金沢ひとり旅(2017)1日目 その3 『妙立寺』

c0190960_8433833.jpg


先日の金沢旅1日目その3。
(2017年9月23日 土曜日)
もう1週間以上経ってしまった。

金沢ひとり旅(2017)1日目 その1 『ひらみぱん~オヨヨ書林』
 金沢ひとり旅(2017)1日目 その2 『金沢21世紀美術館~甘味処 漆の実』


旅はあらかじめ予定を決めず、すべてその場の気分で行き先を決めますが、今回はめずらしく3つの約束(予約)をしていて、そのひとつめがこの妙立寺(みょうりゅうじ)

c0190960_8435450.jpg


ここは予約じゃないと見学できないことになっているからです。
実際は当日行っても申込すれば入れるらしいですが、祝日だし、前日に電話予約しておきました。

予約の変更や遅刻は不可とのことで、早めに到着。

c0190960_8441172.jpg


忍者寺として有名なので、忍者の寺かと思っていたら(そのままじゃん)、忍者とはまったく関係ないとのこと。
(行ってから知る。)

あ、だから「忍者寺」ではなく「人呼んで、忍者寺」というキャッチコピーなんですね。
これがつくかつかないかで、来場者数はぜんぜん違うと思うわ。

30分ごとに入れ替え制で案内人とともに約40分間の見学。

わたしは16時の予約でしたが、1回に100名近く入れている様子。
それをさらに14~15名ずつのグループ分けし、それぞれに案内人がつくシステムのようでした。

入場料は1,000円。
勝手に1日の収入を想像してしまったわ。

c0190960_8544999.jpg


まずは仏さまに足を向けて座らないように、帽子やサングラスをとるように、などと拝観の心得を聞いて座って待ちます。

迷ったけどヘアターバンをとって(帽子じゃないけどかぶりものはダメなのかと思って)神妙に待っていると、座っているのに身体がぐらぐらするような感じで気もち悪い。

あぁそうだった。
お寺に来るといつもめまいがしたりくらくらしたりするのでした。

そのうち名前を呼ばれグループごとにお寺の中のさまざまなからくりを見学。

名前を呼ばれるときは「○○様何名様~」と呼ばれるので「川上様1名様~」と呼ばれるのは若干恥ずかしかった。
誰もひとりでなんて来ていないのね・・・

まぁここは旅先。
気にせずグループに合流。

わたしたちのグループはかわいらしい女性の案内人がついて、説明してくださいました。

落とし穴や隠し扉、隠し階段などそれぞれおもしろい。
階段はそこら中にある。

すべては前田家のお殿様を守るためのしくみ。
忍者はいなかったのでした。

地下道が掘られ金沢城まで地下でつながっているという説もあるらしいですが、実際は間に犀川(さいがわ)があるので当時の技術的に無理だった、とガイドさん。

一見の価値はあると思います。
おもしろかったです。

c0190960_8551648.jpg


金沢市役所隣の甘味処 漆の実から徒歩で約20分。

c0190960_9492895.jpg


片町きららの前を通り、犀川大橋をわたって行きます。

犀川大橋といえば昨年行ったときは室生犀星記念館を探して迷ったあたり。
にし茶屋街の近くです。

この続きはまた明日以降。

これまでの旅記録も含め、金沢のお話はこちらから→タグ:金沢


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2017-10-01 14:24 | 日記・雑記 | Comments(0)