので、たのしみ。
ごあいさつできたらいいな。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな週のはじまりになりますよう~ciao♪


 ◆ホームページ→amica Aromatherapy
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2015-01-25 22:15 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_21585268.jpg


今日「第84回サイエンスカフェにいがた」に参加しました。
昨年から参加させていただき、わたしとしては4回目となりました。

 これまで参加したときの日記
 →サイエンスカフェにいがた初参加
  サイエンスカフェにいがた2回目の参加
  「第83回サイエンスカフェにいがた」参加しました

テーマは『国道って何だろう』

国道ですよ、国道。
夫に「何の講座に行くの?」と聞かれ「国道」と答えたら「こくどうって道のこと?」と聞かれたわ。

そうですよー道ですよー。


講師は佐藤健太郎先生。

最近国道の本を出版され、売れているのだそうです。
(まだちゃんと読んでいなくてすみません・・・)



佐藤さんのことは、化学系の本の著者として知っていましたが国道マニアでもあるのだそう。


正直言いまして、国道にはほとんど興味がなかったのです。

でも、講座はものすごく面白かったです!
どのお話もすごく面白くて、時間があっという間に過ぎました。

c0190960_2218954.jpg


新潟市は国道の数が13で全国トップなんですって。(大阪市とタイ)
本町交差点には8本の国道の起終点があってこれも全国最多なんですって。

知ってた!?
どうでもいい?

わたしはこういうことを知るのはおもしろいです。

前回もそうだったけど、先生が好きなものについて語るのは本当に素敵。
オタクやマニアバンザイですよ。

佐藤先生のファン(国道のファン?)は多いようで、質問もたくさん出ていたし、終了後著書にサインを求める方の列がいつまでも。


今日はわたしとしてはものすごーーーく珍しいことに、講座の後の交流会(先生とスタッフと受講者)にも参加しました。

対人恐怖(本当ですよ!誰も信じないけど!!)のわたしとしては自分でもどうしたんだ?という感じなのですが、そういうタイミングだったとしかいえないわ。

交流会のことは明日以降書きます。

 →サイエンスカフェにいがた

来週からは5回連続で「公民館サイエンスカフェ」があります。

 →公民館サイエンスカフェ

わたしは5回とも参加予定です。
興味がある方はぜひ☆


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→amica Aromatherapy
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2015-01-24 22:45 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_2057202.jpg


今日は「第83回サイエンスカフェにいがた」に参加してきました。

個人的には3回目の参加です。
 →サイエンスカフェにいがた初参加
  サイエンスカフェにいがた2回目の参加

今回のテーマは「バッハって、どうして"音楽の父"なの?」
このテーマはシリーズもので今回が4回目。
同じ講師のサイエンスカフェも7回目らしいです。

1回目から行きたかったわー。

なぜバッハがサイエンスなのかは受講前も受講後もわからないけれど、ともかく。

講師は林豊彦先生で、新潟大学の自然科学系の教授とのこと。
なぜバッハ?と思い改めて経歴等を検索してみてもバリバリの理系。

理系の先生がバッハを語るからサイエンスカフェ?


さて、この林先生が、もう本当に心の底からたのしそうにうれしそうにお話しされるので、こちらもうれしくなっちゃって。

先生が好きなことを好きなように教えるのって本当によいことなんだな。
何かを習うなら心からそれを好きな先生に習いたいし、自分もそういう先生になりたいと思いました。

チェンバロ奏者の飯田万里子さんの演奏もあり、大盛況でお席もぎゅうぎゅう。

音楽を勉強した人やよほどのクラシックファンじゃないとわからないような用語も出てきた(たぶん)ので、多くはバッハファンなのかな。

ほんの少ーしだけ音楽経験者とはいえ知識はあまりないので、新鮮な気もちで聴かせていただきました。

バッハの音楽を聴いていると、揺れたりざわめいたりしていた心がどんどんまっすぐになっていって最後にはしーんとなる。
心がざわざわするときはバロック音楽に限る。


バッハはわたしにとって面倒なものだったけれど、すごい人だってことが改めてわかりました。

いや、すごい人って知っていたけどさー攻略できなかったからさー。


今回でこのシリーズは最終回の予定だったそうですが、あまりにも語りきれず来年に持ち越しだそうです。
忘れず必ず申し込まなくちゃ。

 →サイエンスカフェにいがた


じゃ、たぶんまた明日。
クリスマスもうすぐ!ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→amica Aromatherapy
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2014-12-20 22:01 | 日記・雑記 | Comments(6)
c0190960_2135818.jpg


先月初めて参加した「サイエンスカフェにいがた」に、今日2回目の参加をしてきました。

 →サイエンスカフェにいがた初参加

今回のテーマは『ケミストリークエスト体験と誕生秘話』

講師は米山維斗さん(中学3年生でケミストリー・クエスト株式会社代表取締役)


小学校3年生のときに化学のカードゲームを考案して、いまや株式会社の社長になった中学生ということで、どんなに生意気なマセガキがくるかと思いきや(失礼)、生意気さやいばったところのまったくない、普通に感じのよい少年でした。
賢くて、話し方や話す内容はわたしよりずっと大人っぽかったですけどね。

4歳から天文学や鉱物学、化学などさまざまな分野に興味を持ち、雑誌Newtonをボロボロになるまで読んでいるという・・・

市販のゲームを学校に持ち込めないことから、手作りのゲームを作って化学を友達と共有したということです。


さて、上の画像がそのケミストリークエストというゲーム。

2人1組でやるのですけど、わたしとペアになってくださったのは、講師米山さんの弟さん!

すっごくかわいい中学1年生で、もたもたと迷うわたしにうま~くアドバイスをくれて、自然に勝たせてくれちゃう賢さと素敵さ。

お兄ちゃんのことが大好きだそうで、ゲームの面白さや小さな子どもにとってのメリットなども説明してくれました。

化学抜きでゲームとしてとても面白い。
誰でも楽しめるし、頭の体操にもなりそう。

よくできていると思いました。

小学3年生で考案したのはすごいのか、小学生だからこそ面白くできたのか。
どちらもあるのでしょうね。

c0190960_214479.jpg


これは今日配られたシールで、入門編に出てくるさまざまな分子がキャラクターになったもの。

高校のとき、相当化学に苦労したわたしですが、こんなふうにたのしいゲームになっていたり、キャラクターが出てきてくれたらもっと楽しかっただろうな。

アロマインストラクターの試験で必ず出るイソプレン(C5H8)の化学式や構造式でさえ覚えるのに工夫が必要でしたからねぇ。
テストはいつも点数1ケタだったし、化学は天敵でしたわ。


米山さんのお話で印象に残ったのは、このケミストリークエストが、子どもにはゲームにしか見えないけど大人には化学の勉強をする何かにしか見えないということ。

このゲームの目的は、勉強ではなく、理科への敷居を低くすることだという。

遊んでいるうちに自然と化学式や構造が頭に入ってくるので、実際勉強するときにとっつきやすくなる。

それはわたしと対戦してくれた弟さんも言っていました。

ゲームが面白いからやっているのだと。

わたしから見たら、一瞬で化学式がわかるのですごい!と思ったけれど、別に覚えようとしたわけでなく、ゲームを楽しんでいるのだと言っていました。


ということで2時間充実した時間をいただいたのですが、最後に一番感動したのは、ゲーム対戦につきあってくれた弟さんが、わざわざ「今日はありがとうございました」とかわいく挨拶に来てくれたことです。

いやー素敵~将来が楽しみ。
こちらこそありがとうございました!


また参加したいと思います。

 →サイエンスカフェにいがた



 ◆ホームページ→amica Aromatherapy
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2014-08-09 21:51 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_19554912.jpg


昨日は、ジュンク堂の地下カフェスペースで行われた「サイエンスカフェ」に初参加してきました。

ジュンク堂にはほぼ毎日行くので、これまでにも何度も何かやってるなーと思ってみてきたイベントですが、2日前に急に思い立って初めて申込をしてみたのでした。

今回のテーマは、『ワインと宇宙と化粧品の統一理論』

講師は吉武裕美子先生(長岡技術科学大学、Kawaii理科プロジェクト代表)。

表面張力のお話を、わたしたちの手も使っていくつか実験をしつつ、わかりやすいお話を聞くことができました。

テーマの通り、ワインと宇宙と化粧品、どれを語るにも重要な表面張力。

わたしのいちばんの興味はやはり化粧品ですが、お化粧のノリや塗りやすさ、肌触りなどに表面張力が大きく関係していること、固体(ここでは皮膚)の表面張力を測定するのは難しく、今回お話しくださった吉武先生が世界で初めて測定に成功したということを知りました。

今後まだまだ研究成果が期待される分野なのですね。


ものごころついたときから理科が大っきらいだったのに、最近はどんどん興味がわいてくる。

これもみな、アロマに出会ったおかげ。

でも、考えてみればアロマに出会うずっと前、化粧品会社に入ったときから科学の世界に足を踏み入れていたのですよね。
自分ではまったく気づかないうちに。

サイエンスカフェにはまた参加してみたいです。

 →サイエンスカフェにいがた


さて、冒頭の画像は先生が見せてくださった「Kawaii理科プロジェクト」の作品。

かわいいまるいものはミッキーマウス・・・ではなく、水分子。

あー、はい。

まん中のしろいまるが酸素でミッキーの耳みたいにふたつくっついているのが水素ってことですね。
ちゃんと角度を105度に測って貼りつけたそうです。

またDNA模型のストラップや電卓を分解した部品で作ったピアスなども。
(分解モノは画像に写っていませんが)

理科をもっと身近に感じてもらうためのプロジェクトで、おしゃれさやかわいさを追求しているのだそう。

おしゃれでかわいいかどうかは別として、食わず嫌いだった理科のおもしろさをもっと追求していきたいな、とは思っています。



 ◆ホームページ→amica Aromatherapy
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2014-07-13 19:52 | 日記・雑記 | Comments(0)