映画鑑賞 『マイ・ブックショップ』

c0190960_20534027.jpg


今日は『マイ・ブックショップ』という映画を観に行ってきました。

書店を題材としているのなら見なくちゃ、と思ったものの事前情報まったくなかったので、もっとほんわかしたものを想像していたら違いました。

舞台は1950年代。
夫を亡くした女性がひとりで書店を経営することを町の人々は受け入れないのです。
受け入れないどころかじゃまをする。

イギリスの海辺の町が舞台で、どのシーンもすべて絵葉書にしたいくらいの美しさ。
主人公のフローレンスも、書店を手伝う少女も、読書好き引きこもり紳士もきわだってよかったです。
映像も内容も素晴らしかった、と言いたいのですが、実はへとへとに疲れていたため、途中うとうとしてしまって見逃したところもあります。
数分のことだとは思いますが、完璧に観ることができず残念。
いやそれでも素晴らしかった。

ぜひDVDなどでもう一度観たい作品です。

本当は、GW中に観に行こうと思っていました。
新潟で本に関わる方のアフタートーク付きの上映会がいくつかあって、それに乗ろうと思ったのですけどね、ぼんやりしているうちに連休が終わったので今日になりました。

映画『マイ・ブックショップ』はシネ・ウインドで今週金曜日まで。


なぜ今日へとへとに疲れていたかというと、午前中運動しすぎです。
映画館に行くときは運動は控えめに、が今日の教訓。



じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ)
 
by amica-aroma | 2019-05-13 21:17 | 日記・雑記 | Comments(0)