思い出片づけその2~再び手紙

先日手紙の整理に手をつけたことを書きました。

思い出片づけその2~手紙

今朝起きてから、再び布ケースを開けてさらにチェック。

先日は差出人の確認がメインでしたが、今日はなかみも読んでみた。
ほとんどが1990年代(20代~30代前半)にいただいた手紙です。
年賀状をのぞいても、何百通と受けとっているのです。

忘れていたことや忘れていた人のことも次々蘇ってきて本当につらい。
ほとんどが(というかすべてが)あたたかくやさしい言葉をかけてくれている手紙なのに。
果たせなかった約束(今度ディズニーランドに行こうとか、次は温泉に行こうとか、東京でまた会おうとか・・・)も、わーっと押し寄せてくる。

ありがたすぎて、でも過去が押し寄せてきて、すっかり具合が悪くなってしまいました。
しばらく吐き気が続いています。
過去にとらわれるとはこういうことです。

先日に引き続き少しは処分。
でも処分したのはメッセージのない年賀状などがほとんどで、みなさんの想いがこもっているものは捨てられず・・・

過去との決別がこんなにできないなんて・・・
自分でも驚きです。


見ないで全部捨てるか、一生見ないまま収納の奥にしまいこんでおくか、どちらかの選択しかないのだろうと思います。
どちらにしも見ないに限る。

しかしわたしはひとつひとつ読もうと思います。
そのうえで、さよならするものと取っておくものをわけようと思っています。
どんなに吐き気におそわれようとも。

そうして、みなさまに感謝しつつ今の自分を肯定したいと思います。
なので手紙の片づけはまだ続きます。

これまでわたしにお手紙をくださったみなさま、ありがとうございました。


さて、吐き気を抑えつつスポーツクラブに行くことにいたします。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ)
 
by amica-aroma | 2019-06-02 09:08 | 日記・雑記 | Comments(0)

ぐだぐだな日記毎日更新中。


by amica(あみーか)