c0190960_9205562.jpg


昨日は「公民館サイエンスカフェ」今年度第1回でした。

東地区公民館主催で9年目の開催です。
わたしが企画委員として参加させていただいてからは4年目。

雪道の中たくさん集まっていただき、1回目がスタートしました。

第1回のテーマは『科学とどう向き合うか ~元研究者が研究から離れて考えたこと~』
講師は国立科学博物館認定サイエンスコミュニケーターの山田健太郎さんです。

「科学」って何だろう?というところから始まって、科学技術大国といわれる日本の現状、科学を担うのは誰か、「科学」の社会化、これからの科学との向き合い方という流れで、現状や問題点を知ると同時に、わたしたちがこれからどのように関わりを持っていくかを自分で考えさせられるという内容だったと思います。

日本では明治以来技術重視の科学が推進されてきたこと、基礎科学力の低下や大学を支える基盤の低下などによって日本の科学が衰退気味であること。
その中で、専門家と非専門家(わたしたち市民)が一緒に問題解決していくことが重要ということがあらためてよくわかりました。

それには、わたしたちが「科学リテラシー」を身につける必要があります。

「科学リテラシー」といっても、わたしが思うには、そんなに難しいものでなくても、暮らしの中で情報を選択する際に必要な知識や知恵も重要なのだと思っています。
みんながみんな大学や大学院で学ぶわけでもないので、自分なりの科学との関わりかたを身につけていくことが必要なのではないかと。

それには、サイエンスカフェのようなイベントや各種講座、書籍やインターネットも含め、関わっていくことが重要だと思います。

講師の山田さんからは、科学にコミットする方法として他に、「科学的行為に出資する(クラウドファンディングなど)」という提案もあり、興味深くお聞きしました。


終了後、希望者が残ってフリートークの交流会では、みなさまの意識の高さが感じられる質問が飛び交いました。
現状に対する憂慮と未来に対する期待。


終了後お手洗いで、毎年参加しているという方が話しかけてくださいました。

「だんだん参加人数が増えてきましたねぇ。わたしは科学と縁もなくなーんにも知らなかったけど、毎回いろいろなテーマをわかりやすくお話してくださるので楽しみです。」とのこと。

そうですね!うれしかったです。
参加者のみなさま(わたしも含め)も、人数が増えて企画が盛り上がるのはうれしい様子。
参加者が育てていくという面もあるでしょうね。


「公民館サイエンスカフェ」はあと3回あります。

【2月2日(土)】
『宇宙の成り立ちの謎について』
淺賀岳彦さん(新潟大学理学部 准教授)

【2月16日(土)】
『人の免疫について ~アレルギー反応とは~』
小屋俊之さん(新潟大学大学院 医歯学総合研究科 准教授)

【2月23日(土)】
『佐渡の森林のドラマ』
本間航介さん(新潟大学農学部附属フィールド科学教育研究センター 准教授)

ご都合のつく日がありましたらぜひご参加ください。

詳細は下記です。
◆サイエンスカフェにいがたページ→新潟の科学 - 公民館サイエンスカフェ(2018年度)
◆新潟市東地区公民館ページ→公民館サイエンスカフェ 科学を身近に 知るを楽しむ

うーん…
今回も感想書くの難しかった。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→香りの教室amicaおしらせブログ
# by amica-aroma | 2019-01-27 09:28 | 日記・雑記 | Comments(0)
今年度の「公民館サイエンスカフェ」が本日よりスタートします。

今日から2月までの土曜日4回(まん中に1週お休みあり)、科学についての話題を専門家の方にお話していただきます。

コーヒーやジュースをいただきながらリラックスしてお話をお聴きすることができ、90分のお話のあと、希望者は残って交流会(質問など)もできるのがサイエンスカフェです。
科学についての話題といっても、学術的で難解というわけではなく、毎回市民のわたしたちにとって身近なお話がたくさんあります。

本日のゲスト山田さんは、以前「サイエンスカフェにいがた」でもお話を聴かせていただきましたが、濃い内容とわかりやすいお話が印象的でした。
そのとき(2017.6.3)の感想→「第99回サイエンスカフェにいがた」に参加しました

当日ですが、ご都合のつく方はぜひご参加ください。

*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*

【2019年1月26日(土)】
『科学とどう向き合うか ~元研究者が研究から離れて考えたこと~』
山田健太郎さん(国立科学博物館認定サイエンスコミュニケーター)

【2月2日(土)】
『宇宙の成り立ちの謎について』
淺賀岳彦さん(新潟大学理学部 准教授)

【2月16日(土)】
『人の免疫について ~アレルギー反応とは~』
小屋俊之さん(新潟大学大学院 医歯学総合研究科 准教授)

【2月23日(土)】
『佐渡の森林のドラマ』
本間航介さん(新潟大学農学部附属フィールド科学教育研究センター 准教授)

時間:午後1時30分~3時00分  
※終了後引き続き希望者で30分間ゲストとの交流会(フリートーク)もあります。
会場:新潟市立中央図書館(ほんぽーと)
参加費:各回200円(飲み物代)
定員:先着45名

*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*

お申込先は東地区公民館(電話orメール)ですが、わたしにお声かけいただいても確認および代行します。
本日ご参加ご希望の方は、直接ほんぽーとへお越しください!

詳細は下記です。
◆サイエンスカフェにいがたページ→新潟の科学 - 公民館サイエンスカフェ(2018年度)
◆新潟市東地区公民館ページ→公民館サイエンスカフェ 科学を身近に 知るを楽しむ

「公民館サイエンスカフェ」については、企画委員として関わらせていただいていますが、テーマ選定の際「旬な話題」というところにはこだわっています。

今わたしたちに必要なお話がお聴きできると思いますよ!


これまでの「公民館サイエンスカフェ」の感想はこちら→タグ:公民館サイエンスカフェ


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→香りの教室amicaおしらせブログ
# by amica-aroma | 2019-01-26 07:54 | その他 | Comments(0)
昨日福祉会館アロマ講座でした。

主催者、参加者のみなさまありがとうございました!
寒さにもインフルエンザ流行にも負けず、たくさん集まっていただきありがとうございます。

初参加の方もいらっしゃいましたが、先月講座にも参加してくださった方々がその時作った香水を持ってきてくださって、みんなで嗅ぎ比べながら熟成の度合いを確認したり。
「天然の精油で作る香水ってしあわせ~♪」と言いながら講座が始まりました。

昨日はシアバターを使ったクリーム作りでしたが、皮膚の断面図にそってお肌のしくみを説明するのが好きすぎるので、つい熱を入れて話しすぎる(・・;)
皮膚については自分の中では得意分野であるので、今後も最新情報をとり入れて、ブラッシュアップしていきます。

2月は福祉会館アロマ講座はお休み。
次回は3月28日(木)『アロマシャンプー&トリートメント作り』です。

次回都合により午後の部はお休みで、午前の部のみ実施しますのでご了承ください。

今月は手書き通信を発行しなかったので、2月(または3月)には書きたいと思っています。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→香りの教室amicaおしらせブログ
# by amica-aroma | 2019-01-25 09:06 | アロマ講座 | Comments(0)
本日福祉会館アロマ講座です。

毎年1月の講座は大雪が心配ですが、今年は大丈夫でよかった。
昨年は、講座の10日前くらいにどさっと積もって、ひやひやしたものでした。

昨夜、人数分の配布プリントを全部印刷して準備しましたが、今朝になって1行文字がずれているのを発見。
説明に支障はないけれどちょっとね・・・ってことで、再度印刷しなおしたのでした。


今年はお正月早々家庭の事情で動けない期間が1週間ほどあり、これが今年初のアロマ講座。

参加されるみなさまに、楽しみと満足を持ち帰っていただけますように。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→香りの教室amicaおしらせブログ
# by amica-aroma | 2019-01-24 07:34 | 日記・雑記 | Comments(0)
2018年読み終わった本69~74冊目。

昨年読んだアロマ関連本。
アロマ関連書籍は大量に購入しているのに、いつもブログの読書記録には入れないまま終わることが多いです。
最初から最後まで通して読むほかに、資料としてざっと目を通すものもあったりするもので。

昨年(またはそれ以前のものある)読んだうちの一部を下記記録しておきます。
(全部は整理できていない。)
また、今読みかけのものも何冊かあるので、順次アップしていきたいと思います。

アロマ関連の本は、ホームページに書籍紹介というページを作っていて、感想等はそこに順番にアップしていこうと思っているのになかなか進まず。

香りの教室amica(アミーカ) ホームページ 書籍紹介  


『「匂い」脳セラピー アロマの調香技術が心を癒す』高橋克郎


『こころの疾患と香り(香りで美と健康シリーズ7)』小森照久



『「香り」の文化と癒やし―いのる、くらす、あそぶ。古代から現代まで (香りで美と健康シリーズ)』渡邉映理



『心と体にもっとやさしく深く効く! 自然のお守り薬 〜薬だけに頼らず、植物の力で不調を治す! 』森田敦子



『たましいを癒すお祓いフィトセラピー』江原啓之、池田明子


あとアロマ本ではないけど。


『オトナ女子のための美肌図鑑 (美人開花シリーズ) 』かずのすけ


読んだものは、今後できるだけ書籍紹介ページにアップしていきたいと思います。

これで昨年(2018年)の読書記録は終わりにします。
すべてを記録していないが、もうわからなくなったのだ。

今年になってからぐーんと読書が進んで、既に今月だけで10冊以上読んでいるので、順次記録していきます。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→香りの教室amicaおしらせブログ
# by amica-aroma | 2019-01-23 18:30 | 日記・雑記 | Comments(0)
昨年から何度か書いていますが、この1年洋服を買わないチャレンジをしていました。

買っていいのは第九合唱用の衣装と就職活動用とスポーツクラブ用、あとは下着類のみと決めて、その他のものは買わないことにしてから約1年が経とうとしています。

実際には、化繊レギンスにかぶれたので夏のパンツを買ったし、羽織るものが必要でユニクロのカーディガンを買ったりしたので、完璧なチャレンジとは言えなかったのですが、ストレス解消のための買いものや、なんとなく買いはしなかったです。

さて1年経ってみて。

そろそろ買ってもいいのでは?とお店をのぞいたりしているのですが、1年我慢したんだから半端なものは買わない、というブレーキが働いて、なかなか購入できません。

この1年、買えなくてつまらないと思うことはあっても、着るものに困るということはありませんでした。

ほしいものを買うのではなく、必要なものを買うということにシフトできたのかな、と思います。

ほしいという感情は、その「物」がほしいのではなく、何か買いたいとか何か買って満足したいとかそういう感情であって、本当に必要かどうかはよく考えないとね。

ということで、洋服を買わないチャレンジはもう少し継続してみます。

とはいっても、近いうちに何か買っちゃうかも!
納得できるものがあればね。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→香りの教室amicaおしらせブログ
# by amica-aroma | 2019-01-22 21:50 | 日記・雑記 | Comments(0)

金属の正体

今日お昼ごはんを食べていたら、口の中に異物があるのを感じました。

出してみると金属のかけら!

今日は、めったに買うことのないコンビニのお弁当を食べていましたから、これはニュースになるやつ?今日に限ってコンビニの弁当なんて買うからめんどくさいことに!こういうのってどこに連絡すれば?などと思いながら金属のかけらを洗ってよーくみると、どう考えても歯のかたち。

もしや、わたしの歯がとれたの?
歯がとれた感覚はないし、違和感もないがそうなのね。

ということで、早速歯科医院に行ってきました。
5年ぶり。

当初はとれた歯を再度かぶせるということでしたが、結局は土台からやり直しすることに。

また、2ヶ月ほど前に欠けた歯もあって、そこに虫歯もあるということでしばらく通うことになってしまいました。

昨年からの、いろいろなものを失くす波(今回は失くしたわけじゃないけれど)は続いているのね。
負けずにがんばりますー。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→香りの教室amicaおしらせブログ
# by amica-aroma | 2019-01-21 21:38 | 日記・雑記 | Comments(0)
2018年読み終わった本68冊目。


『フガフガ闘病記 オシャレは抗がん剤より効くクスリ?』菊地貴公

昨年読んだ本まだありました。

こんな闘病記は初めて。
ファッションスナップが大量に載っている闘病記なんて。
かわいくておしゃれな写真がいっぱい。
おいしそうなものもいっぱい。

夫が妻ナオミちゃんの闘病記を書いたもので、亡くなってからブログに綴られたものだそう。
思い出したら泣いちゃうのに。

闘病記ではあるが、ナオミちゃんがかわいくてかわいくて、いつもオシャレしていて、とにかく魅力全開で、読んだ人みなナオミちゃんを大好きになるはず。
そしてこれを書いたご主人のことも。
一緒に闘ったピッピとコピン(ぬいぐるみ!!)もね。

闘病記だしつらい治療も出てくるし最後には天国に行っちゃうし泣ける場面もたくさんあるというのに、愛とパワーにあふれた本だった。

ご主人のナオミちゃんに対するあふれる愛もすごいんだけど、ナオミちゃん自身の人生そのものに対する愛。

わたしももっと愛とパワーを!


図書館にリクエストして入れてもらった本だけれど、買いたいです。

--------------------------------------------------
『フガフガ闘病記 オシャレは抗がん剤より効くクスリ?』菊地貴公
お気に入り度★★★★★
# by amica-aroma | 2019-01-20 06:46 | 読書記録 | Comments(0)
c0190960_9131562.jpg


昨日は関屋モーニングサロン第5回に参加しました。
全7回講座のうちもう5回目。

2019年初回のテーマは『笑うサロンに福来るPartⅡ』
講師は落語家の水都家艶笑(みなとやえんしょう)さん。

PartⅡとありますが、3回目だったそうです(^^)

本物の(!?)落語を聴いたのは初めて!

というと失礼になるかもしれませんが、昔化粧品会社時代の上司(女性)が飲み会のたびに落語を披露してくださり、それは何度か聴いたことがあるのです。
会社の飲み会に着物と座布団持参で参加されていましたっけ。
その上司は今回の講師の方と同じ水都家さんと名乗っておられましたのでお弟子さんでしょうかね。


とやの楽語会というサークルのメンバー(辛味亭熊三(からみていくまさん) さん)による前座のあと水都家艶笑さん登場。

正直、落語に興味はありませんでしたがやっぱりうまいんですね~。
おもしろくておかしくて、たっぷり楽しめました!

通る声、絶妙な間のとりかた、聴衆を惹きつけるわざの数々に感服いたしました。

みんなでゲラゲラ笑って、ひとりとして不快な気分でお帰りになった方はいないと思う。
すばらしいことです。


関屋モーニングサロンは、「市民がつくる市民の講座」ということで、スタッフ(ボランティア)を募集しているそうです。
講師の選定や交渉等にも関われるので、やりがいがありそうです。

今のスタッフメンバーの知人から、わたしにも声をかけていただきましたが、平日の昼間がメインの活動ということで、リタイア後の楽しみにしておきたいと思います。


ところで、今日も書きましたが「正直興味はなかったけれど聴いたらおもしろかった」というフレーズは、サイエンスカフェやいろいろな講座の感想で頻繁に書く文言です。

興味がないものになぜ参加するのか?と疑問に思われるのかもしれませんが、新しいことを学ぶ・知るのが好きなのでまずは参加します。

そして、ブログではほめることしか書いていない、と思われるかもしれませんが、実はつまらないとか行って損したと思うものもまぁまぁあります。
それについては、行ったことも書かないことがほとんど。
すごくよかったけど書いていないものあるので、「書いていないイコールつまらない」ということでもないです。

素直に感じたことを述べればいいとも考えますが、基本小心者なのとうまい言葉で表現できないとので結果書かないという。
批判には、嫌われる覚悟の他に称賛よりさらに高度な文章力が必要だと思います。

基本ブラックな心なので何でもかんでもほめほめマンではないです。
そのかわり、よいと思ったものは本気。


関屋モーニングサロンのこれまでの参加日記はこちら→タグ:関屋モーニングサロン


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→香りの教室amicaおしらせブログ
# by amica-aroma | 2019-01-19 12:53 | 日記・雑記 | Comments(0)

月日が経っても

昨日が、阪神・淡路大震災から24年の日だったのですね。

このブログを検索してみたら、ちょうど10年前の今日、「阪神・淡路大震災から14年」という日記を書いていました。

あぁぁそうなのね。
この日記ブログは2009年1月にスタートしたのでした。
10年続けてきたのだなぁ、と感慨にふける。

こういうのなんていうのだっけ?10年が一瞬で過ぎた感じ。
「十年一日」?
と思いきや、「十年一日」の意味は、長い年月の間、何の変化もなく同じ状態であることだそうだ。
「光陰矢のごとし」?

自国の言葉でも知らないものが多いのだ。


さて10年ではなく24年前の阪神・淡路大震災の日、わたしは千葉市に住んでいました。

会社借上げのマンションの1Fにひとりで暮らしていて、千葉でもけっこう揺れたのをよく覚えています。

そのあと会社に行き、仕事に追われ、関西でどんなことが起こっているかを知るのはけっこう時間が経ってからのことでした。

その1995年、地震の爪痕だらけの神戸に2回行く機会がありました。

何かひとつを思い出すと、つながって他のいろいろも思い出してしまうなぁ。

高速道路が復旧しておらず、地図にない道を2時間も先導して案内してくださったポートピアホテルのホテルマンの方には本当にお世話になりました。
そのときはひとり車で行ったのでした。

一時期深くつき合った人より、こういう一度きりしか接していない人の方を懐かしく思い出すことってありますね。


その後神戸には行っていませんが、ずっと手を合わせ続けたいと思います。



じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→香りの教室amicaおしらせブログ
# by amica-aroma | 2019-01-18 22:02 | 日記・雑記 | Comments(0)