かくしておいた箱のふたを開ける時

今夜のNHKスペシャルが「密着ドキュメント 片付け~人生をやり直す人々~」というテーマで、こんまり(近藤麻理恵さん)をとり上げるということだったので見ました。

結果、こんまりさんはそんなに出てこなかったけれど、大々的なお片づけにとり組む3名の女性が出てきて、わたしもこの家に行って片づけたい!!!!とよだれが出ました。
6ヶ月かけて終了した人、9ヶ月かかっても終わらない人。
3名のうちのおひとりは、アロマ部屋を作っていて、うらやましかったわ・・・

全部自分のものなのに、向き合うのは本当にしんどくて大変な作業です。
できればふたをしてそのままにしておきたい。

「過去にカタをつける」とういう言葉が出てきましたが、そういう意味では、わたしは過去にカタをつけることができていないと気づきました。
一見ものも多くないし散らかってはいないけれど、過去にとらわれていろいろなものをとって置いている。
きちんと収納しているからわからないだけで、過去だらけのような気もする。

そろそろその箱のふたを開ける時かもしれない。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ)
 
by amica-aroma | 2019-04-14 22:36 | 日記・雑記 | Comments(0)