香りいっぱいお散歩

香りいっぱいお散歩_c0190960_20515684.jpg

今日はほんぽーと(図書館)に行きつつ徒歩でお散歩。
最近自転車が多いので、歩かなくちゃと思って。

いろいろなおうちの庭に見事なバラがたくさん咲いていて、楽しみながら歩きました。
人様の家のは写真に撮れないのでバラの写真はなしですが、神社や公園などにもいろいろなお花が咲いていました。
見た目も香りも楽しみながら散歩することができました。

図書館の前の桜の木の下に立つと桜餅のにおいでいっぱい。
青い葉っぱののときには桜餅のにおい(=クマリン)はしないはずなんだけど…
(塩漬けしたりするとするらしいです。)
落ちた葉っぱが乾燥して香っていたのでしょうかね。


明日で6月おしまい。
よい週を。



じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ) 



# by amica-aroma | 2021-05-30 21:13 | 日記・雑記 | Comments(0)

運転が好きなんだけど

2年前から、車を夫に渡し自分は普段乗らなくなったので、週末近所のスーパーに行くくらいしか運転しなくなりました。
徒歩3分の職場で働いていた夫の職場が移転し、車通勤に変わったので。

今日はカインズホームまで行ったので、少しだけ長めに(すごく少しだけどすぐそこの原信よりは。)運転しました。
(相変わらずラグとゴミ箱を探している。)

もともと車の運転がとても好きです。
上手かと言われると困るけど、好きなことは好き。
なので四国までひとりドライブをしたりしていたわけです。
1週間かけて四国4県すべてまわったのは1995年のことです。

その後病気をして、そのせいかどうか、トンネルに恐怖感を持つようになり、高速道路の運転が難しくなりました。
トンネルを避けて遠出をするのは難しいので、大好きだったひとりドライブも減り、とうとう2年前に車も手放し(いやさっき書いた通り夫に渡し)、週に一度、せいぜい10㎞程度しか運転しないことになったのでした。

車を運転することは、人の命や生活を奪う可能性のあるものだということを常に強く認識しています。
いつまで運転できるか、と考える年齢になりました。
70歳くらいまではしたいと思うけど。


さて。
今日やっとカインズホームでカーペットを予約しました。
(取り寄せ商品だった。)
もうちょっと軽いラグを欲していましたが、どこに行ってもいいのがない。
おしゃれなお店も結構見ましたが、結局ホームセンターで何の変哲もないのを買ったわ。



じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ) 



# by amica-aroma | 2021-05-29 22:16 | 日記・雑記 | Comments(0)

捨て活

今週はかなり洋服を捨てました。
しばらく着ないうちにいつの間にか、人前では着られないような傷みが出ているものです。

コロナでスポーツクラブをやめて(あとものすごい量のストレス食いで)5キロ太ったので、ウエストがきつくなったスカートも思い切ってさよなら。

会社のMy制服用の洋服と部屋着や下着以外、もう4年ほど新しい服を買っていないので、そろそろ買おうかと思っていますが、誰にも会わないとなると張り合いがない。
別に服を見せるために人に会うわけでもないわけですが、やっぱりそう思うのも事実。


片づけの相談を受けることが多いですが、ごみの分別さえなければもっと捨て活が進むのにと思うことはいつもです。
でも分別は必須ですので、何とか乗り越えましょう。
皆さんが思っているより、燃やすごみにできるものは多い(新潟市の場合)ので、分別が面倒で放置してあるものがあったら調べてみるとよいと思います。

わたしは、今はほとんどマスターしていますが、何度か新潟市に電話で問い合わせたことがあります。
例えば、紙製の箱だけど外枠が金属で、わたしの手では外れないもの。
がっつり金属が使われているけど8割がた紙なので燃やすごみでOKとか、新潟市の担当者に教えていただきました。


今週も疲れました。
よい週末を~♪



じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ) 



# by amica-aroma | 2021-05-28 22:33 | 日記・雑記 | Comments(0)
来月から「にいがた市民大学」受講することになった件_c0190960_21121902.jpg

10日くらい前に、すっかり生活を改めると書きましたが、1ミリも改まってません。
生活リズムを変えるのがこんなに難しいことか。

さて、来月から始まるにいがた市民大学「皆で感染症を考えよう」講座の受講決定通知が今日届きました。
会場クロスパルでの受講ではなく、10名定員のオンライン受講を申し込んでおりました。
10名だから難しいかな、と思っていましたが、抽選で当たったのか申し込み人数が少なかったのかわかりませんが、受講できることになりました。

にいがた市民大学の受講料は10,000円。
1回1,000円と思うとそれほど高くないようにも思うけど、「サイエンスカフェにいがた」とか「公民館サイエンスカフェ」とかドリンク代実費のみだと思うと、やっぱりサイエンスカフェって素晴らしいなぁ。
お小遣いから10,000円を払うのはきついことはきついので。

「サイエンスカフェにいがた」はコロナになってからお休み、「公民館サイエンスカフェ」はいったん企画委員から抜けたので距離ができています。
本当にさみしい。

「公民館サイエンスカフェ」の企画委員から抜けるという連絡をしたのち、公民館からはなんの返信も一言もなかったわ、何年も関わったのに。
新年度、公民館の体制が変われば再び参加したかったのですが、まぁしょうがない。
難しいですね、いろいろね。


鬱々とする毎日ですが、とりあえず学ぶ機会ができたことはうれしい。
他にも何か新しい習い事などしたいのですが、いい案が浮かばない。

さてさて、今後わたしの生活改善はできるでしょうか。



じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ) 



# by amica-aroma | 2021-05-27 21:56 | 日記・雑記 | Comments(0)
2021年読み終わった本26冊目。


今年の読書は本当に偏っていて、坂口恭平氏2冊目。

この『躁鬱大学』では、躁鬱病の人には、病とうまくつきあうヒントが得られるし、わたし含め非躁鬱人(坂口氏いわく)には躁鬱病の人はこういう状態なのか、ということがよくわかる。

最初のうちは躁鬱病ってこうなのかーと思いながら読み進めていく。
自分とはぜんぜん違う、驚く、わかっているようでわかっていなかった。
どんどん読むうちに、躁鬱関係なく、楽に生きていくヒント満載。

世の役に立つ本だと思う。
専門家からみたら、ツッコミどころだらけなのかもしれないが、ご自分がずっと苦しんできたからこそ、死にたい人の話を何万も聞いてきたからこそいえる数々に嘘はないと感じます。

この本で救われる人はたくさんいる。
坂口氏の活動で救われる人もたくさんいる。
この人がいるということの力強さ。
共感とは違う何か不思議なパワー。

相変わらず前のめりで、わたしのようなうすらぼんやりにはついていけない感じもありつつ読みました。

中でもわたしを楽にしてくれたのは、「人の悩みは世界共通。人は人からどう見られているかだけを悩んでいる」というもの。
人からどう見られているかを気にすることは人間に備わった特性、本能だから生理現象と同じ。
だからそれは悩みではない、この世に悩みは存在しないのだ、というところ。
悩むのは便秘と同じだからトイレに行って出せばいいって。

意義ある読書体験でした。

(2021年5月16日読了)
--------------------------------------------------
『躁鬱大学: 気分の波で悩んでいるのは、あなただけではありません』坂口恭平
お気に入り度★★★★☆



じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ) 



# by amica-aroma | 2021-05-26 21:39 | 読書記録 | Comments(0)

ぐだぐだな日記毎日更新中。


by amica(あみーか)