読んだ本記録 『ズームーデイズ』

2019年読み終わった本1冊目。


『ズームーデイズ』井上荒野

やっと今年になって読んだ本1冊目。
お正月はいつも、わざわざお正月読む用に気合いを入れて本を買ったりするのに今年はそれをせず、ちょっと暗い気分になる小説を読んでしまいました。

ズームーというのは一緒に暮らしていた8歳下の男の呼び名で、過去を振り返って文章化する形で小説ができています。

なんだかどこにも救いがなくて、暗澹たる気もちになる小説であった。

主人公の女性が書いた小説が「あまりにも虚無的である」というのが出てきましたが、この小説があまりにも虚無的であるような気がしました。

この物語に出てくる恋愛が虚無的なのか、この世の恋愛がすべて虚無的なのか、とにかく気分が下がる小説ですが、それというのはこれがよくできた小説なのだからかもしれなくて、読みながら痛々しさや恥ずかしさやいろいろなものを感じ、読み終わったときにはもうこの世界に浸らなくていいのだとほっとしたものでした。

井上荒野作品は定期的に読んでいきます。

--------------------------------------------------
『ズームーデイズ』井上荒野
お気に入り度★★★☆☆
by amica-aroma | 2019-01-29 19:12 | 読書記録 | Comments(0)