タグ:されど私の可愛い檸檬 ( 1 ) タグの人気記事

2019年読み終わった本2冊目。


『されど私の可愛い檸檬』舞城王太郎

最近文学系の情報に疎いので、存知上げなかった作家さん。
装丁が印象的だったので図書館で借りました。

小説は自分と合う合わないのがはっきり出るのでどうかな、と思って読みはじめましたが、これまでに味わったことのない不思議なパワーに圧倒されました。

3作が収められていましたが、どれもよかった。


普段テレビをみていると何かを達成したとかものすごく努力したとかの立派な人ばかり見せられて、みんなで「勇気をもらった」とか言って自分もがんばらなければならない気になって、でもそんなにみんな立派なわけでもなく、自分のことも自分がどうしたいかもわからなくなって。
わたしは勇気って何の勇気だよって思うから勇気は人からもらえないわけだけれど、それでもいつも「もっとちゃんとしなきゃ」と思ってしまう。

でもこの3つの小説の中に出てくる人物は、微妙にちゃんとしていない。
読みながら「なんだよこいつ!!」とイライラさせられるものは他によくあるが、そこまででもない程度の、小さいもやもやがひたひたっと広がってくる。
その描き方がうまい。

Amazonの紹介には『問答無用で「大切」な家族との、厄介で愛おしいつながりを、引き受け生きる僕らの小説集。』とあった。

あら、そう?
家族のつながりの本だった?


他の作品も読んでみたいと思います。
→新しい作家と出会うと必ずこう書くけれど、なかなかそんなに読みきれていない現状。

--------------------------------------------------
『されど私の可愛い檸檬』舞城王太郎
お気に入り度★★★★☆
by amica-aroma | 2019-01-31 17:27 | 読書記録 | Comments(0)

ぐだぐだな日記毎日更新中。


by amica(あみーか)