カテゴリ:アロマ( 74 )

c0190960_9521114.jpg


8月11日(土)に「メディカルアロマ塾中級2018新潟夏の陣」という講座に参加したことを昨日の日記に書きました。
昨日のお話はこちら→「メディカルアロマ塾中級2018新潟夏の陣」に参加しました(その1→前置き)

今日は講座の内容についての感想を書きます。

講師はフランス在住のアロマトローグ栗栖智美氏。
栗栖氏のブログ→Île des fleurs Paris

事前に「弾丸トーク」とお聞きしていたのでちょっとかまえていましたが、ぜんぜん違っていました。
たぶん、情熱のこもったお話を聴いた方がそういうふうに表現されていたのだと思いますが、人を圧倒するようなマシンガントークではまったくなく、やさしくわかりやすい語り口。
まず朝一番でほっとしました。

まず、フランス産のペパーミント精油がお土産として配られました。
Milly-la-Foretというところで2017年に蒸留されたものとのこと。

Milly-la-Foretはペパーミントの産地で、かつては150くらいの業者があったそうですが、今では一家族のみのなったとのこと。
そこは主にリキュールやシロップ、ハーブを生産しているそうですが、そこで作られたペパーミント精油ということでした。

今うちにあるペパーミント精油よりやさしい香りがします。


内容は3部に分かれていて、1コマずつの受講も可能でしたが、3つすべて受講しました。

1)ケモタイプ
2)精油の品質
3)精油の体への影響

10:00から17:30、お昼休憩を除いて6時間半、先生は1度も座らず、1度もゆるまず、ご自身お持ちの知識や情報を惜しむことなくお話ししてくださいます。

先生のお話の核はバランス感覚。
フランスだから、とか誰が、どこの協会が、とか偏ることなく、必要なお話をお聴きすることができたと思っています。

午前中は「ケモタイプ」について。

ローズマリーとタイムのケモタイプ、ラベンダー(交雑種含む)とユーカリの仲間の多くの精油を嗅ぎ比べました。
普段使わないので数年ぶりに嗅いだ香りもありました。
タイム・ティモールとか。

ちょうど、手書き通信にケモタイプについて書き始めたところで、自分でも復習や確認をしているところだったので、タイムリーでした。


昼食後、2つ目のテーマは「精油の品質」。

成分分析表についてや無添加って何?オーガニックって?
セールストークやビジネス戦略上の事情などに惑わされず、自分の頭と鼻で選ぶことの大切さをあらためて確認させていただきました。

成分分析表がコレクターズアイテムになっていない?というところは耳が痛い。
ただただ捨てずに引き出しいっぱいにとってある。
「精油にこんなにお金をかけたんだ・・・」という確認にしかなっていないことは事実。

アロマの勉強を始めてから15年以上ずっと疑問に思ってきた「実際フランスではどうなのよ!!」という疑問もかなり解決しました、現状。


3つめのテーマは「精油の体への影響」。

内服や高濃度塗布をするかしないかを選択する前に、精油が体の中でどのようにとり入れられ代謝されるかを知っておくのは重要。

そのうえで「しかるべきときにしかるべき量を」

日本では「安全」という名のもとに「事故が起こらない」ことを第一に提唱されているいろいろ。
誰でもご家庭で楽しめるという観点からはよいですが、これから我々専門家の働きかけも重要になってきますね。

この講義の中でいちばん印象に残ったのはディフューザーによる芳香浴について。
ディフューザー使用の危険性について、これまで軽く考えていた部分(特に稼働時間)もありましたが、今回のお話で考え直す部分もありました。
これについては、さらに文献をあたったりしたいと思います。

すべての内容につきお盆休みの間に再度復習しておくつもりです。

c0190960_8324781.jpg


終了後懇親会にも参加させていただきました。
魚沼釜蔵 新潟店

先生のご家族も一緒で、HAPPYなことに席が先生のお嬢さんのお向かい♪
夢のようにかわいい女の子で、ずっと見ていたかった。

初対面にもかかわらず懇親会に入れていただき、いろいろお話をお聞きすることができ有意義な時間でした。
みなさま、本当にありがとうございました!


あともうひとつうれしかったことは、12~13年前、まだ雇われでNARD認定講座の講師をしていた時の生徒さんに久しぶりにお会いできたこと。

その後うちに来てくださったこともありますし、メール等はしていたこともありましたが、お顔をみるのはたぶん8~9年ぶり(?)。
元気いっぱいにご活躍されています。

ランチもご一緒できてよかったです。
ありがとうございました。


これからもさらに、学ぶ機会伝える機会を増やしていきたいと思います。

今回思ったけど、NARD育ちってけっこう出るなぁ。



じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2018-08-13 09:02 | アロマ | Comments(0)
c0190960_855566.jpg


昨日は、「メディカルアロマ塾中級2018新潟夏の陣」という講座に参加してきました。
講師はフランス在住のアロマトローグ栗栖智美氏。
栗栖氏のブログ→Île des fleurs Paris
会場はホテルメッツ新潟。

この講座、2ヶ月ほど前に主催者の方からご案内メールをいただいておりましたが、失礼ながら先生のことを存知上げず(本当に本当にすみません;;;)、予算もめどがつかないし、参加する気はありませんでした。

数日前急に、「参加したほうがいいのかも」という直感のようなものがおりてきて、確認したところその日が申込締切日!
その時点でも予算のめどはついていませんでしたが、勢いで申込んでしまったのでした。

受講料どうしたかというと、今月計画している金沢旅のお金を、引き出しの中に大切に保管していた封筒から出した・・・
金沢旅のお金はまたなんとかするのです・・・(がんばれ自分!!)


ご案内をいただいた方は、少し前にTwitterでフォローいただいていたアロマ講師の方で、科学的な観点からアロマを教えていらっしゃるところが共通していて、最終的にはその方のwebトークにやられました。
この方に会ってみたい、というのが大きな動機になったのでした。
アロマテラピースクール まいか

講師の先生のブログもろくに確認せず、とにかく直感と勢いで申込んでしまい、例のごとく行くまでの数日間不安でいっぱい。
業界の方々とご挨拶や名刺交換などまともにできない、震えちゃう、知り合いがいても緊張するし、いなくても緊張するし、じゃあもう行くなよ!!!!!といういつものようなぐるぐる状態。
それでも学ばなきゃ!という想いで、マンダリンを嗅ぎつつなんとか会場にたどり着く。

対人不安の他に、内容が高度でついていけないのではないか、という不安もありましたが、それは大丈夫だったのでよかったです。
あとでよく見たら「中級」だった。
(最初に見ろ!)

最近外から学ぶ機会がぐっと減っていたので、よい機会となりました。

普段、いろいろな協会や団体から距離を置いてひとりでひっそり活動していますから、新たなご縁をいただいたことも、必要なことだったのだろうと感じています。

昨日お世話になった多くのみなさま、本当にありがとうございました。


前置きがすごーーーく長くなりました。
肝心の内容についての感想は明日更新します!

「メディカルアロマ塾中級2018新潟夏の陣」に参加しました(その2)

なぜならこれからエアロビクス2本出るからです。
東京から帰省した甥っ子ちゃんたちとのテニス大会とどっちに行くか天秤にかけ、結果エアロに行くのだ。
それは力が入るってものです。

腱鞘炎がなければテニスだったんですけどね。



じゃ、たぶんまた明日。
お盆期間もごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2018-08-12 09:41 | アロマ | Comments(0)

掃除機アロマ

昨日から断捨離に励んでいる夫が、今日の作業の締めくくりに掃除機をかけたところ、くさい!!!!

タバコくさいのです。
喫煙者の夫自身もくさいと言っていたから相当強いにおい。

間違えてタバコのゴミを吸い込んでしまったとか何とか言っているけど許せない、キョーレツくさいよー。

うちはいまだに紙パックの掃除機なのでパック交換でもいけそうだったけど、まずはアロマで対策。

ティッシュを細く裂いてそこにペパーミント精油を数滴。

それを掃除機に吸わせるだけで、あっという間にタバコのにおいが消え、空間がさわやかなミントの香りでいっぱいに。

これは簡単にできるので紙パック掃除機をお使いの方には超オススメ。

タバコでなくても、掃除機から出るにおいが気になる場合使えます。
ペパーミントでなくても好きな香りでもOK。

わたしは掃除機にはペパーミントを使うことが多いですが、元気に掃除したいときにはローズマリーや、ちょっとまったりする(眠くなる)けどいやなにおいを消してくれるラベンダーなどもいいと思います。

詰まらないようにティッシュは細く細かく裂くことがポイントです。

アロマがあってよかったと毎日思うなぁ。


ミニマリストの夫でも、それなりに捨てるものが出ました。

わたしも便乗して、資料の引き出しなど全部出しては確認してさよならしています。

先日会社の人が45リットルのゴミ袋20袋以上捨てたという話を聞いて萌えましたが、うちは今日で20リットルひと袋・・・
加えて雑誌や資料などの資源ゴミ。

45リットルのゴミ袋自体がうちにはないな。
普段から片づけているからですが、捨て萌えしたいのでつまらない。

片づけしたいのにできなくて困っている方、行きますからねー呼んでくださいねー。


じゃ、たぶんまた明日。
今週もごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2017-12-17 19:24 | アロマ | Comments(0)

ローズの香りで

c0190960_21111633.jpg


先月発表されたAEAJ(公益社団法人日本アロマ環境協会)のプレスリリースが下記より読めます。

ローズの香りをまとった生活で、魅力がアップ!?

ローズの香りで美しさや優しさが増すという結果。
それならやっぱり活用したい・・・ローズ精油がもう少しお手頃価格だとよいのですが。

でもハーブなら安価で使えるのでおすすめ。

明日は福祉会館アロマ講座で、テーマは「腸活(消化器系の健康)」で、ローズもクローズアップしようかと考えているのです。

帰宅後だいぶ眠ってしまったので、資料の最終チェックはこれから。
夜中にきこきこ印刷します。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2017-11-15 21:13 | アロマ | Comments(0)

会報誌のことば

c0190960_741388.jpg


NARD JAPAN(ナード・アロマテラピー協会)の会報誌が届きました。

巻頭に書いてある言葉がとても素敵なのです。
(1ページ使って大きく書けばいいのに、と思う。)

『アロマテラピーという深く果てない世界を、自らの手で探求しながら美しく楽しく暮らしたいと願うすべての人へ、化学の眼、神秘に偏ることのない姿勢、植物を忘れない心で、この会報誌をお届けいたします。』

すべての言葉に共感します。
『化学の眼、神秘に偏ることのない姿勢、植物を忘れない心』―毎回しっかり心に刻みます。


表紙のお花はセント・ジョンズワートですね。
好きなお花のひとつです。

薬効もすばらしい。

和名の「オトギリソウ」は「弟切草」だそうで、セント・ジョンズワートから作る薬の作りかたを人に伝えた弟を斬り殺してしまったという逸話が残っているそう。
それほどの大切な薬草だったのですね。


さてさて、会報誌ともセント・ジョンズワートとも関係ありませんが、来週福祉会館アロマ講座あります。

2017年6月の福祉会館アロマ講座のお知らせ

本日がお申し込み締切ですので、ご都合のつく方はぜひ。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2017-06-17 07:22 | アロマ | Comments(0)
昨日の新潟日報朝刊にユリ精油の記事が掲載されていました。

隠れた特産 アロマで生かせ 村上のユリ 精油作りに成功

かぐわしい香りのユリの花なのに、アロマで活用する機会は少ないです。
ユリ精油は売られているのですが、日常的ではなく、わたしも使うことはありませんでした。

そもそも花から精油を採るには、多くの植物に使われる水蒸気蒸留法では採油できないことが多く、溶剤抽出法を使うことが多いです。
(花の中でもローズは両方の方法で採油されます。ネロリ(オレンジの花)やイランイランなどは水蒸気蒸留法で採れます。)

この記事にとり上げられているグループの方々は、水蒸気蒸留法が不向きということで溶剤抽出法→低温真空蒸留法→アンフルラージュ法と試し、最後のアンフルラージュ(油脂吸着法)でよい香りのものが採取できたとのこと。
(これは、アロマを学んだ者なら想像がつくことです。)

わたしのイメージでは、アンフルラージュは手間がかかるのかな?と思っていましたが、記事によると蒸留法と手間や効率があまり変わらないのだそうです。

今後に期待&注目したいと思います。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2016-12-25 08:36 | アロマ | Comments(0)

アロマとサイエンス

c0190960_2115713.jpg


一昨日出席したサイエンスカフェの交流会でそれぞれが自己紹介をしました。

 →つながりを作るということ―続「サイエンスカフェにいがた」参加

わたしとしては、「アロマを勉強=化学や科学を勉強」なので、自信満々でアロマテラピー講師と名乗り、サイエンスに興味があるとお話したつもりが、どことな~くアウェイ感。

少し歓談してみてわかったことは、たいていの人にとって「アロマ=化学」ではなく「アロマ=スピリチュアル」とか「アロマ=ファッション」なのだということ。

そうか、ちゃんと言わなきゃいけなかったんだ。

酔っ払っていたこともあり抜けてしまいました。


さまざまなかたちでアロマテラピーを活用する方がいて、中にはスピリチュアル方面で使う方もいらっしゃいますし、それが悪いことだとは少しも思いません。
ただわたしはそっちではないというだけ。

化粧品インストラクターの頃も、アロマ講師となった今も成分の話がいちばん好きですし、すーっと納得できる。

今は暮らしやお手入れに活かすアロマ講座がメインで成分の話をすることも少なくなったのですが、勉強は続けていきたいと思います。

この機会に、一から復習しようと思い立ちました。
今年の一大テーマができたわ。

精油の化学については、そのうちサイトに書きたいな。
壮大な目標だなー。

毎日時間が足りなすぎて何もかも追いついていないのに。

ま、なんでも少しずつ。


今週から始まる公民館サイエンスカフェでは、アロマテラピーを学ぶ際関連知識として必要なテーマもあります。

今週のテーマもまさに。
 →『認知症とアルツハイマー病って違うんですか?』

まだお申込み可能なようですので興味のある方はぜひ。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→amica Aromatherapy
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2015-01-26 21:30 | アロマ | Comments(0)
c0190960_21225638.jpg


母に頼まれてクリームを作りました。

福祉会館などの講座では人数が多いのでビーカーを電気鍋のお湯に入れて湯煎するのですが、ひとり分を作るときにはエッセンシャルウォーマーが便利。

いつもの通り撮影が下手なのでAmazonさんにお借りした画像が下記。



わたしのもっているものとちょっとマークが違うけど、同じメーカー(生活の木)のもの。

c0190960_2123610.jpg


上の容器を直接温めてでき上がったらクリーム容器に注ぐだけ。

お鍋などで湯煎するより簡単なので、頻繁にクリーム作りをするなら持っていると便利です。
うちでは大活躍。

リップクリームもあっという間にでき上がってうれしいたのしい。

 
ちなみに、先週福祉会館講座で作ったクリームは乾燥しがちな脚(膝から足まで)によく塗っています。

とてもよいですー。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→amica Aromatherapy
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2014-12-25 21:39 | アロマ | Comments(0)
c0190960_9283324.jpg


昨日AEAJ(公益社団法人 日本アロマ環境協会)から11月のアロマテラピー検定のポスターと受験要項が届きました。

アロマテラピーは、どなたでも生活のあらゆる場面にとり入れることができ、心と体の健康をサポートするとともに暮らしを豊かにしてくれるとても素晴らしいものですが、最低限の知識が必要です。

知識といっても難しいことは必要ないのですが、安全安心して使用するために知っておくべきことはあります。

先日AEAJから出されたプレスリリースにも、アロマテラピーをとり入れている約9割の女性が、アロマテラピーを正しく理解していないことが判明とあります。
 
 →AEAJサイトトップページよりプレスリリースのところをクリックすると見られます。
 「アロマテラピーに関する意識・実態調査」
 AEAJ(公益社団法人 日本アロマ環境協会)

正しく使わないことによりトラブルが起きてしまってはせっかくのアロマテラピーもいやなものになってしまいます。

ご家庭でアロマテラピーを活用するための知識を得るのにアロマテラピー検定はぴったり。
どなたでも受験可能です。

申込は8/13からです。


ご希望の方に受験要項さしあげますのでお声かけください。

検定テキストの販売もしています。

アロマテラピー検定ってどんな感じ?というご質問などもお気軽にどうぞ。
メールは下記ホームページから。


 ◆ホームページ→amica Aromatherapy
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2014-07-17 10:01 | アロマ | Comments(0)

香りは嗅いでこそ

c0190960_7241832.jpg


最近アロマビジネスが盛んで、それは決してアロマテラピーと重なるものでないことが多く、アロマ柔軟剤やアロマお掃除シートなど、一部の人には好かれるけれど比較的多くの人に実は嫌われている商品がたくさん出ています。

少し前に「アロマ目薬」というのを見かけたときは本当に驚きました。

ローズの香りの目薬だそうな。

それ、必要???
目だよ目!


まぁそれはさておいて。

このようなブームのせいか、「香りの付いているものは好きじゃないの」と言われることも以前より増えました。

柔軟剤の香りとアロマテラピーは全然違うものだよ、ということを説明するのは難しい場面もあり(世間話の途中などで)、どうにかならないか、と思っている今日この頃。


そんな中思い出すのは10数年前、最初に習った先生の授業のこと。

その先生は、ことあるごとにネロリは本当に素晴らしい香りなんだよ、最高の香り、格別なんだと何度も言うのです。

その頃初心者のわたしは「ネロリ」という名前自体も知らず、もちろん香りも嗅いだことがないので想像もできず、心の中で「ネロリってどんなだろう?」と憧れていたのです。

先生は香りの素晴らしさを言葉では言うけど授業には用意してくれなくて、嗅ぐことはできなかったのです。
テキストで習う回のときにも実物はなかった。。。

誰かが「そんなに素晴らしい香りなら使わせてください」と言っても、「ローズとネロリは香水作りの時だけ持ってくるから」と言われ、ますますネロリに対するあこがれが膨らむばかりだったのでした。
(ローズやネロリは高価格なのです。)


ひとくちに「アロマ」といっても様々なものがあります。

自分の生活に必要かどうかを決めるのには、知識や経験でなく、嗅覚のみに頼ってほしい。

たとえ同じ香りでも、以前の記憶も忘れて、そのときの嗅覚だけに従って選んでほしいと思います。

嗅いでみないことにはわからないのですから。


ちなみに何ヶ月か憧れつづけたネロリは、本当にわたしの心をとらえ、今でも大好きな香りです。

今これを読んでいるみなさん、読んだだけではわかりませんよ。
嗅いでこそ!


合成の香りではなく、天然の、本物の精油(エッセンシャルオイル)を嗅いでくださいね!


今日もごきげんな一日を~ciao♪



 ◆ホームページ→amica Aromatherapy
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ

来週の福祉会館アロマ講座参加申込受付中~♪

 詳細は→☆4月の福祉会館アロマ講座「美白ローション作り」☆ 
by amica-aroma | 2014-04-18 07:30 | アロマ | Comments(0)

日記毎日更新中~。


by amica(あみーか)