『タータン展 伝統と革新のデザイン』@新潟県立万代島美術館

『タータン展 伝統と革新のデザイン』@新潟県立万代島美術館_c0190960_22203207.jpg

昨日、新潟県立万代島美術館の『タータン展 伝統と革新のデザイン』を鑑賞しに行ってきました。
例のごとく、会期終了間近に駆け込みで。

シルクのアフタヌーンドレスから始まって、会場中タータン・タータン・タータン。
タータンチェックは大好き。
許されるものならば、毎日タータンを着て過ごしたいものです。
(いろいろな意味でそれは難しい。ともすれば痛々しい・・・)

伊勢丹の包装紙のタータンは有名ですが、他にも企業のタータンが。
ブルドックソースタータンもある!
トマト・りんご・ニンジンの赤と野菜の緑、スパイスの黒で構成されているのですって。

スコットランドのキルトの展示もあり。
これをみると漫画『キャンディ・キャンディ』を思い浮かべてしまうのは、同世代の女性みんなにうなづいてもらえそう。
小学生当時、男の人がスカート!?と思いながら「なかよし」の連載を読んだものでした。
(ちなみにわたしはアンソニー派ではなくテリー派。これもわたしたち世代の重要な話題。)

18世紀のファッションがわかるジョン・ケイの絵もたくさん。
サイズが小さいので、わたしの眼では見づらかったのが残念。

『タータン展 伝統と革新のデザイン』@新潟県立万代島美術館_c0190960_22203700.jpg

撮影OKのスペース。

『タータン展 伝統と革新のデザイン』@新潟県立万代島美術館_c0190960_22192984.jpg

『タータン展 伝統と革新のデザイン』@新潟県立万代島美術館_c0190960_22192557.jpg

上記2つは同じところから撮ったものですが、ソファの模様が違う!
帰宅してから「????」と思ったのですが、光によって模様が変わるらしい。
どうなっているの!?と焦って、ネット検索してそうらしいことがわかった。
どうして会場で気づかないよ?


長岡造形大学の学生によるオリジナル「トキタータン」プロジェクトの展示もありました。

『タータン展 伝統と革新のデザイン』@新潟県立万代島美術館_c0190960_22204217.jpg

「トキ」をイメージした独自のタータンを学生がデザインしたそう。

朱鷺色は美しい色だけれど、朱鷺色タータンは好みじゃなかったな。
はっきりした色のほうが好き。
でもこのプロジェクトはよいとり組みだと思いました。

会場の広さからすると展示の数はそれほど多くなく、疲れずに観終わることができました。

タータン生地で作られたKISSAのシューズも展示されており、激しくかわいかったです。
ヴィヴィアン・ウェストウッドやベイ・シティ・ローラーズも!
タータンを使ったウエディングドレスもすっごく素敵でした。


『タータン展 伝統と革新のデザイン』@新潟県立万代島美術館_c0190960_22193596.jpg

新潟県立万代島美術館の次回展示はドラえもん展。(2020年3月20日~)

ラブラ2にも別な道具を持ったドラがいました。

『タータン展 伝統と革新のデザイン』@新潟県立万代島美術館_c0190960_22193823.jpg


痛々しくならずにタータンの服を着るおばあちゃんになりたい、と新たな野望も生まれました。

帰りに寄った伊勢丹の催事場で大きいサイズバーゲンをのぞいて、タータンチェックっぽいワンピースがあったので試着してみたら、サイズが大きすぎてダメでした。
大きいサイズだと大きすぎるし、普通サイズだと小さいという・・・どのサイズの洋服を選べばよいのですか!?

あら、タータン展のお話でしたね。
タータン展は3月1日(日)までです。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪

 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ) 



by amica-aroma | 2020-02-20 20:02 | 日記・雑記 | Comments(0)

ぐだぐだな日記毎日更新中。


by amica(あみーか)