心を整えるためだけに8ヶ月を使った

c0190960_21195523.jpg


実家の庭に咲いたチューリップを両親が持ってきてくれました。
持ってきてくれたのは数日前で、つぼみだったお花は今開ききってものすごくパワフルにキッチンの真ん中にどーんといます。
(写真はうまく撮れなかった・・・すごくでかい)

両親ともに80代になりましたが、もうただただ生きていてくれればありがたいという域になってきました。

めずらしいお花ってわけでもないのに、娘(わたし)にこれを渡すためだけに出かけてきたかと思うと泣きたくなります。
桜もチューリップもあと何度見られるかわかりませんが、一日一日を大切に過ごしていこう。
できるだけ親孝行もしよう。


昨年8月から会社に行かない生活になって約8ヶ月、時間はたくさんあるはずなのに時間がなくて焦って何ひとつ進まなかった。
本当にみごとに、何も成し遂げなかった8ヶ月。
その状態が続いたら、もう日常生活が送れないくらい病んでいたと思うのです。

今月は、もう何もしないと決めて過ごしています。
実際には、ぼちぼち就職活動もしているし、毎日欠かさずスポーツクラブにも行っているし、毎日のお弁当づくりも始めたし、以前ほど多くはないけれどアロマ活動もあり、何もしていないわけではないのですが、「やらなきゃ」「やるべき」をなくしたら、だいぶ心が楽になったのです。

もう少しの間、この感じでいきたい。



じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ)
 
by amica-aroma | 2019-04-16 22:11 | 日記・雑記 | Comments(0)