<   2016年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

2月は厄の月だった?

2月29日ですね。
わたしの人生では13回目くらいになるのでしょうか。

自分のまわりに一人もいないのに、毎回「2月29日生まれの人お誕生日おめでとう」って思っています。


2月最終日。
今月も一日も欠かさずこのブログを更新できたことにホッとしています。

なぜかというと、今だから発表(大げさ・・・)しますが、2月1日にインフルエンザA型と診断されてからしばらく寝込んでいたからです。

イナビル吸入で2日後には医師から「インフルエンザはすぐ治りましたね、もう会社に行ってもいいですよ」と言われるくらい速攻で治ったのに、同時にひいていたらしい風邪をこじらせて重い扁桃腺炎になり、咳をした拍子にぎっくり腰になり、ほぼ2週間会社を休みました。
正確には、行った日もあるけど早退した。

50年の人生で初のインフルエンザ・・・
いかに感染症予防にアロマが有効か書いてきたのにとほほほほ。

だから秘密にしておこうと思ったけど、放出しちゃった。

説得力ゼロを承知で書きますが、さまざまな感染症予防にアロマテラピーは有効ですよ・・・
(いいのかわたしっ!! 先生なのにっ!!)


他にもいろいろあった2月・・・

明日から心新たにがんばろうと思います☆


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→amica(アミーカ)アロマテラピー教室
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2016-02-29 21:52 | 日記・雑記 | Comments(0)
2016年読み終わった本9冊目。


『気仙沼ニッティング物語:いいものを編む会社』御手洗瑞子

ものすごく面白かった。

気仙沼ニッティングは気仙沼にある、手編みのセーターやカーディガンを扱う会社。

この本は、その会社の社長になった著書が綴った記録です。

著者は東大卒、マッキンゼーのコンサルタントからブータン政府に勤める公務員を経て編みもの会社の社長になった方。

東日本大震災が起こった2011年3月にはブータンにいらしたそうです。

そこから「東北の復興に携わりたい」と帰国し、東北出身ではないのに気仙沼のお宅に下宿しながら起業し、いきなり初年度から黒字になったという。

スタートはほぼ日の震災支援プロジェクトだったのがその後株式会社になったとのこと。

著者としては起きたことを書いているだけだとしても、こんなにエキサイティングなお話があるのだ、とページをめくる手が止まりませんでした。


最初に「ほぼ日」(ほぼ日刊イトイ新聞)で15万円の手編みカーディガン販売の情報をみたときはあまりにびっくりしてしまい、別世界のできごとかと思っていました。

デザインした三國万里子さん(有名な編みもの作家。お生まれは新潟とのこと)が編んだものを売るのかと思ったけどそうでもないらしく・・・

わたし、いちばん最近買ったカーディガンは何度も値下げになった末のユニクロ790円(税込850円)だけどね・・・
これまでの人生でいちばん高価なニットでさえ35,000円くらいだったけどね・・・
(弱っているときに間違えただよ、20年くらい前です)

だから15万円にどんなに驚いたかと言ったらそりゃもう。

セカンドモデルの「エチュード」という商品は75,600円だそうです。
(手を出しにくい名前の商品ですね・・・完璧じゃないのかと思っちゃう)


その後、Twitterだったかほぼ日のサイトだったか忘れたけれど、手編みの赤いセーターと耳型帽子をかぶったミッフィーをみて、あまりにも驚いて(感動して)、それから注目するようになっていたのでした。
だって編み直しなしですって、すごすぎます。


とにかく、おもしろくてためになる本でした。

また、気仙沼に対するイメージもだいぶ変わりました。


ものごとを斜めに見てしまうわたしは、よいことだけが書かれているんでしょ、とか、糸井さんや三國さんのおかげでしょ、とか、ちらっと思ってしまうけれど、結果がすべてを語るのだと思う。

今見える結果をまっすぐ見ればいいのだろうと。


応援したいけど商品を買うのは今のところ難しいので、注目するだけで許してもらおう。

久しぶりに編みものがしたくなっちゃいました。
あまり複雑じゃないものなら、たぶん編めるはず。たぶんね!

--------------------------------------------------
『気仙沼ニッティング物語:いいものを編む会社』御手洗瑞子
お気に入り度★★★★★
by amica-aroma | 2016-02-28 21:51 | 読書記録 | Comments(0)
今日は「公民館サイエンスカフェ」に参加しました。

あ、今日会場で写真撮らなかったでした・・・

毎週土曜日5回連続で開催されている講座の、4回目です。
会場はほんぽーと(中央図書館)3Fのビーンズホール。

これまでの感想はこちら
第1回
第2回
第3回

今日のテーマは 「変わる異常気象と地球温暖化」

講師は新潟大学理学部自然環境科学科の本田明治さん。
2012年にも「公民館サイエンスカフェ」でお話してくださったそうです。

先生は6年前から新潟在住だそうですが、専門的なお話が聴けたとともに新潟愛(雪愛も)も感じられ、うれしくなりました☆
「雪あってこその新潟の豊かさ」とおっしゃっていました。
陽射しの少ないところも好きなのだそうで、ちょっと珍しいのかも?

他県から新潟に越してきた方は、特にお天気について新潟の悪口をおっしゃることが多いですからね・・・


今日は先週・先々週より参加人数が多くて、いつもより男性の割合が高いような。
(もともと男性の方が多いけれど)

職業柄気候に左右される方も多いのかもしれません。


「異常気象」という言葉、何を持って「正常」「異常」というのか疑問だったけれど、今日最初にお話していただき解決しました。

異常気象の定義は、『30年に一度以下の割合で観測される極端な気象』とのこと。

現在の基準は、1981~2010年の統計に基づいて決まるとのこと。

年数がたてば基準も変わる相対的なものなのですね。

そもそも地球の誕生から考えれば異常も何もなく自然の変化かもしれないものも、家を持ったり、畑を耕したりする生活者の立場からいえば「異常」ということになるのですね。


もうひとつ、今日のテーマとして「温暖化」がありました。

地球温暖化は確実に進むことは間違いないが、一様には進まないし、これから10万年かけて氷河期に向かっていくのも事実とのこと。

人間は数十年くらいしか生きられないのに、地球に逆らっていろいろなことをしているのかなぁという気もしてきた。
原発もしかり。


気象のお話はやっぱり難しく感じる部分もあります。
気象予報士の試験がものすごく難関なのもわかるような。

本日の内容は、togetterまとめをご覧ください!
『変わる異常気象と地球温暖化』


まとめをみるだけでも、かなり内容がわかります。

わたしは感じたことしか書けず、学んだ内容まではなかなか書けないので。


来週3月5日(土)は「公民館サイエンスカフェ」5回目、今年の最終回です。

テーマは「新潟の酒」
講師は新潟県醸造試験場場長の渡邊健一さん。

幅広い年代の方に来ていただきたいです。

日本酒は好きですが、すぐ酔っぱらって歩けなくなっちゃうので飲まないようにしているのですが・・・
夫が好きなので、いろいろなお酒(たぶんわりといいもの)が常にうちにあるのにね。

当日参加も可能です。
参加費はお飲物代として200円。

公民館サイエンスカフェ第5回の概要は→★こちらから★


ちなみに少し先ですが、次回の「サイエンスカフェにいがた」もお酒の話題だそうです。

詳細は明日公開されるそうなので、最新情報はこちらからチェック!!
「サイエンスカフェにいがた」


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→amica(アミーカ)アロマテラピー教室
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2016-02-27 21:10 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_21153835.jpg


もうすぐ3月ですね!
まだまだ寒いけれど、少しずつ春らしくなっていくのはうれしいものです。

さて、3月の福祉会館アロマ講座のお知らせをおしらせブログにアップしました。

3月の福祉会館アロマ講座のお知らせ

2月はお休みだったので2ヶ月ぶり。

今からどのお話をしようか、どの香りを紹介しようかいろいろと考えています。
新しい話題も入れたいし。

3月のテーマは『春の美容講座~アロマ化粧水&シャンプー作り~』

楽しくて役に立ってとびきりお得な講座をめざしています。


2010年2月からスタートした「ありがとうのたね」さん主催のアロマテラピー講座は62回目となります。
まる6年たち、7年目に入るのですね。

わたしとしては、スタートしたときの心を忘れていません。
毎回「この1回」を開催していただけることにただただ感謝しています。

いつも完璧とはいかず、反省や失敗も多いのですが、アロマを学ぶ楽しみを伝えたい心でやっていきたいと思います。

詳細はこちらから→3月の福祉会館アロマ講座のお知らせ


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→amica(アミーカ)アロマテラピー教室
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2016-02-26 21:28 | アロマ講座 | Comments(0)
c0190960_2171766.jpg


今日は「蜷川実花展」に行ってきました。

いつもいつも最終日ぎりぎりになっちゃうのはなぜでしょう・・・
11月から3ヶ月もやっていたのに。

万代島美術館の便が悪いからだ、ということにしておきます。

どうして、新潟の美術館はどこもアクセスがよくないの?

c0190960_2181781.jpg


蜷川さんの写真は、何を撮っても誰を撮っても圧倒的に「蜷川実花ワールド」なところがすごい。

ここまで自分の世界が出せるってどんな感性なのだ。


「蜷川実花展」は28日(日)まで開催されています。

好みかどうかは別として、見ておいて損はないと思いますよ!!


昨日から急な腰痛で(ぎくっとはやってない)、歩幅10cmくらいでしか歩けません。

昨日は映画を観に行ったのですが、Tジョイまで歩く予定だったのを車でイオンシネマに変更、今日も徒歩予定だったのを車に変更。

原因は太り過ぎに決まってますっ。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→amica(アミーカ)アロマテラピー教室
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2016-02-25 21:21 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_20401255.jpg


映画『さらばあぶない刑事』を観てきました。

最初からの(ということは30年!!)大ファンなもので、本当は初日に駆けつけたかったのですが、やっと今日時間がとれたー。
待ちに待った今日です!

30年の歴史とファンを裏切らない大満足の内容でした。

タカ(舘ひろしさん)のバイクアクションも、ユージ(柴田恭兵さん)の全力疾走も、薫(浅野温子さん)のはじけっぷりもファッションも、トオル(仲村トオルさん)の及び腰っぷりも、すべてがそのままで奇跡的でした。

このシリーズの重要点、横浜港の数々の景色もみどころ。

いつまでも観ていたかったー。


現在舘さん65歳、柴田さん64歳・・・すごすぎます。

オリジナルのメンバーもみんな出てきてよかったけど、今回の敵役の吉川晃司さんも素晴らしかったし、本当によかったわー。


最初のシリーズは1986年から。

その頃学生だったわたしの部屋にテレビがなかったのですが、どうしても『あぶない刑事』が観たいためにテレビを導入した記憶があります。

小学生のころから柴田恭兵さんのファンで、東京キッドブラザーズの講演を何度も観に行っていました。
その恭兵さんが主役のドラマは絶対に観たかったのです。

『あぶない刑事』は、何十本もビデオテープに録画したものを持っていましたが、時代が変わり廃棄してしまい・・・初回から全部観たいですねぇ・・・


出演者の皆さん、まったく年齢を感じさせませんでした。
だからと言ってまったく同じではなく、ちゃんと成長したり定年したり不自然ではない流れ。

『相棒』ファンのわたしではありますが、最近右京さん(水谷豊さん)に若干おじいさん臭がしてきたことと比べると本当にみごとだ。
(ファンの方、すみません。わたしも変わらずファンですけどね。右京さん、ちょっと話し方が変わりましたよね?)

30年間同じパワーでたのしませてくれるって本当にすごいと思います。

ほしかったけど我慢していたDVDブックとか、買っちゃうかも。
買っちゃうと思う。
買う。


サイト見るだけでも満足できます。
 →『さらばあぶない刑事』公式サイト


あぁ元気出ちゃった!


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→amica(アミーカ)アロマテラピー教室
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2016-02-24 21:13 | 日記・雑記 | Comments(0)
2016年読み終わった本8冊目。


『世界の果てのこどもたち』中脇初枝

本を読んで涙が出たのは何年ぶりだろう。

どんな内容か知らないまま、「若い人に贈る読書のすすめ」に載っていたからという理由で読んでみました。
(「成人・卒業―新たな一歩を踏み出したフレッシュなあなたに」と書いてあったが・・・いいじゃないか)

読み進めるのがつらいのに本を閉じることができずに夜遅くまで読んでしまいました。


戦時中満州で出会った3人の女の子の人生。
うちふたりはその後祖国とは違う国で暮らすことになるし、3人の人生は交わらないと思われましたが・・・

戦時中のできごとは、あまりにひどすぎて実感がわかない。

たぶん実感をわかせないように脳なのか心なのか体のどこかがコントロールしていると思う。
耐えられないからだ。

そんなコントロールしている状態で何も語ることはできないかもしれないが、戦争とは何だったのか。
それ以上の不条理や不自由はないのではないか。

「運命」とか考えられない。
目の前にある一瞬を生きていくしかない。

中国残留孤児の問題も、ニュースで目にしていた記憶があるがこの本で読むまでちゃんと考えたことさえなかった。
いろいろなものに目をそむけて生きているのではないか。

これからは、さらにいろいろな本を読んでいきたい。
感情が乱れることを怖がらずに。

--------------------------------------------------
『世界の果てのこどもたち』中脇初枝
お気に入り度★★★★☆
by amica-aroma | 2016-02-23 21:02 | 読書記録 | Comments(0)
2016年読み終わった本7冊目。


『自分を変える習慣力』三浦将

Amazonでベストセラー1位ですって。(2016年2月現在)

たぶんいい本だったんですけどね、どうしてわたしはくり返しこういう本を読むのに何も習得したり変化したりしないのであろう。

書いてあることは誰もが知っていること。
でもできないからこういう本を読んでしまうのであるが、できるようになるには結局自分にかかっているから(あたりまえ)、読んでも何ひとつ変わらないのだ。

きちんと生活する術をあらためて知りたければ読むといいかな。
くり返しますが、知っていることしか書かれていないので、順序立てて整理するのによいと思います。

--------------------------------------------------
『自分を変える習慣力』三浦将
お気に入り度★★★☆☆
by amica-aroma | 2016-02-22 20:41 | 読書記録 | Comments(0)
c0190960_2024037.jpg


今日は「第90回サイエンスカフェにいがた」に参加しました。

昨日に引き続き宮城教育大学教育学部の門田和雄先生のお話ですが、昨日は公民館主催でほんぽーと(中央図書館)、今日は「サイエンスカフェにいがた」主催でジュンク堂です。

昨日の感想→公民館サイエンスカフェ第3回(2016年)

これまでのサイエンスカフェ感想はこちら
 →タグ:サイエンスカフェ

今日のテーマは 「3Dプリンタでできること」

定員超の上当日参加も多かったそうで、みなさんの熱気に満ちていました。
神奈川県から参加された方もいらしたそう。

3Dプリンタを知ったのはここ2年くらいのことだと思いますが、遠い世界のものだと思っていました。

でも今やそうでもないのですよね。
ものを教える場面(わたしの場合はアロマ関連)でも、どんどん活用できそうです。

門田先生も学校への導入推進、カリキュラム開発や教育用3Dプリンタの開発等を活動のテーマにされているそうです。

先生は5年前第40回のカフェの講師だったそうですが、そのときには3Dプリンタはやっていなかったとのこと。
進化と普及の速さがわかりますね。


昨日のロボットのお話とも共通していたことは、最近は「オープンソース」としてフリーでソースコードが出回っているので、ある程度の知識がある人ならそれを使って自作できるということが大きい。

今日のお話の中では、3Dプリンタとともに、出版業界の裏話などもまじっていて、個人的にはそれもすごく面白かった!

内容詳細についてはtogettrまとめをぜひ☆
(昨日分も)
 →2016/2/20『ロボットをつくろう』
 →2016/2/21『3Dプリンタでできること』

門田先生のホームページ→★こちらから★

3Dプリンタについては、今後もたのしみ。

わたしの手もとにくるのは何年後か、教育現場で普及するのにはどれくらいかかるか、医療などにさらに活用されるのは・・・いろいろ可能性がありすぎて目が離せないですね。


ところで、日々サイエンスカフェに参加したり、いろいろな本を読んだりしていて、ブログやSNS等ではなかなか出しきれていませんが、実際のわたしの頭の中はアロマでいっぱいです。

ロボットのお話も、3Dプリンタのお話も、どんな内容もすべて、最後にはどうやってアロマの学びとつなげるか、ということをぐるぐる考えている。

「アロマテラピー=ファッション」「アロマテラピー=おまじない」などと言われないようにする活動に、なんとかしてつなげていきたいのです。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→amica(アミーカ)アロマテラピー教室
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2016-02-21 21:09 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_19543067.jpg


今日は「公民館サイエンスカフェ」に参加しました。

毎週土曜日5回連続で開催されている講座の、今日は3回目です。
会場はほんぽーと(中央図書館)3Fのビーンズホール。

これまでの感想はこちら
第1回
第2回

今日のテーマは 「ロボットをつくろう」

講師は門田和雄さん(宮城教育大学教育学部)
関係ないけど、イケメンです。

無知なわたしはですねー、終了後門田先生にもお伝えしましたが、「ロボット」というものを根本的にわかっていませんでした。

「ロボット」=「人型」だと完全に思い込んでいたのでした。

先日南万代のTSUTAYAでpepperくんを近くでじっくり見たのですが、ああいうものや小さい頃に見た赤いもの(ロボコン)のようなものをロボットっていうのだと思っていた・・・

それもそうだけどそれだけじゃなかったでした。
ルンバ、「お掃除ロボット」ですものねぇ・・・

今日の前半では、先生が高校生と一緒に開発したロボットの数々を紹介していただきました。

本当にさまざまなものがあり、見ているだけで楽しい。
(作りたいとは思わなかったけれど。)

c0190960_20234485.jpg


終了後、100円ショップの材料で作ったというロボットのまわりに集まる少年たち(実際は40~50年前の少年)。

実際はおじさん(またはおじいさん)たちですが、少年にしか見えなかった!
男の子はロボットがこんなにも好きなのですね・・・

上記ロボットはふた?をとったところで、本当はマグカップ型の帽子?をかぶっていました。
さらに先生は今仙台にいらっしゃるので伊達政宗をイメージしたかぶとの飾り?のようなものもついているもの。

そして、しゃべるんですーかわいい。


門田先生のお話は明日も聴けます!
2月21日(日)サイエンスカフェにいがた『3Dプリンタでできること』
 詳細は→★こちらから★

門田先生にとっては、ロボットと3Dプリンタとねじは3本柱なのだそう。
(ねじのお話は以前のサイエンスカフェにいがたのテーマだったそうです)

また新たなことが学べると思い、ワクワクしています。

門田先生のホームページ→★こちらから★


来週2月27日(土)は「公民館サイエンスカフェ」4回目。
「変わる異常気象と地球温暖化」

当日参加も可能です。
参加費はお飲物代として200円。

公民館サイエンスカフェ第4回の概要は→★こちらから★

自分の知らない世界を学ぶのって楽しいな。

知らない世界であっても、最終的には自分の学び(わたしの場合はアロマ)に結びつくと思っているので、なお楽しい。

これからの人生、「学びのつながり」を中心に生きていきたい。


あと、80代くらいになってもしひとり暮らしだったらロボットと暮らしたい。
外側はパンダにしようっと♪


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→amica(アミーカ)アロマテラピー教室
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2016-02-20 20:30 | 日記・雑記 | Comments(0)