タグ:サイエンスカフェ ( 129 ) タグの人気記事

公民館サイエンスカフェ第1回(2020年)『スーパーコンピュータとビッグデータと人工知能ニューラルネットワーク』_c0190960_21311943.jpg

本日から、今年度の「公民館サイエンスカフェ」がスタートしました。
1年間楽しみに待っていたこの季節。

「公民館サイエンスカフェ」は10年目だそうです。
個人的には2015年から参加で、本日23回目。

ゲストは内田希さん(長岡技術科学大学 分子機能シミュレーション研究室

恥ずかしながら正直に言いますと、「ニューラルネットワーク」という言葉を知らなくて、難しいものなのでは?と思っていました。
自分が知らないからってみんながそうだと限らないのに、タイトルが難しそうで集まらなかったらどうしよう、と予想していたことを深く反省いたします。

そんな勝手な予想に反して、定員を大幅に超え60名以上が集まってくださいました。
年々認知度も高まって、参加者も増えて、わたしたち企画委員としてもうれしい限りです。
受付のチームワークもアップしてきました!


さて本日の内容『スーパーコンピュータとビッグデータと人工知能ニューラルネットワーク』
タイトルの通り3つのお話ですが、配布された資料のタイトルは「計算機に出来ること」とありました。
資料をざっと見ただけでもおもしろそう!

まずは1つめのスーパーコンピューターのお話は計算機の歴史から。
そろばん、計算尺、手回し計算機、初期の電卓、パソコン、ポケコン、スパコン、何かと話題になった「京(けい)」etc

中でも興味をひかれたのは、ENIACというもの。
画像でみると、計算機というより家とか倉庫とか建物では?
弾道計算や水爆開発に使われたそうです。
それにはケーブルを抜き差しするENIAC Girlsという係の女性がいたのだそう。
今それがあったらENIAC Girlsに入りたいー。

2つめはビッグデータのお話。
内田さんは専門外とのことですが、わかりやすく紹介してくださいました。

そして3つめの人工知能ニューラルネットワークのお話。
コンピュータで人間の脳をまねる。学習の結果人間と同じように判断すること。

これは実際に予測する過程を見せていただき非常に興味深かったです。
貴重な学習の機会が得られました。

わたしにとっては一部難しいところもありましたが、全体としてすっごくおもしろかった。
先生の、ズバズバッと切りこんでいくお話のしかたも好きな感じ。

最後の最後に、命題として「人工知能により人間は職を失うのか。そして人類は汎用人工知能により支配されるのか」というお話。

「怖がるなら勉強したうえで正しく怖がってください」とおっしゃったのが印象的でした。
考えるには、まず勉強が必要なのですよね。
いろいろな知識や情報を、今後も学んでいきたい。
そういう意味でも、サイエンスカフェと出会ってよかったな、と心から思います。

ちなみに、「人工知能により人間は職を失うのか」についての答えは「奪われない」。
たとえ単純作業が奪われたとしても、人間のやることはある。
クリエイティブで、人間にしかできないことが必ずあり、変わるだけである、ということ。
(変化→進化)


講師の内田さん、東地区公民館のみなさま、「サイエンスカフェにいがた」の本間さん、企画委員でご一緒したみなさま、そして参加者のみなさま、ありがとうございました!
あと3回、どうぞよろしくお願いします。


終了後、長岡から参加してくれた友人とお茶。
サイエンスカフェの感想を言いあったほか、有意義な話をたくさんすることができました。

彼女は人工知能やプログラムについて学んでいて、賢くて分析力にも長けているので、話しているだけで楽しい。
ありがとうございました!
またお話しましょう~♪


来週(2月1日(土))第2回目があります。


これもとても楽しみです。
ご都合のつく方はぜひ☆

詳細は下記よりご確認ください。
◆サイエンスカフェにいがたページ→新潟の科学 - 公民館サイエンスカフェ
◆新潟市東地区公民館ページ→公民館サイエンスカフェ 科学を身近に 知るを楽しむ


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ) 

by amica-aroma | 2020-01-25 22:39 | 日記・雑記 | Comments(0)
今日は母の誕生日で、数日前には父も誕生日で、久しぶりに実家の家族で集まって食事をしました。
父は昨年手術をしてからだいぶ弱っているので、こういう機会も最後かも、と思いつつ楽しく過ごしました。
弟とはなかなか会えないので。
それぞれおいしいものを持ち寄って交換会になったり。

弟は運動オタクで、わたしとは別なスポーツクラブに通っています。
レズミルズの話をしていたら母が「レッツミルク」って何?と聞いてきたのでおもしろかった。
(※レズミルズはグループフィットネスプログラムの提供会社のこと。)

年々親やまわりの人や自分の命に対する感謝の気もちが増していきます。
一瞬一瞬大切に過ごしていきたいです。


さて明日からいよいよ「公民館サイエンスカフェ」はじまります!
定員を大幅に超えるお申込みをいただいているそうです。
定員を超えていいの?と言われそうですが、椅子が用意できる最大限までは受け付けております。

詳細は下記よりご確認ください。
◆サイエンスカフェにいがたページ→新潟の科学 - 公民館サイエンスカフェ
◆新潟市東地区公民館ページ→公民館サイエンスカフェ 科学を身近に 知るを楽しむ

今週来週は予定がありすぎてうれしい悲鳴。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ) 

by amica-aroma | 2020-01-24 22:50 | 日記・雑記 | Comments(0)
2020年が始まってもう18日。
気づけば1週間後から「公民館サイエンスカフェ」が始まります。

昨年から職場を変わって、参加できるか心配していましたが、なんとか4回とも参加できそうで楽しみです。
内容は下記の通り。
興味のある回を選んで参加でもOK。もちろん4回通して参加でも。

200円のドリンク代だけで専門家のお話を聴くことができる貴重な機会です。
ご希望であれば直接質問もできます。
少しでも興味をひかれるものがありましたら、足を運んでみていただければと思います。

【2020年1月25日(土)】

【2月22日(土)】
 佐藤高晴さん(元 広島大学大学院総合科学研究科)

時間:午後1時30分~3時00分  
※終了後引き続き希望者で30分間ゲストとの交流会(質問&トーク)もあります。
会場:新潟市立中央図書館(ほんぽーと)
参加費:各回200円(飲み物代)
定員:先着45名

詳細は下記よりご確認ください。
◆サイエンスカフェにいがたページ→新潟の科学 - 公民館サイエンスカフェ
◆新潟市東地区公民館ページ→公民館サイエンスカフェ 科学を身近に 知るを楽しむ

今年も、多くの方とサイエンスの学びの楽しみを味わいたいと思っています。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ) 



by amica-aroma | 2020-01-18 22:23 | 日記・雑記 | Comments(0)
「第114回サイエンスカフェにいがた」に参加しました_c0190960_21055595.jpg


一昨日(12月21日)、「第114回サイエンスカフェにいがた」に参加しました。

例のごとく、拙い感想文を書きたいと思います。

テーマは『「バッハって、どうして”音楽の父”なの?」シリーズ バッハ復活 ~協会設立、全集の出版~』
ゲストは林豊彦さん(新潟大学自然系教授 大学院自然科学研究科/工学部人間支援感性科学プログラム、新潟市障がい者ITサポートセンター長)です。

林さんが「サイエンスカフェにいがた」でお話されるのは11回め。
(「公民館サイエンスカフェ」を入れると12回だそうです。)
進行の際10回と言ってしまいましたが、わたしの誤りでした。申し訳ありません!!

その中でバッハシリーズは7回め。
わたしがお聴きしたのは今回が4回目でした。

これまでのバッハカフェに参加したときの感想

音楽ファン、林さんのファン、サイエンスカフェのファンで客席はほぼ満席。
今回が初参加という方も予想より多くいらっしゃいました。

なので前回の復習から入り、今回のテーマである全集出版まで盛りだくさん。
プレゼン資料は1枚残らず印刷して配布してくださり、それだけでも大財産です。
楽しそうに情熱的にノリノリでお話されるスタイルはこれまで通り。
うれしいことに、最後「来年に続く」とおっしゃってくださった!

わたしが最初にバッハカフェに参加した5年前は、「サイエンスカフェにいがた」への参加もまだ3回目で、スタッフのみなさまともお話したこともなかったし、「公民館サイエンスカフェ」の企画委員にもなっていなかったし、今より視野も狭かったし、どうしてバッハのお話がサイエンスなのかわかりませんでした。
昔少しだけ音楽を勉強したことがあるのですが、その時に自分がやってきたことはサイエンス(その頃のわたしがサイエンスだと思っていたこと)とは対極にあるように感じていたからです。
それが昨年今年とやっと(少しだけれど)わかるようになった気がします。

林さんのお話は、徹底的に資料にもとづいており、基本的に楽曲自体のことは出てきません。
もちろん、結果として音楽の素晴らしさや美しさを感じるのですけれど。

終了後の交流会の中で林さんご自身がおっしゃっていましたが、バッハをネタとして社会学や歴史の話をしているのだ、ということ。
未経験者にはわからない音楽用語などが出てくることがあったとしても、音楽家になるわけではないのでそれは大きな問題ではない。
社会の勉強であり、生命の勉強がサイエンスだからだ。

サイエンスとは、学校の科目のようにこれは理科、こっちは国語などと分けられるものではいのだろうと思います。
サイエンスは文化なのですね。

こうして今回も、学んだことの10000分の1くらいも書けない感想文ですが、誰かひとりでもアンテナに引っかかって、サイエンスカフェに参加してみようかな、と思ってくださる方がいれば本望です。

林さんは今月3日、文部科学大臣功労者表彰も受けられたとのこと。
様々な分野でご活躍されていらっしゃり、いつ寝ているのだろう?と思うくらいエネルギッシュに活動されています。
バッハの他にもまたいろいろなお話をお聴きできるのを楽しみにしております。

ゲストの林さん、サイエンスカフェにいがたスタッフのみなさま、ご一緒した参加者のみなさま、会場のジュンク堂書店のみなさま、今回もお世話になりありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

次回の「サイエンスカフェにいがた」は4月以降の予定だそうです。
1月2月は「公民館サイエンスカフェ」がありますから、そちらへぜひ☆

サイエンスカフェについての詳細はこちら


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ) 



by amica-aroma | 2019-12-23 22:12 | 日記・雑記 | Comments(0)
「第114回サイエンスカフェにいがた」の感想は明日書きます_c0190960_22011008.jpg

本日第114回「サイエンスカフェにいがた」に参加しました。
画像は、終了後の交流会のもの。
ゲストの林さんはじめ濃いメンバーの方々とわたしなどがご一緒させていただき申し訳なかったが、超勉強になった。
すべての会話を録音か録画しておきたいくらい。

「サイエンスカフェにいがた」今回も充実した内容でした。
酔っぱらっているので感想は明日書こうと思いますが、あまりにもいい話が多すぎて(特に交流会)、再現できる気も感想が書ける気もまったくしない。
でも明日書こうと思ってます。

ジュンク堂での「サイエンスカフェにいがた」は次回4月の予定だそうです。
しばらくあきますが、その間に「公民館サイエンスカフェ」があるので、そちらにぜひ。

「公民館サイエンスカフェ」のお知らせ



サイエンスカフェとは別のお話ですが、今日いらした方がわたしの福祉会館アロマ講座が先日100回目を迎えたことに対してのお言葉をかけてくださいました。
とてもうれしかったです。
うまくいってもいかなくても、いろいろなことがあっても、とにかくできる限り続けていこう。

サイエンスカフェへの参加も、できる限り続けたいです。

本日お世話になった皆々様、本当にありがとうございました!


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ) 



by amica-aroma | 2019-12-21 22:30 | 日記・雑記 | Comments(0)
今年度(2019年度=2020年)実施の「公民館サイエンスカフェ」についてご案内いたします。
既にお申込受付が始まっております。

企画委員として参加させていただき5年になります。
今年は新しい職場に移ったのでこれまでより休みがとれず、企画会議に参加できない会もありましたが、少しでも参加することができ、こうして実現するという運びになりとてもうれしく思います。

今年度のテーマやゲストは下記の通りです。
昨年度同様4週連続ではなく2回目と3回目の間が1週あきます。

【2020年1月25日(土)】

【2月22日(土)】
 佐藤高晴さん(元 広島大学大学院総合科学研究科)

時間:午後1時30分~3時00分  
※終了後引き続き希望者で30分間ゲストとの交流会(質問&トーク)もあります。
会場:新潟市立中央図書館(ほんぽーと)
参加費:各回200円(飲み物代)
参加申し込み:2019年12月18日(水)より受付中
定員:先着45名

4回全部の参加でなくても、興味のあるテーマだけの参加でOKです。
まだ少し日にちが先ですが、土曜の午後、一緒に学びませんか?
お申込先は東地区公民館(電話orメール)ですが、わたし宛でもいいですよー。

今回は、東地区公民館の方と他の企画委員の方とご一緒して、3回目の土門先生のところへお願いに上がりました。
いろいろなお話をたっぷり聞かせていただき、実験室まで見せていただいた時のお話はこちら→「公民館サイエンスカフェ」企画進行中→さらにその後

ある植物成分(ヒノキチオール)が肺炎球菌に有効という研究結果が発表されたというニュースをみて、今年の公民館サイエンスカフェは絶対これだ!と思って提案したもの。

実現してとてもうれしいです。
アロマ関係者ならみなさんご興味あるはず!
もちろんアロマ関係者でなくても。

他のテーマも興味深いものばかり。
詳細は下記よりご確認ください。
◆サイエンスカフェにいがたページ→新潟の科学 - 公民館サイエンスカフェ
◆新潟市東地区公民館ページ→公民館サイエンスカフェ 科学を身近に 知るを楽しむ


「公民館サイエンスカフェ」は来年ですが、明日はジュンク堂の「サイエンスカフェにいがた」があります!
お席がほぼ埋まったようですので、当日参加ご希望の方は、ジュンク堂書店新潟店の1階レジか電話(025-374-4411)で残席をご確認くださいますようお願いします。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ) 


by amica-aroma | 2019-12-20 22:36 | その他 | Comments(0)
「第114回サイエンスカフェにいがた」のお知らせ『「バッハって、どうして”音楽の父”なの?」シリーズ バッハ復活 ~協会設立、全集の出版~』_c0190960_21424534.png

今月「第114回サイエンスカフェにいがた」が開催されますのでお知らせいたします。

テーマは『「バッハって、どうして”音楽の父”なの?」シリーズ バッハ復活 ~協会設立、全集の出版~』
ゲストは林豊彦さん(新潟大学自然系教授 大学院自然科学研究科/工学部人間支援感性科学プログラム、新潟市障がい者ITサポートセンター長)

2019年12月21日(土) 15時30分~17時00分
会場はジュンク堂書店新潟店地下1階Café Space。

今回は特別にワインも選べますよー。
参加費は、ワインをご希望の方は600円、ホットコーヒー・アイスコーヒー・ホットティー・アイスティーのどれかをご希望の方は500円です。

年末恒例大人気のバッハシリーズ。
サイエンスカフェのファンだけでなく林先生のファンがたくさん集まる会でもあります。
もちろんわたしもそのうちのひとり。
お話に引き込まれること間違いなしです。楽しみです!!

クリスマス前のひととき、ワイン片手にバッハのお話に浸りませんか?
音楽や科学の知識がなくても大丈夫です。
どんなものかな?と少しでも興味のある方はぜひ☆

詳細は「サイエンスカフェにいがた」のサイトへ→サイエンスカフェにいがた


年が明けるといよいよ「公民館サイエンスカフェ」もあります。
詳細は近日中にお知らせできると思います。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ)

 

by amica-aroma | 2019-12-11 21:54 | 日記・雑記 | Comments(0)
「第113回サイエンスカフェにいがた」に参加しました_c0190960_20230033.jpg

昨日は、「第113回サイエンスカフェにいがた」に参加しました。

テーマは『ニホニウムとめくるめく元素の世界-国際周期表年に』
ゲストは新潟大学理学部核化学研究室の後藤真一さんです。

ついこの間100回記念と言っていたような気もするのに、もう113回なんですねぇ。
ちなみにわたし個人の参加は31回目(たぶん)。
まだまだ新参者でございますが、今回は進行役をさせていただきました。
噛んで噛んで焦りました・・・申し訳ない。
進行だったため、上の画像の角度がそんな感じであります。

さて第113回ということで113番元素!

後藤さんのお話は2017年の「公民館サイエンスカフェ」でもお聴きしました。

やさしい語り口とわかりやすいお話はその時と同じで、安心してじっくり聴かせていただける雰囲気です。

まず、元素と原子の構造、周期表のなりたちから。
いろいろなボールの例を出してくださって、「ボールの種類=元素、ひとつひとつのボール=原子」
あぁ学校でもこういうふうにわかりやすく教えてほしかったものだわー。

次に、わたしがいちばんおもしろかったと感じた「元素の発見の歴史」のお話。
人名はメンデレーエフくらいしか知らなかったですが、様々な研究者が様々な説を掲げていろいろな形の周期表が作られました。

あたりまえだけだけれど、今があるのはいろいろな人のいろいろな研究とその結果が積み重なったおかげ。

サイエンスカフェに参加して毎回思うのは、今の常識が絶対ではないということ。
これまで常識とされていたことも明日には変わるかもしれない。
知的好奇心を満たすため、暮らしに役立てるため、人類や地球に貢献するため、いろいろな理由で研究してくださる方々があってこそのわたしたちの今がある、ということを常に学ばせていただいている気がします。

昨日のお話に戻ると、その後「元素の人工合成とニホニウム」のお話。

昨日参加できなかったみなさんにも聴いてほしかったなぁ。
テレビ番組などで特集してほしい。
後藤さん自身も研究に関わっておられ、お話しくださったエピソードは聴衆みんなで興奮してお聴きしました。
超エキサイティング!

最後に「周期表の見直しや拡張に向けて」

さきほども書きましたが今の常識が絶対ではないので、今後の周期表にも注目していきたいです。

「第113回サイエンスカフェにいがた」に参加しました_c0190960_21243323.jpg

昨日配布していただいた豪華おみやげ。

周期表いろいろと3種類&理化学研究所のマンガ「113」
このマンガには「ニホニウム発見に挑み続けた研究者たち」が描かれていて、今日半分くらいまで読んだので残りを読むのが楽しみです。

ジュンク堂でのサイエンスカフェ終了後、例のごとく図々しく交流会にも参加させていただきましたが、やっぱりもう少し予習していけばよかった・・・

勉強と語彙が不足しているためになかなかお話できず残念。
でも、毎回交流会では本番よりもさらにメモを取りたいくらい興味深いお話が聴けるのです。
たとえばアボガドロ定数(確か習ったよね。内容はまったく1ミリも覚えてないけど)は日本の技術力によって変わった、とか。

え?飲み会の話題としておもしろそうじゃない?
いやいや、それをおもしろく語れるのですよー。
わたし以外のみなさん、社会のいろいろもサイエンスも話題が幅広くておもしろいのです。
後藤さんが元素のお話をする時のうれしそうな目の輝きも印象深かったです。

ゲストの後藤さん、サイエンスカフェにいがたスタッフのみなさま、ご一緒した参加者のみなさま、会場のジュンク堂書店のみなさま、今回もお世話になりありがとうございました!

毎度毎度、拙い感想で申し訳ございません。
内容に誤りや不適切なところがありましたらお知らせいただけますと幸いです。


次回の「サイエンスカフェにいがた」は12月21日(土)予定。

テーマは『「バッハって、どうして”音楽の父”なの?」シリーズ バッハ復活 ~研究対象としてのバッハ~』
ゲストは林豊彦さん(新潟大学自然系教授 大学院自然科学研究科/工学部人間支援感性科学プログラム、新潟市障がい者ITサポートセンター長)です。
大人気のバッハシリーズですね~☆

サイエンスカフェについての詳細はこちら→http://www.ecosci.jp/n-cafe/

昨年に引き続きバッハのお話がお聴きできるのでうれしいです。


ところで、後藤さんお勧めの本(サイエンスカフェの場では紹介なし。「サイエンスカフェにいがた」のサイトで参考文献として紹介されています。)を今日図書館で借りてきてみましたが、読みなこなせる自信はない・・・

もう少し読書時間をとりたいです、本当に。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ) 



by amica-aroma | 2019-10-06 21:56 | 日記・雑記 | Comments(0)
本日「サイエンスカフェにいがた」があります!

「第113回サイエンスカフェにいがた」
テーマは『ニホニウムとめくるめく元素の世界-国際周期表年に』
ゲストは後藤真一さん(新潟大学理学部 核化学研究室)

2019年10月5日(土) 15時30分~17時00分
会場はジュンク堂書店新潟店地下1階Café Space。

113回。
113番元素ニホニウム。

2年前に「公民館サイエンスカフェ」でお話をお聴きしてから、さらに新しい内容も加えてお話ししてくださるそうで楽しみすぎる。

ある程度予習しておこうと、家にある元素関連の本を何冊か引っ張り出してみましたが、じっくり読む暇はなかった。
でもカラー写真や図解を見ているだけでもたのしい。

昔、三上杏平先生に元素の本はしっかり読むようにいわれ、かなりの冊数を持っています。
いちばん新しいもので昨年買ったものもあるのに、ほとんど手をつけられていないという。

三上先生の精油の化学の講義を何度も受けたことはたいへんな財産で、今でも自分の基礎になっている。
今年永眠された三上先生の講座を受けることはもうできないけれど、もう一度元素についてきちんとと学ばなくては。


「サイエンスカフェにいがた」についての詳細はこちら→サイエンスカフェにいがた

土曜の午後のひととき、都合がつく方はぜひジュンク堂書店へGo!


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ) 


by amica-aroma | 2019-10-05 07:41 | 日記・雑記 | Comments(0)
来週「第113回サイエンスカフェにいがた」が開催されますのでお知らせいたします。

テーマは『ニホニウムとめくるめく元素の世界-国際周期表年に』
ゲストは後藤真一さん(新潟大学理学部 核化学研究室

2019年10月5日(土) 15時30分~17時00分
会場はジュンク堂書店新潟店地下1階Café Space。

今回は元素のお話。
すべてのもとになる大切なものですね。

後藤さんのお話は2017年の「公民館サイエンスカフェ」でもお聴きしました。

再びニホニウムと元素のお話をお聴きできるのが楽しみです。
難しそうと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、サイエンスカフェは学校の勉強とは違い、理系が苦手だったわたしでもたのしく学べる場なので、おそれず参加してみてくださいね。
後藤さんのお話は、「公民館サイエンスカフェ」のときも、とてもわかりやすかった記憶があります。
ご都合のつく方は来週ぜひ☆

詳細は「サイエンスカフェにいがた」のサイトへ→サイエンスカフェにいがた


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ) 



by amica-aroma | 2019-09-28 22:38 | その他 | Comments(0)

ぐだぐだな日記毎日更新中。


by amica(あみーか)