カテゴリ:読書記録( 758 )

2019年読み終わった本33~34冊目。



図書館の児童書新刊コーナーで続編(1940年のほう)を見つけなんとなく借りてみました。

時間の余裕がないまま返却期限が来て返したのですが、なんだか気になって、調べたら借りたほうは2作目だとわかり、1作目から続けて2冊読みました。
この10日ほど、朝晩この本だけを読みました。

主人公エイダの感情の変化が静かに、でも豊かに、きめ細かく描かれていて、虐待や戦争やいろいろな人間関係の中で勇敢にたたかいながら成長していく姿にふれることができます。

児童書に分類されているようですが、特に読む年代を区切る必要はないと思う。
でも中学生くらいのときに読んだらいい出会いになるでしょう。

描かれているのは愛と勇気、生きることの素晴らしさ。
と、まとめてしまうとありきたりの言葉になっちゃうけれど、読書の喜びが感じられよかったです。

1作目は2018年の青少年読書感想文全国コンクールの課題図書だったそうですが、読書感想文って本当に難しいですね。
小中学生の頃はそんな難しい課題を、本が好きな子もそうでない子もみんなやらされたのね。
厳しいわー。

だって、わたしこの作品の感想文まったく書けない。
何が書いてあったか、じゃなくて自分がどう感じたか、でしょう?

読書の感想に限らず、自分がどう感じたかを文章にするのは日々日記を書きながらまったくできていないという。
自分で何を感じているのか(または感じていないのか)もよくわからない。

子どもの頃、読書感想文が得意だったわたしは、いつから感想を自分の中にとじこめるようになっただろう。
とじこめているうちに感じることもやめてしまったのだろうか。

--------------------------------------------------
お気に入り度★★★★☆



by amica-aroma | 2019-09-11 07:17 | 読書記録 | Comments(0)
2019年読み終わった本32冊目。


『いるいないみらい』窪美澄

一度読んでみたかった窪美澄作品。
読みたいものは図書館の待ち人数が多かったので、まずこれを読んでみました。

5つの短編が収められていて、「いるいない」は子どものいるいない。
子どもがいるいないについて悩んだことがある人なら特に感じるものがあると思う。

クセがなくすーっと入ってくる文章。
井上荒野さんや江國香織さんのように「好き!!」と思う文章ではなかったですが、あと何冊かは読んでみるつもり。

--------------------------------------------------
『いるいないみらい』窪美澄
お気に入り度★★★☆☆
by amica-aroma | 2019-08-20 21:09 | 読書記録 | Comments(0)
2019年読み終わった本30~31冊目。


『朝5時起きが習慣になる「5時間快眠法」―睡眠専門医が教えるショートスリーパー入門』坪田聡


『できる人は超短眠!』 堀大輔

やりたいことがありすぎて、でも時間が足りないので、あと減らすとしたら睡眠時間しかないよなぁ、ともう数十年ずっと思っている。
数十年ずっと思っているわりには実現できていなくて、平均して8~9時間は眠っている。

さすがに最近それでは本当に時間が足りなくて、なんとかしたいと思って読んだ2冊。

結論から言うと、2冊読んだけど自分の睡眠時間を減らすヒントはひとつも得られず。

医師が書いた本には「起きたい時間の数(5時なら5回)枕を叩いてから寝る」とあって・・・
結局は意志ってこと?

枕を叩く法は若い頃から何度もやってみたよ。(やったんかい)
それで起きられるならこういう本を読まないでありますよ。


堀大輔さんは、『新・日本男児と中居』というテレビ番組に出演しているのを見ました。
1日30分ほどしか寝ておらず、短眠講師として600人以上の3時間以下睡眠のショートスリーパーを育てているとのこと。

ご本人も一緒に出演されていた女性二人も、目つきが不思議な感じで、眠いのを我慢して何かでテンション上げている人のように見えたのでちょっと心配になりました。

これまで多くの人が考えている睡眠に対する常識をことごとく覆そうとする内容で、参考になるところも多かったのですが、実際睡眠時間を短くするノウハウは得られなかったのでした。


睡眠時間というのは遺伝子で決まっており、ロングスリーパーがショートスリーパーになるのは無理、という説を信じているのですが、もう少し質を高めて減らしたいなぁ。
そして活動時間を増やしたいです。


20代の頃、職場の先輩と一緒に会社が借りたマンションに住んでいました。

彼女は常に3時間ほどしか寝ていなかったけれど超パワフルでちゃかちゃかしていて、のっそりぼんやりしているわたしとは対極にあるような女性でした。

やっぱり、遺伝子で決まっているかもなぁ・・・
今日もしっかり9時間寝ました。

--------------------------------------------------
『朝5時起きが習慣になる「5時間快眠法」―睡眠専門医が教えるショートスリーパー入門』坪田聡
『できる人は超短眠!』 堀大輔
お気に入り度★★☆☆☆
by amica-aroma | 2019-08-18 09:18 | 読書記録 | Comments(0)
2019年読み終わった本29冊目。


『読みたいことを、書けばいい。』田中泰延

「自分が読みたいことを書く」という一見シンプルなメッセージですが、それまでの道のりはけっこうきつい。

「自分が書きたいこと」ではなく「自分が読みたいこと」である。
これは本当に難しくて、毎日このぐだぐだな日記を書いていて、書いた自分が読んでおもしろい文章なんて一度たりとも書けたことがないし、そこそこ書けたというものも5年に1回くらいである。
(5年に1回ということは、過去に2回くらいあった計算になるが、どれといわれると隠れるしかない)

シンプルなメッセージにたどり着くまでに、途中途中はさまれる冗談?のような文章が、わたしにはとことんおもしろくなくてため息が出ましたが、センスの合う人は笑えるのかもしれません。
笑えない文章が最初から最後まで多すぎた。
これが本当に著者の読みたい文章だったのだろうか。

著者は文章を書くには文章術の本を読んではいけないと言い、「書くために読むといい本」が紹介されているのですが、このラインナップが驚き。
『神曲』『資本論』『ジャン・クリストフ』とか、長いものばっかり。
もう読むパワーないわー。
ロマン・ロランは昔読んだ気もするが・・・
これらを読んだとて、書きたいもの、もとい、読みたいものが書けるのか?


『物書きは「調べる」が9割9分5厘6毛』ということで、『ライターの考えなど全体の1%以下でよいし、その1%以下を伝えるためにあとの99%以上が要る』
『調べたことを並べれば、読む人が主役になれる』とのこと。
ここらへんは、わたしには理解が難しかった。
わかるような気もしないでもないし、へぇと思うところもあったので、読んでよかったと思います。
しかし文章を書く役には立たないのであるなぁ。

いや別にライターになろうとか少しも思っていないけれども、ブログくらいはもう少しマシな文章を書きたい、と毎日思いつつ既にこのブログも11年めであります。

--------------------------------------------------
『読みたいことを、書けばいい。』田中泰延
お気に入り度★★★☆☆
by amica-aroma | 2019-08-11 21:25 | 読書記録 | Comments(0)
2019年読み終わった本28冊目。


『キッチンで読むビジネスのはなし 11人の社長に聞いた仕事とお金のこと』一田憲子

一田憲子さんのファンですが、キッチンで読む?ビジネスのはなし?と思いつつ手にとりました。

わざわざ「キッチンで」というのが個人的にはいまひとつ気にくわないわけです。
主婦向けってことが言いたいの?とかいちいち引っかかる。

でも期待していなかったせいかこの本予想外によくて、いろいろと刺激を受けてしまいました。

ビジネスの話をどんな人にも伝わるようにという思いで「キッチンで」とつけたのだろうな、ということも一応理解はできました。
(しつこいけど気に入ってはいない)

活躍している人のインタビューだけならいろいろな本が出ていますが、この本では一田さん自身が11人の社長から学んだことを自分の暮らしに取り入れようとしていてそこがいいと思いました。

--------------------------------------------------
『キッチンで読むビジネスのはなし 11人の社長に聞いた仕事とお金のこと』一田憲子
お気に入り度★★★★☆
by amica-aroma | 2019-08-02 07:30 | 読書記録 | Comments(0)
2019年読み終わった本27冊目。


『出店にトライ! つれづれノート35』銀色夏生

年に2回のつれづれノート、今回は買ってからなかなか読み始められなくて、やっと読みました。

ここ数冊、しずかに漂っている状態。
日記で読む限りは、まさに私が理想とする生活。
毎日のスポーツクラブ通い、映画や読書。
しかしそれは詩人としての才能があり収入があるからだ。

東京と故郷宮崎の両方に家があり行ったり来たりしている状態もいいな、と思いながら読んで、なんだわたしったら、知らない人の生活を表面だけ見て羨ましがっているアホじゃないか、と反省したり。

最近は、銀色さんの生活はあまり変化がないけど(今回は宮崎で出店を出したくらい)お母様のしげちゃんの動向に注目。
お兄さんせっせの文章もあいかわらずさえている。

まったくの知らない人であるにもかかわらず、しげちゃんには元気で長生きしてほしい。

--------------------------------------------------
『出店にトライ! つれづれノート35』銀色夏生お気に入り度★★★☆☆
by amica-aroma | 2019-07-26 21:33 | 読書記録 | Comments(0)
2019年読み終わった本26冊目。


『レンタルなんもしない人のなんもしなかった話』レンタルなんもしない人

レンタルなんもしない人。
いろいろなテレビ番組で取り上げられていたので、ご覧になった方も多いのでは?

「ごく簡単な受け答え以外、できかねます」ということでなんもしないけど一緒にいてくれたり行ってくれたりするサービス、っていうかお金は交通費のみしか受け取らないのでボランティア。

レンタルさんの顔がいいことも重要なんだろうな、と思いつつ興味深く読んだりテレビで見たりする。

人は、ただただ誰かに一緒にいてほしいときがある。
ただ見守ってほしい、見届けてほしいとき。

レンタルさんの距離感は絶妙なのだ。


わたしも近くだったら頼んでみたい。
目がきれいなので、それだけでも見てみたい。


この本は、画像が見づらかったのが残念。
画像に矢印がついていて参照するようになっているけど、わたしの眼にはまったく見えない・・・
それがすごくストレスだった。

--------------------------------------------------
お気に入り度★★★☆☆
by amica-aroma | 2019-07-20 14:23 | 読書記録 | Comments(0)
2019年読み終わった本25冊目。


『同潤会代官山アパートメント』 三上延

同潤会代官山アパートメントという名前を聞いて想像していたのとは違っていました。
4代にわたる家族の物語。

同潤会アパートという名前を聞くと、おしゃれな人たちのおしゃれな場所みたいなイメージがありました。(文章がアホっぽい・・・)
記憶があいまいなのですが、一度行ったことがあると思うんですよね~。
雑誌Oliveに出てくる雑貨やファッションにあこがれるミーハー田舎少女だった頃に。
代官山ではなく青山だったと思うけれど、とにかく記憶がおぼろ。


Wikipediaによれば『同潤会は1923年(大正12年)に発生した関東大震災の復興支援のために設立された団体であり、同潤会アパートは耐久性を高めるべく鉄筋コンクリート構造で建設され、当時としては先進的な設計や装備がなされていた。』

『当時最先端の独身の職業婦人羨望の居住施設だった。』とも。

この小説の中でも、関東大震災で大切な人を失ったために当時耐震性の高い建物を住居に選んだ夫婦の物語が描かれます。

人の命は必ず終わるし、変化のない人生もない。
けれども、それもみんな悪いばかりではないのだ、きっと。

初の三上延作品でした。

--------------------------------------------------
『同潤会代官山アパートメント』 三上延
お気に入り度★★★☆☆
by amica-aroma | 2019-07-10 21:41 | 読書記録 | Comments(0)
2019年読み終わった本24冊目。


『みの日記』服部みれい

みのは美濃。
東京から会社ごと岐阜県美濃市に移住した著者の美濃生活。

服部みれいさんの本はなぜかけっこう読んでいますが、今回のはあまり入りこめなかった。
移住とか自給自足的な生活とかにあまり興味が持てないからかもしれないし、何かの波長が違ってしまったからかもしれない。

これはこの本の問題ではなくわたし自身の問題です。

自然に触れて生きていくことにあこがれる気もちもないわけではないけれど(そしてそれは年々自分の中で大きくなるけれど)、心のあり方や暮らしのスタイルは研究して深めていきたいが、街中に住む生活を今後も選ぶと思う。

どこで暮らすとしても、いいところと悪いところがあるのだ。
自分のまわりを、小さく工夫していくしかないなぁ。


とにかく、読書時間がとれなさすぎる。
アロマ本も読みかけが何冊も。

早く年金生活者になりたい・・・(それはそれで大変だろう・・・ただ働きたくないだけだ。全部うまくはいかないのだ。本当に。)

--------------------------------------------------
『みの日記』服部みれい
お気に入り度★★☆☆☆
by amica-aroma | 2019-07-04 21:39 | 読書記録 | Comments(0)
2019年読み終わった本23冊目。


『平成くん、さようなら』古市憲寿

図書館に予約していた本は、忘れた頃に順番が回ってきます。

これが、芥川賞の候補になったとは。
いえ芥川賞に詳しいわけでも文学に詳しいわけでもないのですが。
芥川賞って純文学ってことでしたよね・・・
文学とは何だろう。

重いのか軽いのかわからない。
恋愛小説なのか社会派小説なのかわからない。

ブランド名が連続して出てくるあたりは、昔々田中康夫氏の『なんとなく、クリスタル』を読んだ時のような感じも思い出したり。

これを現代的というのだろうか。

よくわからないと言いつつ一気に読み終わったので、「受けつけない」ということでもなかったのだろうと思うが、なんだかすっきりしないままである。


--------------------------------------------------
『平成くん、さようなら』古市憲寿お気に入り度★★☆☆☆
by amica-aroma | 2019-06-15 07:42 | 読書記録 | Comments(0)