タグ:アロマ ( 61 ) タグの人気記事

2012年25冊目に読み終わった本。


『香りで難病対策―ウイルス病とアレルギー疾患(香りで美と健康シリーズ 2)』川口健夫

冬に読み終わってHPの書籍紹介を書こうと思ってずっとそのままに。

やっと昨日アップしましたので、内容、感想はそちらへ。
 →アロマ書籍紹介 『香りで難病対策―ウイルス病とアレルギー疾患』


HPでは現在23冊のアロマ関連書籍を紹介しています。

紹介というのは販売しているという意味ではなく、おすすめ本を聞かれることが多いので参考になればという思いと、多量のアロマ本を日々読んでいるのでまとめておきたい思いで書いているものです。

今後も少しずつ紹介していきたいと思っていますので、興味のある方はご覧いただけるとうれしいです。
書籍紹介index


心とは裏腹になかなか進まないHP更新ですが、あきらめずコツコツ取り組んでいきたいです。

--------------------------------------------------
『香りで難病対策―ウイルス病とアレルギー疾患(香りで美と健康シリーズ 2)』川口健夫
お気に入り度★★★☆☆
by amica-aroma | 2012-05-14 07:00 | 読書記録 | Comments(0)
2011年41冊目に読み終わった本。


『アロマで不調を癒す本』苑田みほ

文庫本だし、体質別、症状別アロマが紹介されているので、初心者の方がふっと手にとってしまうかもしれません。

でも全く初めての方だと、応用がきかなくてこんなにたくさん精油が必要なのかな?と思ってしまうかも。

この本では最初に自己診断から始まり4つの体質に分けます。

「自律神経系タイプ」「内分泌系タイプ」「代謝系タイプ」「免疫系タイプ」の4つ。

わたしは自律神経と内分泌が同じ数で相反する面も多くあり、どっちかなー、どっちもかなーって感じでした。


この本の体質診断にかかわらず体質に合わせて精油を選ぶことは大切です。

同じ不眠という症状でも、人によってどの香りが有効か違ってくるのですね。

病院に行くほどではないけどなんだか調子が悪い、という時にアロマテラピーは本当に役立ちます。

そんな時開いてみると答えが見つかるかもね!


この著者の著作は何冊が読みましたが
2010年12月フィト・コミュニケーション協会というのができていたのですね。
そこの会長なのだそうです。

今後も注目。


『アロマで不調を癒す本』苑田みほ
お気に入り度★★☆☆☆
by amica-aroma | 2011-07-05 07:00 | 読書記録 | Comments(0)
2011年33冊目に読み終わった本。


『知識ゼロからのアロマテラピー入門』中条春野

2月か3月頃に読んだと思うのですが忘れていました。

アロマ本は日々何かしら手にしているのでみんな一緒になっちゃう。


次々と初心者向けの本が発売されるアロマテラピー分野の本。
ということはそこそこ売れるってことですかね。

たくさん出版されているので全部を購入することはできないけれど、ある程度ピックアップしてチェックしています。

構成や精油のチョイス、表現の仕方など研究します。

この本は、著者がイラストレーターでもあるということでイラストがメインになっていること、そしてファミリーでアロマテラピーを楽しむというコンセプトであること。
2つの理由で初心者に親しみやすいと思います。
価格が安いのもいいですね。

講座なども未体験、本を買うのも初めて、アロマってどうなんだろう?という方が購入するにはいいのかな、と思いました。



プチグレンに光毒性があると記載されているのが気になります。
(この書籍の中での表記はプチグレイン)

わたしの知る限り、プチグレンは光毒性の心配はないと認識しています。
同じ植物から採れるオレンジ・ビターには光毒性があるのでそのせいかな。



本やインターネットに書かれていることが全て正しいとは限らない、
どころか間違った情報もたくさんある、ということを念頭において勉強しなくてはなりませんね。

昨今の出来事を見れば、政府やマスコミが出す情報でさえどれが正しいのかわからないのですものね。

もともと信用していなかったけどさ。

できるだけ正確な情報収集をしたいものです。

なんだかアロマ本から話がずれてしまいました。

--------------------------------------------------
『知識ゼロからのアロマテラピー入門』中条春野
お気に入り度★★☆☆☆
by amica-aroma | 2011-05-30 06:07 | 読書記録 | Comments(0)
2011年24冊目に読み終わった本。(再読)


『ストレスを癒すアロマテラピーガイド』

小さな名作です。
これまでに何度も読み返してきました。

書籍紹介としてホームページに載せましたので
よかったらご覧くださいね。
アロマテラピー書籍紹介 『ストレスを癒すアロマテラピーガイド』



今週、ストレスケアをテーマにアロマ講座を開催します。

ストレスとは何か、アロマテラピーを活用してどうコントロールするか、
やさしく学びます。

午前の部はおかげさまで満席となりましたが
午後の部はまだ受付可能です。

ご都合のつく方がいらしたらぜひお待ちしております。
詳細は→4月のアロマ講座のお知らせ



ところで、この本によると
今わたしに一番必要な香りはフランキンセンスと読みとれます。

そうか、そうなのね。

香りで気づく自分の心。


アロマで自分の心を見つめてみませんか?
by amica-aroma | 2011-04-18 19:25 | 読書記録 | Comments(0)
2011年1冊目に読み終わった本。


『精油・植物油ハンドブック―健康と癒しのアロマ・オイル100種』ジェニーハーディング

お正月のうちには数冊読み終わっていたのですけどね…
やっと書くときがきました。

詳しい感想はホームページの書籍紹介へ。
アロマ書籍紹介 『精油・植物油ハンドブック』

あーなんと書籍紹介のページっていうか、トップページ以外を更新したのはなんと昨年7月以来です。


あせる気持ちもあるけど少しずつしかできなくても自分を責めないことにしよう。

考え方のクセとしていつも自分を責めてしまうのです。
理想が高く、その理想が日々遠いから。

でもだんだん、責めないことにしていきたいです。


とはいっても今年はもう少しホームページを何とかしたいです。
by amica-aroma | 2011-01-23 20:43 | 読書記録 | Comments(0)
2010年69冊目に読み終わった本。


『アロマのある空間―五感に響く、香りマーケティング』片岡郷

アロマを儲かりビジネスとして確立したお話。

アットアロマ社の社長が書かれた本です。

アロマ空間デザインという言葉を前面に打ち出し、富士屋ホテルやLEXUS、SHIPS、ANAなど多くの企業に
香りを導入しています。

首都高の事故削減にも使われているそうで興味深い。

新潟ではビルボードプレイスのSHIPSでいい香りがするのでこの会社の功績に接することができますね。

この本では各企業の香りへの取り組みを中心にアロマ空間デザインのビジネス戦略が書かれています。

わたしが日々取り組むアロマテラピーとは違う観点もありますが、参考になることがあると思い読みました。

専門家の先生のインタビューも複数収録されており説得力があります。



アットアロマ株式会社は旧エアアロマ。

以前アロマショップで働いていたときには、この会社の各種ディフューザー、車用のドライブタイムなど多くの製品を扱っていたので常に身近にありました。

ついてくる精油が合成くさくて好きになれなかったのですが、今は新ブランド立ち上げで社名も変更し、天然のアロマにこだわっているよう。

どこかで機会があったら嗅いでみたいと思います。



どちらにしろ、香りがこれからのわたしたちの暮らしの中でどんどん重要な位置を占めるようになることは間違いないでしょう。
by amica-aroma | 2010-11-30 06:55 | 読書記録 | Comments(0)
2010年44冊目に読み終わった本。


『アロマテラピー学習帖 ~ひとつ上をめざす人のためのアロマテラピーテキスト~』

2ヶ月くらい前に読み終わりました。

アロマテラピー書籍の研究が趣味のようになってきた今日この頃。


この本については、Homepageの方で紹介しています。
http://amica-aroma.com/books_aroma0800



Homepageは久しぶりの更新となりました。

少しずつ、と言いつつ滞っていました。
最近いろいろなことがあって初心に戻っているところ。

自分の原点を忘れずアロマを伝えていこうと思っています。


一時はアロマ教室をやめよう、と考えていたのですが
やめられない気もちも大きくて。

いろいろな過程を経たのち
あらためてみなさまを迎える準備ができています。


新しく習いたい方、資格を取ってみたい方
お待ちしています。

香りを通じて自分を知ったり人に役立ったりしたい方も
お待ちしています。

自宅にてレッスンのため、ご紹介のある方、または
福祉会館などこれまでの講座に参加経験のある方のみの受付ですが
じっくり習いたい方、ぜひ!

詳しくはHomepageをご覧ください。
http://amica-aroma.com/
by amica-aroma | 2010-07-23 22:05 | 読書記録 | Comments(0)
2010年24冊目に読み終わった本。


『香りの科学はどこまで解明されたか―アロマテラピー・森林浴・嗜好飲料』青島均

昨年読んで、それからも必要なときに取り出して見ていましたが、今回2回通して再読。

昨年の感想は→http://amica12.exblog.jp/11512225/

アロマ関連の本は、常に手にしていても頭から終わりまで読むことは少なくて。

あるときふとちゃんと読んでみると新発見があったりもしますね。


内容等はホームページに。
http://amica-aroma.com/books100018

昨年は軽いビジネス書ばっかり読んでいた気もして。
今年は(ってもう4月ですけどー)読書傾向を少しは変えるつもりです。
by amica-aroma | 2010-04-07 07:35 | 読書記録 | Comments(0)
c0190960_628567.jpg


母に会うのでクリームを作りました。

わたしがアロマを始めてから、母の身のまわりはすべてわたしが作ったものに。

化粧水、クリーム、不眠用オイル、風邪予防ブレンド、ラベンダースプレー、ひざ痛用オイル…

特にこだわりのない母ですが、結局のところ買ったものより効果を感じられるし心地よいから使いたい、とのこと。

なくなるとそのためにうちに来たりするしお気に入りのようす。

精油の効果効能、とかは何もわかっていませんが、「心地よいから」って実は一番大切なことですよね。


写真はオイルウォーマーでクリーム基材(ファーナスペレット)をとかしているところ。

湯せんでもできますが、普段うちのを作るときはこれで温めます。

乳化ワックス、シアバター、ミツロウ…
さまざまな材料でさまざまなパターンを作って試してもらいましたが、母はファーナスペレットのが好きみたい。

香りはローズ、パルマローザ、ローズウッド、ゼラニウム。
これでもかっというくらい美容によい精油で香りもうっとり~。


c0190960_6281350.jpg


クリームのかわりに…というわけではないけどチョコレートもらいました♪

c0190960_712860.jpg



精油には、スキンケアに有効な成分が含まれたものがたくさんあります。
よかったら化粧水作り講座にいらしてくださいね!
詳細はこちら
by amica-aroma | 2010-04-05 07:04 | アロマ | Comments(0)
2010年17冊目に読み終わった本。


『松浦弥太郎の仕事術』松浦弥太郎

このお方の姿勢は、いつもいつもできすぎなんですけど…
一緒に仕事をしていたら緊張しちゃうかな。

確かにカウブックスに行ったときには、いい意味でのぴりっとした空気が流れていたのを感じたけれど。



他の著書にも香りのことは書いてありましたが、この本でも「アロマは僕の唯一の嗜好品」との文章がありました。

こうして男性も日常的に香りを持ち歩いて愛用するようにこれからどんどんなっていくと思う。
by amica-aroma | 2010-03-15 06:21 | 読書記録 | Comments(0)