タグ:りゅーとぴあ ( 12 ) タグの人気記事

昨夜は、新潟室内合奏団第80回演奏会に行ってきました。
会場はりゅーとぴあ(新潟市民芸術文化会館)コンサートホール。

団員である友人が今回もご案内をくださいまして、また足を運ぶことができました。
いと嬉し。ありがとうございます♪

プログラムは異色のとりあわせ?かと思いましたが、パリが共通のテーマになっているとのこと。
パリと南米のとりあわせということで、とてもおもしろくたっぷりたのしませていただきました。

1曲目のロッシーニ「「ウィリアム・テル」序曲」は、よく知っているファンファーレと♪テレレッ テレレッ テレレッテッテ♪という部分は冒頭ではないことを初めて知りました。
これまで聴いたことがなかったのね・・・小学校で習わなかったっけ?
チェロの独奏からぜんぜん違う感じで始まり、だいぶ経ってから♪テレレッ テレレッ テレレッテッテ♪が出てきたわ。

2曲目はモーツァルト交響曲第31番「パリ交響曲」ニ長調K.297。
最近モーツァルトは気分じゃなかったのですが、久しぶりに聴いたこの曲はなかなかよい。
モーツァルトの曲が軽いという気はさらさらないのだけれど、モーツァルトの中では軽めじゃないところが。
あぁ文章が変だ。まったくうまく表現できず。

その後休憩をはさんで後半の2曲は、作曲家名も曲名もまったく知らない新しい世界。

まずはヴィラ=ロボスの「ギター協奏曲」
ギターの音を聴いた1秒後にはもうとりこになりました。
休憩前のモーツァルト3楽章のあたりから眠気がきていて、休憩中も少し目を閉じたりしていたのですが、一瞬で覚醒。
前のめりになって聴き入っていました。
ギターって(クラシックとかエレキとか関係なく)心の奥の何かをむき出しにさせちゃう気がする。

ギター独奏は藤元高輝さん。
若者。イケメン。いやそれはどうでもいいですね。
世界中のコンクールで優勝を重ねているそうだ。
素晴らしかった。
アンコールでソロで弾いてくださった曲にも酔わされました。
いい出会いをくださってありがたかったです。今後も注目。

そしてラストはミヨーの「屋根の上の牛Op.58」
初めての世界。
タイトルからして奇妙。屋根の上に牛ってありえるかしら?

この曲で、不穏じゃない不協和音も初体験。
通常不協和音は不快感や不安感をもたらす(とわたしは思っています)が、ぜんぜんそれがない。
不協という概念はないのかも。

名前のわからないパーカッション(ギロですかね?)が効いていて、(わたしが毎回ファンと公言しているティンパニーの人が演奏。今回はティンパニーの人ではなかったんだけどわたしの中では「ティンパニーの人」)いつのまにかハマる音楽。
金管楽器が好きなので、その音もたくさん楽しめたしおもしろかったです。
また聴きたい!

アンコールは指揮者の本多優之氏の解説付きでモーツァルトの「パリ交響曲」の初稿版。

いつも通り客席の拍手もあたたかく、しあわせな演奏会。
そういうのって技術だけじゃないよね。

つらつらと、拙い感想しか書けませんが、充実した夜をありがとうございました!


昨日は、県民会館前から臨時バスが出ていたので、いつものように真っ暗な道をスマートフォンで照らしながら歩いて市役所前バス停まで歩かなくてよかった。
この文句は毎回書きますが、なんとかしてよ新潟市と新潟交通よ。
人が集まる場所にはバスを。

といってもその臨時バスにはわたしを含め8名しか乗らなかった。
みんな車よね・・・


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ) 


by amica-aroma | 2019-10-20 21:10 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_16133410.jpg


改元10連休ももう3日目になりました。
長いと思っていても、過ぎてみればあっという間でしょうねぇ。
人生もそうなのでしょうねぇ。


さて昨日は、夕方の少しの時間、スペシャル市民オーケストラによる「開港150周年記念コンサート」を聴きに行ってきました。
たまには音楽に浸りたくなったので。

会場はりゅーとぴあ(新潟市民芸術文化会館)の劇場。
コンサートホールは何度も入ったことがありますが、劇場のほうは2度目。
(1度目は10年以上前に矢野顕子さんのコンサートで。)
落ちついていていい感じです。

司会付きの演奏会で、曲目も有名なものばかりで、クラシックファンでなくても楽しめる内容だったと思います。
子どもたちもけっこういて、楽しんでいたらいいなと思いました。

毎回思うけど、聴くのもいいけど演奏するほうがもっと楽しいのだろうな・・・
何か楽器ができたらいいのにな。


昨日の演奏会は、春の新潟・音楽ウィーク2019の中のひとつだそうですが、以前のラフォルジュルネに比べてあまり宣伝していないような気もするのはわたしだけ?
わたしの行動範囲がさらに狭くなっているので見かけないだけかもしれません。


帰りに白山神社でお参りして、またもおみくじひいたら(年に何本ひくんだってことですが)、好きなことをやりなさいと書いてあって、そう?いいの?と思いました。
好きなことを我慢する方向に切り替えようと思っていたけど。
もう少し迷走するわ。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ)
 
by amica-aroma | 2019-04-29 17:15 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_717326.jpg


昨日は、新潟交響楽団の第102回定期演奏会に行ってきました。
行く予定ではなかったのですが、午後予定が空いたので当日券で。

新潟交響楽団の演奏を聴きに行くのは4年前に続き2回目。
前回の感想→新潟交響楽団の演奏会に行ってきました

来月の第九でお世話になる指揮の伊藤翔先生の指揮を客席から見てみたい、と思って。

わたしが前回行った回が伊藤先生の常任指揮者第1回めで、今回が最後の定期演奏会指揮だそうです。

わたしが到着したときは、もう前の端っこしかあいていなくて、ステージのほうが上なので、オーケストラのうしろのほうの人やパーカッションの楽器などはぜんぜん見えない。
今回の目的は指揮者をよく見る、なのでそれは実現しました。

曲目はR.ワーグナー『ジークフリート牧歌』
C.ドビュッシー『海ー管弦楽のための3つの交響的素描』
F.メンデルスゾーン『交響曲第3番イ短調「スコットランド」』

正直、1曲目はちょっと寝ました。
ドビュッシーの海はわりと好きな曲だと思っていましたが、昨日は入りこめなかった。
これもちょっと寝ました。
今のわたしは、古典的なもののほうが受け入れやすいみたい。

『スコットランド』は、もともと好きな曲なので楽しめました。
何度もしつこく書いていますが、メンデルスゾーンはとても好きなので。

途中伊藤先生の指揮が情熱的すぎて血管が切れたらどうしよう・・・と思うこともありましたが、華やかに終わってよかったと思います。


帰りは白山神社にお参りしてから久しぶりに古町通りを徒歩で。

ヒッコリースリートラベラーズにほしいバッグがあった。
今はがまん。

白山さまのおみくじは中吉だったのですが、これまでに見たこともないくらい素晴らしいことが書かれていた!
あまりに輝かしい運勢でここに書きたいくらいであるが、ご利益が減るといけないので書かないでおきます。
(ケチ→それこそご利益減るかも?→ご利益とか言っている時点でどうだろ?)


なかなか時間にも心にも余裕がない毎日ですが、すこしゆったりした時間を過ごせた日曜の午後でした。
今週も充実して過ごしましょう♪


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2018-11-19 08:16 | 日記・雑記 | Comments(0)
昨日は、新潟室内合奏団第78回演奏会に行ってきました。
会場はりゅーとぴあ(新潟市民芸術文化会館)コンサートホール。

曲目は、ドビュッシー・小組曲(ビュッセル版)、メンデルスゾーン・ヴァイオリン協奏曲ホ短調Op.64、グノー・交響曲第1番ニ短調。

昨日のプログラムすべてに共通して、「この世は素晴らしいところだ」と感じさせられる音楽。
この世には美しいことや楽しいことばかりなのかも、それ以外のいやなことはいっときの幻だったのかも、と聴きながら思ったのでした。
特にドビュッシーとグノーは、しあわせホルモンが出た感じがする。

前回の室内合奏団演奏会の感想で『どの部分も全部いいと思えるのはベートーヴェンだけな気がする。』と書いたのですが、今回『どの部分も全部いいと思えるのはベートーヴェンとメンデルスゾーンだけな気がする。』に訂正したいと思います。
メンデルスゾーンはすごく好き。

いつも頼もしく拝見していたコンサートマスターが、県外に行かれるということで昨日でお別れ。
アンコールでは繊細なソロの音色も聴かせてくださいました。

新潟室内合奏団の演奏会で好きなところは、観客の拍手に本当に心がこもっているところです。
他の演奏会では、みんなもっとクールな気がするの。
プロになればなるほど、クールなのでは?
愛されているんだな、と思います。

昨日は疲労がたまっており、絶対寝るだろうと思っていましたが、しあわせホルモンのおかげか寝なかった。
いい夜でした。
今回も、ありがとうございました!


12月は、わたしもステージの(またはそのまわりの)どこかに立って歌うのだ。
たとえ一部口パクでも、不安より期待が勝っています。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2018-10-28 09:47 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_95515100.jpg


昨日は、友人出演の演奏会「FLUTE & TRUMPET さや響」を聴きに行ってきました。

先日ここでもご案内していたものです。
友人出演の演奏会のお知らせ 「FLUTE & TRUMPET さや響」

会場はりゅーとぴあのスタジオA。
最初に準備されていた椅子はすべて埋まり、追加で出された椅子もほぼ埋まり、大盛況でした。

出演はフルート北村さや花さん、トランペット真水京子さん、ピアノ栄長敬子さん。

フルートとトランペットの組み合わせもめずらしいし、管楽器をソロで聴く機会もめったにないので、どんなふうなのか予想できないまま始まりました。

まずはステージの3名の美しさにみとれる。
ご本人たちやドレスが美しいのはあたりまえですが、それだけでないよろこびやたのしさが詰まったかがやきや美しさ。

フルートは、とっても優雅にみえるけれど、アスリート並みに大変なのを知っているよ、と思いながら聴く。
(本当の大変さはぜんぜんわかっちゃいないけど。)
難しいテクニックが必要そうな部分もたくさんあって、圧倒されながら聴いていました。

トランペットは、わたしの頭の中にあったトランペットの音とぜんぜん違っていて、うまく書けないけれど本当によい音で、このトランペットの音が嫌いな人は世の中にいないのではないか?と自分以外の人のことまで決めつける。
友人なので「がんばれー」と思いつつ、その音に酔いしれました。

ぜんぶで9曲、充実したプログラムでしたが、わたしは休憩前最後の葛西竜之介『星彩―Astérisme〜フルート、トランペットとピアノのための〜』という曲がとても印象に残りました。

このトリオのために作られた曲があるなんて。
テーマのメロディーがとてもシンプルで耳に残って、3つの楽器のよいところがぜんぶ出て調和して、素晴らしい曲でした。
隣の席の友人はこの曲で涙していました。

今YouTubeで流しながらこれを打っています。


上の画像でわたしと一緒にピースしているのが友人の真水京子ちゃん。
(めったにしないピースサイン。人生で2回目くらいかも)

写真のお花柄のドレスも素敵ですが、前半の赤いのもよくて、近くで見たかった。
うしろの方の席だったので、ドレスがあまり見えなかったのです。


もう1枚はピアノの栄長敬子さんさんと一緒に撮っていただきました。

実は、知り合いでも何でもないのですが、あまりにピアノが素晴らしくて、それをお伝えしなくちゃ、と思い勇気を出して話しかけてみたのです。

もちろん主役はフルートとトランペットですが、栄長さんのピアノなくしては成立しなかったであろう昨日の音楽。

伴奏って難しいのです。
栄長さんは管楽器の伴奏は特に難しいともおっしゃっていました。

昨日のは、ただの伴奏ではなく、ピアノも一体で音楽を作っていたので「伴奏」という言葉を使ったら違うのかもしれないけれど。

ミスも乱れも感じられず安定していて、スタンスっていうか、前に出る加減出ない加減が絶妙で、本当に素晴らしかったです。
フルートとトランペットのおふたりは、どんなにか心強かったことでしょう。

ということで、初対面なのに図々しく写真を撮っていただきました。
ありがとうございました!

ソロではモーツァルトのソナタを弾いてくださって、この曲レッスンで先生に叱られまくったな、という数十年前の記憶がありありとよみがえってきました。
香りが記憶と直結といわれるけれど、音楽もけっこうきますね。

「さや響」ぜひまた聴きたいです。


昨日は、演奏会が素晴らしかったのとともに、久しぶりの友人や元同僚などともたくさん会えて、それもうれしかったです。

写真に写る自分は、「おばさん」を通り越して「おばあさん」にしか見えなくて落ちこみますが、しょうがないのでアップしました。

でもちょっと痩せたよね!?
ね???
痩せたといってほしい!!


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2018-09-03 10:55 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_16291725.jpg


先日アロマセミナーを受けて、その後お盆でいろいろ行事があったりで、今日は気が抜けて何もする気にならず、完全休養日にしてゆっくり、というかだらだらして過ごしているうちに夕方になってしまいました。

今日は、友人が出演する演奏会の案内をします。

9月2日(日)りゅーとぴあスタジオAにて「FLUTE & TRUMPET さや響」という演奏会があります。
出演はフルート北村さや花さん、トランペット真水京子さん、ピアノ栄長敬子さん。

わたしもチケットを購入したので、聴きに行く予定です。
友人はトランペットの真水さんですが、彼女はここ数年仲良くしてくれて、いろいろ助けてくれた存在。

フルートもトランペットもわたしにとっては花形の楽器で、とっても楽しみです。

フライヤーに写っているみなさんの写真が美しくて、それも楽しみですわね♪
美しいものを目に入れ、美しいものを耳に入れ、黒い心を少しでも美しく。



このブログに何度も書いていますが、わたしは学生時代フルートをやってみて、レッスンのたびに酸欠で倒れてくじけた経験がありますから、そういう意味でも注目の楽器。

当時16万円のフルートを買ってくれた両親、たいへん有名なH先生、本当にすみませんでした。


演奏会といえば、「第九どうした?」と何人かに聞かれておりますが、申込んで2ヶ月くらい経つのに、まだ譜読みしていません(・_・;)
購入したキーボードもさわっていません(・_・;)
 →「第九」への道日記(第1回)

最後まで、キャンセルしようか迷っていたため、参加料を振り込んだのも締切前日。
何ごともぐずだ。

CDをかけてメロディーを適当に「あー」とか歌って声を出してみていますが、どうにもこうにも声が出ないので、どうしたら口パクでいけるか、がテーマになりつつあるわー。

いよいよ、来週から集合しての練習が始まります。
さすがに、そろそろやらないと。

今のいちばんの心配は、酸欠で倒れないかどうか。
声が出ないことよりも、そっちの理由でご迷惑をかけないかが心配です。


「FLUTE & TRUMPET さや響」の詳細はこちら
 →FLUTE & TRUMPET さや響
よかったら、ぜひ☆


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2018-08-15 17:12 | その他 | Comments(0)
今日は新潟室内合奏団の演奏会に行ってきました。

ここ数年同じ会社の方から毎回チケットをいただいて、聴かせていただいています。
前回だけ、どうしても体調不良で起き上がれず断念したので約1年ぶりくらい。

シューマンのチェロ協奏曲は第1楽章~3楽章までつながって演奏されるせいもあるけどとても長く感じて、まだ終わらないのかな、と思ったということはあまり好きではなかったのかな。

ブラームスの交響曲は、ほどよく情緒的でほどよくかっこよくて、素人(ミーハー)のわたしとしてはたのしめました。
3楽章は「松本清張サスペンス」って感じでいいですね~。

毎回注目のティンパニーの男性今回は出番が少なかった気がするけどよかったですー。


聴くのもいいけど演奏するのはもっと楽しいだろうな。

わたしも、何か楽器ができたらよかったのに。

と、普通に言っていますが、すべての楽器にくじけたのはこのわたしです。
フルートにもギターにもドラムにも。
そしてピアノにもね。

まぁ聴くほうでたのしみます。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2016-11-12 22:36 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_2135537.jpg


今日は「新潟ブラス★ブラス★ブラス」の演奏会に行ってきました。

「新潟★ブラス★ブラス★ブラス」演奏会のおしらせ

吹奏楽を聴くのはたぶん30年ぶりくらいなんですけど、曲目も幅広いし、何より打楽器群が豊富なのがいいですね~。
迫力がある演奏で、とてもよかったです。

オーケストラとは全然違いますわね、あたりまえだけど。


途中までは、いろいろな楽器の方を順番に見ていましたが、後半にドラムの方が出てきてからはその人だけにくぎづけ!!

ドラムはわたしのいちばん好きな楽器であることプラス、遠目だったけどイケメンでしたから・・・
あ、もちろん演奏が素晴らしかったのですよ!
(本間克範さんという方。よかったですー)


素晴らしかったので、もっとたくさんの方が聴きに来ればもっとよかったのに、と思います。
あまり宣伝していなかったような気がしますがどうなんだろう。

チケットの価格もあるかもしれないけれど、地元のアマチュアオーケストラでももっとたくさん集まることを考えると、プロの演奏が聴けるのでいいかな、と思うけど吹奏楽だから?
GWだから?
いろいろとクエスチョンマーク。

わたしは、会社で隣の席の方がメンバーのひとりで、教えてもらいました。
ありがとうございました☆


演奏を聴いてとてもいい気分でしたが、りゅーとぴあのアクセスの悪さで帰りは1時間近くかかってしまいぐったり。

白山公園前から新潟駅行きのバスは17時くらいが最終なんですよー。
(それでもりゅーとぴあからけっこう歩いたのに)
市役所前は、わたしが想定していたところにバス停がなくてぐるぐる歩きまわったあげく新潟交通に電話して教えてもらったわー。

新潟交通はどんな人のためにバスを走らせているのだろう。
バスがすごく便利な人っているのかな。

そもそも今日は貧血でくらくらしていたのでタクシーで帰ってくるべきだったか。
(文句で終わってしまった・・・)


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→amica(アミーカ)アロマテラピー教室
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2016-05-03 21:44 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_21353160.jpg


ゴールデンウィークの予定はお決まりですか?

うちは1日くらいは近場ドライブなどに行こうと話していますが、基本は夫婦それぞれゆっくり過ごす予定。
特に大きなイベントはなくいつも通りです。

そのゴールデンウィークに行われる吹奏楽の演奏会のご案内です。
「新潟★ブラス★ブラス★ブラス」の演奏会です。

会社で同じチームの方がメンバーのひとりで、紹介していただきました。

新潟のプロ吹奏楽団なのだそう。

オーケストラ(管楽器も弦楽器もある)もいいですが、吹奏楽(管楽器メイン)は曲目の幅が広く、バラエティーに富んだ音楽が楽しめると思います。

5月3日(火)で3連休の初日ですが、お時間取れそうな方はぜひ☆
会場はりゅーとぴあコンサートホールです。

新潟ブラスブラスブラス Facebookページ

わたしはその日出勤にしたので仕事の後行く予定です。

たのしみ☆


昔むか~し中学生の時吹奏楽部でしたが、楽器を吹くと酸欠で倒れちゃうので打楽器担当でした。

吹く楽器があきらめきれず大学でフルートを習ってみましたが、やっぱり酸欠で倒れちゃうのでピアノ伴奏担当になりました。

どうしてすべてのエピソードが情けない系なんだろう。


行ったあとの感想はこちら
「新潟ブラス★ブラス★ブラス」の演奏会に行ってきました


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→amica(アミーカ)アロマテラピー教室
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2016-04-19 21:58 | その他 | Comments(0)
c0190960_2131556.jpg


今日は、新潟室内合奏団の第70回演奏会に行ってきました。

みんな自分のせいですが、先週今週と予定を入れ過ぎたこともありひどく疲れきっていたので、体調的には行かずに家で休んでいるべき状況でした。

でもせっかく会社の方がチケットをくださったし、根性で(根性必要?ここで)行ってきました。

なんでも新しもの好きですが、音楽はそうでもなくて、現代っぽい最初の2曲は疲れた体に眠気を誘う・・・

せっかく貴重なハープとファゴットの協奏曲でしたが、正直ちょこっと眠ってしまい・・・少しまぶたが重くなる程度だったかもしれないけれど。

最後のメンデルスゾーンでやっと心の安定を取り戻しました。
メンデルスゾーン、好きですわ。

今回の指揮者は平成生まれ。
(1989年生まれとしか書いていないから、昭和64年の数日間かもしれないけどさ)
平成になったのってわりと最近だと思っていましたが、そうでもないのね~。


何回か書いていると思いますが、りゅーとぴあに行くときの道が真っ暗で怖すぎるのです。
しかも超わかりにくい。

バスの便も悪いし、こういうところを整備しないと文化の発展はないと思うよ新潟市よ!


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→amica(アミーカ)アロマテラピー教室
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2015-11-14 22:09 | 日記・雑記 | Comments(0)

ぐだぐだな日記毎日更新中。


by amica(あみーか)