読んだ本記録 『彼女に関する十二章』

2019年読み終わった本35冊目。


主人公の聖子は夫と二人暮らしでパート勤務の50歳。
今のわたしよりは少し若いけれど、ほぼ同世代ということで、身体や心のいろいろに共感すること多し。

『彼女に関する十二章』は、1953年に婦人公論に連載された『女性に関する十二章』をなぞってお話が進みます。
一見平凡なパート主婦の日常に少しだけやってきた波を描いた小説に見えて、実は男性論女性論、社会問題などいろいろ折り込まれているのねぇ。

平凡なって書いたけど、平凡な生活なんてなくて、毎日はいろいろな波でできているのだよな。
このわたしの、今日も何も日記に書くことがない、というような日常にも。
(まぁ本当にないんだけど)

--------------------------------------------------
お気に入り度★★★☆☆



by amica-aroma | 2019-10-02 07:08 | 読書記録 | Comments(0)

ぐだぐだな日記毎日更新中。


by amica(あみーか)