読んだ本記録 『初夏の訪問者 紅雲町珈琲屋こよみ』

2022年読み終わった本11冊目。


読書記録がなかなか書けなくて、かなりの冊数分たまってしまった。
順不同で、書けるものから書いていきます。


シリーズずっと読んでいる「紅雲町珈琲屋こよみ」。
北関東でコーヒー豆と和食器の店「小蔵屋」を営むお草さんのお話、これで8冊め。
9冊めまで発売されているようなので、それも近日中に読むつもり。

北関東としか書かれていなくても、群馬だと決めて、辛いことばかりだった前橋を想いながら毎回読む。
小説の中の小蔵屋は高崎かな、丘の観音像が出てくるから。
観音様、前橋からも見えるんだったっけ?そんなことも忘れてしまった。


今回のお草さんは、いつもとちょっと違ったかも。
勇敢で落ち着いていて、商売上手のお草さんが、かなりぐらぐらしているところが見受けられ。
それというのも、亡くした息子さんにかかわることだから。

従業員の久実さんと彼氏のことも気になる。
次の9冊目でどこまで進展しているかな。

誰の人生にも大変なことが次々起きて、ひとつひとつ対応していくしかないけれど、物語の登場人物にも助けられる。


高崎、金沢よりはずっと簡単に行けるなぁ。
新幹線だと、交通費は同じくらいかかるけど。
日帰りお散歩に行ってみようかな、とふと思った。


(2022年4月23日読了)
--------------------------------------------------
『初夏の訪問者 紅雲町珈琲屋こよみ』吉永南央
お気に入り度★★★☆☆



じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ) 



by amica-aroma | 2022-05-06 21:21 | 読書記録

ぐだぐだな日記毎日更新中。


by amica(あみーか)