c0190960_8331022.jpg


すっかり涼しくなりましたね~。
画像は昨日のお空。
秋はもの悲しい感じもするけれど、なんといっても冬が好きである。


数日前に、映画『プーと大人になった僕』を観てきました。

ヒット大作やディズニー映画を観に行くことは少ないのですが、これはなんだか観てみたい気がして行ってきました。
特に『くまのプーさん』シリーズのファンというわけでもないです。

この映画のCMでプーが「僕は毎日なにもしないをやっているよ」と言っているのをみて、プーの何もしない毎日を知りたくなったのでした。

どんなにおもしろい映画でも暗闇で眠くなってしまうのが常ですが、これは眠くならず2時間が1時間くらいに感じられました。

期待が大きすぎたのでそこまでではなかったのですが、100エーカーの森もロンドンも、行ったことないのになぜか懐かしいような気もしてきて、よくできた素敵な映画でした。
どんな大人も、思い当たらない人はいないと思う。
ぬいぐるみたちが本当に愛らしかったし、「今を生きる」ということを教えてくれました。


ひとつ残念だったのは、時間の関係で吹替え版を観たこと。
字幕版にすればよかった。

はまり役のユアン・マクレガーの声を聴きたかったです。
堺雅人さんのクリストファー・ロビンは悪くなかったのですが、プーの声には少しなじめなかったです。


先にこの映画を観た友人の感想が「イーヨー(ロバ)のネガティブ思考がすごかった」でしたが、確かに。
他人とは思えないネガティブさ。


プーは言いました。
『「なんにもしない」って最高の何かにつながるんだ』

今のわたしも最高の何かにつながる時期であってほしい。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
# by amica-aroma | 2018-10-14 09:15 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_7522098.jpg


昨日から第九の合唱、経験者のみなさんも含めての練習が始まりました。

先週までは新潟市音楽文化会館の練習室が会場でしたが、昨日から新潟県民会館

先週書いたように一度やめようと思ったが持ち直したし、ここまできたらやめないぞ。
大勢の中に混じったらわたしの音痴の細い声なんて誰にも聞こえないのさ。

という意気込みはこのあとすぐにくじけそうになります。

先週のお話はこちら→「第九」への道日記(第5回)―初心者練習を終えて(やめようと思ったがなんとか持ち直したお話)


さて初めての全体練習。

第九みんなで歌ったらどんな感じなのか楽しみにしておりましたが、まずは急にアンコール曲を渡されそれをぶっつけで歌うところから。

いや、第九の暗譜も無理そうなのにもう1曲譜読みして暗譜するとか無理だから、一度持ち直したけどやっぱりやめるべきでは・・・と思いましたが、やったことある曲だった!
くじけそうなぎりぎりのラインを通っているので、何かあればすぐやめるモードなわけですよ。
よかった、本当に。

そのアンコール用の曲、ずっとピアノ伴奏だったので正確にはほとんど歌っていないのですが、歌詞もソプラノのメロディーもほぼ覚えていた。
若い頃に覚えたことは、30年40年経っても覚えているのですね~。


先週までの練習では、自分の音痴ぶりに落ちこむばかりでしたが、大勢で歌ってみれば自分の声はよく聞こえず、なんとかまぎれることができたのではないか?
すぐ後ろの席の方は、わたしの5倍くらい声量がある。
斜め前の席の方はずっと楽譜をまったく見ないで歌っている。

あぁ大勢いるって素晴らしい。
あとは、みんなと違う口の動かしかたをしたときにテレビに映らないことを願うだけである。
(ちゃんと暗譜してください自分よ)


県民会館は、20代の頃には月に何度も通っていました。
ただ単にコンサートに行くのが趣味だっただけでありますが。

来週からもなんとかがんばります。たぶん。

これまでの「第九への道日記」はこちら→タグ:「第九への道日記」


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
# by amica-aroma | 2018-10-13 08:40 | 日記・雑記 | Comments(0)
2018年読み終わった本44冊目。


『あなたにだけわかること』井上荒野

登場人物もストーリーも、うっすら嫌悪感と違和感の間くらいの妙な感じを受けるのに、なぜか読み続けてしまう不思議な作品でした。
井上作品の力なのでしょうね。

友達でも恋人でも家族でもないのに、なぜか折々に縁がある相手というのが存在するものですね。
そういうものを描いたお話。

Amazonの解説では『男と女の「愛ではないけれど、愛よりもかけがえのない関係」を描く長編小説』ということですが、愛よりもかけがえがない、というところまでは感じなかったです。

でもそういう関係だからこそわかる相手のこと、そういう関係でしかわかりえないことがあるのだろう。

井上荒野作品は今後も読みます。

--------------------------------------------------
『あなたにだけわかること』井上荒野
お気に入り度★★☆☆☆
# by amica-aroma | 2018-10-12 06:45 | 読書記録 | Comments(0)

2019年の手帳~妄想手帳

c0190960_7238.jpg


9月の初旬に購入してありました、来年の手帳。

「ほぼ日手帳」は、えっと12年目とか13年目くらい。

2018年版は、何度みてもぜんぜんほしいカバーがなくて、以前セールで買った赤の無地カバーにステッカーを貼ったりして使っています。

2019年版は久しぶりに荒井良二さんのカバーがあったので、迷わずこれにしました。

右上に写っているのは、LOFTでほぼ日手帳購入者用のガチャガチャをやって得たものです。
ほぼ日手帳型のチャームでした。
(かわいいけど困るモノ・・・)


手帳にいつも何を書いているかというと、ほとんど「妄想」です。

こうなったらいいなということやほしいものとか。

そういうのって書くことで実現するとか引き寄せるとかよく言われていますが、実現したことなんてぜんぜんないです。(断言)

いやここは「書いたことは次々叶ってます」と書くべきところでは?笑

ネガティブ女王のせいか、妄想は妄想で終わっています。
それでも書いてますね~。

今年は、予定やライフログなどはもう1冊別のビジネスっぽい手帳(佐々木常夫手帳)に書いていて、2冊使っています。

2018年はあと81日。
10月に入ってもけっこう暑い日がありましたが、これからはどんどん秋も深まりますね。

平成最後、充実して過ごしましょう!


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
# by amica-aroma | 2018-10-11 07:38 | 日記・雑記 | Comments(0)
昨日は、豊栄地区公民館の「女性セミナー」に参加しました。

タイトルは『前をむいて歩こう~私の未来は私が決める~』
40代後半から50代の女性が対象で、9月から5回のコースです。

日記blogには書きませんでしたが、第1回の『心にも栄養を(ストロークを通して)』には参加。
第2回の『アサーティブを学ぼう』は、どうしても調整がつかず欠席、昨日が第3回でした。
アサーティブを学ぶことはわたしにとって必要なことだったのですごーく残念。


昨日のテーマは『プチ起業を学ぼう~得意なことで起業する~』
講師は事業コンサルタントの小林さやかさん。

このテーマはわたしにとってどうかなぁ、またグループワークでいろいろと発表することになったら微妙・・・などといろいろと心によぎりましたが、2回も欠席するわけにはいかんぜよ、先日のZUMBAのときを思い出して飛び込んでみるのだ!と行ってみる。

先日のZUMBAのときのお話→やってみてから考えよう

講師の小林さんは、実年齢よりうんと若く見えるとってもかわいらしい方。
とてもお話しやすかったです。

前半は、なぜ「プチ起業」なのか、「プチ起業」とはどういうものか、そして講師の小林さんご自身の経験も含め4名の事例紹介。
4名とも大成功の事例。
失敗の事例はもっと大量にあるだろうな、となんでもナナメに聞くのは悪い癖です。
失敗はわたし自身が体験しているともいえますが・・・

後半は、グループワーク。

1.これまでにやってきた経験や強みを書き出す。
2.好きなこと、得意なことを書き出す。

どちらも9マス記入欄があったので、最大限絞り出して9個ずつ書きました。
1と2に共通しているのは4つありました。

それを4人ずつのグループの中で発表して「いいね」やアドバイスをもらう作業。

わたしは15年以上アロマの勉強に没頭してきたけれど、意外にもみなさんから反応があったのはアロマではなく、片づけや整理、文字や文章を書くことでした。
得意だと思っていた「人前で話すこと」にも反応はない。
もっと片づけについての情報発信をしたら?という声もいただきました。

先生には「ニーズはそちらだったんですね」と言われました。
自分の得意や好きとともに、ニーズもなければ起業にはならずってことですね。

グループの他のみなさまの発表を聞いて、それぞれ特技や貴重な経験をお持ちで、それはどれもわたしと重ならないものなのでうらやましいと思いつつ、人にはそれぞれお役目があって、自分の手持ちの中から活かすしかないですよね。

それはわかっているのだけれど、その肝心の「自分の手持ち」を自分自身がよく認識しきれていないってことあるよね。

それを気づかせてくれた講座でした。
これから、自分の中でさらに深めていきたいと思います。


第1回のグループワークでご一緒した方々が「前回欠席だったね~」などとお声かけてくださってうれしかったです。
人と関わることを怖がってばかり過ごしておりましたが、世の中こんなに素敵な方ばかりよね。
みんな目がものすごーくきれいで、こちらが恥ずかしくなるくらい。

小林さやか先生、ご一緒したみなさま、ありがとうございました。



じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
# by amica-aroma | 2018-10-10 08:16 | 日記・雑記 | Comments(0)

やっとこれから

会社を退職して2ヶ月以上経って、やっと休養するペースになってきました。

いや2ヶ月休養してたでしょって言われちゃいそうだけれど、気もちはぜんぜん休まらなくて、何か新しいことに手をつける気にならなくて、無理やり運動に行ったり予定をこなしたり、という2ヶ月間でした。

先日までアルバイトしていた会社では、さまざまな不条理や理不尽や批判や否定されることの連続でした。
ひどいパワハラやくだらないいじめの対象になったことも。
それもみんな自分に非があるのだとしか思えず、自分を否定する心しかわかなくて、この2ヶ月もそれを引きずっていたようにも思います。

やっと、「そんなにわたしってダメだっけ?」と思えるようになってきました。

たしかにダメかもしれないいけどそれほどだっけ?
よいところも少しくらいあるのでは?

あともうひとつ、身体も、自分で思っていた以上に疲れていたのだ、ということもあります。


少しずつ取り戻していきたいです。

それにはまずは体力!と思っていますが、昨日は午前中出席したエアロビクスがきつすぎて、完全に寝込みました。

体力つけたい!



じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
# by amica-aroma | 2018-10-09 15:17 | 日記・雑記 | Comments(0)
2018年読み終わった本43冊目。


『生きるとか死ぬとか父親とか』ジェーン・スー

なんの予備知識もないくせに父親を介護するお話だと思って読みはじめました。
どこで勘違いしたのであろう。

お父様が老いていっているのはそうだけれど、介護ではなかった。
とはいえ、ものすごくめんどうみている。

お母様は20年前に亡くなり、兄弟姉妹はいないので、父と娘ふたりだけの家族。

著者は本当にお父さんが好きなんだな、とびっくりする。
いや、父なんだから仲良くしても(していない場合も多いけど)驚くことはないのであるが、なんだかすごい。

お父さんのキャラクターがなかなか強烈なのと、数々のごたごたがあったとはいえ、お父さんのことのみで本1冊分話が尽きないこともすごい。

中には重い話も多いものの、文体の力もあり重くならず読めました。

親はいちばん近くて遠い、難しい存在。

--------------------------------------------------
『生きるとか死ぬとか父親とか』ジェーン・スー
お気に入り度★★★☆☆
# by amica-aroma | 2018-10-08 08:08 | 読書記録 | Comments(0)
1ヵ月ぶりに「第九への道日記」です。

今年の新潟第九合唱団に参加して、8月から毎週金曜日夜の練習が始まって、初心者向け7回の練習が一昨日で終わりました。
わたしは金沢旅で第2回目を欠席したので6回参加したことになります。

来週からは初心者の何倍も人数が多い経験者のみなさまと合流。


実は前々回(9月最終週)の練習で、もう無理!やめる!と思いました。

まったく声が出ず、たまに出たと思えば音が外れるし、歌えないからまったく楽しくないし、楽しくないどころか苦痛でしかない。
発声とかきちんと習うとかしないと難しいと思ったのです。

その日、ドリンクの自販機前でちょうどピアノ担当の先生と一緒になったので、「声がまったく出ないんですけどどうしたらいいでしょう」とお聞きしてみたのです。

いろいろお話してくださった中で、ひとつそれかも、と思ったことは「わたしもソプラノで、大きな声は出ないんですけど・・・」とおっしゃったところ。

「大きな声」

あぁわたし大きな声を無理に出そうとしていたかも。

大昔、受験のために声楽を習っていた頃、とにかくボリュームを上げろとしつこく言われていました。

今とは別人のやせっぽちのわたしは、何もかもか細い。
声も小さな(細い)声しか出ませんでした。

当時、声楽の先生からもピアノの先生からも、「声が出るようになるようにもっと太りなさい」としつこく言われていました。
「オペラ歌手は大きい人が多いでしょ」って。

先生、お元気でしょうか?
あの頃骨と皮しかなかったわたしは充分すぎるほどに太りました。

声の細さは体型だけではなかったのでは?
もちろん体型も関係あるだろうけれど。

30年以上経ってわかる・・・先生方は、声楽の才能がまったくないわたしを慰めてくださったのですね。
35年後にこんなに立派に太っているとも想像せずに。


そうして、一度は「やめる」と思った合唱ですが、今週はボリューム関係なく自分のいいところで発声練習を繰り返してみました。

その成果が出たのか、今回の練習では高い音を伸ばすところ以外はなんとか自分の範囲でたのしく歌うことができました。
ソロで歌うわけではないのだから、わたしのような細い声やいろいろな声があってこその合唱なのですね。

自分が苦しいときには聞こえなかった他の人の歌声も聞こえるようになってきました。

そうすると、わたし以上に、なぜ合唱に参加しようと思ったの!?というようなけっこう×××な人も何人もいる。
単に音がずれているとかうまく声が出ないというレベルでなく、ぜんぜん違うメロディーを自信満々に歌っているような人も!

そうだったのか、これまで余裕がなくて気づかなかったわ。

そういう声も含め合唱。

譜読みが大幅に間違っているのはどうかとも思うけれど、まぁ希望すれば誰でも参加できる企画だから、全体として曲がお届けできればよいのかもしれません。


来週からいよいよ経験者の方々と一緒に練習、今月末には指揮者との練習もあるそうです。
さて第二ステージどうなりますかね。


これまでの「第九への道日記」はこちら→タグ:「第九への道日記」


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
# by amica-aroma | 2018-10-07 07:40 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_7225614.jpg


昨日は「みんなのレオ・レオーニ展」開場式に行ってきました。

「みんなのレオ・レオーニ展」は、新潟県立万代島美術館で本日から開催されるもので、前日の昨日、開場式というものがあり、初めて参加してみました。

美術館の友の会の会員は参加可能なのですが、平日の14:00に行くのはなかなか難しくてこれまでには参加できず、今回の無職期間がチャンス!と思い、行ってみたのでした。

c0190960_723115.jpg


一番乗りで無料で観覧できるならラッキー、と軽い気もちで行きましたが、会場に着いてみれば報道の方や関係者の方がたくさん。
ほとんどが名刺交換や挨拶をする人々、ビジネスの雰囲気ぷんぷんで、わたしのようなのんき者は見当たらない。

初めてで勝手がわからなくて、並んでいる椅子に座っていいのかどうかわからずに、こそこそうろうろしているうちに、すべての席が埋まってしまい、式はトイレの前の通路みたいなところで立って見学することに(╥_╥)
撮影も可なのかわからず、とにかく突っ立ってる。


立って腰が痛いまま、偉い人のお話を聞いたりテープカットを見たりした後、いよいよ「みんなのレオ・レオーニ展」の鑑賞。

『スイミー』は小学校の教科書に掲載され日本全国で親しまれているとのことですが、わたしの時代のことではないので教科書のイメージはない。
(今調べたら1977年から採用とのこと。)

わたしが知っているのは『あおくんときいろちゃん』くらい。

ねずみの『フレデリック』も知ってる。
ねずみはもっとも苦手な動物ですが、『フレデリック』はかわいい。

貴重な原画(『スイミー』の幻の原画5枚)など、大量に、充実した展示を観ることができました。

かわいい作品が多いイメージですが、違うタッチの平行植物シリーズや、その立体作品などもあって見ごたえ抜群でした。

絵本をほとんで読んでいないので、物語の内容や描いたご本人がどういう想いをこめたかはわかっていないけれど、全体としてわたしが受けとったメッセージは「自分はそのままでいいし、心は自由」ってこと。

グッズは全部かわいすぎてみんなほしくなるくらい。
みんなほしいということは何もなくてもいいということでもあり、何も買わずに去る。
でもやっぱりほしいかも・・・

c0190960_7233774.jpg


エレベーターも『あおくんときいろちゃん』仕様でした。

「みんなのレオ・レオーニ展」会期は本日より12月16日(日)まで。
新潟県立万代島美術館



じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
# by amica-aroma | 2018-10-06 08:30 | 日記・雑記 | Comments(0)

やってみてから考えよう

c0190960_9212213.jpg


↑ 昨日TSUTAYAでいただいたオレンジタオル。
好みじゃない景品は遠慮させていただくことが多いけれど、タオルだといただいてしまう。


このblogでも宣言した通り、8月からできるだけスポーツクラブに通っています。
それまでは土日中心で週2回だった。

一応「毎日行く」という目標ですが、週に一度はクラブの定休日もあるし、都合がつかないことも多いので、トータルで2日に1回くらい行っている計算になります。
(9月は14回利用)

今月になってプログラムが変更になり、これまで楽しみにしていたものがなくなったり、新しいものが導入されたりしました。

今月から「ZUMBA」っていうものができて(施設としては復活らしいけど)、どんなものかはわからないけどダンスだろうから自分には関係ないと思っていました。

とにかくダンス系と音楽ゆっくり系が苦手だったり好みでなかったりするのでそういうものには近づかないようにしています。

なのでその「ZUMBA」の初日には、同じ時間の別のプログラムに参加する予定で出かけていきました。

が、エレベーターで仲良しのおばさま(このクラブでいちばん最初にわたしに声をかけてくださった勇気ある方。エアロビクスのレベルが同じくらいなので親近感があります。)から声をかけられる。

「出るなら初日がチャンス!一緒に出ようよー」
「わたしダンス苦手なんですよー。得意なんですか?」
「ぜんぜん。ダンスかどうか、どんなものかもわかってない。」
(しかもZUMBA(ズンバ)を「ジルバ」と言っていた!!)
「いやーわたしダンス系ダメだと思うんですよねー。」
「でも大きいスタジオだし、今日は初日だからみんなわけわかんないから大丈夫」
「いやーついていけないと思うんですよー。」
「やってみなきゃわからないじゃない。ダメだったら次から出なければいいし、脳トレだと思ってさ!」

みごとに前向きvs後ろ向き!
どちらがわたしの発言かは言わずもがな。
自分の後ろ向きさ加減にも感心するわ。

スタジオをのぞいてみたらおなじみさんが大勢いらしたので、結局参加してしまいました。

結果、心配するほどではなかった。
そんなものよね。

何ごともやってみないとわからないのに、なんだかんだ先に勝手にマイナス面ばかり考えて(悪い想像して)やってみない癖がある。
最後の「脳トレだと思って」というのには、すっかり感心してしまいました。

このとき参加してみなければ、今後(メンバーや雰囲気が固定化され)もっと参加しづらくなってきっと一生体験することはなかった、と思うと、前向きおばさまに感謝です。

この流れで、自分には無理だと思っていたボディコンバット(ボクシングとか格闘技系の動きをとり入れたエクササイズ)などにも参加してみました。


まぁいろいろ参加してみた結果、やっぱりエアロビクス以外は好きじゃないことがわかりましたが、いろいろチャレンジすることは大切。


何回も同じ報告をしますが、体重は1gたりとも減っていません(・・;)


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
# by amica-aroma | 2018-10-05 09:38 | 日記・雑記 | Comments(0)

日記毎日更新中~。


by amica(あみーか)