『レオナール・フジタとモデルたち』@新潟県立万代島美術館

c0190960_6542237.jpg


昨日新潟県立万代島美術館の『レオナール・フジタとモデルたち』を観に行ってきました。

6月からやっているのに、またも会期終わるぎりぎりになってしまった。
(9月3日(日)まで)

5回の結婚をしたとのことで、それぞれの妻をモデルにした絵やストーリーを追うことができました。

フジタの絵にももちろんひきつけられましたが、わたしがいちばんわぁと思ったのは、最初の妻とみにフランスから送ったモード雑誌の数々。

恋愛結婚したものの、1年後には単身フランスに渡ったため離れてしまいその後会うことのないまま別れたという。
その妻にたくさんの手紙や雑誌(藤田のコメント付き)を送ったとのこと。

他の妻たちとのエピソードも、それぞれぐっとくる。


また、4点の大きな壁画はずーっと観ていたいくらいひきつけられました。
描かれているひとりひとりをもっとじっくり確認したかった。

他にも印象的な絵がいくつもあり、全体的にとても見ごたえのある展覧会でした。


なんといってもレオナール・フジタ(藤田嗣治)がかっこいいですよね。
明治生まれでこんなにモダンでおしゃれな人がいるなんて。



じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2017-08-28 07:25 | 日記・雑記 | Comments(0)