恐れずに

人とのコミュニケーションが苦手だとあらためて実感した日。

たくさんの方が話しかけてくれるが、うまく対応できない。
距離感がつかみにくい。
っていうか、そもそも距離感ってなんだ?つかむ必要あるのか?
ひどく頭の回転が悪いために、話がすれ違ったりもする。
つくづく自分が嫌になる。

そうはいっても、人と話すのは楽しい面もたくさんあり、誰ともしゃべらず生きていくことも難しいわけですけれども。
恐れずやっていくしかない、失敗しても気にせずに。


Spotify(音楽配信サービス)の3ヶ月間無料期間が終わるので、泣く泣くフリープランに戻した。
どんどん好きな曲が聴けて便利だったけど。
年間12,000円近くかかるのはちょっと負担だなと思い。

昔月に何枚もCDを購入していたことを思えば安いともいえる。
またどうしてもだったら申し込もうっと。


明日も元気に。



じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ) 



# by amica-aroma | 2022-09-10 21:46 | 日記・雑記
2022年読み終わった本15冊目。


今年最初に読んだ同じ著者の『すぐ死ぬんだから』を母に貸したら面白いと言って何度も読んでいたので、別なのもあげようと思って買いました。
80代の母は、文章やストーリーがわかりやすい方が喜ぶので。
まぁそりゃそうか。

『すぐ死ぬんだから』はシニア女性が主人公でしたが、この『終わった人』は定年を迎えた男性が主人公。
仕事人生だった男が定年を迎えて様々な葛藤と戦いつつ、結局別の仕事へ。
わたしとしては、奥さんの心情に「わかるー」と思いながら読みました。

映画化されたということで、表紙に写真があるバージョンを購入したので、夫妻は舘ひろしさんと黒木瞳さんの顔が浮かんでしまい、小説が映画化されるとこれが困りますよね。
小説と映画がどんなに違う感じでも、ホリー・ゴライトリーはオードリー・ヘプバーンしか浮かばないし、スカーレット・オハラはヴィヴィアン・リーしか浮かばないように。
特にホリーはぜんぜん違いますねー。


今年になって、通しで読んだ本は50冊近くになっておりますが、記録を書くパワーがまったく出ない。
本当に出ない。考えただけできつい。
タイトルだけでも記録を残したいものですが。
(100%自分のため)


(2022年2月26日読了)
--------------------------------------------------
『終わった人』内館牧子
お気に入り度★★★☆☆



じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ) 



# by amica-aroma | 2022-09-09 21:11 | 読書記録

オタクでいいのだ!

昨日は、わたしがアロマインストラクターになっていちばん最初に担当したクラスの生徒さんが、数年ぶりに遊びに来てくださいました。
(2003年か2004年かそのあたり。某アロマスクールの雇われ講師だった頃。)
とても勉強熱心で、今やわたしよりずっとずっと知識も技術も経験もある方ですが、今も先生として扱ってくださり恐縮と感謝で爆発しそうです。

今回、講座を受けたいとおっしゃってくださったのですが、コロナ後、精油や基材をセルフケア用にしか揃えておらず、すべての方(といってもわずかな人数だけど)にお断りをしている状況です。
それでも遊びに来てくださって、アロマについて3時間語り合う時間を持つことができました。

50代になってから、それまでよりも勉強量が減っています。
正確に言うと同じように学んでいるつもりなのですが、集中力・気力・持続力などが軒並みひどくダウンして、今後も講師として続けていけるのか不安になることもあります。
それでも、昨日のように熱意のある方とお話しすると、どんなに集中力が落ちてもやっぱり学び続けていきたいな、と改めて心が決まるのでした。
すべてにおいてありがたい。

そろそろ講座を再開したいなーと思ってはおりますが、妙な完璧主義が邪魔をして、なかなかスタートできずにいる。
それに商業的に講師業をやるのはまったく向いていないので、ただのアロマ勉強オタクでいいや、と思っている面も。
今後は、オタク色強めで活動しようかなぁ。



じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ) 



# by amica-aroma | 2022-09-08 22:08 | 日記・雑記

休日充実

今日はお休みで、午前中はゆっくり(だらだらまったり)&午後は神様のような素敵な人が遊びに来てくれた&夜は運動2本(昨日まであんなに痛かった足が、今日はまったく痛くなかった!!)という素晴らしい1日となりました。
ありがたい。

ずっと職場でごたごたがあって、それはまだまだ続いていて、今後も解消する見込みもなく、自分は被害者だと思っていたが、どうもわたしが責められる感じになってきた。
じっと黙っていただけのつもりだったが、また立ち回りに失敗したのかも。
どこの組織に行っても、うまく立ち回れない。
こんなに大人になったのに、それは全然変わらないのでありました。

憂鬱だけれど、運動とアロマがあればなんとか大丈夫かな。
今日は足が痛くなくて、7月17日に足を痛めてから初めて!
調子に乗らず、よくストレッチしたりケアしたりしたいと思います。
(今ちょっと痛い。)



じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ) 



# by amica-aroma | 2022-09-07 22:30 | 日記・雑記

物干し竿を拾えるか

昨日ベランダの物干し竿が下(ベランダの床面コンクリート)に落ちてしまったことを少し書きました。

20代後半の3年弱ほど、千葉県千葉市で暮らしていました。
JR西千葉駅の近くの、寮扱いの会社の借り上げマンションに、4つ年上の先輩(上司)と二人で住むことになって少し経ったある日。

その先輩が、物干し竿を2本持って(担いで?)帰ってきました。
「近所で拾った」とのこと。

1階だし通りに面しているし(しかも関係ないけどお向かいはラブホテルだし)、洗濯物をを外に干すことをまったく考えていなかったので物干し竿が必要と考えたこともなかったのですが、「いいもの拾った!」と言われ、そうなのか、と思ったあの日。

結局、その先輩は出世して関西に転勤になり、一緒に住んだのは7ヶ月ほど。
ファミリー向けの間取りのマンションでしたが、その後はひとりで住んでいました。
お引越しの日、その物干し竿を先輩が1本持って行ったので、わたしの分が1本残りましたが、千葉で暮らした3年弱、一度も使うことなく過ごしました。

その後千葉から群馬県前橋市→新潟市中央区→新潟市東区→そして今の住まい、とその物干し竿とともに移動してきました。
でも考えてみれば、それを使ってベランダに洗濯物を干すようになったのは、遅めの結婚をして今の住まいに来てから。
ずっと一緒に移動してきたのに、ひとり暮らしの間は使うことがなかったのでした。


超パワフルで美しく強いS先輩はあの日「落ちていたから拾ってきた」と言った。
その時は何の疑いもなく信じたけれど、今思えば、リサイクルショップかどこかで買ってきてくれたのかもしれない。
(確かに新品ではなかったが、2本とも比較的きれいだった。)
それとも本当に2本拾ったのかもしれないけど、ここ数年S先輩との年賀状のやり取りも途絶えてしまったし、確認はできない。

でも今聞いても「拾ったんだよ!」とあのパワフルな声で言ってくれそうな気もする。


人生には、何も生み出さないかもしれないこうしたエピソードがあふれているものです。
本当にとるに足らない物語。
その積み重ねだ。



じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ) 



# by amica-aroma | 2022-09-06 21:53 | 日記・雑記

ぐだぐだな日記毎日更新中。


by amica(あみーか)