新潟室内合奏団第74回演奏会に行ってきました

c0190960_9204695.jpg


昨日新潟室内合奏団第74回演奏会に行ってきました。

昨日は仕事を15時上がりにしていて、開演までたっぷり時間があったというのに、カフェで読書に熱中しているうちにぎりぎりに到着。

あぁもう満席に近いくらいに埋まっている・・・
ピアノコンチェルトがあるからどうしても鍵盤が見える側に座りたい・・・

幸いよいところに座れました。

1曲目はゲーゼ。
(スコットランド序曲 「高地にて」 Op. 7 )

初めて聴いた曲でしたが、これがとってもよい曲で、心地よくて気に入りました。
自分から新しいお気に入り曲に出会う機会はなかなかないので、こうして偶然出会うのはうれしいことですね。


2曲目はメンデルスゾーンのピアノ協奏曲。(第1番)

ピアノは小黒亜紀さん。
若くて美しくて実力派。
赤いひらひらのプリンセスドレスがとてもお似合い。

わたしは存知上げなかったのですが、大活躍中の注目株なのだそうですね。
第3楽章になってからやっとじわじわとよさがわかってきました。


3曲目は同じくメンデルスゾーンの交響曲第4番「イタリア」

すごく好きな曲。
重苦しくないところが好き。
だからといって深みがないわけでもなくてバランスがよいと思います。

アンコールの2曲もメンデルスゾーンで、なんとしあわせなのでしょう。
メンデルスゾーンがすごく好きだー。


演奏の上手下手は正直ほとんどわかりません。
技術や練習量は足りていないのかもしれないし、他の楽団のほうがうまいのかもしれません。

でも、最近いちばん思うことは、聴いた自分が心地よく感じたかどうか、それだけなんだろうと思うのです。

プロのオーケストラの演奏を聴くにはまずチケットの価格が出せないし、素人はどうしてもかまえてしまう。

それならそれよりは、気軽に生の音を聴けるこういう機会は本当によいと思う。
アマチュアのよいところは、「音楽って楽しい・演奏できてしあわせ」という想いをわたしたちもいただけるところではないでしょうか。

今回も、会社の同僚である団員の知的美女にご案内いただきました。
毎回ありがとうございます!

出演者のなかにもうおひとり知り合いがいて、あ、どうしよう、その方も知的美女だな・・・あ、美声美女だ、今回もありがとうございました♪

知り合いが出ていて、気軽に行かれて、気分良く帰る。
いいですね~。

素敵な夜をありがとうございました。


次回は11月だそうです。
あぁとうとう(?)バルトークがあるー。

バルトークとわたしについてはいつか書くかも・・・

新潟室内合奏団演奏会のこれまでの感想はこちら→タグ:新潟室内合奏団


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2017-05-21 10:49 | 日記・雑記 | Comments(0)