<   2017年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2017年読み終わった本51冊目。


『金沢あかり坂』五木寛之

今年9月の金沢旅の途中、金沢文芸館で買いました。

金沢文芸館の2階は五木寛之文庫になっているのです。

金沢ひとり旅(2017)3日目 その2 『金沢文芸館~寺島蔵人邸』

金沢は、五木氏の妻の故郷であり、おふたりで数年間を過ごした場所だそう。

金沢を舞台にした4つの短編が収められています。

大好きな金沢の地名をたどりながら読めるのでわたしにとってはわくわく。
浅野川、犀川を思い浮かべながら浸れるのでした。

4つの中のひとつ『聖者が街へやってきた』は1970年の発表作で、さすがに時代が古い感じもしましたが、それもまた楽し。

『彼女は(中略)、二十七歳の今も独身のまま局に勤務していた』などという文章も!

うわー今これ27歳を37歳や47歳に変えたとしても許されないだろう(笑)

最後に収められているのは、五木氏自らの金沢での住まいを振り返る物語。
随筆なのかと思ったら、解説によると私小説風の作品なのだとか。

わたしは、たった4回旅に出かけて気に入っているだけの金沢、地元の人にとってはいろいろ渦巻く街であろうと思う。

これからも少しずつ金沢本を読んでいきたいです。
とりあえず、9月に行ったときにあと2冊ほど金沢本買ってきたものがある・・・
手をつける時間がまだとれていない。

--------------------------------------------------
『金沢あかり坂』五木寛之
お気に入り度★★★☆☆
by amica-aroma | 2017-12-11 20:49 | 読書記録 | Comments(0)

c0190960_2047435.jpg


けやき通りのイルミネーションが始まって、帰り道がちょっといい気分。

全国の、華々しいイルミネーションと比べればたいしたことはないのかもしれませんが、毎日の帰り道、どんなにこれになぐさめられているか。
節電は必要ですが、光は本当に重要だと思う。


最近になって、自分がストレスを感じるポイントがやっとわかりました。

急かされるのがたいへん苦痛らしい。

いつも時間に追われて、走って走って何とか間に合う生活が、自分を痛めつけていることにやっと気がついたのです。
(早く気づけ)

なんでもゆっくりやりたいのだ。

ということで、師走も半ばにさしかかりますが、ゆっくり活動できるようにしていきます。

まずは早起きだな。
6時起きでは間に合わない。

やっぱり5時には起きないと。
(どんなに行動が遅いんですかね)



じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2017-12-10 21:38 | 日記・雑記 | Comments(0)
2017年読み終わった本50冊目。

『案ずるより、片づけよう 住まいの老い支度』阿部絢子

50代になったとはいえ、まだ「老い支度」という言葉はそれほどピンときていない。
60代になったらいろいろと考えようかな、というくらいである。

しかし、最近の自分の老化のスピードは超高速で、去年サクサクできていたことが億劫になったり、実際片づけも以前よりきちんとできなくなってきた。

片づけ好きのわたしでもそうだから、もともと片づけが苦手、という方はそのうち何とかしようと思っていると何もできなくなるのでは?と思います。
片づけは、スキルとパワーの両方が必要だからです。

40代の頃は、少し部屋が乱雑になったとしても10分、20分ほど時間がとれればすぐにきれいにできたのだけれど、今は2倍3倍と時間がかかってしまう。
体力と集中力の問題か?
決断力も鈍っているからか?

この本では、何度も繰り返し、50代で片づけないと後が大変と述べられている。
『「まだ大丈夫」、それが後悔のはじまり』
確かに。

本当に、去年の自分と今年の自分ではぜんぜん違うのだ。
これが毎年起きていくのかと思うとため息しか出ない。

こうなったら、徹底的に楽しんでみるしかない、自分が衰えていく過程を。
そして老化のメリット探し。


ぜんぜん本の感想じゃないな・・・

--------------------------------------------------
『案ずるより、片づけよう 住まいの老い支度』阿部絢子
お気に入り度★★★☆☆
by amica-aroma | 2017-12-09 07:33 | 読書記録 | Comments(0)
c0190960_20503366.jpg


東地区公民館から来年の「公民館サイエンスカフェ」のチラシが今日届きました。
担当者の方が送ってくださったものです。
いつもありがとうございます!

夏前から企画会議に参加させていただいたものが、実際形になってうれしいです。

内容は下記の通りです。

====================

1月27日(土)
『3Dプリンタ製分子模型で生命誕生を考える』

 本間善夫さん(サイエンスカフェにいがた)

2月3日(土)
『科学的根拠に基づく「サプリメントの基礎知識」』

 齊藤幹央さん(新潟薬科大学)

2月10日(土)
『「水素と金属」の科学~水素エネルギー社会に向けて~』

 原田修治さん(新潟大学名誉教授)

2月17日(土)
『情報技術の歴史とこれから-「のろし」からIoTへ-』

 今村 孝さん(新潟大学工学部)
====================


今回はお申込みの受付が年内(12月20日)から。
4回通してでも、単発でも参加可能ですので、ぜひお気軽にご参加ください。

自分たちで企画を出し合ったので4回とも全部楽しみですが、個人的には特に1回目と2回目が楽しみ。
あ、でも4回目も、そうなるとやっぱり4回全部!

わたしも受付のお手伝い等する予定です。
とても楽しみです。

詳細は→★こちらから★



じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ


by amica-aroma | 2017-12-08 21:08 | その他 | Comments(0)

休養中~

今日は1日中眠りつづけましたー。
自分が感じていた以上に疲れていたらしい。

明日もお休みをとりましたので、いろいろと整理して、復活したいと思います!


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2017-12-07 22:03 | 日記・雑記 | Comments(0)
2017年読み終わった本49冊目。


『蜜蜂と遠雷』恩田陸

軽いタッチなので読みにくいとかではないのですが、ボリュームある小説でした。

マンガっぽいというレビューが多いようですが、それならマンガのほうがいいわけで、好みが分かれるお話だと感じました。
わたしは、それなりに楽しめたけど(心の中でつっこみまくりでしたが)、1,944円は出したくない感じ。

これ、直木賞と本屋大賞のダブル受賞ってことで多くの方に読まれているだろうけど、みんな本当に入り込めたの?
そんなに大衆が面白いと思う内容だろうか?

なぜそのような疑問を持つかというと、ピアノコンクールのお話だからです。

ある程度音楽をやっていた人じゃなくても入り込めるのか、と思ったわけです。

わたしは、若い頃にほんのちょっとだけ音楽の世界にいたのである程度(本当にある程度)理解できるのですが、(コンクールなどはまったく無縁だけど)まぁエンターテインメントですからね・・・

逆に音楽に無縁の人のほうが純粋に楽しめるのかもしれません。
とにかくつっこみどころ満載なので。
これからいろいろな曲を聴いてみたいと思わせる効果もあったのかな。
実際CDも発売されているようですし。

音楽を、音楽ではなく言葉で表現するという難しいことにチャレンジしているのかな。


しかし、コンクールってものすごい数の曲を用意しないといけないのね?
それにしては練習場面が少ないけど大丈夫なのか?と心配になってしまった。

本番の描写が多いために練習のところは割愛したと思うことにします。
だってこれだけの曲数を高いレベルで弾くには、寝る以外練習でしょう?と思うのですが、けっこうゆっくり過ごしているよねー。

くり返しますがエンターテインメントですからね。


この本は弟に借りて読みました。

なかなかとりかかる時間がなく、9月の金沢旅に持参。
旅のお供なら、列車やホテルなどでじっくり読めるかな、と思って持って行きましたが、金沢にいる間には半分ほどしか読み終わりませんでした。


直木賞受賞作をすごくいいと思ったことがないのであるが、ひねくれているのでしょうか・・・

--------------------------------------------------
『蜜蜂と遠雷』恩田陸
お気に入り度★★★☆☆
by amica-aroma | 2017-12-06 22:47 | 読書記録 | Comments(0)

休養が必要

朝起きられなくてゆっくりblogが書けない日が続いております。
夜も、家事が全部終わると10時くらいになってしまう。
9時には布団に入りたいのに。

2ヶ月ほど予定のない休日がなかったので、今週は1日休む予定。

アロマ講座の準備やこまごまとした片づけ等したいと思っています。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2017-12-05 22:18 | 日記・雑記 | Comments(0)

教える人の熱量

c0190960_2223105.jpg


昨日第102回サイエンスカフェにいがた」に参加したことを書きました。

「第102回サイエンスカフェにいがた」に参加しました

カフェ終了後の交流会にも参加させていただいたのですが、第101回(『放散虫って何だ??』)ゲストの松岡さんからさまざまなグッズ等をいただきました!!

「第101回サイエンスカフェにいがた」に参加しました

10月の101回のカフェは、3年に1回の国際放散虫研究集会(インターラッド)の新潟開催に合わせて実施されたということで、世界中の放散虫研究者が集まったのだそうです。
その会のグッズや資料など。

おちょこなどは海外の方にも喜ばれたでしょうね。

とにかく、放散虫というものを世の中に少しでも普及させたいという松岡さんの熱意がひしひしと伝わってきました。

わたしも微力ながら放散虫(ほうさんちゅう)という名前を世に出そうということで、これを書いています。
ぜひ覚えてくださいね。
虫じゃないですよープランクトンですよー。


サイエンスカフェには何度も参加させていただいていますが、どの先生も熱意たっぷりで、本当に楽しそうにお話されるので、それを感じるのもとても好きです。

昨日のゲストの大原さんも、「ワクワクをみんなに伝えたい。2時間でも3時間でも話したい」とおっしゃっていました。

そういう先生方に教えていただけるのは、ほんとうにしあわせなことですね。

そして、わたしもそういう先生になりたいと思うのでした。


サイエンスカフェにいがたの最新情報はこちら→サイエンスカフェにいがた

これまでのサイエンスカフェ参加の感想はこちら→タグ:サイエンスカフェ


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2017-12-04 22:40 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_21465372.jpg


今日は「第102回サイエンスカフェにいがた」に参加してきました。

テーマは『重力波の初観測から重力波天文学の夜明け』
ゲストは新潟大学大学院自然科学研究科教授の大原謙一さん。

正直言いますと、今回のテーマは、わたしが参加したサイエンスカフェ数十回の中で、いちばん苦手分野じゃなかろうか、と不安でいっぱいでした。

だって、物理でしょ・・・(思い込み激し)
何ひとつ理解できないのではないか、もしかして初居眠りとかしたらどうしよう、と、リポビタンDスーパーを飲んでからジュンク堂地下スペースへ。

しかし、大原さんのお話はまず「重力とは」というところから始まり、誰にでもわかるようなスライドと言葉で説明してくださったので、予想とはまったく違い、身を乗り出して聴きいってしまうほどおもしろかったのです。
研究者としてすごい方なのはもちろん、教師としてもすごい方なのだな。

大原さんは、大学院生の頃から30年以上重力波の研究をされているそうですが、2015年に初観測されるまでは、理論的には存在がわかっていても、「直接とらえたことはない」という前置きが必要だったのだそうです。

それが2015年9月に初観測、そしてさまざまな検証を経て翌年発表(その間は極秘に進められたのだそう)、そしてさらにその翌年である今年(2017年)ノーベル物理学賞を受賞したということだそうです。

重力波がどういうものか、今日のお話でわたしなりに理解することができました。
岐阜県飛騨市にある重力波望遠鏡「KAGRA(かぐら)」についてのお話も。

正しく文章にする能力がないのでここに書くことは控えますが、とてもおもしろいお話ですので、これまでわたしのように物理が苦手だと思っていた人、重力波って何のことだかさっぱりわからない、という人にも興味を持ってもらいたいな、と思います。
特に宇宙に興味がある方はぜひ。


サイエンスカフェに参加するようになって約3年と少し経ちました。

それまで、科学を学ぶことはこの世のものが「確か」だと知ることだと思っていました。
頭のいい人がいろいろ研究して証明してくれる確かさを。

しかし、そうではなかった。
学べば学ぶほど自分の見ている世界や暮らしている世界の「不確かさ」を知ることだとわかった。

100%わかっていること、証明できることなど何ひとつないのだ、と思い知らされる。
今自分がいるこの地球でさえ完全にはわからないのだ。
生きていることさえ思い込みかもしれない。
もしかしたら、わたしも地球ももうこの世にないのかもしれない。

毎日きりきり悩んだりしていることも幻かも。

サイエンスカフェの役割は、科学的知識を得ることがいちばんの目的ではなく(それも重要だけれど)、生命を、人生を考えるきっかけを作ることなのだろうと思います。

そして、関わっているわたしの役割は、いかに人生や暮らしと結びつけてまわりに伝えていくかなのでは、と思うようになりました。
不確かで理不尽なこの世界で、少しでもよく生きたい、快適に人生を送りたい、そのための知恵は、科学の中にあるのではないか、いや科学の中にしかないのではないか、と重力波のお話の間に感じた次第です。

それを伝えるツールとして、わたしはたまたま香りに出会ったのだと。


拙い考えをつらつらと書いてしまってすみません。

重力波の話に戻ると、今回ゲストの大原さんはじめ、新潟の研究者が果たす役割はとても重要なのだそうです。
今後も注目しましょう~。

c0190960_22282673.jpg


終了後の交流会にも参加させていただきました。

いつも通り有意義な会で、みなさんのお話を聞いていたら、最近の些細なもやもや感情がすべて吹き飛んでしまいました。
恐るべしサイエンスカフェ。

交流会で、前回ゲスト(第101回「サイエンスカフェにいがた」)の松岡さんから関連グッズをいただきましたので、明日以降画像でご紹介しますー。

「第101回サイエンスカフェにいがた」に参加しました


次回の「サイエンスカフェにいがた」は3月を予定しているそうです。

その前に、1月終わりから2月は、「公民館サイエンスカフェ」が予定されています。
こちらは、わたしも企画委員として関わらせていただきましたので、後日ご案内の記事を書きたいと思います。

最新情報はサイエンスカフェにいがたのサイトから→サイエンスカフェにいがた

ゲストの大原さん、サイエンスカフェにいがたスタッフのみなさま、ご一緒した参加者のみなさま、会場のジュンク堂書店のみなさま、今回もお世話になり本当にありがとうございました!!


これまでのサイエンスカフェ参加の感想はこちら→タグ:サイエンスカフェ


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2017-12-03 23:11 | 日記・雑記 | Comments(0)

最近は

わたしは普段アルバイト生活ですが、今週は6日間で約45時間以上働いてしまった。

やってもやっても仕事は終わらず。
仕事は速いほうだと思いますが、きちんと終わらせるには、さらに1日3~4時間くらいの残業が必要であろう。
やらないけどね。

不本意ながらも、あと9ヶ月ほどで契約満了で退職ということもあり、少しずつ手から離れていくのだろうな、と思っています。
そしたら残業もなくなるだろうし、シフトも減らしていくことになるかと思います。

フルタイム+残業の6連勤はさすがに疲れますし、部屋も乱雑になってきますね。
来週も同じペースですが、その後は少しペースを落とし、読書やアロマに励む予定。

20代の頃、週に100時間くらい働いていたことを思えば(今でいう完全ブラック・・・)少ないような気もしますが、基準がおかしくなっているな。

そういうわけで、ちょっとしたつぶやきを書くのが精いっぱいの今日この頃のブログですが、とりあえず、お休みしないようにしたいと思います。


今の希望は、契約が終わって退職したらゆっくり金沢旅に行くことです。

今お休みしている自宅でのアロマ教室も復活できたらいいな。
(福祉会館アロマ講座や出張講座は絶賛受付中)


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2017-12-02 23:16 | 日記・雑記 | Comments(0)

ぐだぐだな日記毎日更新中。


by amica(あみーか)