残りの人生でどのくらい読めるだろう

朝起きて読んだ本が、おそろしく内容が薄くてがっかり。

たまにそういう本に出会ってしまって時間がもったいないっと憤るのですが、選んだ本の全部が当たりになるわけもないので、確率としてしょうがないです。

そういう本は、途中で読むのをやめたり斜め読みで済ませてしまったりして、ブログの読書記録には載せていませんが、どんどん増えてきたような気がするので選び方に問題があるのかも。

小説であれば、自分に合わないだけで好みの問題なので、作品の優劣には関係ないと思いますが、ノンフィクションなど知識や情報を得るものでなかみが薄いと、どうしてこのレベルで出版できたのだろうと思ってしまう。

年々本を読むペースが落ちて、読みたい本を全部読んでから死ぬのは無理ってわかっていますが、できるだけ濃い良い内容の読書をしたい。

今年は特にぜんぜん読めていないです。
つい少し前までどこにも雇用されておらず時間があったはずなのにどうしたことでしょう・・・


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ)
 
by amica-aroma | 2019-06-05 07:22 | 日記・雑記 | Comments(0)

ぐだぐだな日記毎日更新中。


by amica(あみーか)