読んだ本記録 『女のいない男たち』

2018年読み終わった本51冊目。


『女のいない男たち』村上春樹

久々村上春樹さん。
めったに行かないブックオフで安く売っていたので。
数年前の出版ですね。

6つの短編が収められたもの。

短編小説は、想像の余地があって苦手です。
「その後どうなったの?」とか「あれは何だったの?」とかぐるぐる考えちゃうから。
そう考えると、1から10まですべて知りたがりのわたしは物語には向かないのかもしれませんね。

苦手、と言いつつ読み終わった村上作品。
おもしろいかとか好みかと問われれば、どちらかというとNoなのですが、途中何度かひきこまれるところがあり、不思議な読後感です。

6つの中では「木野」という作品がいちばんおもしろかったです。
謎だらけですけどね。
謎は読者であるわたしたちがいろいろ想像すればいいのかもしれないけれど、「教えてよー」と思っちゃうんですよね・・・

村上作品、最新作(といっても2年近く経つ)である『騎士団長殺し』も未読で、文庫化を待っているところ。
そういう人はたくさんいると思います。

--------------------------------------------------
『女のいない男たち』村上春樹
お気に入り度★★★☆☆
by amica-aroma | 2018-11-11 18:38 | 読書記録 | Comments(0)

新潟市 香りの教室amica(アミーカ)の川上裕子です。日記毎日更新中。出張アロマ講座やサイエンスカフェのお知らせや報告も書いています。


by amica(あみーか)