「第九」への道日記(第13回)―本番へパワー集結

今週ほとんど第九のことしか書いていないこの日記。
いよいよ本日12月9日本番です。

一昨日は最後の合唱だけの練習、昨日はソリストも加わり全員でのゲネプロ。
(ゲネプロというのは通しでの最終リハーサル)
この3日間はまさに染まりきっています。

つくづく、働きながら参加しているみなさんのパワーに圧倒されます。

今どこにも雇われていないわたしでも週に1度練習に参加し、家でも練習し、今週は4日間参加するのは、かなり厳しかったのです。
シニア層も多いとは思いますが、仕事を終えてから参加される方もたくさんいらっしゃる。
心から敬服します。
指導してくださる先生方も。

みんなのその「歌いたい」というパワーが結集するのを楽しみにしたいと思います。
しかもその「歌いたい」というパワーは、この曲だからなのですよね。
いろいろなことを乗り越えて200年演奏されてきたベートーヴェンの交響曲第9番は、単なる名曲というのを超えて、クラシックとかそういうジャンルも超えて、わたしたちの心に何かを訴えるからなのでしょう。

参加申し込みをしてからのこの半年、何百回と聴きましたが、まったく飽きることはありませんでした。
普通ひとつの曲をこれだけ聴いたら、新潟便で言うところの「よっぱらになる」と思うのですが、よっぱらになるどころか、もっともっと聴きたくなって、毎回聴くたびに新しい発見もあり、今日の本番が終わってもまだまだ聴き続けると思います。
(注:よっぱらになる→もう充分って感じ・飽き飽きする感じ)

昨日会場で歌って、客席から聴いたらどんな感じになるんだろうな、と思いました。
正直、自分のまわりだけを聴いているといいふうには聴こえないので不安になることもあるのですが、せっかく足を運んでくださるみなさまの心にいいものがおりたらいいと思う。
テクニックだけではない、言葉にできないパワーが出ることって絶対あると思うから。
オーケストラと合唱をあわせた400分の1名としてそう思います。


新潟第九コンサートは本日14:00~当日券も少々あるそうです。

では、そろそろお風呂に入り準備を始めますー。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2018-12-09 07:20 | 日記・雑記 | Comments(0)