読んだ本記録 『贖罪』

2018年読み終わった本55冊目。


『贖罪』湊かなえ

作家というのは、よくこんなことを思いつきますね。
あっという間に、おもしろく読めました。

すべてを文章で明らかにせず、我々読者に想像させるところも多く、事実(らしきもの)が少しずつ明らかになっていく感じも楽しめる。

湊かなえ作品何冊か読んで、どれも好きじゃないんだけどおもしろい。
「好きじゃない」というところが実はポイントで、自分の中にある心地よくない感情が呼び覚まされるというところなのかもしれません。


あぁわかっているんです、ミステリーを読んでいる場合じゃないんです。
読むべき本がたまっているのです。

しかし「読むべき本」とは何だろう、読みたい本を読めばいいじゃないかー。
読みたい本だけを読んでいたら、ほとんどミステリーやエンタメ文学しか読まないので勉強はできない。

じゃあ勉強はしたくないってことではないか。
あぁ今日も不毛な自己問答。

--------------------------------------------------
『贖罪』湊かなえ
お気に入り度★★★☆☆
# by amica-aroma | 2018-12-16 09:36 | 読書記録 | Comments(0)
昨日、新潟市美術館の『ピカソ 版画をめぐる冒険 フランス国立図書館版画コレクション』に行ってきました。

またも会期終了直前に駆け込み。
(明日で終了)
毎度毎度同じパターンになるのはなぜでしょうね~。

ピカソの絵、毎回見るたびに思うんですけど本当に絵が上手いですよね。
この語彙力のなさはいくらなんでもひどすぎると思うけれどそれしか言いようがないくらい上手い。
技術があるからこその芸術性。

今年の平昌オリンピックで、何の競技だったか忘れたけれど解説の人が「運動神経がいいですねぇ~」と言っていて、うちでは「あたりまえ!!」と大笑いしましたが、まぁそんな感じ。


館内が寒くて、ひとまわりする間にすっかり体が冷えてしまいました。
暑がりのわたしが冷えるなんてめったにないこと。

スタッフの方にお聞きしたら、湿度管理のためこれ以上設定温度を上げられないとのこと。
あんなに寒いって知っていたら、カイロとか準備していったのに。

ドキュメンタリー映画上映会『ピカソ:天才の遺産』というのもあり、それも観ようと思って2階の講堂に行きましたが、そこもとにかく寒い。
いちばん厚いもこもこのコートを着ていたのを、さらに首までボタンをはめて、貸出のブランケットも借りて鑑賞し始めましたが、寒いし眠いし・・・
映画は40分ほどで出てきてしまった。
技法の解説みたいな感じで難しかったのもあり。


今年の美術鑑賞納め。
来年もそういう余裕がありますように。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
# by amica-aroma | 2018-12-15 21:41 | 日記・雑記 | Comments(0)

個人的今年の漢字

毎年この時期同じことを書いておりますが、年末感がないですー。
もうあと2週間とすこしで新年だなんて。

昨日は両親の年賀状作りを手伝いましたが、自分たちの分は手をつける気にもならない。
いつもの通り、クリスマスが終わってからでいいか、と思って。


今週、今年の漢字「災」という発表がありましたね。

個人的な今年の漢字を考えてみました。

いつもいつもネガティブで申し訳ありませんがまず浮かんだのは「沈」・・・(・・;)
あとは、「滞」とか「止」「戻」とか?

しかし、これはいいことだ。
来年に期待だ。
来年も同じ文字ということはないだろうから。

2018年の残りを、穏やかに過ごしたいです。

みなさんの今年の漢字は何でしたか?


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
# by amica-aroma | 2018-12-14 20:50 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_1017204.jpg


来週福祉会館アロマ講座があります。

午前の部のお申込みが定員の8名に達しましたので、お知らせいたします。
定員に達するのは久しぶりです。

午後の部はまだまだ空きがありますので、師走のほんの1時間ちょっとの間アロマに浸りたい方はぜひおいでください。
参加お申込みの締切は12月16日(土)です。

どうしても今から午前に申込みたい!!という方いらっしゃいましたら、一度ご相談ください。

みなさまに喜んでいただけるような講座になるよう精いっぱい準備したいと思います!

詳細は→2018年12月の福祉会館アロマ講座のお知らせ


画像は、先週から始まったけやき通りの光のページェントや駅南のあかりたち。

昨日は夜スポーツクラブに行ったので、そのとき撮りました。

光があると元気が出る。
心にも光を。そしてそれを誰かにも。



じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
# by amica-aroma | 2018-12-13 10:32 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_9402468.png


来週「第109回サイエンスカフェにいがた」が開催されますのでお知らせいたします。

テーマは、『「バッハって、どうして“音楽の父”なの?」シリーズ J. S. バッハの死後』
ゲストは、林豊彦さん(新潟大学 自然系教授 大学院自然科学研究科/工学部人間支援感性科学プログラム、新潟市障がい者ITサポートセンター長)

2018年12月22日(土) 15時30分~17時00分
会場はジュンク堂書店新潟店地下1階Café Space。

このバッハのシリーズは長年続いてきたもので、2年あいて今回久しぶり。
わたしが参加したのは2014年から。
最初からお聴きしたかったです!

これまでのバッハカフェに参加したときの感想
「第83回サイエンスカフェにいがた」参加しました(2014.12.20)
 「第89回サイエンスカフェにいがた」に参加しました(その1)(2015.12.5)
 「第89回サイエンスカフェにいがた」に参加しました(その2)(2015.12.6)


特に最初の記事には林先生ご本人から「なぜバッハがサイエンスなのか」というわたしの未熟な問いに対し丁寧なコメントをいただいております。
「第83回サイエンスカフェにいがた」参加しました

『(前段略)~晩年の作品集の理路整然とした構成、フーガ・カノンのような数学的な対位法作品など、バッハほど音楽の理系的側面を強調した作曲家は他にいません。』とのこと。

音楽に興味のある人もない人も、サイエンスという観点からバッハを味わってみるのもよいと思います。
林先生のお話は、本当に面白くて、どんな方もひきつけられること間違いなしです。
さまざまな音源も聴かせていただけるようです。

通常のサイエンスカフェでは、ドリンクはコーヒーか紅茶(いづれもホットかアイス)を選んでいただいていますが、今回スペシャルで100円プラスでワインも選択できるというお楽しみも。

クリスマス連休の初日、お忙しい時期かとは存じますが、ご都合のつく方はぜひご参加ください。

サイエンスカフェについての詳細はこちら→http://www.ecosci.jp/n-cafe/

わたしはといえば、第九本番が終わったら頭をベートーヴェンからバッハに戻す、と宣言しておりましたが、まだまだ第九を聴き続けております。

そろそろバッハ聴こう。
何からがいいですかね。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
# by amica-aroma | 2018-12-12 10:43 | その他 | Comments(0)
2018年読み終わった本54冊目。


『天国はまだ遠く』瀬尾まいこ


初の瀬尾まいこさん作品。
図書館で借りる本がみつからず、「今日返された本」の棚から借りてきたもの。

軽いとか幼稚とかの声もあるかもしれないけれど、全体に流れるなんともいえない清潔感で好感が持てました。

都会で仕事に疲れた若い女性が田舎に行って元気になるまでの21日間の物語。

心が疲れたら田舎に行って何もしないで過ごせば回復するという、わかっているけどなかなか実際にはできないこと。
よくある話のようでいて、現実と夢の間のようなふんわり感もあり、疲れているときにほっこりできるような作品。

あっという間に読めて、ささやかにさわやかな気分にはなりました。

--------------------------------------------------
『天国はまだ遠く』瀬尾まいこ
お気に入り度★★★☆☆
# by amica-aroma | 2018-12-11 11:17 | 読書記録 | Comments(0)
c0190960_8284350.jpg


昨日、第19回新潟第九コンサートがおこなわれ、合唱団の一員として初参加しました。

300名以上の合唱団のうち初心者は約60名ということで、毎年出られている方の多いこと。
先日のオケ合わせでばったり会った友人は4年目だそうだし、昨日本番直前に声をかけてくださったアロマの生徒さん(昨日まで一度も彼女が出られていることも知らなかった!パートが違うと練習でも会わないことが多い)はもう長くずっと出ていらっしゃるそう。

人前に出ることに緊張はしないので、懸案事項は歌詞を間違えないかどうかの1点。

前日も当日もゲネプロでは歌詞を間違えたので(2日とも違う部分)、不安はありましたが、本番ではなんとか間違えず。
1ヶ所ブレスの位置を間違えちょっとごまかしたりしたが、なんとか歌いきったと思う。たぶん。

昨日はすっかり力が抜けて疲れがどっと出て、夕食はお弁当を買って帰り8時過ぎには寝てしまいました。

自分のことはともかく。
合唱も含め、今回の演奏がお客様の心に善きものをもたらしていたらいいな、と思います。

当日券も売り切れで、500円の立見チケットも出たとのこと。
客席スカスカだと緊張するのでほぼ埋まってよかった。

クラシックなど聴いたことのない母が聴きに来てくれました。
「歓喜の歌」は一度生で聞いてみたかったとのことで、チケットを購入して贈りました。

クラシック慣れしていないので3楽章とか眠くなるのでは?と心配しておりましたが、たいへんに感動しており、最初から最後まで一度も退屈しなかったしオケも合唱もすべて素晴らしかった、本当に楽しかった、ということだったのでほっとしました。


若い頃に音楽の道をあきらめ別の世界にきてから約30年、もう一度あちら側に立ってみたかった。
あちら側というのはステージの上。
現在の自分があちら側に立つには合唱団の一員になるこの方法しかなかったので、実現してよかったです。
厳密に言うと今回立ったのはステージではないですが、あちら側ではあった。

今回初めて参加したことで、貴重な体験や学びがたくさんありました。
それを今すぐにここに全部書き表すことは難しいので、これからの自分に反映させていきたいと思います。

これまでの「第九」への道日記はこちらから→タグ:「第九」への道日記

申込み後から本番までの経緯を書いたつもりで、これからやってみようかという人の参考になればうれしいですが、自分の感情を包み隠さず書いているものであまり参考にはならないかも・・・


さてみなさん帰り際に「また来年~」と言って去っていきました。

わたしは、最初から一度きりの記念参加と思っていました。
一生に一度は歌ってみたかったから。
本番前日までは、この中で来年も歌うのは難しいと思っていました。

しかし、しかしですね、一度始めたことはやめない性質のわたしです。
きっと来年も申込んでしまうんじゃないかな、という気がちょっとだけしてしまっています。

曲の魅力と魔力、10代からずっとベートーヴェンを追ってきた結果としてこういう形でここに行きついたこと。
来年の申込まであと半年、考えたいと思います。


末筆ながら(手紙か?)、多くのみなさまに感謝いたします。

まず、今年の参加に声をかけてくれたSさん、誘ってくださっただけでなく練習のたびにダメなわたしをフォローしてくれました。
もちろん本番の昨日も。
彼女の力なくして今回のすべてがありえませんでした。
本当にありがとう!!!!!

また、一度しかお会いしたことのなかった声楽家のTさん、Facebookのコメントで数々貴重なアドバイスをいただきました。
最後までそのアドバイスを心に持って臨みました。
昨日会場でお会いしたのですがろくな挨拶もできず申し訳ありません、本当に感謝しています。

指導してくださった先生のみなさま、ありがとうございました。
おひとりおひとりとお話ができたわけではないですが、さまざまな学びをいただきました。

指揮の伊藤翔先生、指揮はもちろん、指導のすべてが素晴らしかったです。
発言のすべてが絶対に必要で過不足なく、すべてのお言葉に深く納得させられました。
優れた音楽家のもとで歌えてしあわせです。

合唱団のすべての方々、言葉を交わしたのは数名ですがありがとうございました。
スタッフやお世話役のみなさまもありがとうございました。

そして、友人やアロマの生徒さん、応援のお言葉をくださったみなさんにも大きな感謝を。

第九と大工の区別もつかないであろう夫も毎週作り置きの夕食に一度も何も言いませんでしたので、一応感謝を。

ブログを読んでくださるみなさまにも。
毎回ネガティブな日記を読んでくださりありがとうございました。


昨日のコンサートの模様は、12月22日(土)16:00~BSNテレビで放映されます。
アホ顔が映らないことを強く望むわ・・・

その時間は「サイエンスカフェにいがた」の真っ最中です~。
みなさん、テレビは録画予約して、サイエンスカフェにいらしてくださいー♪


c0190960_829641.jpg


昨日の朝白山神社で釣り竿でとったおみくじ。
日曜の朝ひとり必死に鯛を釣るおばさんはわたしです。

年末の毎日もすこやかにお過ごしくださいませー。



じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
# by amica-aroma | 2018-12-10 08:25 | 日記・雑記 | Comments(0)
今週ほとんど第九のことしか書いていないこの日記。
いよいよ本日12月9日本番です。

一昨日は最後の合唱だけの練習、昨日はソリストも加わり全員でのゲネプロ。
(ゲネプロというのは通しでの最終リハーサル)
この3日間はまさに染まりきっています。

つくづく、働きながら参加しているみなさんのパワーに圧倒されます。

今どこにも雇われていないわたしでも週に1度練習に参加し、家でも練習し、今週は4日間参加するのは、かなり厳しかったのです。
シニア層も多いとは思いますが、仕事を終えてから参加される方もたくさんいらっしゃる。
心から敬服します。
指導してくださる先生方も。

みんなのその「歌いたい」というパワーが結集するのを楽しみにしたいと思います。
しかもその「歌いたい」というパワーは、この曲だからなのですよね。
いろいろなことを乗り越えて200年演奏されてきたベートーヴェンの交響曲第9番は、単なる名曲というのを超えて、クラシックとかそういうジャンルも超えて、わたしたちの心に何かを訴えるからなのでしょう。

参加申し込みをしてからのこの半年、何百回と聴きましたが、まったく飽きることはありませんでした。
普通ひとつの曲をこれだけ聴いたら、新潟便で言うところの「よっぱらになる」と思うのですが、よっぱらになるどころか、もっともっと聴きたくなって、毎回聴くたびに新しい発見もあり、今日の本番が終わってもまだまだ聴き続けると思います。
(注:よっぱらになる→もう充分って感じ・飽き飽きする感じ)

昨日会場で歌って、客席から聴いたらどんな感じになるんだろうな、と思いました。
正直、自分のまわりだけを聴いているといいふうには聴こえないので不安になることもあるのですが、せっかく足を運んでくださるみなさまの心にいいものがおりたらいいと思う。
テクニックだけではない、言葉にできないパワーが出ることって絶対あると思うから。
オーケストラと合唱をあわせた400分の1名としてそう思います。


新潟第九コンサートは本日14:00~当日券も少々あるそうです。

では、そろそろお風呂に入り準備を始めますー。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
# by amica-aroma | 2018-12-09 07:20 | 日記・雑記 | Comments(0)
2018年読み終わった本52~53冊目。


『交響曲「第九」の秘密 - 楽聖・ベートーヴェンが歌詞に隠した真実』マンフレッド・クラメス


『第九 ベートーヴェン最大の交響曲の神話』中川右介

今週は、第九に染まっております。
明日に本番を控え、関連の2冊を数日前に読み終わりました。
単行本を読む余裕がなかったので新書をチョイス。

『交響曲「第九」の秘密 - 楽聖・ベートーヴェンが歌詞に隠した真実』のほうは、シラーの詞のメッセージ(著書の中ではベートーヴェンのメッセージとされる)を理解することができました。
こちらは、あっという間に読めます。
(賛否両論はあるかも)

『第九 ベートーヴェン最大の交響曲の神話』のほうは、作曲家・指揮者の歴史全部おさらいできる感じで楽しかった。


これを読んでいる間に歌を練習しろ、と思いますが・・・

泣いても笑っても明日は本番。
ずっと懸案だった「声が出ない」は、今月に入ってやっと解消してきました。
どんなに出してもガラガラとかすれて歌う声にならなかったのでもう一生だめかと思いましたが、なんとかかすれずに出るようになりました。
これに4ヶ月かかったなぁ。
本番1週間前にやっとスタートラインに立ったというか。

昨日の「チコちゃんに叱られる」でも、なぜ年末に第九が歌われるかというテーマをやっていました。

日本中の第九好きのみなさん、苦悩を突き抜けて歓喜へ至るようがんばりましょうね~。

--------------------------------------------------
『交響曲「第九」の秘密 - 楽聖・ベートーヴェンが歌詞に隠した真実』マンフレッド・クラメス
『第九 ベートーヴェン最大の交響曲の神話』中川右介
お気に入り度★★★☆☆
# by amica-aroma | 2018-12-08 09:31 | 読書記録 | Comments(0)

『金沢民景』

c0190960_17272378.jpg


『金沢民景』の新刊3号(11~13号)を取り寄せました。

リトルプレス類を取り寄せしすぎて、ぜんぜん読みきれなくてたまってしまったので、ここ数カ月取り寄せ封印していましたが、これは1冊5分ほどで読み終わる本当にリトルなものなので買いました。

その名の通り、石川県金沢市の住民が作り出した風景を収集した小冊子。

8月に金沢に行った時に、1~10号までをセット買いしていました。

10冊セット買いといっても1冊100円なので買えたのでした。

正直金沢ならではの内容かはわかりませんが、目のつけどころがおもしろいので注目。

本当は、また金沢に行った時に買いたかったが、しばらく行かれないので。

金沢民景のサイトはこちら→https://kanazawaminkei.tumblr.com/


まだまだたまったリトルプレスをゆっくり読みたい。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
# by amica-aroma | 2018-12-07 18:11 | 日記・雑記 | Comments(0)

新潟市 香りの教室amica(アミーカ)の川上裕子です。日記毎日更新中。出張アロマ講座やサイエンスカフェのお知らせや報告も書いています。


by amica(あみーか)