関屋モーニングサロン第5回に参加しました

c0190960_9131562.jpg


昨日は関屋モーニングサロン第5回に参加しました。
全7回講座のうちもう5回目。

2019年初回のテーマは『笑うサロンに福来るPartⅡ』
講師は落語家の水都家艶笑(みなとやえんしょう)さん。

PartⅡとありますが、3回目だったそうです(^^)

本物の(!?)落語を聴いたのは初めて!

というと失礼になるかもしれませんが、昔化粧品会社時代の上司(女性)が飲み会のたびに落語を披露してくださり、それは何度か聴いたことがあるのです。
会社の飲み会に着物と座布団持参で参加されていましたっけ。
その上司は今回の講師の方と同じ水都家さんと名乗っておられましたのでお弟子さんでしょうかね。


とやの楽語会というサークルのメンバー(辛味亭熊三(からみていくまさん) さん)による前座のあと水都家艶笑さん登場。

正直、落語に興味はありませんでしたがやっぱりうまいんですね~。
おもしろくておかしくて、たっぷり楽しめました!

通る声、絶妙な間のとりかた、聴衆を惹きつけるわざの数々に感服いたしました。

みんなでゲラゲラ笑って、ひとりとして不快な気分でお帰りになった方はいないと思う。
すばらしいことです。


関屋モーニングサロンは、「市民がつくる市民の講座」ということで、スタッフ(ボランティア)を募集しているそうです。
講師の選定や交渉等にも関われるので、やりがいがありそうです。

今のスタッフメンバーの知人から、わたしにも声をかけていただきましたが、平日の昼間がメインの活動ということで、リタイア後の楽しみにしておきたいと思います。


ところで、今日も書きましたが「正直興味はなかったけれど聴いたらおもしろかった」というフレーズは、サイエンスカフェやいろいろな講座の感想で頻繁に書く文言です。

興味がないものになぜ参加するのか?と疑問に思われるのかもしれませんが、新しいことを学ぶ・知るのが好きなのでまずは参加します。

そして、ブログではほめることしか書いていない、と思われるかもしれませんが、実はつまらないとか行って損したと思うものもまぁまぁあります。
それについては、行ったことも書かないことがほとんど。
すごくよかったけど書いていないものあるので、「書いていないイコールつまらない」ということでもないです。

素直に感じたことを述べればいいとも考えますが、基本小心者なのとうまい言葉で表現できないとので結果書かないという。
批判には、嫌われる覚悟の他に称賛よりさらに高度な文章力が必要だと思います。

基本ブラックな心なので何でもかんでもほめほめマンではないです。
そのかわり、よいと思ったものは本気。


関屋モーニングサロンのこれまでの参加日記はこちら→タグ:関屋モーニングサロン


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→香りの教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→香りの教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2019-01-19 12:53 | 日記・雑記 | Comments(0)

ぐだぐだな日記毎日更新中。


by amica(あみーか)